自己PR

【得意なことがない就活生必見】特技を見つける方法3つと回答例

面接で得意なことを聞かれるケースは多い

面接では様々な質問を受けることになりますが、得意なこともそのひとつです。得意なことについてすぐに答えられる人は少ないため、事前に内容を考えておく必要があります。といっても、「自分には得意なことはない」と感じている就活生も多いのではないでしょうか。

そこでこの記事では、得意なことを面接で聞かれた際のポイントや回答例文をご紹介していきます。得意なことがなかなか思い浮かばないという就活生は、ぜひ参考にしてください。

面接官が得意なことを聞く理由2つ

面接時に面接官が得意なことを聞く意図としては、就活生がどような価値観や視点を持っているのかや、自分自身のことをどの程度理解しているのかについて知ろうという点が挙げられます。またそれだけではなく、就活生が話を簡潔に分かりやすく伝えられるかどうかといった点も同時に確認されているでしょう。

もちろん、得意なことを通し、入社した後どういったことで企業に貢献してくれるのかなども判断していますので、これらの質問意図を踏まえた上で効果的にアピールできるよに準備しましょう。

①就活生の価値観や視点を知りたい

企業は、就活生がどのような価値観や視点を持って今まで生活をしてきたのかという点を見ています。価値観とは、簡単に言うと自分の好き嫌いや大事にしている考え方ということです。これらの価値観は、社会人として仕事をしたり、生活していく上でベースとなる大切なものです。

もちろん価値観は人それぞれ違うので、何が正しいというものはありません。ただ、企業は企業の持つ価値観に近く、自分自身の価値観を的確に捉えている人を採用したいと考えています。企業が持つ価値観と近い価値観を持っていれば、企業がやろうとしていることをいち早く理解し、正確に行動を起こすことが出来るでしょう。

企業にとっては、このスピード感や理解力が大きな力となります。自分の価値観や視点を明確にしておくことは面接時に重要なことですので、しっかりと自己分析をしておくようにしましょう。

②自分についての理解度を知りたい

企業は得意なことを聞くことから、就活生がどの程度自分自身を理解しているのかを見ています。自分自信の理解度は、今までいかに自己分析を行ってきたかで大きく変わってきます。きちんと自己分析ができているのであれば、得意なことを答える際もしっかりと相手に伝えることができるでしょう。

自己分析を入念に行えば自分自身の強みや弱みを的確に把握できるようになり、得意なことを答える際に強みをきちんとアピールすることができます。また企業側からしてみても、自己分析をきちんと行い、自分自身を理解できているということは、とても安心できます。

自分の強みである部分は率先して実力を発揮することができ、弱みの部分は周りと助け合っていけるということが分かり、採用後にどのように仕事をしてもらうかを想像しやすくなるからです。自分を深く理解しているということは、企業にとっても自分自身にとってもメリットが大きいので、きちんと自己分析をするようにしましょう。

自己分析マニュアルを使って自分のタイプを確認しよう

自己分析をいざ始めようと思っても、何を参考にすればいいのかや準備するものは何かなどが気になって、すぐに行動に移せないことが多いです。今すぐできたら、その時間が省けますよね。そこでおすすめなのが「自己分析マニュアル」です。

このマニュアルを使えば、質問に答えるだけで自分のパーソナリティタイプが診断できます。技術者タイプやクリエータータイプ、実務家タイプなどがありますが、あなたはどのタイプでしょうか?無料でダウンロードできるため、すでに自己分析が終わっているけどさらに深めたいという就活生にもおすすめです。

得意なこととは

得意なことについての質問があっても答えられない、私には得意なことはないと感じている就活生もいるのではないでしょうか?ここでは得意なことについての考え方をご紹介します。面接で質問される可能性もありますので回答の考え方を知っておきましょう。

いきない「得意なことは何ですか?」という質問をしても、「わからない」「特にない」と回答してしまいがちです。ここにはいくつかの勘違いが含まれているためにこのような返答が返ってくるものと考えられます。ここからは、この勘違いについて詳しく説明していきます。

そもそも「得意」ということは、自分が望んだ結果を達成できて満足する気持ちのことを指します。それが、現在一般的に得意という言葉を聞くと「人より優れていること」という点に焦点がかなり強く当たっているように感じる人が多くいるようです。まず、ここからはこの勘違いを指摘することから得意なものについて考えていきましょう。

定性的な特技でも良い

特技と聞くと、何か特別なスキルを持っていなければいけないと思っていませんか?実はその心配は必要ありません。就活の面接で重視されるポイントは、他の人より抜きん出た特別な才能を持っているか否かではなく「実際の仕事に活かせるかどうか」になります。

例えば、「人間観察」が得意、「自分に厳しくできる」など、目には見えない定性的な特技でもOKです。定性的な特技を挙げる利点は、就職後の仕事ぶりに関する具体的なイメージを企業側に与えられるという点にあります。企業側は多角的視点からあなたの性格や適性について分析してくるので、あなたの性格や適性を体現する定性的な特技は非常に役立つと言えるのです。

人と比べる必要はない

得意なことは、自分のなかでの自信のあるものでいいのです。つまり、誰かと比較して秀でていなくてはいけないというものではありません。自分がチャレンジしてみて、納得いく結果であるならば、得意なこととして回答することができるでしょう。自分自身でこれは得意だなと思うことを回答しましょう。

面接でよく聞かれる「特技」の見つけ方

「特技」と聞いてまずは何を思い浮かべるでしょうか?「特技」とは何も人に自慢できるような事でなくとも良いのです。慣れるまで少々難しいですが、周りから見た視点を考慮に入れず、自分中心に考えてみましょう。その際に役立つのが、次にご紹介する3つのポイントです。これらを押さえれば、きっとあなただけの「特技」の輪郭がはっきりとしてくるはずでしょう。

視点を変えて考えてみる

・これまでに1番努力した事は何ですか?
・これまでに1番成果を上げる事ができたのはどんな事ですか?・これまでに1番諦めなかった事は何ですか?・これまでに1番、人に感謝されたのはどんな事ですか?・人にアドバイスができる分野は何ですか?

まず最初に、考えの視点を変えてみましょう。「得意なこと」への答えがないと悩んだら、その逆を突くように自分への問いかけ方、つまり質問を変えてみるのです。質問を変えると、自分でも予想しなかった答えが導き出せる可能性が出てきます。

例えば、面接官から今までで最も努力したことは何かと聞かれた場合について考えてみましょう。これに対する回答は自然と自分の「得意なこと」に結びついていく点に気付くでしょうか?自分が時間を割いて「努力」できることは、同時に自分が楽しんで行える事柄になり、実質「得意」なことと重複できます。

ではこれまでに諦めなかったことは何かと聞かれた場合はどうでしょうか。この質問に対する回答も「最も努力したこと」と同様、自然と自分の「得意なこと」に直結してきます。どんなに辛くてもそれが得意なことや好きなことであれば、途中で投げ出さず最後まで頑張ることができます。

そして諦めなかったことによる達成感が次に取り組む課題への活力になり、良い循環が起きるのです。このような質問を段階的に自分に投げかけてみると、無理なく視点が切り替わり、回答が自然と浮かび上がってくるでしょう。

身近な人にリサーチしてみる

また、身近な人にリサーチしてみるというのも、特技を見つける上で非常に役立ちます。自分のことは自然と主観的に考えがちなので、身近な人の客観的な視点を取り入れれば、自分でも意外と気付いていない「得意なこと」が見つかる可能性が高くです。

普段の生活でも、自分では自然なことすぎて全く意識していない点を他人から褒められるということがある場合。そこには自分だけにしか無い「得意なこと」が隠れている可能性があるのです。また、この「身近な人」というのが鍵になります。両親や友人、ゼミの教授など、信頼できる人にお願いをしてみるのもいいでしょう。

やっていて楽しいことは何か

特技の見つけ方としては、やっていて楽しいことから見つけるという方法もあります。好きこそものの上手なれという言葉もありますし、自分が好きで続けていることは、特技と呼べるレベルに達していることも多いです。やっていて楽しいことであれば、長く続けている可能性も高いですし、それだけでもアピールする価値はあります。

何かを長く続けた経験は継続力として評価されますし、好印象にも繋がりやすいです。楽しめるということは、それだけでスキルも身に付いている可能性も高いですし、能力そのものが評価される場合もあります。やっていて楽しいことであれば、今後も続けることができますし、就職後も続けられることをアピールすることも大切です。

消去法で特に楽しいことは何か絞る

得意なことが何かということを見つけるのが難しい場合は、消去法を使って順位をつけるのも1つの有効な手段です。具体的な方法を紹介しましょう。まず、望んだ結果を得られたときに充実感を感じること、これが難しい場合は自分が楽しいと思うことを、いくつも挙げていきます。

そして、順番は全くランダムでも構いませんが、2つの物事を比べます。そして、優劣をつけていきます。こうして、比べた結果あまり楽しくないと思うものをどんどん消去してくと、最終的に何か1つが残るはずです。この方法も試してみてください。

就活に合わせて特技を作るのもおすすめ

どれだけ探しても特技が見つからないという場合は、就活に合わせて特技を作るのもおすすめです。就活では面接だけではなく、履歴書でも特技が求められますし、何か一つは持っておかなければなりません。特技がないからといって印象が悪くなることはありませんが、それでも加点のポイントを失ってしまうのは確かです。

特技を上手にアピールすることができれば評価の対象になりますし、選考も有利に進めることができます。特技はあって困るものではありませんし、これからの社会人人生でも武器になる場合も多いです。就活中は特技をアピールする機会も多いですし、アピール次第で選考を有利に進めることができますので、何もない場合は就活用に一つでも特技を作るようにしましょう。

面接官の視点を知ることが選考突破の鍵

面接の練習をするのであれば、ただただ聞かれる内容をネット検索したり、志望動機や自己PRの復唱をするだけでは周囲の就活生と変わりません。他の就活生と差を付けるためには、面接官の視点にたって、回答を考えるという対策がおすすめです。

面接官の視点にたち、就活生のどんな部分を見ているのかを把握しておきましょう。おすすめする「面接官評価シート」は面接官が就活生に対してチェックしている部分を一覧で紹介しています。ぜひ面接対策に活用してください。

得意なことの例

履歴書や面接で伝える得意なことには、具体的にどのようなものがあるのでしょうか。得意なことに正解や不正解はありませんが、一般的な回答を知っておくことでひらめくこともあります。得意なことは、一般的な特技と定性的な特技に分けて考えることが可能です。それぞれの特技をご紹介するので、自分が得意なこととの共通点を見つけながら参考にしてください。

一般的な特技10個

・英語
・書道
・暗算
・速読
・料理
・掃除
・手話
・DIY
・パソコン
・楽器演奏

一般的な特技としては、以上のようなものがあげられます。英語や書道などが特技の場合は、資格を取得している人も多いです。資格があるとどの程度のスキルなのかを表現しやすいので、スコアや級を伝えると効果的と言えます。他にも、料理や掃除、DIYなどのプライベート面の特技もあります。アルバイトで身に付けた特技などを紹介すると、真剣に取り組んでいたというアピールになるでしょう。

人と被りにくい特技10個

・早起き
・記憶力
・節約
・恋愛相談
・占い
・道案内
・百人一首
・勉強を教える
・司会
・家電の修理

一般的な特技では聞いただけで内容が把握できるものを紹介しましたが、ここでは詳しく聞かないと理解できないものが含まれています。一見「え?」と思いそうな特技ですが、個性が出ていて印象に残りやすいとも捉えられるのです。例えば道案内という特技は、道を尋ねられたときに教えることが得意というものです。この特技からは、声を掛けやすい人柄と親切に道を教えられる思いやりが把握できます。なぜ得意なのかという説明を加えて、人柄を表現することが大切です。

得意なことをアピールする時のポイント4つ

特技をアピールする時のポイント4つ

就活の面接では特技の内容だけでなくアピールの方法も大切になってきます。いくら素晴らしい特技でも、前述したように「実際の仕事に活かせるかどうか」の要素が抜け落ちていると、興味を持ってもらいにくくなってしまうのは明らかです。そこでアピールの際に特に気をつけたいポイントを4つ、具体的にご紹介していきます。

①仕事に活かせる特技

まず大切なのは、その特技が実際の仕事に貢献できるものであることを前提に考えるという点です。例えば事務職に就職を希望しているにも関わらず、特技として「水泳が得意」と言っても適切なアピールになりません。まず自分は何が得意なのか思いを巡らしたのち、自分が就職を希望する職種に役立つ特技のうちで「自分が得意とするものは何か」という視点に立って特技を探していくと良いでしょう。

また、社会人として仕事をしていく上で重要なポイントとなるのは「人や社会に貢献できるかどうか」という点が挙げられます。社会に自分の役割があると感じるのは、人の役に立てていると実感できたときなど、人に感謝されたり喜ばれたりした時です。それは少し見方を変えれば自分の「得意なこと」として胸を張れる、自分の強みとなります。

②抽象的な表現は避けること

面接で特技を述べる際「コミュニケーション力が高い」といった抽象的な表現は避けましょう。第三者でなければ判断できないような抽象度の高い特技を挙げてしまうと企業側は実際あなたが働き始めた時のイメージが湧かず、せっかく他の条件が揃っていても採用を決めかねてしまうかもしれません。

表現方法を誤ったというだけで残念な結果を導いてしまわないよう、特技のアピールの際は例を挙げて説明するなど、可能な限り相手が具体的にイメージしやすいよう配慮を示しましょう。

③取り組んでいる期間や得意な理由を伝える

特技をアピールする際には、取り組んでいる期間や得意な理由を伝えることも大切です。特技に取り込んでいる期間が長ければ能力の高さの裏付けにもなりますし、継続力のアピールにもなります。ひとつのことを長く続けるのは難しく大変なことですし、それがきちんとできる=根気がある、真面目などの好印象に繋がる場合も多いです。

またなぜその特技が得意なのか、その理由を伝えることも大切であり、理由を具体的に述べることで説得力を高めることができます。特技のアピールは説得力が大切であり、アピールした内容が本当に身に付いていることを証明できなければなりません。得意な理由をきちんと伝えることができれば信憑性もありますし、より高評価に繋がりやすいです。

④志望する業界・企業でアピール内容を変える

人によって特技は違いますし、特技がないと悩む人もいれば誇りを持ってこれが特技だと言える人もいます。明確な特技がある場合はそれを軸にアピールをすればいいですが、どの業界、企業でも同じ特技をアピールすればいいわけではありません。特技は仕事に活かせることが大切ですし、志望する業界や企業によって内容を変えて伝えることが大切です。

業界や企業によって仕事の内容は違いますし、求められる能力や資質なども異なっています。ある業界では高く評価されるものが、他の業界でも同じように評価されるとは限りませんので、志望先で最も評価される内容でアピールすることが大切です。同じ特技でも視点を変えるだけで違う能力がアピールできる場合もありますので、志望先では何が求められているかを知って、特技をアピールしていきましょう。

関連記事

「苦手なこと」も「得意なこと」と紙一重

加えて心に留めておきたいのは、一見正反対のように見える「苦手なこと」は実は「得意なこと」と紙一重の差だということです。例を挙げると、「優柔不断」という短所も裏を返せば「慎重且つ冷静に判断できる」というポジティブなアピールに変換が可能になります。

精一杯考えてもアピールできる特技が見つからないというときは、このように逆の発想で考えてみるのも一つの手です。その結果、自分でも気がつかなかった「得意なこと」が見えてくるかもしれません。そんな新発見に伴うワクワク感と面接時のアピールポイントがセットで手に入るこの方法は、大切な「就活全体を楽しむ」という点でもとても効果的です。

特技の回答例文3選

ここまで「特技の見つけ方」や「特技をアピールする時のポイント」から、どのようなことを特技として見つけていくかや、見つけた特技をどのようにしてアピールしていくかということを学んできました。ここからは、今まで学んできたことから、実際の面接で聞かれた際に、どのように答えるのかを例文にしてご説明していきます。例文それぞれのポイントも説明していきますので、しっかり読んで理解するようにしましょう。

例文①

私が特技とするのはプログラミングです。2年間留学していた海外のアニメーション制作専門学校で本格的に始めたのですが、もともとコンピュータに詳しかったこともあり、技術の吸収は早いほうでした。現在は自分のイメージしたものとほぼ同様の作品を短時間で制作できるようになり、復学した大学のクラスメイトや友人に方法を教えることも多くなりました。また留学前と現在は大学のデザイン学科「視覚デザインコース」で学んでいますので、アートの観点からも貴社のwebプログラマーの仕事に取り組め、技術に加え新鮮な芸術的アイデアを提供できると自負しております。

この回答例は最初に自身の特技とする事柄について説明し、その特技を習得した経緯についても触れています。そしてそこから現在どのような技術が身についているのか、そしてそれは企業の仕事にどう貢献できるのかについて分かりやすく述べられています。

続いてその特技に関わる過去と現在のつながりについても触れ、採用した際企業側のプラスとなる点を具体例を挙げて説明している例文です。このように具体例を挙げつつも全体として分かりやすく筋の通った回答ができれば、企業に与える印象と好感度がぐっとアップします。

例文②

私の特技は、走ることです。私は、中学生から10年間陸上競技をしてきました。始めたばかりの頃は結果も出ず、練習も辛かったため、何度も辞めたいと思っていました。そんな中、顧問の先生を始め、先輩、同級生に助けてもらいながら練習を続けて行くことで、練習も楽しくなり、結果もついてくるようになりました。諦めずに続けた結果、最終的には県大会で優勝できるまでになりました。陸上競技は個人競技で、自分自身で練習をし結果を出すということもありますが、部活動という集団生活を経験したことで、周りと助け合いながら目標に向かうということや、どんな状況におかれても、やり遂げる精神を学ぶことができました。これらの経験は、御社に入社した後も私の強みとして貢献できると自負しております。

この回答例は、まず自身の特技について説明をし、そこからどんなこと(ここでは部活動)に挑戦したかということに触れています。部活動を通して、自分自身がどのようなことを学んだかということを具体例を上げて話をしています。

これにより、集団生活を経験したことで、プロジェクトなどに配属されたとしても、周りと強調し柔軟に対応できるということをアピールできます。また、厳しい練習も諦めずにやりきったということから、どんな状況におかれてもまっすぐ結果を追い続けることができるということも伝えられるでしょう。このように、自分が入社した後に、どのように貢献できるかということがわかりやすく書かれていると、企業側の好感度も上がりやすくなります。

例文③

私の特技は料理です。日頃から自炊をすることはもちろんですが、休日など時間のある時には、新しいレシピにも挑戦しています。私が料理をする上で大切にしていることは、段取りです。段取り良く効率的に動くことで、今までよりも短い時間で同じ味の料理を作ることができるようになり、余った時間でもう一品作れるようになったなど、時間を有効的に使うことができるようになりました。日常的に料理をする中で、効率的に動いて無駄を減らすということや、限られた材料、限られた時間でいいものを作るということを学ぶことができました。御社に入社後も、限られた時間内で効率よく仕事を仕上げることに役立つと考えております。

この回答例は、新たなことにもチャレンジをし、何を大事に思い行動しているかということについて述べています。常に新しいことに前向きにチャレンジできるということと、時間の使い方が上手いということをアピールしています。

このように、特技からアピールしたいことが明確であることは、相手に伝える上で非常に大切な部分です。特技から学んだことが、企業にとってどのようにプラスになるかということがわかりやすく書いてあることで、企業側も採用後にどのような仕事を任せるかということを考えやすくなります。

関連記事

避けるべき「得意なこと」

得意なことの中には、避けるべきものもあります。具体的には、ギャンブルなどの印象があまりよくないものです。パチンコや競馬などのお金を賭けるギャンブルが特技だと言うと、金銭感覚に問題があると思われる可能性があります。

また、特技としてあげると頻繁に通っているという主張になるため、学生としての生活をきちんと送れていないと思われます。大学を卒業することが採用の条件になっているため、留年の危険性がある就活生には出さない企業もあるでしょう。得意なことを答える際は、いい印象を与えられるものを選ぶことが大切です。

特になしもNG

特技はアピールしても評価されないどころかマイナスの印象を与えてしまうものもありますので、アピールの題材は慎重に選ばなければなりません。しかしマイナスの印象を与える可能性があるからといって、特になしとしてしまうのもNGです。特技であっても特になしとしてしまうと、自分のことをアピールする気がない、就活への意欲が低いとしてマイナスの印象を与えてしまいます。

企業への志望度も低いと思われてしまいますので、何らかの特技は必ずアピールしなければなりません。誇れる特技がないことがないことが問題なのではなく、自分の中で特技と言えることを見つけようとしない姿勢が問題なのです。探せば必ず特技はありますので、簡単に諦めて特になしだけは避けましょう。

仕事に全く関係ないものも避ける

特技はとにかくアピールすることが大切ですが、何でもいいからアピールすればいいというわけではありません。特技であっても仕事に活かせること、企業で役立てられることをアピールする必要がありますし、仕事に全く関係のないものは避けるようにしましょう。

特になしとしてしまうよりは、関係のないものでもアピールした方がいいですが、それでも好印象になることはありません。仕事とは無関係の特技は評価の対象にはなりませんし、場合によっては企業研究ができていないとしてマイナスの印象を与えてしまう可能性もあります。志望企業の仕事と完全に一致する特技をアピールする必要はありませんが、多少なりとも関係するものをアピールしていきましょう。

得意なことは人と比較する必要はなく仕事に活かせるとなお良い

得意なことは人と比較する必要はなく、自分が納得しているものでOKです。得意なことが仕事に活かせると、自分自身のモチベーションも上がるでしょう。得意なことについての質問は必ずしもされることはありませんが、回答の考え方を知っておかなくては、一番やってはいけない「ありません」の回答になってしまいます。面接前に自分の得意なことを見つけて臨むようにしましょう!

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也
(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ