自己PR

短所を長所に変えてアピールするポイント|得られる評価も解説

ESや面接で必ず問われる長所と短所

就職活動において、長所と短所が問われる場面は避けて通ることができません。ESに書かなければならない場面もあるでしょうし、面接で直接問われることもあり得ます。いずれにせよ、就職活動をしていて自分の長所や短所が問われないで済むといったケースはほとんどありません。

そして、自分の長所と短所というのは聞かれてすぐに答えられるものでもないです。仮に反射的に答えられたとしても、その答えが企業の求めている答えである保証もありません。ゆえに、これらの問いに対する事前の準備が不可欠です。

長所・短所を聞く理由3つ

この質問を通して企業が知りたいことは、就活生の自己分析能力に他なりません。たとえ友人に言われて認識した自分の長所や短所だったとしても、それが果たして本物の長所や短所なのかは自己分析なしでは判明しません。

一方で、自分で自分を見つめて長所と短所を見つける場合において、自己分析が必要となるのは言うまでもありません。就活生の長所や短所を問う質問の意図が、自己分析能力の判断にあるということをしっかりと念頭に置きましょう。

①自己分析がきちんとできているか

企業は長所や短所を聞くことで、その人の自己分析能力を問おうとしているわけです。具体的に言えば、性格診断テストなどと合わせて、自己分析がしっかりと適切にできているかを判断しようとしています。自己分析とは容易なものではありません。自分探しの旅に世界を旅することは否定しませんが、そうしたざっくりとした方法では不十分です。

世の中にはさまざまなパターンの性格診断テストがありますが、そうした体系立った方法を使いつつ、自分の今までの経験と照らし合わせ、正確に自己分析を行っていくことが求められます。ここでの自己分析がおおざっぱなものになってしまうと、この先に問題が生じます。

②長所が仕事にどう活かせるか

自己分析が適切に行われていること前提として、今度はその長所を仕事にどう生かせるかを企業は知りたいと思っています。自己分析が正確にできたとしても、その結果として生じた長所が企業風土や仕事内容とマッチしていない場合には、それがどんなに素晴らしい長所であっても評価されないことになってしまいます。

重要なのは、質問をしてくる企業にマッチした長所を導き出せるかという点です。これは別に嘘をつけと言っているわけではありません。例えば、非常に保守的な業界において、チャレンジ精神が長所ですなどと答えても逆効果となることは容易に想像がつきます。これは自己分析の段階での方向性に誤りがあったために生じたミスです。

志望する業界を目指すのであれば、自分がそこで生かせる長所を持っていないかを探るべきです。自己分析を完全にフラットな状況から始めたとしても、そのゴールを意識しながら長所を探っていきましょう。そうして見つけた長所は仕事に活かせるものであるはずです。

③短所を認め克服する力があるか

短所は誰にだってあります。まずはそうした短所を認めることが重要です。短所を認めることは簡単ではありません。また、短所というのはなかなか認識しにくいものであることも事実です。

長所が短所になり得るということを認識していれば、短所を見つけることに苦労することはないでしょう。チャレンジ精神が旺盛だとしても、それが短所となる業界もあるわけです。次に重要なのは、そうした短所を克服するための努力をしているのかという点です。

これは要するに問題解決能力があるか否かを意味しています。問題というのは何も外部から生じるものばかりではありません。自分の内側から生じた問題である短所を、どのように克服するのか。これはまさに問題解決能力に他なりません。

短所を長所に言い換えて話すのがポイント

長所が短所に代わってしまうのであれば、逆もまた然り。短所ばかりが目に付くような場合でも、それはとらえ方次第で長所へと変貌する可能性を秘めています。短所というのは、何かが欠けているから生じるものだと思われがちですが、そうとも限りません。

ある性質が別な方向に向かって強く特化しているため、生じているものであるとも考えられます。例えば、人の悪い面ばかり見てしまうというのは短所かもしれません。しかし、これは他人を観察するという能力が、その人の悪い面に特化しているという捉え方ができます。このように短所を長所としてとらえる糸口は確かに存在します。ただ、短所を長所として表現するためにはいくつかのコツが必要です。

より深い自己PRができる

短所を長所として捉えられるようになった場合に、それが初めから長所として自分に存在していた特徴であると表現するのは避けるべきです。なぜなら、短所を長所にできたことは、その人の問題解決能力の賜物だからです。

初めから長所として捉えてしまったのであれば、そうした能力を示すことができません。長所ばかりの人間の方がいいように感じますが、短所が多い人間がそれを長所に変えてきた、そのプロセスや努力が就活では評価される場合が多いです。

また、長所ばかりを並べていては説得力がありません。短所に目を向けることができない人とも、捉えられかねないからです。短所だったものを長所にできたという風に自己PRできるのであれば、短所を認める力、そしてそれを解決するための能力を有していることをアピールできます。

前向きな姿勢を見せられる

短所を長所として捉えることは、自分が前向きな姿勢を有していることをアピールすることにもつながります。短所とは本来、後ろ向きな要素です。これらをじっと見つめていたら気が滅入ってくるものです。そうした短所を長所に捉えられるということは、後ろ向きな要素である短所を見つめていながらも、前向きな姿勢を保持し続けたということの証明になります。

会社に入れば、さまざまな問題にぶつかることになります。しかし、その度に後ろ向きになっていては、らちがあきません。こうした状況下において、この人は前向きな姿勢で問題解決に取り組むことができるかどうか。企業はこうした点も判断したいと考えています。自分の内から生じた問題に前向きに立ち向かった人は、外から生じた問題も同様に取り組むことができるだろうと判断されます。

言い換えマニュアルでぴったりの表現を探そう!

短所を長所に言い換えるとは、例えば「優柔不断」→「多角的に検討する」といった表現にすることです。短所と思う部分でも、ポジティブに受け取ることで長所になります。このような言い換えで長所を考えたいという人におすすめなのが「長所→短所言い換えマニュアル」です。例で挙げたような言い換え表現を100種類収録しています。無料でダウンロードできるため、自己分析をすでに終えたという就活生にもおすすめです。

長所・短所「なし」はNG

長所・短所を聞かれた際に、「長所はありません」「短所はありません」と回答することは避けましょう。「なし」と回答すると、自己分析がきちんとできていない人、自分の性格をどのように仕事に活かせばよいのかを把握していない人だと思われかねません。社会人になる自覚が足りない人間だと思われてしまっては印象は悪くなる一方なので、「なし」の回答得策といえません。

特に「長所はありません」と回答してしまうと、せっかくの自身の良い点をアピールする場であるのにもかかわらず、アピールを放棄したと捉えられ、やる気のない人物だと思われる可能性が非常に高いです。ですから、長所・短所を聞かれた際は「なし」という回答はしないようにしてください。

短所または長所を把握できていれば、言い換えが可能です。長所と短所は表裏一体のため、言い換えればいいのです。長所、短所が把握できている人は、ぜひ資料をチェックして言い換えを探していきましょう。

短所を長所にしたアピール方法

せっかく短所を長所にできたのですから、今度はそれを魅力的にアピールするべきです。箇条書きのように話してはもったいないです。自分がどのように短所を長所にしてきたのかを語ることは、よくある質問の「自身の失敗体験」を語る場合と類似しています。

短所が長所にひとりでに変化したわけではないはずです。企業が知りたいのは、その短所をどのように解決し、どのように長所へと昇華したのか。まさにそのプロセスなのです。

具体的なエピソードとともに話す

具体的なエピソードを話す事による一番の効果は、それによって説得力が増すという点です。短所を長所として捉える方法というのは、ネットで調べれば出てきてしまうことです。しかし、そこに具体的なエピソードを盛り込むことで、自分だけの問題解決の経験となります。どんなエピソードを盛り込めばいいのかということですが、長所をどのように活かせたのかという話がよいでしょう。

ただ単に短所を長所に捉えたのでは、それは見方を変えたにすぎません。見方を変えたことによって生じた、新たな長所が実際に活かされた場面を語ることで、かつては短所だったものが、本当に活かされていることをアピールできます。

長所:結論→具体的なエピソード→活かし方

先に結論を伝え、その後に具体的なエピソードを一緒に伝えると、内容にストーリー性が加味され相手の共感が得やすくなります。さらに、最後に長所の活かし方で締めくくることで、面接官に実際に働いている姿を連想させることができます。「自分の長所は●●なので、御社ではこのように活かせることができます」と締めれば、大いに説得力のあるアピールになります。

どんなに素晴らしい長所であっても、企業での活かし方まで伝えなければ、自己分析が十分に出来ているとはいえません。より効果的に長所を伝えるためにも、具体的なエピソードを伝えた後は長所の活かし方も伝えてください。

短所:結論→向き合い方

短所を伝える際も、まず最初に結論から述べましょう。そして次に、短所に対する向き合い方を伝えてください。「私の短所は●●です」と話した後は、自身がどのように短所と向き合ってきたか、短所をどのように乗り越えてきたのかを伝えてください。

短所というのは己の欠点であり、誰しもが持っている性格の側面です。その短所をきっかけとしたエピソードや体験談を含めた向き合い方を一緒に説明することで、欠点の活かし方までも自己分析している前向きな姿勢をアピールできます。そのため、短所を伝える際は、短所との向き合い方にエピソードを含めて伝えるようにしてください。

短所を長所にした内容を志望動機と絡めて話す

長所というのはその企業で活かせない限り高い評価を得ることができません。もともと持っている長所のみならず、短所から変貌を遂げた長所であってもそれは同じことです。企業で活かせることをアピールする方法としては、志望動機と絡めて話すというものがあります。短所を長所に変えるというのは、物事の捉え方を変える行為です。物事の捉え方が変わるというのは視野がさらに広がることを意味します。

そして、こうして広がった新たな視野の中には多くの可能性が満ちています。その新たな可能性が志望動機となりえます。具体的に言えば、今までは自分には向いていないと思っていた業界が、短所を長所と捉えることで、自分に向いていると捉えられるということです。そうした場合、新たな長所をその企業や仕事内容にどのように活かせるのかを存分にアピールしましょう。

 短所を長所にして話す際のポイント

短所を長所に変えた話は、失敗談とその克服という話に類似しています。しかし、その問題が自分の内部から生じたものなのか、それとも外部から生じたものなのかという大きな違いがあります。つまり、失敗談を聞かれたときの場合と同じように話していい部分もあれば、そうでない部分もあるということです。

この違いを認識しておかないと、短所を長所にしたという有利なエピソードがうまく活かされないばかりか、かえって不利なものとなってしまう可能性もあるのです。

社会人として不利な短所は避ける

社会人としてあってはならない短所がいくつか存在します。遅刻癖なんかがいい例です。こうした短所が、就職活動における有利な長所へと変貌しないことは想像できるでしょう。

自分の内から生じた問題である短所を話す場合には、その短所のチョイスにも気を配らなければならないということです。いくら短所を克服したからと言っても、その短所があまりにも印象の悪いものであった場合にはその克服話も効果を持ちません。

こういう場合は、自分が仮に面接官だったら、どういう短所が特に悪い印象を持つだろうかというのを考えてみるのがお薦めです。自分では何も思っていなかったとしても、会社側からするとその短所があったというだけでアウトということもあり得ない話ではありません。短所の見極めには慎重になりましょう。

短所を克服するための努力や計画も話す

短所を話す場合には、それを克服するためにどのような努力をしているのかをしっかりと伝えましょう。短所が未だに短所として自分の中に存在していたとしても、それを克服するための努力を怠っていなことをアピールすのには十二分に意味があります。

当然、面接の段階でその短所が完全に克服されていればそれに越したことはありませんが、現在努力中であることを、伝えることが大切です。そのための計画なども交えられるとなおいいです。問題解決はがむしゃらにやればいいというものでありません。自分の内から生じた短所という問題に対しても、客観的かつ冷静に対処できていることのアピールになります。

明らかに短所であることを長所として言わない

遅刻癖や寝坊癖があるといった場合です。自分の時間を大切にするとか、マイペースな性格だとか、このように表現すれば多少は聞こえがよくなります。しかし、これは明らかな短所を苦し紛れに言い換えたにすぎません。

短所というのは、ある性質が別な方向に向かって強く特化しているから、生じているものである場合もあります。しかし一方で、ある性質が明らかにかけている場合でも生じます。遅刻癖や寝坊癖は明らかに時間管理能力や、自己管理能力の欠如です。こうしたものを長所として捉えるべきではありません。何かが欠けているために生じた短所は、長所として捉える前に克服していきましょう。

話す短所・長所は1つ

短所を長所にして話す際は、話す短所・長所は1つにしましょう。伝えたいポイントを絞ることで、相手に伝えるべき要点を正確に明朗に示せます。相手に何かを伝える際は結論から先に伝えるべきであると説明したように、その結論にまつわる内容を展開していかなければ、限られた選考時間内でスムーズに理解してもらうことは難しいです。

短所・長所を2つ以上伝えてしまうと、主軸となる部分がぶれてしまい、相手にとってわかりにくい内容になっていまいます。短所を長所に変えてアピールしても、複数の短所・長所を羅列されてしまうと、せっかくのアピールを長所として感じることが難しくなります。あれもこれもと内容を詰め込んで、説明が下手な人だと認識されてしまうと、それだけで印象は悪くなり選考に不利になってしまうので注意しましょう。

短所を長所に言い換える例文3選

では面接や筆記試験の作文などで「あなたの短所について述べなさい」と問われた場合、実際にどの様に伝える事が大事になるでしょうか。実際の例を元に見ていきましょう。短所を短所のまま正直に相手に伝えるという手法は、正直で素直な人間性という風にとらえられますが、自分の良さとして積極的にアピールするという面では欠けてしまいます。

短所を克服した、又は短所ではあるが別の方面で役に立った経験がある、短所を上手くコントロール出来るようになった、など面接官にいかにプラスとしてとらえてもらうかがポイントとなります。

例文①

私は幼少の頃から負けず嫌いで頑固なところがある、と周りから言われてきました。今思い返しても、姉妹間でも常に競争して、私は姉に遊びやスポーツ、勉強などで負けないぞという、追いつけ追い越せの気持ちが強かったと思います。中学、高校に進学し私は部活動でバドミントン部に入り、進学校でしたので、文武 両道を目標に学生生活を過ごしました。
毎日、学校の勉強と宿題、予習復習そして部活動の活動と、忙しい日々で寝る時間もままならない状況でした。どちらも中途半端に終わらせたくないという、自分の頑固で負けず嫌いの性格が、ここで頑張るぞというエネルギーへと昇華でき、バドミントンでは3年間レギュラーで県大会出場、勉強では学年のトップ20に入る事が出来ました。社会人になっても自分のあきらめない頑固さを活かしていきたいです。

頑固で負けず嫌いという性格は一見固いマイナスのイメージですが、この実例では、「困難な状況の時に具体的に目標を立てて行動を起こす積極性がある。そして実際に結果として残すことが出来るという実効性を表している」内容になっています。これは就活生が実社会に入ってからも、堅実に目標を立てて結果を残す事が出来る人材だというプラスのイメージを企業側に持ってもらえる実例となっています。

例文②

私の短所は慎重すぎて、優柔不断になる所です。例えば日々の小さい決断の例で、外食をする時にどのお店に行くかや、メニューを選ぶ際、なかなか決められないという事です。また、大きな決断は、進路についてどの学校に進学したいかという事などが一例です。
こういった優柔不断さを少しでも克服するために、小さい決断に関しては、あまり深く考え過ぎず、失敗を恐れないを言い聞かせて行動するようにしています。また、進学などの大きな決断については、慎重に選ぶこと自体は悪い事ではないので、じっくり考え周りのアドバイスも聞きリサーチを徹底するという風にする事により、必ずしも慎重すぎることが悪い事ではないと思うようになりました。

人生は色々な決断の連続で、一つ一つの選択に対して迷うことは誰しも経験があります。大きな決断に関しては、慎重な性格は長所にもなりうる事が述べられています。短所でもマイナスにとらえられない例です。

例文③

私の短所は物事に夢中になると頑張りすぎてしまう性格であるという事です。受験勉強や趣味のお菓子作りなどにおいて、一度取り掛かると時間を忘れてしまい、気が付くと深夜になっていたという事がありました。両親から、あなたは集中していると時が経つのを忘れるかの様に見えると注意される事もありました。
自分でこれを改善する為、2時間おきに休憩をして頭をリフレッシュし、体をリラックスさせる事を意識的に行う様にしました。また、今日はここまで終わらせようという計画、目標をあらかじめ立てて区切りをつけるようにしました。これからも、この克服の経験を活かして仕事もスケジュールを立てて目標に取り組んでいきたいです。

頑張りすぎる、夢中になりすぎるという性格は、短所のようで実は長所にも捉えられる性格です。頑張る事が度を過ぎるという度合さえコントロール出来れば、仕事上でとてもプラスになる資質であると言えます。短所を問われた際は、こういった「~過ぎてしまう事が時にある」という実は長所の延長である事を述べる方法もあります。

短所を長所に変えることでアピールに繋げよう

人間には必ず長所と短所があります。まず、長所は長所としてしっかりと捉えてアピールしていきましょう。短所の中には、長所へと変化を遂げることのできる可能性を秘めたものがあります。そうしたものをどんどんと長所へと変えて行きましょう。

面接官の前で自分の短所を話すというのは勇気のいることです。しかし、長所と短所を聞く質問の意図には問題解決能力や、自己分析能力の判断が含まれていることから、短所を話してマイナスになるということはあまり考えられません。当然、短所の選択には気を配るべきですが、躊躇せずに短所を長所に変えて、自身の能力をアピールしていきましょう。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也
(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ