自己PR

短所の見つけ方・書き方・伝え方を解説【例文3選付き】

長所と短所を聞かれる理由とは?

企業に貢献する人材を見つけるために採用活動が行われます。就活生は、志望する企業に対して自分のデメリット見せないように良い面をアピールするでしょう。面接を行う際は、履歴書やエントリーシートの内容を見て、しっかりと自己分析できているのか長所と短所でチェックしています。さらに会社でどのように働くのかもイメージしています。業務で活かせる長所なのか、短所をなくしていく能力があるのか、企業側が無視することはありません。

自己分析ができているのかを確認している

採用担当者は、就活生が自身のことを客観視して理解できているのかチェックしています。自己分析するためには、自分の頭だけ悶々と考えるのではなく、性格検査をおすすめします。その結果を見て、「〇〇の時に長所が活かされている」「〇〇のケースでは短所が出てしまいうまくいかないことが多い」などとまとめてみてください。

綿密に自己分析することにより、履歴書などに書いた自分の良いところの根拠が見つかり、短所は改善しようとしているのかなど把握することができます。客観的に自分を見つめ直すことで、自分だけのオリジナルなエピソードを作ることもできるでしょう。自己分析する時間をもうけて、自分をしっかりと理解することが内定への近道です。

仕事に活かせそうかを見ている

採用担当者は、就活生が伝える長所や短所を聞いて、会社と合う・合わないをチェックしています。必ずしも、長所がメリットになるとは限りません。見方を変えれば、長所は短所になります。チームプレーが得意という良い面があるとしても、「自分の頭で考えて行動できない」「自主性がない」という見方もできるのです。

企業側は、長所がどんなシーンで活きるのか、短所になってしまった場合に克服できるのかを確認しています。そして、長所よりも短所に注目している可能性が高いでしょう。困難な状況から立ち直る力があるのか判断できるからです。就活生は、どうすればもっと長所に磨きをかけることができるのか、短所を克服するためにはどうすればいいのか考えておきましょう。

短所が「ありません」や未記入はNG

短所が「ありません」という言葉は控えましょう。見つからないからと言って、未記入も止めた方が良いです。まず短所がないパーフェクトな人間は存在しません。自分では短所がないと感じていても、他人から見れば短所がある場合もあります。短所がないという答えはある意味、客観的な視点が欠けているという解釈もされます。少し意地悪な解釈かもしれませんが、就活の現場ではシビアにチェックされるのです。また、自己分析が甘いから短所を見つけられないとも考えられるでしょう

入社後にリスクとなる短所はNG

入社後、企業のリスクとなる短所は避けましょう。例えばチームワークや協調性を重視する企業だったとします。その企業で人の意見を受け入れず自分が正しいと思ったことを優先することが短所と答えたらどうでしょうか?正直に短所を答えているのかもしれません。

しかしチームワークを特に大切にしている企業にとっては、人の意見を聞きそうにない人材を採用しないでしょう。大きな損害を与える可能性があるからです。嘘をつく、遅刻をよくするという短所は、社会人の前に、人として問題があるとみなされる可能性があります。入社後、企業のリスクになるような短所は言わないほうが得策です。

短所は紙に書き出して見つけていく

短所の診断方法としては自身の苦手なことや嫌いなことから探す方法があります。短所=欠点と考えてしまうと見つけ出すのが難しいですが、苦手なこと、嫌いなこととハードルを下げることで見つけやすくなります。まずはそれらを紙に書きだして、そこから短所を探っていきましょう。紙に書きだすと整理がしやすくなり、自身の弱点が把握しやすくなります。

また短所は就活を通して使用しますので、忘れてしまわないようにという意味でも形に残すのが大事です。苦手なことや嫌いなこと一つずつを見るだけではなく、それらを複合して考えると短所を見つけやすくなります。

短所の数と長所の数は同じ

自身の短所を探す方法としては長所から考えるという方法もあります。長所と短所は表裏一体であって、短所の数と長所の数は同じです。要は言葉の使い方の問題で、例えば「優しい」⇔「気が弱い」になりますし、「粘り強い」⇔「頑固」など言葉の使い方を変えればそれだけで短所を見つけ出せます。また長所と短所を裏返すことでより幅広い自己アピールが可能です。一つの言葉から二通りのアピールが出来ますので、企業のイメージや求められる人材像によって使い分けするのも可能です。

長所と短所も紙に書き出してみるとそれぞれが整理されて分かりやすくなります。言葉は捉え方次第で変化させて出来ますので固定観念に縛られないように自由な発想をしていきましょう。

長所を短所に言い換えよう

短所と長所は実は裏表であり、自分の性格は長所でも言い表すことができますが、同様に短所でも言い表すことができます。そのため、自分の長所に関してはすぐに思いつくという人は、その長所から短所を考えてみてください。

長所と短所の言い換えでおすすめなのが、長所→短所言い換えマニュアルです。この資料は100の短所・長所を言い換えています。無料でダウンロードできるので、ぜひ一度参考にしてみてはいかがでしょうか。

一覧でみる短所20選

  1. 気が弱い
  2. 優柔不断
  3. 頑固
  4. 協調性がない
  5. 視野が狭い
  6. 自己中心的
  7. 時間にルーズ
  8. 熱しやすく冷めやすい
  9. 考えすぎる
  10. 単純
  11. お節介
  12. 周囲の目を気にしすぎる
  13. 流されやすい
  14. 消極的
  15. 心配性
  16. コミュニケーションが苦手
  17. 臆病
  18. 不器用
  19. 八方美人
  20. 飽き性

より深く自身の短所を知るためにはどのような短所があるのかを知るのも大切です。上記の図は短所をまとめたものですが、もちろん短所となりうるのはこれだけではありません。長所も短所として見れますし、まだまだ多くの短所が存在しています。どのような点が短所になるのかを知っていれば自分自身のアピールもしやすいでしょう。

就活で大切なのは長所を上手に伝えて自分が素晴らしい人材であることをアピールすることだけではありません。多くの短所を知り、短所であっても幅広いアピールが出来ることが大切になります。上記の図を参考にして、一つでも多くの短所の言葉を知っていきましょう。

短所は伝え方が大切

短所とは自分の欠点です。それを認めることは自己否定にもなりますので、簡単なことではありません。だからこそ、「短所が見つけられない」という人もいるかもしれません。こうしたケースでは、過去に失敗した経験などを思い起こすことにより、短所を発見することができます。短所を見つけるだけではなく、その欠点に目を背けることなく克服していく意志があるのかどうかも重要です。短所を相手に伝えるときは、問題点を深掘りして、今後どう向き合っていくのか提示しましょう。同じ過ちをしないと誓い、改善しようとする意志をアピールしてください。短所がない人間はいませんので、隠す必要はありません。どう克服していくのかを伝えるのがポイントです。

向き合い方や対応を説明する

短所を述べる際には、大事なのはその短所に対してどのように向き合っているのかを一緒に説明することです。短所の理解は自己分析によって分かります。しかし、その後の行動は個人によってことなります。短所は分かっても、そのまま流している人もいるでしょう。しかし、自分の短所を理解して、その短所が表に出てきたときに考えることやとるべき行動まで理解している人はただ短所を理解している人よりもさらに評価されるでしょう。

短所の例文5選

短所を書きあぐねている人に、例文を5つ解説します。短所の書き方次第で、採用担当者にアピールをすることができます。逆に言えば、失敗をすると単純に短所という意味以上はなくなり、マイナス評価になることも珍しくありません。だからこそむずかしいのですが、ちょっとしたコツをつかめば、何も怖くありません。ではどんなポイントを押さえれば良いでしょうか?そのポイントは伝え方や、どのように改善しようとするかという部分なのです。

短所の例文①

私の短所は臆病なことです。臆病なため絶対に安全だと自信が持てるまで行動に移すことが出来ません。安全であることを確認するために準備にも時間がかかってしまい、周囲から出遅れることもありました。出遅れたと分かると焦ってしまい、失敗をしてしまうことも多いです。出遅れることに焦り、ミスをすることが多かったので、人一倍早くに準備を始め、動き出すことを心がけました。その結果一人だけ遅れることはなく、充分に準備をした分人よりも高いクオリティで結果を出すことが出来ました。

例文では臆病であることが短所として挙げられています。短所をアピールする際は短所だけを伝えるのではなく、それを上手に長所に転じることが大切です。臆病の短所は裏返せば慎重であるということなので、慎重さをアピールしていきましょう。

また自身の臆病という短所を分析し、それに対して対策を立てることが出来ています。慎重という言葉を直接的に使わなくてもそれをアピールするのは可能です。短所のアピールではどのように改善したのかを伝えるのも大切で、例文のように自身が立てた対策と得られた結果を出すことが大切になります。

短所の例文②

私の短所は頑固なところです。自分の意見に頑固になってしまい周囲と対立してしまうことがあります。私は大学ではサッカー部に所属していますが、チームメイトと対立したままだとチームワークが取れずに困ることが多くありました。私は周囲と対立しないように出来るだけ人の話を聞き、それを受け入れる努力をしています。多様な価値観に触れる中でそれぞれの違いや違うからこその良さなどを知り、現在では周囲の意見も受け入れてチームワークを発揮することが出来るようになりました。

次の例文では、短所は頑固であることが挙げられ、頑固であるがために周囲と対立してしまうことが書かれています。短所をより具体的に伝えるためにはその特徴を表したエピソードを用いるといいでしょう。例文ではサッカー部での対立、それによってチームワークが発揮出来ないということが書かれています。

またこの例文でも自身の短所を分析し、それに対して改善策を打ち出せています。最終的には周囲の意見を受け入れ、チームワークが発揮できるとされており、短所を克服出来ているのが評価出来るポイントといえるでしょう。

短所の例文③

私の短所は不器用なところです。不器用なため何かを覚えるためには人一倍時間が必要になります。私は器用になりたいと考えましたが、不器用を簡単に直すことは出来ませんでした。そこで不器用という短所を受け止め、人一倍努力すればいいのだと思うようになりました。何かを覚えるためには人一倍時間が必要ということは、人一倍頑張れば問題は解決するということです。私は自身の短所もポジティブに受け止め、周囲から遅れを取らないように人より先に動き、量をこなすことで短所を改善しました。

最後の例文では不器用が短所として挙げられています。不器用と言っても単に手先が不器用なのではなく、物事のコツを掴むのが苦手という意味でアピールされています。例文では器用になるのは諦め、別の改善策を考えているのがポイントです。自身の短所を簡単に諦めずに様々なやり方で改善を試みているのは好印象になります。

また改善策自体も短所をポジティブに捉えるというもので、好感を持てます。自身の短所にしっかりと向き合いながらもポジティブに捉えることで明るい性格であるもアピール出来ている点も好印象です。

短所の例文④

私の短所は自分の意見を通しがちな所です。人の意見を素直に聞くことができず、時には衝突することもありました。ただ、成長するに連れてサークルやアルバイトなど、自分より経験のある人と接するうちに、結果として自分の意見が間違っている場合もあることに気づきました。自分の意見を押し通すばかりだと人間関係が崩れたり、不利益が生まれるようになりました。そのような経験から、私は反省し、人の意見にもきちんと耳を傾けるよう心がけています。

この例文では自己主張の強さを反省点にしています。ただ、自己主張が強いことに対し客観的な観点と失敗から反省していることも忘れてはいません。どのような改善策を考えて実践しているのかも伝えていることは評価されやすいです。

短所の例文⑤

私の短所は問題を相談せず自分一人で抱え込んでしまう所です。任されたので責任を持ってやらなければならないという気持ちがとても強く、アルバイトでも自分だけで何でもやろうとしていました。ただ、ある先輩に、自分一人ですべて抱え込まれると問題が大きくなる場合があるので、遠慮なく助けを求めて欲しいと言われて気が楽になりました。その時から、できるだけ自分一人で何でもしないよう、何事も相談し、チームで仕事へ取り組むよう心がけています。

こちらの例文では、一人でなんでも抱え込んでしまうことを短所にしています。短所について改善を考えているのか、短所は短所なのだからと開き直っているのとでは大きく印象も変わります。短所の積極性は、採用担当者から見ても好印象でしょう。

短所のNG例文5選

短所の伝え方次第では、短所は短所だけの意味となり評価もマイナスになります。正直に短所をストレートに言うことは悪くないのかもしれません。ただ採用担当者が短所を面接で聞く目的は、人間性や社会人としての能力をチェックできるからです。自己分析ができているか、企業にリスクがないか、改善をしようとしているかどうか、短所を伝えるコミュニケーション能力があるかどうかです。具体的にどのように短所を伝えればマイナス評価になるか解説します。

短所のNG例文①

私は人嫌いな所が短所です。一人でいる方がとても気楽だからです。そのため中学生の時代から友達が一人もいません。このような性格なため、他人と話をしても喧嘩になるので自分一人の方が気軽で良いと考えています。家族から友達を作りなさいと言われることもありますが、余計なお世話だと考えています。もちろんこれからもずっと親しい友達を作ろうとは思いません。人嫌いという短所で孤独に慣れていますから精神的には強いと感じております。

この例文では、素直に短所と理由を伝えています。自分が人にどのように見られるか、就活の現場でその短所を伝えることがどれだけリスキーか理解していないと思われない内容です。客観性が全くないと飽不思議ではありません。

短所のNG例文②

私の短所はすぐ落ち込むことです。ちょっとしたミスでも重大なミスをしてしまった感覚になります。友達から気にするなと言われても、なかなか元気になれません。コンビニエンスストアでアルバイトをしていますが、お客様がレジに並んでいると、作業が遅いからだと落ち込みます。一度落ち込むと数日は立ち直れないのは心が弱いからだと考え、スポーツジムへ通い心身共に鍛えています。また、もう少し気楽に考えようと明確な意思を持って意識改革に取り組んでいます。

この例文では落ち込みやすいことを短所にしています。過剰に落ち込んでしまう人を人事担当者が見た場合、入社してやっていけるかどうか不安になるでしょう。落ち込みやすいという言葉は、繊細過ぎると言うだけでもイメージは大きく変わるものです。

短所のNG例文③

私には短所がありません。短所を見つけようとしましたが大学では首席です。スポーツも他人より秀でており、県大会でも優勝しています。ただ、あえて短所を言えば、少し傲慢な所だと思います。教授や周りからも評価は高いと自負しております。サークルではテニス部でしたが、みんなが帰った後も練習をしたり、勉強をしたり努力を怠りませんでした。

短所がないと言い切る自信家タイプの例文です。優秀であることを示す実績を出して根拠を示しています。しかし能力があることと一緒に働きたいと思える人材は違うと考えましょう。客観的な自己分析に欠けると思われる可能性もあります。

短所のNG例文④

私の短所は、積極性が極端にないところです。子供の頃から消極的で、自分から人に話しかけることがなかなかできませんでした。消極的な性格を改善しようと考え、最近では自分から話しかけようと努力しています。話し方教室に行っているのも改善策の1つです。そのため、昔より少しだけ積極的になれたと思いますし友達もできました。私が御社で営業職を希望しているのも、自分の消極的な性格を治そうとしていることも理由の1つです。

例文では積極性のなさを短所にしています。自分を変えようと改善をしているのは悪くありません。しかし消極なことを改善するため営業職を選んだというのはNGです。会社は自己変革の場ではありません。

短所のNG例文⑤

私の短所は時間にルーズなことです。友達と遊ぶ約束をしても、十分ぐらいの遅刻は珍しくありません。私の友達は遅刻をするのは当然という感じで慣れています。そのためトラブルになったことはほとんどありません。流石にアルバイトでは遅刻をすると叱られるので早めに準備を行うことも多くなりました。また、目覚まし時計や携帯電話のアラーム機能を使って改善に努力をしています。そうすることでアルバイトでは遅刻を圧倒的に減らしました。

遅刻をする時間にルーズという短所は、面接では使わない方が良いでしょう。遅刻や時間がルーズな人は社会的に信用されません。企業はリスクのある人を採用したいと思わないでしょう。信頼できない短所はまず採用を遠ざけます

短所の未記入はNG伝えるときは向き合い方まで説明する

短所の未記入は止めましょう。基本的にESでも履歴書でも空欄があるのは評価を下げます。特になしと書くのもNGです。採用担当者は、書けないので逃げた、自己分析がしっかりできていないので書けないと判断する可能性もあります。

短所については長所に置き換えることができるのでアピールのチャンスです。それを逃してしまうと能力不足と思われる場合もあります。

短所をただ伝えるだけでもいけません。短所を乗り越えようとする積極的な態度を採用担当者は好みます。そのため、短所に対しどのような改善策を考えているのか、向き合い方を説明しましょう。そうすることで、少々困難があっても乗り越えるために頑張ってくれるだろうなと期待を持たれるのです。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也
(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ