自己PR

【短所の書き方完全ガイド】見方を変えると短所さえも自分の商材にできる|そのテクニックとは

短所を闇雲に答えるのはリスクが高い

就活では自身の短所を知ることが大切になります。就活で聞かれやすい質問の一つとして「あなたの長所と短所を教えてください」が挙げられますが、この質問に苦戦する人は多いです。長所を見つけるのは意外に簡単ですが、短所を見つけるのは非常に難しいからです。実際に短所を見つけてもそれをそのまま伝えてしまえば大きくマイナスの評価になるのではないかと考える人も多く、短所は伝え方に悩む場合も多いでしょう。

しかし短所を問う質問は事前の準備次第で攻略出来ます。就活ではどこまで準備出来たかによって明暗が大きく分かれます。自身の短所についてもしっかりと準備をし、どのように伝えれば良い評価がもらえるのかを考えていきましょう。

長所と短所を聞かれる理由とは?

企業に貢献する人材を見つけるために採用活動が行われます。就活生は、志望する企業に対して自分のデメリット見せないように良い面をアピールするでしょう。面接を行う際は、履歴書やエントリーシートの内容を見て、しっかりと自己分析できているのか長所と短所でチェックしています。さらに会社でどのように働くのかもイメージしています。業務で活かせる長所なのか、短所をなくしていく能力があるのか、企業側が無視することはありません。

自己分析ができているのかを確認している

採用担当者は、就活生が自身のことを客観視して理解できているのかチェックしています。自己分析するためには、自分の頭だけ悶々と考えるのではなく、性格検査をおすすめします。その結果を見て、「〇〇の時に長所が活かされている」「〇〇のケースでは短所が出てしまいうまくいかないことが多い」などとまとめてみてください。

綿密に自己分析することにより、履歴書などに書いた自分の良いところの根拠が見つかり、短所は改善しようとしているのかなど把握することができます。客観的に自分を見つめ直すことで、自分だけのオリジナルなエピソードを作ることもできるでしょう。自己分析する時間をもうけて、自分をしっかりと理解することが内定への近道です。

仕事に活かせそうかを見ている

採用担当者は、就活生が伝える長所や短所を聞いて、会社と合う・合わないをチェックしています。必ずしも、長所がメリットになるとは限りません。見方を変えれば、長所は短所になります。チームプレーが得意という良い面があるとしても、「自分の頭で考えて行動できない」「自主性がない」という見方もできるのです。

企業側は、長所がどんなシーンで活きるのか、短所になってしまった場合に克服できるのかを確認しています。そして、長所よりも短所に注目している可能性が高いでしょう。困難な状況から立ち直る力があるのか判断できるからです。就活生は、どうすればもっと長所に磨きをかけることができるのか、短所を克服するためにはどうすればいいのか考えておきましょう。

自分の短所の見つけ方とは

短所の上手な伝え方を知る前にまずは自分自身の短所を見つけ出していきましょう。一つより二つ、二つより三つ短所が見つかった方が伝え方の幅も広がり、より効果的なアピールがしやすくなります。自分の短所を知らないことには相手に伝えられません。就活は自分と深く向き合うことが大切になりますので、何度も繰り返して自己分析をおこない、自身の短所を探していきましょう。

短所を診断してみよう

短所の診断方法としては自身の苦手なことや嫌いなことから探す方法があります。短所=欠点と考えてしまうと見つけ出すのが難しいですが、苦手なこと、嫌いなこととハードルを下げることで見つけやすくなります。まずはそれらを紙に書きだして、そこから短所を探っていきましょう。紙に書きだすと整理がしやすくなり、自身の弱点が把握しやすくなります。

また短所は就活を通して使用しますので、忘れてしまわないようにという意味でも形に残すのが大事です。苦手なことや嫌いなこと一つずつを見るだけではなく、それらを複合して考えると短所を見つけやすくなります。

短所の数と長所の数は同じ

自身の短所を探す方法としては長所から考えるという方法もあります。長所と短所は表裏一体であって、短所の数と長所の数は同じです。要は言葉の使い方の問題で、例えば「優しい」⇔「気が弱い」になりますし、「粘り強い」⇔「頑固」など言葉の使い方を変えればそれだけで短所を見つけ出せます。また長所と短所を裏返すことでより幅広い自己アピールが可能です。一つの言葉から二通りのアピールが出来ますので、企業のイメージや求められる人材像によって使い分けするのも可能です。

長所と短所も紙に書き出してみるとそれぞれが整理されて分かりやすくなります。言葉は捉え方次第で変化させて出来ますので固定観念に縛られないように自由な発想をしていきましょう。

短所は「今後どう向き合っていくのか」を提示する

短所とは自分の欠点です。それを認めることは自己否定にもなりますので、簡単なことではありません。だからこそ、「短所が見つけられない」という人もいるかもしれません。こうしたケースでは、過去に失敗した経験などを思い起こすことにより、短所を発見することができます。短所を見つけるだけではなく、その欠点に目を背けることなく克服していく意志があるのかどうかも重要です。短所を相手に伝えるときは、問題点を深掘りして、今後どう向き合っていくのか提示しましょう。同じ過ちをしないと誓い、改善しようとする意志をアピールしてください。短所がない人間はいませんので、隠す必要はありません。どう克服していくのかを伝えるのがポイントです。

心配を克服するために短所の意味をもっと知る

就活の準備はどこまでやってもやりすぎということはありません。短所を数多く見つけられてもそれだけでは完璧とは言えませんので、さらに短所の意味を深堀りしていきましょう。知っているつもりで実は細かい意味までは知らないという言葉は多くあるはずです。

間違った意味のまま使っていると自分のイメージとは違ったイメージが人事担当者に伝わってしまいます。自身の短所や短所の意味を細部まで知り、就活に対する不安をなくしていきましょう。

一覧でみる短所20選

  1. 気が弱い
  2. 優柔不断
  3. 頑固
  4. 協調性がない
  5. 視野が狭い
  6. 自己中心的
  7. 時間にルーズ
  8. 熱しやすく冷めやすい
  9. 考えすぎる
  10. 単純
  11. お節介
  12. 周囲の目を気にしすぎる
  13. 流されやすい
  14. 消極的
  15. 心配性
  16. コミュニケーションが苦手
  17. 臆病
  18. 不器用
  19. 八方美人
  20. 飽き性

より深く自身の短所を知るためにはどのような短所があるのかを知るのも大切です。上記の図は短所をまとめたものですが、もちろん短所となりうるのはこれだけではありません。長所も短所として見れますし、まだまだ多くの短所が存在しています。どのような点が短所になるのかを知っていれば自分自身のアピールもしやすいでしょう。

就活で大切なのは長所を上手に伝えて自分が素晴らしい人材であることをアピールすることだけではありません。多くの短所を知り、短所であっても幅広いアピールが出来ることが大切になります。上記の図を参考にして、一つでも多くの短所の言葉を知っていきましょう。

短所の例文

私の短所は臆病なことです。臆病なため絶対に安全だと自信が持てるまで行動に移すことが出来ません。安全であることを確認するために準備にも時間がかかってしまい、周囲から出遅れることもありました。出遅れたと分かると焦ってしまい、失敗をしてしまうことも多いです。出遅れることに焦り、ミスをすることが多かったので、人一倍早くに準備を始め、動き出すことを心がけました。その結果一人だけ遅れることはなく、充分に準備をした分人よりも高いクオリティで結果を出すことが出来ました。

例文では臆病であることが短所として挙げられています。短所をアピールする際は短所だけを伝えるのではなく、それを上手に長所に転じることが大切です。臆病の短所は裏返せば慎重であるということなので、慎重さをアピールしていきましょう。

また自身の臆病という短所を分析し、それに対して対策を立てることが出来ています。慎重という言葉を直接的に使わなくてもそれをアピールするのは可能です。短所のアピールではどのように改善したのかを伝えるのも大切で、例文のように自身が立てた対策と得られた結果を出すことが大切になります。

私の短所は頑固なところです。自分の意見に頑固になってしまい周囲と対立してしまうことがあります。私は大学ではサッカー部に所属していますが、チームメイトと対立したままだとチームワークが取れずに困ることが多くありました。私は周囲と対立しないように出来るだけ人の話を聞き、それを受け入れる努力をしています。多様な価値観に触れる中でそれぞれの違いや違うからこその良さなどを知り、現在では周囲の意見も受け入れてチームワークを発揮することが出来るようになりました。

次の例文では、短所は頑固であることが挙げられ、頑固であるがために周囲と対立してしまうことが書かれています。短所をより具体的に伝えるためにはその特徴を表したエピソードを用いるといいでしょう。例文ではサッカー部での対立、それによってチームワークが発揮出来ないということが書かれています。

またこの例文でも自身の短所を分析し、それに対して改善策を打ち出せています。最終的には周囲の意見を受け入れ、チームワークが発揮できるとされており、短所を克服出来ているのが評価出来るポイントといえるでしょう。

私の短所は不器用なところです。不器用なため何かを覚えるためには人一倍時間が必要になります。私は器用になりたいと考えましたが、不器用を簡単に直すことは出来ませんでした。そこで不器用という短所を受け止め、人一倍努力すればいいのだと思うようになりました。何かを覚えるためには人一倍時間が必要ということは、人一倍頑張れば問題は解決するということです。私は自身の短所もポジティブに受け止め、周囲から遅れを取らないように人より先に動き、量をこなすことで短所を改善しました。

最後の例文では不器用が短所として挙げられています。不器用と言っても単に手先が不器用なのではなく、物事のコツを掴むのが苦手という意味でアピールされています。例文では器用になるのは諦め、別の改善策を考えているのがポイントです。自身の短所を簡単に諦めずに様々なやり方で改善を試みているのは好印象になります。

また改善策自体も短所をポジティブに捉えるというもので、好感を持てます。自身の短所にしっかりと向き合いながらもポジティブに捉えることで明るい性格であるもアピール出来ている点も好印象です。

「短所は優柔不断です」では伝わらない

短所を問われたときに「短所は優柔不断です」などのように短所を宣言するだけでは相手には正しく伝わりません。短所は宣言するだけではなく、その短所がどのようなものか、それをどのように捉えているのかを示すことが大切です。短所をそのまま伝えては意味がなく、しっかりと短所を伝え自己分析が出来ていることをアピールし、上手に長所へと導いていくことが大切になります。短所を伝えながらも良い評価が得られるようにアレンジを工夫しましょう。

就活でも転職でも大事なのは相手の目線

短所を上手に伝えるためには相手の目線に立つことを意識する必要があります。これは就活だけではなく、転職にも言えることです。相手が何を求めているのか、自分のどんなところを見て採用を決めるのかを相手の目線、立場で考えるのが大切です。自分自身がアピールしたいことを考えるのも大切ですが、それ以上に相手の目線に立つのを意識しましょう。

人事担当者は就活生の短所からその人の人間性や自己分析がしっかりと出来ているかを知りたがっています。長所と短所の両方を含めてその人の個性になるため、バランスよくアピールするのが大切です。臆することなく短所をアピールして自己分析が出来ていること、正直な人間性であることを伝えましょう。

短所と実際の性格に矛盾がないように注意する

短所を書く際は、実際の性格と矛盾がないように注意しましょう。人事担当者に良い評価を得ようとしすぎて、実際の性格と矛盾していることを書くのはNGです。実際の性格と矛盾していると、人事担当者にマイナスな印象を与えかねません。前項でも述べたように、しっかり自己分析をおこない、「相手が何を求めているのか」「どんなところを見ているのか」などを考えたうえで短所を書けるといいでしょう。つぎに、相手に好感を与える短所の書き方と伝え方について見ていきます。

相手に好感を与える短所の書き方と伝え方

短所はただ伝えるだけではマイナスの印象になってしまいます。短所はあくまでも短所ですので、伝え方を工夫しなければ良い評価が得られません。短所を伝えて相手に好感を与えるためにはまずは正直であること、短所を改善しようと努力していることを伝えるのが大切です。短所に限らず就活では嘘を伝えるのはNGです。「本当のことを伝えると評価がマイナスになるかもしれない」と嘘をつくのはよくありません。正直な短所を伝えましょう。

もちろん致命的な短所は大きくマイナスになりますので、伝える短所も吟味し、ダメージの少ないものを選ぶようにしましょう。また短所を短所のままにしておくのも問題です。自分の短所を見つめ、それと向き合い改善しようとしている姿勢が大切になります。

意味のある短所と意味のない短所がある

就活では長所と短所を問われる質問が出されるケースは多いです。しかし基本的な質問であるにも関わらずそれに上手に答えるのは難しくもあります。就活は基本的な質問こそ難しいので基本に忠実に対策を進めましょう。短所を伝える際のポイントは、それをいかに短所に見せず長所に転じていけるかということです。相手の目線に立ちながら短所の質問で求められている答えを考えて回答しましょう。

短所と一口に言っても様々ですが、場合によっては長所に転じるのが難しい言葉もあります。意味のある短所と意味のない短所がありますので、必ず意味のある短所を見つけましょう。短所は見せ方次第でいくらでも変化できます。自分が最も魅力的に見える見せ方を研究しましょう。

監修者プロフィール

nkou1213のプロフィール画像
吉川 智也 (よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ