自己PR

【簿記を就職活動で活かす方法】スキルが有利になりやすい仕事とは

簿記の資格を就活に活かしたい

お金や経営の仕事に就く際、少しでも役に立つ資格をと考えて簿記の資格を取得する人は多いです。また、大学の授業の一コマとして、学生のうちから簿記の資格を取得する人もいるでしょう。

簿記は資格として履歴書にも書けるため、経済や経営以外の学部の人でも資格を取得している人は多いです。比較的手を伸ばしやすくビジネスでの実用性も高そうな簿記ですが、実際に就活では役に立つのでしょうか。この記事では、簿記を就活に活かす方法についてみていきます。

簿記とは

簿記はお金や物の出入りを記録するための方法で、取引を帳簿に記入して決算書を作成するための作業を指します。簿記の基礎を理解しておくと、経理や一般事務などの業務に役立つだけでなく、経済の動きについても分かるようになります。

また、将来起業を目指している人にとっても経営分析をするうえで必要な知識といえるでしょう。ここでは、簿記資格の種類や簿記の難易度、資格取得のために必要な勉強時間を詳しく解説していきます。

簿記資格の種類

簿記は「帳簿記録」の略で、企業の活動を記録するためにおこなわれます。簿記資格には、3つの種類があります。ひとつは、日本商工会議所が主催する「日商簿記検定」で、大学生・社会人が対象の資格です。

また、全国商業高等学校紹介が主催する「全商簿記検定」は、商業高校生が主な対象となっています。全国経理教育協会が主催する「全経簿記検定」は経理専門学校生が対象です。

一般的に企業が就職で指す簿記検定は、「日商簿記検定」のことです。簿記は世界共通の記録方式で、スキルアップのために簿記資格を取得する人が多くいます。公認会計士や税理士などの国家資格を目指す人の中にも、簿記資格に挑戦することがあります。

簿記の難易度

簿記検定は1級から3級まであり、それぞれ難易度や活用レベルが異なります。初めて簿記検定を受ける場合は、3級から挑戦するのが一般的です。100点満点中70点が合格点となりますが、合格率は3級で30~50%、2級で20~40%ほどといわれています。1級になると合格率は10%ほどで、難易度は高めです。

2級と3級ではそれほど合格率に差はありませんが、簿記2級では3級にはない「工業簿記」という科目が出題されるほか、商業簿記での範囲も広くなるため対策が必要です。企業の経理や財務では、2級の資格を持っていると評価されることが多く、採用条件として「日商簿記2級合格者」と記載していることもあります。

簿記の資格取得に必要な勉強時間

簿記の資格を取得するためにスクールへ通ったり、通信講座を受講する人もいますが、独学で学ぶことも可能です。試験日までのスケジュールを立て、計画通りに学習していくことが大切になります。簿記2級を取得するために必要な勉強時間は一般的に200~300時間といわれていますが、簿記の知識があるかどうかによっても必要な勉強時間は異なるでしょう。

すでに3級を取得している人が2級を受ける場合、勉強時間は150~200時間ほど必要となっています。簿記について知識がない初心者では、300時間ほどが必要です。1日2時間の勉強をすると初心者で5ヵ月、3級取得者で2~3ヵ月ほどとなります。試験日から計算し、必要な勉強時間を確保できるように計画を立ててみましょう。

簿記の資格勉強により身に付くスキル

簿記の資格を取るためには、簿記ならではのお金に関わる勉強をしなければなりません。例えば、会社が商品を販売して得た「利益」や「人件費」など、このような言葉は簿記を勉強していくとよく耳にする言葉になります。

そして、利益を何に使用したかを管理したり、人件費は何人分の給与として計上したりしたか、細かいルールのもとに簿記は成り立ちます。学ぶことが多く、難しいと感じるかもしれません。しかし、一定のルールを把握すれば応用力がつき、より実用的なスキルを身につけることができるのが簿記の魅力といえます。

決算書の作成方法や財務諸表を理解する力

決算書や財務諸表は、会社の経済力を証明する力でもあります。ただの書類が証明になるのかと思う方もいるかもしれませんが、これらの書類は銀行から借り入れするためにも必要不可欠な提出書類でもあり、説得材料にもなります。また、税務署に企業の確定申告をするときの提出書類にもなるため、企業が毎年作成しなければならない書類でもあります。

決算書や財務諸表は、作成するまでに非常に労力を使う書類でもあります。情報量が多く、一つにまとめるためにも精査をしていかなくてはならず、書類のまとめ方や見方を把握していかなくては作成することもままなりません。ですが、簿記の知識を保有していると、決算書の作成方法や財務諸表を理解する力をスキルとして身につけることができます。

経営について分析する力

簿記資格の3級と2級で学ぶ商業簿記や工業簿記は、経営を分析する際にも役立ちます。簿記の知識があると、会計基準や財務諸表等規則、会社法など企業の会計に必要な法律と合わせて、経営について分析ができるようになります。

近年ではパソコンの会計ソフトを使うことが多く、数値を入力するだけで経営の状況が把握できるようになりましたが、簿記について学んでおくと仕訳の方法や貸借対照表、損益計算などの意味を理解できるため、企業の経営についてより深く分析できます。

簿記1級ではさらに会計学、原価計算が出題範囲となり、経営管理をおこなううえで必須の知識ともいわれているため、企業経営者でも資格を取得する人が多くなっています。

簿記資格が有利になりやすい仕事

簿記資格を保有していることで、有利になりやすい仕事について説明します。せっかく取得した簿記資格はぜひ就職に活かしましょう。簿記を持っていることで、会社経営の視点から有利になりやすい職種はもちろんあります。

また、経理職だけを目標にするのではなく、その他の分野でも簿記資格が活かされる仕事があります。簿記資格を取得して経理職を目指す人は多いと思いますが、実は簿記を保有していることで、こんなにも違う場面でスキルを発揮することができるということを知っておきましょう。

企業の管理部経理

まず1つ目は、企業の管理部としての経理です。一言に経理といっても、実は経理には幾つかの役割が存在します。会社によって定義が分かれますが、給与を計算する給与担当、会社の支出を管理する会計担当、財務を担当する財務担当などがあります。

全てを1人で担当している企業もありますが、おおよそこのような分担制が採用されています。そのため、管理部の経理職といえども、複数のポジションが協力し合い、会社のお金を管理しています。

簿記の資格があれば、これらのポジションを任されても、ある程度簿記を取得した際に勉強した内容が実務で活かされますし、他のポジションの人の手助けも可能です。お金の管理をする仕事といっても、経理には多数のポジションや担当名があるため、就職を考える際は業務内容をみてから応募するのもひとつの手です。

営業や販売

営業や販売にも簿記資格は活かすことができます。なぜなら、取引先の経営状況を読むことができるからです。取引先の情勢をある程度把握した上で、適確な商品をおすすめすることができれば、顧客の購入機会は増加する可能性が高くなります。少なくとも、購入に至らなくても購入意思は強めることができるはずです。

情報を得てもそれを読み解く力がなければ、仕事に活かすことはできません。簿記資格を取得した人にとって、相手の経営状況を察することは得意なことに当たるでしょう。ただ営業や販売をするのではなく、顧客目線に合わせた商品の提案をすることができるため、実は営業や販売もおすすめの職種といえます。

履歴書に書くのは2級から

簿記は英検や漢検などと同じように資格に級位があり、初級から始まり、3級、2級、1級と数字が小さくなるにつれて試験の難易度も上がり、より専門的な知識が問われるようになります。どの級位であっても資格ですので、取得さえしていれば履歴書に書くことはできますが、3級までは基礎知識になるため、アピールの材料にするには少し弱いです。

書いたからといってマイナスになることはほとんどありませんが、それでもプラスになることもありませんので、特別に書く必要もないでしょう。
2級は工業簿記も含まれてきて数学レベルが上がるため、ある程度の勉強時間を要するため充分なアピールの材料になります。簿記の能力をアピールして就活を有利に進めたいのであれば2級からであると覚えておきましょう。

履歴書の正しい作成方法をマスターしよう

履歴書を作成する際は、誤字脱字に気を付けること以外にも基本的なルールやマナーを守る必要があります。履歴書には細かいルールや書き方が存在するため、きちんと守られているか作成前後にチェックすることが大切です。

そこでぜひ活用したいのが「履歴書作成マニュアル」です。履歴書の書き方に悩んでいる就活生におすすめです。無料でダウンロードできるので、実際に履歴書を作成する際のお手本としても持っておいて損はありません。

簿記資格を就職活動で活かす方法

さて、簿記資格を就活で活かすにはどのような手法で攻略するのが望ましいでしょうか。就活では、簿記資格を持っていることで、有利になることは大いにあり得ます。ですが、実際のところ業務未経験の学生という立場には変わりません。

スキルはゼロに等しいと考える企業の方が圧倒的に多いです。確かに資格取得をしたことは素晴らしいことですが、未経験のうちは、資格は自分の魅力の1つとして捉えて就活をした方が無難といえるでしょう。

新卒に必要なのはポテンシャル

日本の就活は能力主義の即戦力採用ではなく、将来的な成長を見越した人柄重視で採用が決定しています。そのため新卒の就活生に最も必要なのは、企業側に「これから成長する」というポテンシャルを感じさせることです。

資格自体が希望している職種に直結するものでなくても、資格を取得しようしているその姿勢が評価される場合もあります。資格を取得するためには勉強をしなければなりません。資格取得のために勉強や努力をする姿勢が好印象を与えやすくなります。

簿記の資格を取得した理由を明確にする

資格取得を学生時代に目指したことは高く評価される部分です。ですが、どちらかというと企業は資格の名称よりも、どうしてその資格を取得しようと思ったか、どのように努力して資格取得を成しえたかという点の方が気になるでしょう。

新卒採用は、成果や実績も重要ですが、人間性の判断もしたいと企業は考えています。簿記の資格を取得している学生から、なぜ簿記を取得しようと目指したのか理由を聞くことも、頻度としては高いです。

面接官に「なぜ簿記を取得しようと思ったのですか」と聞かれた際に、資格取得の目的やどのように努力したのかを伝えることができれば、目的のために実行できる人物だという印象も残せます。

学生時代に取得しておいて損はない

簿記の資格は就活でも有利に働くものですので、学生時代に取得しておいて損はない資格のひとつです。社会人になってから資格の取得を目指す人も多いですが、仕事をしながら資格の勉強をするというのはとても大変なことですし、並大抵の努力で叶うものではありません。その点、学生時代は自分の時間がたくさんあるため、資格の取得も仕事をしながらよりはずっと容易になります。

就活時期になって学生時代に頑張ったことがひとつもないと焦る人も多いですし、自分の時間をたっぷりと使えるのは今しかありません。有意義に過ごすためにも学生時代に取得しておくのがオススメです。

1・2級の簿記資格は多数の職種で有効なため就職活動でアピールしよう

一般的に、簿記は1・2級となると、勉強をハードにしなければ取れないレベルです。学業と並行して資格取得に励んだことは十分なアピールポイントですし、1・2級保持者は即戦力としても期待できるため、就職にも有利にはたらく可能性があります。

どのような動機で簿記を取得しようとしたのか、そしてどのように企業で活躍したいのかを明確に説明することができれば、選考突破の可能性はグッと高くなるでしょう。1・2級の簿記資格は魅力的なスキルになるため、ぜひアピールしてください。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也
(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ