就活のマナー

【就活生にふさわしい前髪】男女別に好印象を与える前髪や整え方をご紹介

どんな前髪で面接を受けていますか?

就活において、身だしなみは大切です。身だしなみの印象によって第一印象は大きく変わります。面接での短い時間で判断されるので、第一印象が勝負でもあります。スーツを正しく着たり、汚れがている部分がないかをチェックすることも大切です。そして面接前には必ず、鏡の前で自分の髪型もチェックしてみましょう。

髪型全体は短くしたり、まとめたりと就活用に工夫をしている人も多いですが、前髪に絞って考えるとどうでしょうか。恐らく、何の工夫もしていないという人は多いのではないでしょうか。身だしなみに気をつけるなら全体のバランスだけではなく、前髪といった細部にまで気を遣う必要があります。

自己PRが書けない人必見!
ツールで効果的な自己PRを作成しよう!

自己PRの内容が薄いと、志望企業に採用されません。選考を突破するには、自己PRを作り込む必要があります。

そこで活用したいのが、自己PR作成ツールの「自己PRジェネレーター」です。
このツールを使えば、簡単な質問に答えていくだけで理想的な流れの自己PRが完成します。

無料でダウンロードできるので、ぜひ活用して採用される自己PRを完成させましょう。

第一印象の明暗は前髪が決める

第一印象を決定する大きな要素は前髪にあります。前髪によって顔の印象は大きく変わるので注意が必要です。前髪のあるなしでも印象は変わりますが、その分け方でも印象が違ってきます。一般に右分けだと幼い、柔らかい印象と左分けだと落ち着いた、知的な印象を与えるとされています。

人と接する営業や接客業であれば柔らかく人当たりの良い印象を与える右分け、事務職や銀行員など冷静にデータの分析や入力をしなければならない職業では、冷静で知的な印象を与える左分けなど、シーンに合わせて前髪の分け方も変えるとより良い印象を与えることができます。

前髪が長いとフレッシュさに欠ける

面接は第一印象が重要だと言われますが、新卒採用の面接では何がポイントになるでしょうか。やはり、爽やかな笑顔から生まれるフレッシュさは欠かすことができません。どんな面接でも、爽やかな笑顔は採用担当者にあなた自身を大きく印象付けるポイントとなります。

前髪が長すぎると表情が暗く見えてしまうので、せっかくのフレッシュさがアピールできません。前髪は眉毛や目が隠れない長さが基本となりますが、慣れないと眉や額を出すのに抵抗があるかもしれません。しかし、明るい印象を与えるためにも前髪の長さを調整しましょう。

女性の前髪のポイント

女性の場合は髪が長い人も多いので、髪型には気をつけなければなりません。全体的に髪が長い人はきちんとまとめ、そして前髪にも気をつけましょう。前髪も長さによってアレンジの仕方が変わってきますので注意が必要です。

いつも同じアレンジばかりで気分が上がらないという人も、就活中はある程度の我慢は必要ですが、問題にならない範囲であればヘアアレンジも楽しむことができます。ただ最優先事項は就活なので、くれぐれもTPOにあった正しい身だしなみを心がけなければなりません。

前髪が長い場合はピンで斜めに留める

前髪が長い場合はピンで斜めに留めます。眉毛が最低半分見える程度に横に流して、ピンで留めるのが基本になります。ピンで留めるときにも注意が必要で、おでこに近い高い位置で留めてしまうと、幼い印象を与えてしまいます。眉毛が見えるように高めの位置にはなりますが、高すぎないようほどほどの位置で留めるようにしましょう。

また、ピンの選び方にも注意が必要です。前髪を留めるピンは黒色や焦げ茶色など目立たない色のものを選びましょう。目立った色のピンを使っているとそこに意識がいってしましますし、華美な身だしなみはビジネスにおいてもNGなので悪い印象を与えてしまします。ピンで留めるときは横流しの高すぎない位置、そして目立たない色のピンを選びましょう。

ぱっつん前髪の人はそのままでもOK

前髪の長さが揃ったぱっつん前髪の人は、前髪をいじらずそのままでもOKです。しかし、眉上のぱっつん前髪はかなり幼い印象を与えてしまうので、就活にはあまり向いていないと言えます。もちろん面接などで上手にアピールすれば、髪型に関係なく内定をもらうことは出来ますが、印象次第ではそれが難しくなってしまうことも考えられるため、極度なぱっつん前髪は控えるようにしましょう。

後ろから髪の毛を持ってきて横に流すのもアリ

前髪がちょうどいい長さであればそのままでもOKですが、基本は目に髪がかからないように斜めに流すことが多いかと思われます。その際、前髪の長さが中途半端に短いとなかなかキレイにまとまりにくいです。そのようなときは、後ろの髪を持ってきて前髪と合わせ、前髪が斜めになるよう意識しながらサイドに流します。

前髪の毛先を耳の方に持っていき、ピンでとめたら完成です。この時、前髪やサイドに流す髪もふわっと流さずにカッチリと仕上げると大人っぽく落ち着いた印象になります。短めの前髪でもうまくまとまりますので、ぜひ一度試してみてください。

微妙な長さの人は整髪料で調整

前髪が長すぎず、かといって短いわけではないという長さが微妙な場合は、横に流して整髪料で整えるようにしましょう。ハード系の整髪料であれば前髪を固めておくこともできますが、ソフトな物しか持っていなかったり、またしっかりと固めていたとしても風で前髪が崩れることもあるので、注意が必要です。前髪が崩れるのが心配な人は整髪料で整えた後にさらにスプレーなどでしっかりと固めておくといいでしょう。

しっかり固めているからと言って油断してはいけません。風にあおられて、前髪は無事でも全体が乱れているという場合もあります。前髪だけビシッと決まっているのにあとはボサボサではこれも印象がよくありませんので、面接前には必ず鏡の前で髪型をチェックするようにしましょう。

おじぎをした時に顔にかからないようにする

入室、退室の際に面接官に必ずおじぎをします。その時に髪が落ちてきてバサッと顔にかかるようだと、その度に髪をかき上げて直さなければならず、だらしない感じがして見栄えがいいとは言えません。ショートヘアーでもロングヘアーでも、おじぎの際に髪が顔にかからないようなヘアースタイルにしておくのが鉄則となります。

面接で極力髪を触らないで済むように、ヘアピンや整髪料で固定しておくようにしましょう。長めの髪の方は思い切ってポニーテールにするのも手ですが、ポニーテールのように高い位置で髪を結んでしまうとカジュアルな感じが出過ぎてしまうため、目の高さより下の位置で結ぶようにするといいでしょう。

男性の前髪のポイント

男性の場合、清潔な身だしなみと言えば短髪ですが、ただ全体が短ければいいというわけではありません。ここでも前髪の存在が重要になってきます。全体的にはさっぱりとしているのに、前髪ひとつでなぜかもさっとした印象になる場合もあります。前髪は意識的に整えておきましょう。

リクルートカットがオススメ

男性の髪型でおすすめなのはリクルートカットです。リクルートカットは就活で一般的な髪型です。おでこを出すことで爽やかな印象を与えることができるので、短髪でも出来ます。ある程度の長さがあっても大丈夫なヘアスタイルなので、短くしたくないという人にも人気です。一般に広く認知されている髪型なので、あまりイメージが湧かない場合でも、リクルートカットと言えば美容師にはすぐに伝わるでしょう。

眉毛が見える程度の長さにする

男性の場合はどんな髪型にするとしても前髪は眉毛が見える程度の長さにするということが大切です。眉毛が見えることで表情が豊かに見え、それだけで清潔感があり、明るい印象を与えることができます。逆に全体的に短くまとまっていても、眉毛が隠れているだけで表情が乏しく暗い印象を与えてしまいがちです。

また、眉毛が隠れる長さがあると前髪の影によって、目元が少し暗く映ります。そのことでも暗く元気のない印象を与えてしまうので、前髪は眉毛が見えることを基準に短く切っておく必要があります。前髪を短く切りたくないという人は前髪を上げていれば大丈夫です。

眉毛は清潔感を保つ程度にカットする

男性の中は普段眉毛の手入れをしないという人も多いでしょうが、少し眉毛を整えるだけで大きくイメージアップを図ることができます。基本は眉の周りに生えているムダ毛のカットになりますが、特に眉尻の下と眉間のムダ毛を整えるといいでしょう。

男性の場合は、眉毛を短くし過ぎたり細くし過ぎたりしてしまうと不良っぽい印象になることもあるので注意が必要です。眉毛の形を整えることにこだわらずに、清潔感を保つことを意識してムダ毛をカットするようにしましょう。面接の前にいきなりやって失敗してしまうと大変なので、日頃からこまめに手入れしておくことがおすすめです。

整髪料の使用は控えめに

身だしなみを整えるためには整髪料を使って髪型を整える必要がありますが、整髪料の使用は控えめにしなければなりません。ガチガチに固め過ぎても不自然な印象になりますし、髪の毛にホコリなども付きやすくなります。またウェットタイプのワックスも、つけすぎるとベタベタとして清潔感がなくなるので注意が必要です。

整髪料の使用は控えめにしなければなりませんが、かといって何もつけないというのもいけません。寝ぐせを直すことはもちろん、きちんと身だしなみを整えて、清潔感をアピールしましょう。

志望する業界に合わせて雰囲気を考える

髪型によってその人の印象や雰囲気は大きく変わるため、TPOにあった髪型を心掛けることはとても重要になります。就活の場合はスタンダードな髪型が無難ではありますが、志望する業界に合わせて雰囲気を変えると面接官へのアピールになることもあります。

もちろん公務員などは落ち着いた雰囲気が必須ですが、アパレルやインテリア業界などはその人のセンスが問われるケースもあるため、その会社のイメージに合わせた髪型にするのも効果的かもしれません。ただし、派手過ぎるヘアースタイルや髪の色は逆にNGとなることもあるため、あくまで面接ということを忘れないように自分に似合う髪型を意識しましょう。

【39点以下は危険度MAX】
あなたの就活偏差値を診断しておこう!

今年の就活はコロナの影響もあり、先が見えない状況が続いていますが、自分の弱点を把握し適切に対策しなければ、内定を勝ち取れないのは同じです。

そこで活用したいのが、就活偏差値診断ツールの「就活力診断」です。
24の質問に答えるだけで自己分析や企業理解、就活マナーなどの中で、何が不足しているのかグラフで見る化できます。

ぜひ活用して自分の弱点を効率的に対策し、志望企業からの内定を勝ち取りましょう。

前髪をセットする時に意識すること

・清潔感があるか
・眉毛が見えるか
・爽やかに見えるか
・下を向いても乱れないか

前髪をセットするときには、第一に清潔感があるかということを意識しなければなりません。清潔感を出すポイントとしては、眉毛が見えているかということです。眉毛は表情の要でもあるので、セット後にきちんと眉毛が見えているかを確認しましょう。眉毛が見えていることを確認し、鏡に映った自分が爽やかに見えるかもチェックしましょう。

そしてその髪型を面接会場までキープさせる必要があります。面接直前にもう一度確認して、乱れている部分があれば整える必要がありますが、大部分が崩れないようにしっかりと固めておきましょう。髪型が崩れないかをチェックするには、下を向いてみるといいです。下を向いても特に乱れがないようであればOKですので、安心して面接会場に向かいましょう。

前髪は眉毛にかからないようにしよう

面接では、前髪が眉毛にかからないようにしておきましょう。特に男性の就活のヘアースタイルは、ショート・ナチュラルが大原則になりますから、いっそのこと前髪は額を出す感じにするといいかもしれません。少し長めの前髪であっても、清潔感を出すために眉毛は出してサイドに流すのが一般的です。

その際にヘアワックスなどで固めることも悪くありませんが、整髪料を使いすぎると清潔感が半減することがあります。基本的には、それほど整髪料を使用しなくても眉毛が出せるくらいの短さにしておく方が無難でしょう。どちらにしてもふんわりまとめるとカジュアルな感じになってしまうため、きちんとセットしてビジネス感を出すようにしておきましょう。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ