面接対策

就活中の一人称で「僕」は適切なのか|面接で恥を書かないために知っておきたいマナー

採用担当者に好印象を与える一人称とは


就活において面接や電話、メール等で採用担当者と話をしなければならない場面が必ずあります。そんな時に気をつけなければならない、基本的で重要なことは一人称の使い方です。

一人称とは自分をどのように呼ぶかということです。日本語は難しいもので、一人称にもさまざまなものが存在します。特に男性の場合、普段使われる一人称として「私」「僕」「俺」などさまざまです。

採用担当者は就活生が言葉遣いや基本的なビジネスマナーを心得ているかを見ています。つまり適切な一人称を使えないだけで内定が遠のいてしまうことにもなるのです。そこでこの記事では、就活において使うべき一人称について紹介します。

メールのマナーも見直そう

就活中は、企業にメールを送る機会が多くあります。就活で送るメールは、ビジネスマナーをきちんと守ることが大切です。メールのマナーは社会人として必要なスキルでもあるため、就活中から身に付けておくといいでしょう。

メールのマナーを身に付けるために目を通しておきたいのが「就活マナーマニュアル」です。就活に必要なマナーが網羅されており、メールのマナーについても詳しく掲載されています。無料でダウンロードでき、日程調整などのメール例も紹介しているため、確認しておくと役立ちます。

就活では一人称「僕」は不適切

多くの男性が普段から使っている「僕」という一人称があります。あまり親しくない人に対してや、学校の先生など目上の人に対して使っている男性も多いこの「僕」という一人称ですが、就活において使用するのは適切でしょうか。

答えはNOです。実は就活において「僕」を一人称として使用するのは不適切と言えます。なぜなら、もともとこの「僕」という一人称は男性が自分と同等か、それ以下の目下の人間に対して使うものとされているからです。つまり就活において「僕」を使ってしまうとそれは失礼にあたってしまうと言えるでしょう。

また、この「僕」という一人称は、採用担当者に少し幼い印象を与えてしまうこともあります。したがって「僕」という一人称は友達に対してなど、プライベートにおいてのみ使用するのが適切です。

その他就活で不適切な一人称について

さて、男性が最も面接で使ってしまいがちな不適切な一人称の例として「僕」について解説をしました。ここではさらに、
そのほかに就活において不適切な一人称について、
3
つほど例をあげて説明します。

これら
3
つの一人称がなぜ就活において不適切なのか、また「僕」という一人称は採用担当者に幼い印象を持たせてしまうものでしたが、これからあげる一人称はそれぞれどのような印象を与えるのかも一緒に解説していきます。

一人称が「俺」

「僕」についで、もしくは「僕」以上にプライベートにおいてよく使われる男性特有の一人称が「俺」です。この「俺」という一人称ですが、就活で使うのはもちろんNGです。

普段から目上の人に対して「俺」を使っている人はあまりいないと思いますが、やはりこちらも自分と同等か目下の人に対して使う一人称になります。したがって面接などで「俺」を使ってしまうと失礼にあたってしまいます。

また、「俺」という一人称が与える印象としては、乱暴で品がないという印象です。この「俺」という一人称は、就活において使ってしまう人はほとんどいないと思います。しかし、普段から使っているとちょっとした瞬間に口から出てきてしまうこともあるので注意が必要です。

一人称が「自分」

こちらも男性が使ってしまいがちな一人称の1つです。特に体育会系の部活動などに所属していた人は普段から使ってしまう人がいるのではないでしょうか。この「自分」も就活においては不適切です。

先にも書きましたが、この「自分」という一人称はどことなく体育会系または一歩間違えれば軍隊のような印象を与えます。確かに一部の企業ではこのような体育会系のエネルギー溢れるような人材を求めていることもありますが、そういった場合でも通常は「自分」を一人称として使用するのは適切ではありません。

また、この「自分」という言葉は違う意味で捉えられてしまう可能性もあります。特に関西地方などでは「自分」という言葉で「あなた」や「おまえ」を意味することもあります。こういった誤解を防ぐためにも「自分」という一人称は使うべきではありません。

一人称が「自分の名前」

こちらはどちらかというと女性に多い一人称の使い方です。一人称として自分の名前を使ってしまう場合です。また、名前だけではなく名字や愛称を使ってしまう場合もあるでしょう。さすがに就活のような場面でこれらの一人称を使ってしまう人はほとんどいないでしょうが、もちろんこれらもNGとなります。

これらの一人称が与える印象としては完全に幼い、または最悪の場合ふざけているという印象を持たれてしまう可能性もあります。子供の頃はこれらの一人称を使っていても問題はないでしょうが、大人になってから特に就活のような場面では使うべきではありません。

もちろんプライベートにおいてどのような一人称を使うかは本人の自由です。しかしそれが癖となり、就活で自分の名前を一人称として使ってしまいそうであるのであれば、今のうちに適切な一人称を使えるように直しておくほうが賢明です。

就活で適切な一人称とは

ここまで就活において不適切な一人称は何か説明してきました。そして、ここからが大切なところです。就活において、また就活以外にも通常のビジネスマナーとして適切な一人称は1つだけです。これだけ覚えておけば就活において一人称の使い方で困ることはありません。

さて、それではその肝心の就活において適切な一人称とは一体何でしょうか。その一人称が何なのか、またなぜそれが適切であるのかもあわせて説明していきます。

一人称は「私」が適切

就活において使うべき適切な一人称は「私」です。これは男性も女性も性別に関係なくこの1つだけとなっています。なぜならこの「私」という一人称が一般的に最もフォーマルな一人称とされていて、ビジネスマナーとして、また社会人としてそれが一般常識とされているからです。

先にも書きましたが、企業の採用担当者は就活生が基本的なビジネスマナーや社会人としての一般常識を持ち合わせているかどうかを見ています。そんな中で社会人の一般常識である「私」という一人称が使えないと、採用担当者に良い印象を持ってもらうことは難しいでしょう。

もちろん企業によって採用基準はさまざまですが、あくまでも一般的に「私」という一人称を使えるようにしておくことが大切であることは間違いありません。

「私」の読み方

さて、ここで「私」が就活に適切な一人称であると書きましたが、この「私」とは一体どのように読むのが適切でしょうか。「私」という漢字の読み方としては「わたし」と「わたくし」という2つの読み方が存在します。

実はこの2つの読み方のどちらでも問題はありません。しかし、一般的に「わたくし」のほうがよりフォーマルであり、就活においてはこちらを使うほうがベターです。さらに、実は他にも「わたし」ではなく「わたくし」を使うほうが良い理由があります。

それは「わたし」という言葉はひょっとすると「あたし」と聞き間違われてしまう可能性があるからです。「あたくし」という一人称を使う人はほとんどいませんが、「あたし」はたまに耳にする一人称です。このような勘違いを防ぐためにも「わたくし」を使うことをおすすめします。

口頭・文面での使い方

すでに書きましたが、面接や電話などの口頭では「わたくし」を一人称として使うのがベストです。「あたくし」や「あたし」のように聞き間違われないようにはっきりと「わたくし」と発音することが大切です。

また、エントリーシートや履歴書、メールなどのような文面で書く場合にはわざわざ「わたくし」とひらがなで書く必要はありません。文面で一人称を使う場合には漢字で「私」と書くのがベストです。逆にひらがなで「わたくし」と書くと不自然な印象をあたえますし、「漢字がわからないのかな?」といった誤解を与える可能性もあります。

一人称はビジネスシーンとプライベートで使い分けよう


就活において適切な一人称は実は1つだけなのです。「私(わたくし)」が就活をはじめとるするビジネスシーンにおいて適切な一人称となります。

もちろんプライベートにおいてどのような一人称を使うかは本人の自由です。友達と話をする際に「私(わたくし)」を使う必要はまったくありません。むしろ友達に「わたくし」という一人称を使ったら変に思われるでしょう。

大切なことはビジネスシーンとプライベートにおいて一人称を適切に使い分けることです。これはこれから社会人として常に必要となってくることです。就活を通してそれを身につけるとともに、一人称を適切に使って希望の企業からの内定をしっかりと勝ち取りましょう。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也
(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ