自己PR

ポートフォリオの自己紹介文に書く内容|ポイントや例文もご紹介

意外に難しいポートフォリオの自己紹介文

ポートフォリオでどのようにして自己紹介文を作成するかは、簡単そうに見えて意外と難しいです。なぜなら、自己紹介文には作成方法に何らの決まりもない上に、採用を検討する企業と作成者とが合致させることが難解であるからです。

ポートフォリオの自己紹介文を見れば、おおむねその人の実力や人格などが把握できます。そのため、自己紹介文と言ってもおろそかにはできません。就活におけるポートフォリオは、企業からの第一印象ともなり得るのです。この記事では、そのようなポートフォリオの作成方法について重要な点を解説していきます。

ポートフォリオの自己紹介文は作品とのバランスが重要

ポートフォリオでは、原則として一目瞭然であることが求められてきます。ポートフォリオは単にクリエイターの作品集に留まることなく、作品そのものというよりは自己がどのようなセンスや力を有しているかをアピールすることが主眼となってきます。

ポートフォリオでの自己紹介文は、作成者がどのような人となりや能力を有するかを把握するためのものでもあります。ポートフォリオの自己紹介文には絶妙なバランス感覚が求められるために難しいとされているのです。情報量が少ないと印象づけられることがなくなるのに対して、あまりに情報量過多であれば過度なアピールとられてしまいます。

36の質問に答えて自己分析をしよう

自己紹介を考える際におすすめなのが「自己分析マニュアル」です。このマニュアルを使えば、質問に答えるだけで自分のパーソナリティタイプが診断できます。技術者タイプやクリエータータイプ、実務家タイプなどがありますが、あなたはどのタイプでしょうか?無料でダウンロードできるため、すでに自己分析が終わっているけどさらに深めたいという就活生にもおすすめです。

ポートフォリオの自己紹介文に書く内容3つ

ポートフォリオの自己紹介文に書く内容3つ

ポートフォリオと合わせて用意する自己紹介文は、情報が少なめでも多すぎてもバランスが悪くなってしまいます。ポートフォリオの自己紹介には、ある程度こういった内容を書いておくといいというものがあります。基本的に記入しておくといい内容は、今までの経歴と自身の持っているスキル、今までの受賞歴です。これらの内容を分かりやすく、簡潔に書いておくようにしましょう。

①経歴

まず、ポートフォリオに書いておきたいのが今までの経歴です。学生だとそこまで多くないかもしれませんが、ポートフォリオでアピールしたい技術を活用した経歴があればそれを記入しておくようにしましょう。仮に未経験だったりこういった経験が浅い場合は、その分趣味や特技・長所などを盛り込んでおくようにしましょう。

詳しい理由については別の項目で解説しますが、趣味や特技・長所を記入しておくのは、ポートフォリオの自己紹介文をよりよいものにしてくれます。もちろん、ある程度経験がある場合でも趣味などを記入しておくのは問題ありません。

②スキル

ポートフォリオが作れるということは、ある程度ソフトウェアの使い方が理解できている、あるいは使用することができるということでもあります。採用担当からすれば、このスキルがどの程度あるのかを確認しておきたいところです。自己紹介文を書く場合、持っているスキルについては、全てどの程度使えるかもあわせて記入するようにしましょう。

「こういったスキルを持っている」と使用できるソフトウェアやプログラム言語・システムを文章で並べるだけでは、採用担当も理解しきれない場合があります。そのため、自己紹介文に書く場合は、スキルの上達レベルを目で見て分かりやすく記入するといいでしょう。例えばスキルを星の数や棒グラフなどで表現すると、理解されやすくなるでしょう。

③受賞歴など

今までの活動の中で受賞歴がある場合、自己紹介文を書く際にあわせて記入しておくようにしましょう。デザインの表彰履歴やコンペ受賞履歴があれば、必ず入れるようにしたいところです。とはいえ、自分をアピールしたいからと受賞歴を大量に記入するのは、見栄え的にもいいとは言えません。

もしも複数の受賞歴があるのであれば、リストのような形で簡単に分かるように心がけるようにしましょう。文章として書く場合であれば、経歴の文章に続く形で記入しておく形でも問題ありません。受賞歴は経歴の一種でもあるので、項目をまとめておくと読みやすいでしょう。

ポートフォリオの自己紹介文を書くポイント

自己紹介文をおろそかにしていれば、選考段階で漏れてしまうことも懸念せざるを得ません。ここからは、ポートフォリオに係る自己紹介文の作成の際にどのような要素を取り入れればいいのかをご紹介していきます。

趣味や特技も記載する

自己紹介文には、特技や趣味などに関しても記載しておきましょう。ポートフォリオにおいては、クリエイティブな職種が占拠しているものと考えられます。特技や趣味など一見職種とは何ら関係なさそうな部分で応募者の人格や見識を示すものであるために、企業側とのコミュニケーションを発展させる発端となり得る可能性があるのです。そして、そうした特技や趣味の部分で同職場における社員らと応募者とが打ち溶ける人材であるか否かの判断材料ともなるからであり、なるべく記載しておくことを推奨します。

収録作品のコンセプトを伝える

ポートフォリオは自分の作品を列挙するに留まらず、どのような趣旨のもとで作成してきたかや、どのようなコンセプトに基づいて作成したかを伝達していくことが重要なのです。ポートフォリオにおいて、実績や実力などについてのみ自己紹介文に記載していれば、企業側に訴求することが困難となり得ます。

そのため、人格や見識などが理解しやすいように自己紹介文を利用していくことが望ましいのです。一貫性が欠如していれば、収録作品のコンセプトが伝わりづらくなりかねません。どのようなコンセプトのもとで制作をおこなってきたかを記載していくことが重要なのです。

プロフィールページのデザインも気にする

プロフィールページのデザインが悪ければ、良質な文章が記載してあったとしても、企業側が興味を持たない可能性があります。写真などを合わせて掲載する際は、画質などについても配慮しておくことが大切です。具体的には、写真の解像度や文章の書体、見出しの整合性、配色に至っても当初から一貫させておくことが重要です。

プロフィールページは企業側が当初から閲覧する触れ込みとなる部分なので、おろそかにはできません。クリエイターであるからには、このような基本的事項を踏まえてポートフォリオのみならず、プロフィールページを作成するように努めていかなければなりません。

プロジェクトを遂行した場合は役割を記入する

大きなプロジェクトなどを通して制作した共同作品を載せる場合は、その作品製作においてどのような役割を果たしたのかを記入しましょう。役割を記入するメリットは大きく分けて2つです。1つ目は、自身の得意とするジャンルをアピールできることです。

イラスト作成やグラフィックデザインなど、クリエイターとしての自己の強みを相手に伝えることにつながります。そしてもう1つは、強みを伝えることで企業側との認識のズレを防げることです。せっかく採用されたのに、会社が必要としているスキルと自分の得意分野が異なっていたという様な事態を避けるためにも、自分が製作過程で果たした役目についてはきちんと記入するようにしましょう。

【職種別】ポートフォリオの自己紹介文例

ポートフォリオの自己紹介文は、氏名や概略などを始めとする基本情報や、使用ツールなどを記載することが通常です。どのようにポートフォリオを作成するかは、自己の実績をアピールするに留まらず、採用を検討している企業が将来的にどのように成長させていくかをも視野に入れているものなのです。

当然ながら、自己が就業を検討している業種に照らして自己紹介文を作成していく必要性があるのです。以下の自己紹介例によれば、200字ないし300字ほどの自己紹介文を作成することが相当であるといえるでしょう。

自己紹介例【デザイナー】

〇〇大学〇〇学部〇〇学科の〇〇と申します。私は、UIやUXを考慮したデザインについては、どのような人にも優越している自信があります。ウェブサイト上では、形式化されやすい傾向は多いものと考えられますが、さらなるユーザビリティの向上や、競合他社に差をつけられるか、また、デザイン性などを特段意識していくとともにウェブデザインを実践していく所存です。そのような過程を経て、閲覧数やクライアントの獲得、それにコンバージョンなどといった映像関連の改善を実践していくことにより、好評を得ています。

デザイナーの場合は、自己紹介に補足して自分の作品の写真などを貼付するのも効果的です。そうする事によって、スキルや知識を定量的に示す事ができます。

自己紹介例【ディレクター】

〇〇大学〇〇学部〇〇学科の〇〇と申します。私は、アルバイトでありばがらも管理能力に知悉したウェブディレクターとして活躍してきました。規模の大きなウェブサイトであれば、納期が逼迫しがちです。ただ、スケジュール調整が芳しくない時は、社内において巧みに先導することによって、人員の調整に資することを検討していき、諸々の事象に柔軟に対処し得るようにしていけることが私の利点です。このような過程を経ているためにクライアントから絶大な信頼を勝ち得て、規模の大小に関わらず、プロジェクトを頓挫させることなく業務をこなしてきました。

経験を通して具体的どう企業に貢献できるかを述べています。ポートフォリオの自己紹介には明確な決まりがないので、このように自己PRの要素も含めて作成するのも効果的と言えます。

自己紹介例【エンジニア】

〇〇大学〇〇学部〇〇学科の〇〇と申します。大学1年の時から知人の会社で小規模メディアのエンジニアとして稼働してきました。入社当時は無名だったメディアですが、改善が必要とされるシステムの改修を行い、社員全員の業務の効率化に繋がるよう業務に取り組んできました。煩わしいシステムを最適化してきた事により、社内での業務効率が上がり、よりコンテンツの質を担保する事にかける時間を増やす事ができました。結果、今では2万人のユーザーがいるメディアに成長しています。

エンジニアの場合には、ポートフォリオをサイトで作成する事例が多いことから、jQueryなどの言語を用いてポートフォリオそのものの装飾に凝ることも、ほかの応募者との差を付けるためにも優位となるでしょう。そのために、自己紹介文は、どのような意図のもとで作成したかや、コーディングの趣旨などを列記しておけば、企業側に対して意欲的と評価されることになるでしょう。

ポートフォリオ全体の構成も重要

ポートフォリオでは、閲覧する企業側の立ち位置に照らして、どのような配置であれば読みやすいかや、全体での構成などを考慮していくことが重要です。ポートフォリオの構成が整然としていれば、閲覧する側も安心して閲覧できるのです。

志望している企業が好みそうな内容になっている

ポートフォリオでは、アピールしていくことも当然に重要なことなのですが、あまりにもクリエイティビティを重視するあまり、企業が求めているものとのすれ違いが見られる場合もあるようです。企業に応募するからには、前提として一社会人としての意識が求められてきます。

企業が何らも求めていないものをいくら主張したところで、採用への方向に行くものとは考えられません。あくまでも、クリエイターとはいっても組織の一員になるということを意識しておかなければなりません。採用されるためには、企業の性質に照らして、ポートフォリオを作成することも重要になってくるのです。よって、企業側から評価されることを念頭において、ポートフォリオを作成するようにしましょう。

デザインなどの工夫がされている

ポートフォリオでは、コンセプトなど分かりやすさが求められてきますから、視覚的に訴求し得るデザインが求められてきます。そのために、構成や目次などについても重要性をもたらしてくるのです。ポートフォリオ自体のデザインにも配慮することによって、良質なデザインに達することが可能となります。作品やプロフィールがいくら完成度の高いものであっても、目次が見にくければ台無しになってしまいます。

目次とはポートフォリオがどのようなものであるかを伝えていく上で、企業側がまず最初に目を通すものなのです。ポートフォリオがどのようなコンセプトや構成に基づいているかを伝達していくためには、ポートフォリオそのものについてもデザインに配慮しておく必要性があるのです。

ポートフォリオ全体で注意するポイント

ポートフォリオ全体でしっかりと確認しなければならない点がいくつかあります。まずは、誤字がないのかチェックすることです。誤字ひとつで相手に悪い印象を与えてしまう可能性は高いので、注意しましょう。

もちろん脱字にも気を配ってください。また、読みやすさをチェックすることも大切です。読みにくいレイアウトでは相手に伝えたいことが伝わらないこともありますので、ポートフォリオを作成する前にレイアウトを考えておきましょう。

誤字脱字はないか

どんなに素晴らしいポートフォリオを作ったとしても、誤字や脱字があるだけすべてが台無しになってしまう可能性は否定できません。誤字脱字に関しては、ポートフォリオだけではなく、エントリーシートや履歴書、メールなどでも同様です。作成した後に修正できない可能性もあるため、下書きなどをして誤字脱字がないようにしましょう。

ポートフォリオであれば、パソコンを使って作成することが一般的です。誤字脱字をチェックする際は、パソコンの画面だけではなく、プリントアウトして確認すると効果的です。どんな人でもミスをしてしまうものですが、何度も確認すれば誤字脱字を防ぐことは可能なので面倒くさがらずに対応しましょう。

読みやすいレイアウトになっているか

誤字脱字に注意するだけではなく、読みやすいレイアウトになっているのかも確認してください。そもそもビジネスシーンでは、あらゆる文章にて「読みやすさ」や「わかりやすさ」を重視する必要があります。なぜなら、読みにくくわかりにくい文章では、読んでいる人に本当に伝えたいことをアピールできないからです。

読みやすいレイアウトにするためには、すぐにポートフォリオを作成するのではなく、どのようなレイアウトにすればいいのか考えるようにしましょう。「何を書くのか」も重要ですが、「どう書くのか」も同じくらい大切です。素晴らしいデザインのレイアウトは、ネットなどでも調べることができるため、時間のある時に探してみてください。

自己紹介文はその場に応じて工夫しよう

ポートフォリオが難解といわれているのは、クリエイターとしての自己PRと企業側からの要望とで乖離が生じていることが考えられます。ポートフォリオは単に作品を列挙するものではなく、作成者がどのような趣旨やコンセプトで作成したかを伝達するためのものなのです。

自己紹介文では、必要範囲内の情報量を記載していき、ポートフォリオ全体のデザインにも配慮していくことが重要なのです。また、当記事でご紹介してきた方法を実践していき、自己のポートフォリオを企業側に訴えかけていけるものにしていきましょう。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也
(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ