自己PR

適応力とは|特徴や活かせる職種~自己PRの例文やNG例もご紹介~

あなたの適応能力を企業にアピールしよう!

適応能力はあるに越したことはないと誰もがそのように考えます。何事にも順応し、柔軟に物事を考え、臨機応変に対応し、さらに真摯に仕事に対処していく、なんだかまるでスーパーマンのようですが、このような適応能力があれば、どんな企業や職種においても重宝されるに違いないといえるでしょう。

仕事を遂行するうえにおいては、適応能力というものは確かに重要です。それでは、あなた自身のなかにある、その天下無敵の適応能力をより効果的に企業にアピールするにはどのようにすればいいのでしょうか。ぜひともこの適応能力をアピールし、就活生の価値を企業に印象付けたいものです。

適応能力とは

企業が求める適応能力とは、どのようなものなのでしょうか?あなたが考えている適応能力と、企業の求めるそれとは本当に一致しているのでしょうか。本当の意味でビジネスの場において必要とされる適応能力というものの正体を明確に認識する必要があります。

企業に求められる適応能力をアピールするためには、その適応能力を見極めることが大切です。環境とは、自分をとりまく状況(人間関係・仕事等で求められる役割や能力・場所など)のことです。たとえば進学や就職もそうですし、就職後は転勤などでも環境が変化します。環境が変化した場合、一般的にはストレスが生じると考えられています。

適応とは、「馴染む・とけこむ・対応する」とイメージしてください。「環境適応力」とは、環境の変化によって生じるストレスに素早く対応し、「自分自身においてはストレスを克服する、周囲に対しては違和感や心配を与えない」能力と捉えるといいでしょう。

適応能力の意味

企業における適応能力とは、仕事への対応力、環境への柔軟な対処力。異なった価値観にも対応できる柔軟な思考力、またどのような状況においても冷静に対応できる判断力、そしてどんな環境にも馴染むことができる順応力をいいます。

仕事をするうえで、どんなシチュエーションでも臨機応変に対応しタスクを進めていく「環境適応力」は重要なスキルです。面接でアピールしていこうと考えている人も、いるでしょう。「環境適応力」のアピールでは、「自分自身」と「周囲」の2つの視点をもつ必要があります。

適応能力が必要とされる理由

採用された新卒の学生は学校で専門の勉強をしたとはいえ、社会人としては新人です。初めての業務で失敗することがあるかもしれません。しかしその失敗の後が重要なのです。ここから適応力が必要となります。

適応能力とは経験から学ぶこと
  ∟適応能力はどんな失敗が合ってもそこから学び取る力があることをいいます。
適応能力とは多様な人々と協働する力
  ∟ビジネスシーンでは価値観の異なる人と仕事を進めていくことが求められます。自分の意見に固執せず、相互の見解を吟味しより高い成果を達成することが大切です。

適応能力とは環境に対応する力
∟仕事では部署の移動や人員の入れ替えもあります。どんな環境にも迅速に対応することも大きな力です。

適応能力がある人の特徴

適応能力についてより理解を深めるために、適応能力のある人の特徴をご紹介します。まずは、コミュニケーション能力が高いことが挙げられます。どんな人と仕事をするにしても、上手にコミュニケーションできますので、会社から重宝される存在です。

また、明確に目的を持ち、何事もフレキシブルに対応できることもそうでしょう。はっきりとしない目的では、臨機応変に行動することは難しいです。こうした特徴を具体的にお伝えしていきます。

対人関係能力が高い

自分と同じような考えを持っている人とだけ仕事を進められるとは限りません。異なる意見を持っている人とは話が合わない時もあり、適応能力のない人は、うまく仕事を進行することができないでしょう。一方、適応能力のある人は、相手が違う考えを持っていたとしても、積極的にコミュニケーションして両者にとって最適解を導き出します。

また、部署を異動することになり、新しい環境に配属されたとしても、周りの人とすぐに良好な関係性を築くことができるでしょう。適応能力のある人は、対人関係能力が高く、コミュニケーションの重要性も熟知しています。ビジネスシーンでは、すべての物事が自分の思い通りになりませんので、適応能力を磨くことはとても大切です。

目的が明確

行動の目的を明確化することにより、さまざまなことに対して柔軟に対応できます。適応能力のある人は、はっきりとした目的を持って行動できます。「本日中に〇〇のタスクを完了させる」という目的を作り、緊急でしなければならない案件がきたとしても、両方の仕事をスムーズに終えられるよう調整できるのです。

目的を明確にしていない場合、どんな仕事をしてもダラダラと進めてしまい、急ぎの案件が入ったとしても、臨機応変に対応することができません。ビジネスシーンだけではなく、就活している時も目的を明確にすることは大切です。「〇〇社に絶対に入社する」と決めたのであれば、そのゴールに向けて、どんなことがあっても立ち向えるのではないでしょうか。

適応能力があると就活に有利

適応能力があると、就活を有利にすすめることができます。それは上記で紹介した面接官からの見方や、企業に入社したあとのことを考えてのことだけではありません。就職活動をしている真っ最中にも適応能力があったほうが有利となるのです。

ではそれはなぜでしょうか?ここでは適応能力が就職活動に有利となる理由について2つご紹介します。もしあなたが適応能力を持っているのであればそれは自分の強みとなりますので、これから始める人も、現在すでにエントリーをしている人も十分に活かし就活を進めていくようにしましょう。

失敗しても切り替えが早い

適応能力があると就活に有利となる理由1つ目が、失敗しても切り替えが早いためです。就活では、自分の思うように選考を進めることが出来なかったり、志望度の高い企業からお祈りメールが届いたりと、上手くいくことばかりではありません。当然お祈りメールが届いたら沈んだ気持ちになるでしょう。

しかし、適応能力が高ければ、その状況をいつまでも引きずることなく気持ちを切り替えることができるでしょう。沈んだ気持ちのまま就活を続けてもいい方向には決して向かいません。就活での失敗は振り返ることは大切ですが、沈んだ気持ちを引きずることのないように切り替えて次の選考に進まなくてはいけません。適応能力のある人は、これができるのです。

執着することが少ない

適応能力があると就活に有利となる理由2つ目が、執着することが少ないためです。上記の切り替えが早いこととも似ている部分はあります。就活のなかで不合格になった企業に執着することで、次の企業への選考に100%の気持ちが向いていかなくなります。

しかし執着心が少ないことで、気持ちを切り替えて次の企業への選考に進むことができます。適応の応力があると就活に有利となるのは、失敗しても切り替えが早い、執着することが少ないため、1つの企業から不採用の通知がきた場合も、次に進むことができるということなのです。

適応能力が強く求められる職種とは

ビジネスにはさまざまな職種がありますが、適応能力というものは、本来どのような職種においても必要になるものであることは間違いがありません。しかし数多ある職種のうちでも、とくに適応能力を必要とするであろうと考えられる仕事もあります。

しかし、これも職種によって求められる適応能力の内容が異なっています。それぞれの職種で求められる適応能力どのように違うのでしょうか。その違いを見ていきましょう。

①企画職

企画職といっても、その内容にはさまざまなものがあります。単純なジャンルのもののみを企画する職種もあれば、毎回異なるジャンルの企画を立案するように言い迫られるものもあります。例えば、広告代理店やイベント制作会社などでは、企業の商品プロモーションから、行政の広報や報告書制作に至るあらゆる企画を扱います。

企画の現場では、数週間に渡って構築してきた企画が、ひとつの会議で瞬間的にひっくり返ることさえあります。このような事態になってもプランナーは、再度論理を構築し直し具体的なプランを出すことを要求されます。これはよくあることで、プランナーにはどんな事態にも対応することが求められます。

②クリエイティブ職

デザインや映像制作のようなクリエイティブで求められるのは、独創性と柔軟性です。クリエイティブな職種では、当然のことですが独創性を求められます。しかし、それはあくまでも協調性と共感性を持った独創でなければなりません。

クリエイティブの成果として出てくるデザインや意匠は、決してデザイナー個人のセンスで出来上がるものではありません。そこにはマーケティングによるコンセプトの裏付けがあり、またクライアントの意向が反映されています。

クリエイティブに関わる人たちは、長い議論とたくさんの試行を経て成果物を仕上げています。クリエイティブ職には、まさに協調とコミュニケ―ションから成る適応能力が必要とされるのです。

③営業職

営業職にとってまず必要なのは、コミュニケーション能力です。話す力、聞く力は営業職にとってなくてはならないものです。それを通してクライアントに対応し、クライアントの求める商品や活動を提供していくことが営業職には求められます。

また周りの人の状況を確実につかみ、空気を読み、そしてものごとを進めていくといった環境適応能力も必要とされます。それは順応性であり、感知力であり、そしてときに毅然とした判断力です。

その意味からも、営業職が必要とする適応能力は広範にわたるものと考えられます。「どのような困難にも立ち向かうアグレッシブな闘争心」というものも必要となります。まさに、総合的な適応能力を企業は求めるでしょう。

自己PRで適応力の高さを伝えるポイント

null

自己PRにおいて、適応力の高さを伝えるポイントとしてまず、「協調性があるということ」をアピールしましょう。適応力というのはどんなことにも適応できる力ということです。チームで仕事をする場合など、いち早く周りの人と打ちとけて仲間意識を持って仕事に向かうということは、非常に重要なことです。

協調性があるということをアピールすることで、おのずと適応力があるということもアピールできます。次に「何かに打ち込み結果を出したこと」をアピールしましょう。学生時代に部活を続けて来て結果を出したことや、ひとつのアルバイトを続けてきたことをアピールすることで、どんな厳しい状況や理不尽な状況にも適応し、結果を出すということが相手に伝わり、適応力が高いということがアピールできます。

具体的なエピソードを添える

自分自身に「協調性がある」ことや「何かに打ち込んできた」ことを具体的なエピソードもなく漠然とアピールしても、適応能力があるということは相手には上手く伝わりません。そこで、相手に上手く伝えるために、具体的なエピソードを添えて説明するようにしましょう。

例えば、次の大会で結果を出すために仲間と協力し、計画を立てて練習したことでいつもより良い結果が出たことや、アルバイト先で売上目標を達成するために、自分が中心になって企画を出し、仲間と力を合わせてその企画を実行した結果、売上目標を達成できたことなどを添えて話すことで、より適応力が高い事をアピールできます。

企業での活かし方を伝える

適応力が高いということをアピールするということは、最終的には企業の利益にどのように貢献できるかを伝えるために話すことです。そのため、今まで頑張ってきたことで培った強みをどのように企業で活かすのかを伝える必要があります。

例えば、部活でコツコツ基礎練習をして結果を出したというや、先輩初め仲間の支えがあって生まれた結果ということから、ひとつの目標に向かって真っ直ぐ進む責任感や、上下関係を含む協調性が生まれたことなどをアピールし、チームでの仕事をする場合、そのチームにいち早く溶け込み、自身がきちんと機能すると言うことを伝えるようにしましょう。

その際に、具体的なエピソードを添えて、どのようにしてその強みが生まれたかや、その強みのい発揮できる部分を細く伝えるようにしましょう。

自分はどんな仕事に向いているタイプか、適性を診断してみよう

自分の適性や性格が、どんな仕事に向いているのか気になりませんか?
そんな時は、適職診断ツール「My analytics」を活用して、自分と志望業界との相性を診断してみましょう。
My analyticsなら、36の質問に答えるだけで、あなたの強み・弱みを分析し、ぴったりの職業を診断できます。

My analyticsで、あなたの強み・弱みを理解し、自分がどんな仕事に向いているタイプか、診断してみましょう。

適応能力をアピールする際の注意点

適応能力をアピールする際は、適応能力があることによる短所も把握しておかなくてはなりません。また、業種や職種によっては適応能力があることが逆にマイナスに作用してしまうこともあります。

自分が応募しようとしている業界の特徴や、求めている人物像を正確に把握した上で有効だと感じた場合にはアピールし、そうでない場合にはアピールをせず他の分野に切り替えるだけの臨機応変さが求められます。それでは、どのような短所があるのか見てみましょう。

周りに流されやすいと捉えられる可能性もある

適応能力が高いことは長所としてとらえられることが多いですが、短所もあります。人によっては、周りに流されやすいと捉えられてしまうこともあります。特にリーダーシップを重視している企業には、短所と捉えられてしまう可能性があるのです。

企業の風土にも配慮しながら、その企業や業界で求められている適性は何かをきちんと考える必要があります。その上で、自己PRにエピソードを添えてアピールすることが採用担当者から高く評価される秘訣です。

職業によってはマイナスの印象を与える

業界や職種によっては、逆にマイナスの印象を与えてしまう可能性もあります。飲食業などのリーダーシップを特に求められる業界や、クリエイティブな内容をメインの職務に据えている開発業などは特にこの傾向が強いです。どちらも、自分からメンバーを導いて職務をする必要があり、またクリエイティブな職場では独創性が強く要求されるので、周りに迎合する性質は嫌われる傾向にあります。

こうした業界に応募する場合には、適応能力よりもむしろ独創性や、自分ならこのように取り組みます、といった自分の考えを前面に押し出した自己PRを作成してアピールすることが、採用担当者からの高評価に繋がります。状況に合わせた内容を記載することが最も大切なポイントです。

「適応能力」を自己PRで伝える例文3選

適応能力をアピールするためには、いったいどのようなエピソードを紹介することが望ましいのでしょうか?適応能力といっても、人はさまざまな場面でそれぞれ異なった適応能力を示します。新しい課題にぶつかったときの思考の柔軟性、環境の変化への対応力、そして順応力など、これまであなたが経験、体験したものごとの中で自分自身でも納得してアピールできる出来事を作成したいものです。例文からその方向性を探ってみましょう。

例文①

何に対しても適応する能力があるのが、私の強みです。例えば、私が新しい業務を遂行する場合にはその業務の本質を学び、出来る限り迅速にその業務をおこなう能力を身につける努力をします。私は、さまざまな状況に即座に対応し適切に処理する能力があります。
私が学生時代、アルバイトでファミリーレストランに勤めていたときに、先輩に指導して頂いたことは一度で覚えるようにし、聞き直したり間違った方法を取ったりすることも無いよう心がけました。
ホール作業のみではなくキッチンやその他雑用をこなし、自ら率先して作業を探す努力を続けていました。この能力を生かして貴社では、まず出来るだけ早く仕事の本質を見極め、即戦力となる努力を致します。

自分自身の適応能力を、努力という視点からアピールして、謙虚にアピールしています。こうした姿勢は、審査官にも十分に伝わるものと考えられます。

例文②

私の長所は、臨機応変に対応できる適応能力です。私は、高校生の頃からラップミュージックを中心に音楽活動を始めました。私はラップの歌詞を考えますが、より良い歌詞を作るために即興のラップバトルにも積極的に挑戦してきました。
ラップバトルは即興で考えないといけないので、相手の特徴や癖、観客の雰囲気などに合わせて言葉を選んでいます。これは頭をフル回転させなくてはならず、アドリブで状況に応じた言葉を選ぶことが求められます。
この経験のおかげでゼミの発表などでもあまり緊張することもなく、周りの様子を見ながら発言できるようになりました。このような、さまざまな状況に対応できる能力は、貴社で働く際にも活かせると思います。

学生時代の趣味で鍛えた自身の能力を、仕事に活かせる能力としてアピールしています。趣味をただ趣味として終わらせるのではなく、これからの仕事に役立つ能力として訴えています。

例文③

私は、何に対しても柔軟に対応できる適応能力があります。私には、大学に入ってから続けているアルバイトがあります。居酒屋のホール業なのですが、週末の夜など沢山のお客様が来店されます。ときにマニュアル通りの対応ができず、常に自分で判断をしなければなりません。
グラスやお皿がすぐになくなってしまうときには、お客様の飲食するペースを見ながら、迷惑にならないように食器を下げます。トラブルの際にも、他のお客さんに迷惑がかからないよう、スタッフ同士で連携をとり解決してきました。
貴社に採用された際には、私は自分の仕事だけでなく、周りのサポートもこなしながら、連携して業務を遂行していきたいと思います。

柔軟性と周りの人たちとの協働する力を自身の適応能力として紹介しています。アルバイトから得た自分の体験を無駄なく仕事への能力、情熱として表現しています。

「適応能力」を自己PRで伝えるNG例文3選

適応能力は表現の仕方によっては自身過剰、過剰なプライドの高さ、またあるいは逆に人に合わせ過ぎて、自分の意思がない人として映る場合があります。適応能力をテーマとしてPR文書を作成するとき、もっとも注意しなければならないのがそのような悪いイメージを感じさせないようにすることです。そんな失敗をしないため、適応能力を自己PRのテーマとして表現するときの、あまり効果的ではない悪い例も紹介しでおきましょう。

NG例文①

私は、人に合わせることがとても上手です。これは協調性という適応能力のひとつであると考えています。そしてこの適応能力が私の最大の強みです。2年間アルバイトとして居酒屋のホールスタッフをしていますが、スタッフ同士が仲良く仕事をすることを私は心がけています。
忙しいときには、スタッフ同士がいらついて険悪になりかけることがありますが、私はできる限り平静を装い波風を立てないようにしています。状況を判断し、私の方から謝るなど、お客様に問いに各迷惑をかけないよう、精いっぱい自分を制御することにしているのです。このような協調的な性格は貴社の仕事をおこなう上でも大変役立つに違いありません。

人に協調ばかりすることが、適応能力ではありません。このエピソードは、自己PRには不向きのようです。

NG例文②

私は学生時代、カラオケ店でアルバイトを経験し、2つの対応力を身につけました。私はカラオケ店でキッチン・飲食物の運びを担当し、混雑時や業務が重複したときには、常に「今やるべきこと」を意識し仕事に取り組みました。
またドリンク・フードを作る業務では、最初は仕事が遅く周囲に度々迷惑をかけていましたが、メニューを全て覚え、どのようなオーダーに対しても素早く対応できるようになりました。繁忙時にはドリンク作りや運びなど、できる限り丁寧かつ迅速に作業することを心がけていました。このようなことを通して身に付けた対応力「プライオリティ」と「正確性」と「迅速性」を仕事に生かし、貴社に貢献したいと考えています。

自分自身の成長をエピソードとして伝える内容となっていますが、いま一つ適応能力という強いコアが伝わってきません。

NG例文③

どのような変化にも対応できる適応能力が、私の長所です。私は居酒屋でアルバイトをしていましたがそこでの作業はほとんどマニュアル化されており、効率的に仕事ができるようになっていました。
しかし私は、あえてさらに効率的に仕事ができるよう提案をしました。オーダーを取りに行ったあと帰ってくるとき、直接帰ってきていたものを、客席を回って必ず何かひとつ仕事をしてから帰るよう提案しました。
こうすることで効率的な仕事ができるようになり評価を受けました。変化を恐れず提案できるところが私の長所です。この長所を活かし貴社でも、変化を恐れずなにごとにも提案していきたいと考えます。それが貴社の業績に貢献できると思います。

恐らくアルバイトでは仕事ができた学生なのでしょうが、多少、自慢と強気な雰囲気がします。このような学生を評価する企業もありますが、もう少し堅強な記述が望ましいです。

「適応能力」を高める方法3選

適応能力というものは、決して天性のものというわけではありません。人それぞれに得手不得手というもがありますが、自分自身の資質を見極めて不得手なものにあえて挑戦することも良いのではないでしょうか。

適応能力は、訓練や経験によって高めることができます。具体的にはどのような訓練をするのか、またどのような体験をすることで適応能力を高めることに結びつくのでしょうか?ここでは、適応能力を高めるための方法について見ていきます。

①自分の苦手なバイトをやってみる

人間は、苦手な作業を避けてしまう傾向があります。数活生の皆さんもアルバイトをするとき、自分の得意な方向性を持ったものを選ぶのではないでしょうか?それは確かに正しいのですが、人とはそういうものです。

しかしそれでは、経験の幅を狭め、自らの可能性を伸ばす機会を逃しているともいうことができます。あえて、自分自身が苦手であると思い込んでいる作業を含んだバイトをやってみるのはどうでしょうか?人と接することを苦手としている学生は、つい単独でできる仕事を選んだりしてしまいます。

それでは、いつになっても適応能力は身につくことがないでしょう。思い切って苦手なジャンルのアルバイトに挑戦してみてください。成長のためです。

②短期間で目標を決めて知り合いを増やす

童謡ですが「ともだち100人できるかな?」という歌があります。ご存知の方も多いと思いますが、友だちをつくることが得意な人もいますし、そうでない人もいます。友だちをつくることが苦手な学生にとっては、なかなかたいへんなミッションかもしれません。

確かに友だちをつくるのはたいへんですが、知り合い程度ではどうでしょうか?ある程度の期間を決めて、目標人数を設定して知りあいを増やすというミッションではどうでしょう。漠然とではなく目的意識を持って遂行するところに、このミッションのポイントがあります。

これは、自分の行為を仕事化することがポイントです。もちろん、コミュニケーション力を高めることにも役立ちます。

③イベントなど主催する

イベントというものは、企画から制作そして現場の運営に至るまでつねに緊張感をもって遂行しなければならない、極めて緻密な作業の連続です。調査やミーティングを経て企画を固め、スケジュールを作成し、人員を手配し、その合間にイベントへの動員プロモーションをおこない、実施を想定したマニュアルを作成し、また場合によって業者との打合せや指示をしなければならないかもしれません。

イベントの本番で求められるのは、安全性に気を配り、万が一の事態を想定した危機管理、そしてあらゆる事態に対応する処理能力などです。つまりコミュニケーション能力と、どんな事態にも対応できる柔軟性と判断力、総合的な適応能力が必要とされます。

自己分析の浅さは、人事に見透かされる

就活で内定を勝ち取るためには、自己分析をして自己理解を深める必要があります。自己分析を疎かにしていると浅い答えしか浮かばず、説得力のある回答ができません。

そこで活用したいのが、自己分析ツールの「My analytics」です。

My analyticsを使えば、36の質問に答えるだけで、あなたの強み・特徴を見える化できます。
My analyticsでサクッと自己分析をして、選考を突破しましょう。

適応能力を他の言葉でアピールするのも効果的

適応能力があるという強みを自己PRするには、他の言葉に言い換えてアピールするのも効果的です。「適応能力がある」と聞けば、その人に対して強気なイメージを受ける人もいるかもしれません。また、自分のことを、「〇〇能力がある」とアピールすることに対し、抵抗感がある場合は、他の言葉に言い換えることで、相手にも分かりやすく、かつ柔らかい印象を与えることができます。

これから「適応能力がある」という言葉の同義語を紹介していきます。自分のアピールしたい内容に適した言葉選びをし、よりよい自己PRの作成に役立ててください。

柔軟性

適応能力があるということは、環境が変わっても対処できる能力を持ち合わせているとも受け取ることができます。柔軟性があるという言葉は、人の意見にも耳を傾けることができ、いいものを吸収していこうとする姿勢があることや、固定観念にとらわれず、新しいことも取り入れていこうとする考え方ができるというプラスのイメージがあります。

この他にも、適応能力があるという言葉を置き換えて、順応性があるということもできます。置かれた環境にすぐ馴染むことができるという意味がありますが、受け身と捉えられる場合もありますので、希望する職種や企業の求める人物像によって適した言葉を使用するとよいでしょう。

臨機応変

臨機応変には、自分の置かれた立場や状況が変わっても、応用力を活かして対応できるという意味があります。すなわち、その時の環境に適応する力を持っているということになります。物事に臨機応変に対応できると言えば、柔軟性があると主張した場合と同じように、適応能力をアピールすることができます。

環境の変化にすぐに対応できる人は、突発的な変更事項やトラブルが起きてもうまく対処できるため、社会人になっても重宝されます。臨機応変という言葉は、思考の切り替えが速くスマートで俊敏なイメージもありますので、自己PRに用いるのには適した言葉と言えるでしょう。

適応能力を武器に内定を勝ち取ろう

企業にとって、適応能力を持った人材は魅力的です。それは、いかなるビジネスの現場においても役立つ応力だからです。この能力は、業務を遂行するにあたってオールマイティの力をもっています。ただ、気をつけなければなりません。

あなたのアピールする適応能力は本当に企業が必要としている種類の適応能力でしようか?ここで勘違いをしていると、大きなミスとなります。その方言の仕方も重要です。ただ自身たっぷりに自己をPRするだけでは、あなたの適応能力は企業に伝わりません。

そればかりか、共感力を示せないことからこの就活生は適応能力がないと判断されるのです。もう一度冷静に分析して、あなたの適応能力を適確に把握しましょう。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ