企業研究

塩野義製薬の平均年収と生涯賃金|年齢別・役職別の年収・月給・ボーナス推移と業界比較

塩野義製薬における最近の平均年収推移

CMでもよく耳にする塩野義製薬。売り上げの9割を医療用医薬品の研究・開発・製造・販売が占めていますが、一般用医薬品、診断薬の開発・製造・販売も行っています。そんな塩野義製薬の平均年収はどうなっているのでしょうか。

塩野義製薬とは

正式名称:塩野義製薬株式会社
所在地:大阪市中央区道修町3丁目1番8号
従業員数:3,911人
平均年齢:41.7歳
平均勤続年数:17.4年
//www.shionogi.co.jp/
※有価証券報告書を参照

上場企業の平均勤続年数はおよそ14.7年なので、17.4年である塩野義製薬は、安定して働くことができると言えます。また、上場企業の平均年齢である40.44歳とくらべて平均年齢が高いですが、医薬品を扱う業界のため大学院を経て入社する人が多く、必然的に入社時点での年齢が上がってくることが理由として考えられます。

近年の平均年収推移

塩野義製薬の近年の平均年収の推移を調べてみました。

年度 平均年収
平成28年 928.0万円
平成27年 890.0万円
平成26年 836.0万円
平成25年 830.0万円
平成24年 835.0万円

※有価証券報告書を参照しています。

平成26年までは横ばいですが、平成27年からは年収がぐっと上がっています。2年間で100万円近くも増額しているのは大きな変化ですね。平成27年にエイズ薬を販売したことがきっかけに業績があがったことが影響しているのでしょう。

人気業界の年収をチェック

就職先を決めるには、自分自身に合った業界を知ることも大切です。そのためには、まず業界について知っておく必要があります。そこでおすすめなのが「人気21業界丸わかりマップ」です。こちらでは、就活生に人気の21業界をピックアップしています。

21の業界ごとに主要企業の売上高や年収も掲載しているため、この1冊でたくさんの情報を無料で収集することができます。就活は、時間との戦いでもあります。無料でダウンロードできるため、就活を効率よく進めるためにも、GETしておきましょう。

塩野義製薬における年齢別平均年収

各年齢ごとの平均年収の推移はどのようになっているのでしょうか。年齢階層別の平均年収と、1歳ごとの平均年収をそれぞれ算出しました。

平均年収の年齢階層別の推移シミュレーション

各年齢の年収推移を5歳刻みで推定し、月給・ボーナス・年収についてそれぞれ推定値を算出しました。

年齢 年収 月給 ボーナス
20~24歳 558.7万円 34.9万円 140.0万円
25~29歳 757.6万円 47.3万円 189.9万円
30~34歳 874.3万円 54.6万円 219.1万円
35~39歳 955.3万円 59.7万円 239.5万円
40~44歳 1,031.5万円 64.4万円 258.5万円
45~49歳 1,117.4万円 69.8万円 280.1万円
50~54歳 1,171.3万円 73.1万円 293.6万円
55~59歳 1,128.0万円 70.4万円 282.7万円
60~64歳 755.0万円 47.1万円 189.2万円

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

平均年収の1歳ごとの推移シミュレーション

塩野義製薬の1歳ごとの平均年収の推移をシミュレーションしました。

年齢 月給 ボーナス 平均年収
22歳 34.9万円 140.0万円 558.7万円
23歳 37.4万円 150.0万円 598.5万円
24歳 39.9万円 160.0万円 638.3万円
25歳 42.3万円 170.0万円 678.0万円
26歳 44.8万円 179.9万円 717.8万円
27歳 47.3万円 189.9万円 757.6万円
28歳 48.8万円 195.8万円 781.0万円
29歳 50.2万円 201.6万円 804.3万円
30歳 51.7万円 207.4万円 827.6万円
31歳 53.1万円 213.3万円 851.0万円
32歳 54.6万円 219.1万円 874.3万円
33歳 55.6万円 223.2万円 890.5万円
34歳 56.6万円 227.3万円 906.7万円
35歳 57.6万円 231.3万円 922.9万円
36歳 58.6万円 235.4万円 939.1万円
37歳 59.7万円 239.5万円 955.3万円
38歳 60.6万円 243.3万円 970.6万円
39歳 61.6万円 247.1万円 985.8万円
40歳 62.5万円 250.9万円 1,001.0万円
41歳 63.5万円 254.7万円 1,016.3万円
42歳 64.4万円 258.5万円 1,031.5万円
43歳 65.5万円 262.9万円 1,048.7万円
44歳 66.6万円 267.2万円 1,065.8万円
45歳 67.6万円 271.5万円 1,083.0万円
46歳 68.7万円 275.8万円 1,100.2万円
47歳 69.8万円 280.1万円 1,117.4万円
48歳 70.4万円 282.8万円 1,128.2万円
49歳 71.1万円 285.5万円 1,139.0万円
50歳 71.8万円 288.2万円 1,149.7万円
51歳 72.5万円 290.9万円 1,160.5万円
52歳 73.1万円 293.6万円 1,171.3万円
53歳 72.6万円 291.4万円 1,162.6万円
54歳 72.1万円 289.2万円 1,154.0万円
55歳 71.5万円 287.1万円 1,145.3万円
56歳 71.0万円 284.9万円 1,136.6万円
57歳 70.4万円 282.7万円 1,128.0万円
58歳 65.8万円 264.0万円 1,053.4万円
59歳 61.1万円 245.3万円 978.8万円
60歳 56.5万円 226.6万円 904.2万円
61歳 51.8万円 207.9万円 829.6万円
62歳 47.1万円 189.2万円 755.0万円
63歳 37.7万円 151.4万円 604.0万円
64歳 28.3万円 113.5万円 453.0万円

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

塩野義製薬の役職者の年収

役職者の年収について

役職 平均年収
部長 1,663.1万円
課長 1,300.9万円
係長 990.6万円
20~24歳の一般社員 558.7万円

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

塩野義製薬の大卒・大学院卒初任給について

学歴 初任給
大卒 23.5万円
修士了 26万円
博士了 29万円

※リクナビ2018より参照しています。

やはり医薬品業界の初任給は高いです。医学部や薬学部を経ての入社のため、高めに設定されているのでしょう。博士了となると29万円となり、さらに初任給もあがってきます。

医薬品業界における年収の傾向と生涯賃金

医薬品業界とは

我々の生活には欠かせない医薬品。武田製薬やアステラス製薬を筆頭に、業績をあげています。
平成17年4月に山之内製薬と藤沢薬品工業が合併してアステラス製薬が誕生するなど、再編や統合を繰り返している医薬品業界。今後はジェネリック医薬品の普及80%を国が掲げていることから、特許切れ新薬の販売が減り、特許切れ新薬を多く抱えている製薬メーカーは苦戦を強いられることとなるでしょう。
しかし、塩野義製薬がエイズ薬を開発するなど、新たな医薬品の開発での業績増にも期待です。

医薬品業界の平均年収推移と生涯賃金

年齢 塩野義製薬 医薬品業界
20~24歳 558.7万円 476.7万円
25~29歳 757.6万円 595.2万円
30~34歳 874.3万円 682.4万円
35~39歳 955.3万円 731.8万円
40~44歳 1,031.5万円 798.3万円
45~49歳 1,117.4万円 855.6万円
50~54歳 1,171.3万円 908.9万円
55~59歳 1,128.0万円 882.6万円
60~64歳 755.0万円 611.4万円
生涯賃金 4.17億円 3.27億円

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

塩野義製薬の平均年収は、業界をはるかに上回っています。20代後半からは150万円近くも業界の平均を上回る予測となっており、平均年収が安定していることがわかります。

まとめ

平均年収も非常に安定していることがわかりましたね。医薬品業界が少し伸び悩みを見せるなか、エイズ薬の販売などで業績をアップさせている塩野義製薬。40代からの平均年収は1,000万円を超え、今後の年収アップにも期待です。

※最後に、本記事につきましては、公開されている情報を活用し、当社が独自の基準によってシミュレーションした結果を開示しているものとなります。読者の皆様に企業選択の一助になればという趣旨で情報を作成しておりますため、なるべく実態に近い状態のシミュレーションとなる様に最善を尽くしているものの、実際の報酬額とは異なります。 あくまでも参考情報の一つとしてご活用くださいませ。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ