自己PR

アパレル志望の自己PR|効果的な作成方法や例文をご紹介

アパレル業界に特化した自己PR術とは

アパレル業界ではその業界に適した自己PRを行うことが大切です。就活では自分のことを知ってもらう、売り込んでいくための自己PRは非常に大切なものですが、ただ自分勝手にアピールしていけばいいものではありません。どれだけ素晴らしい能力をアピールし、自身を売り込んでも、それが企業に評価されなければ意味はありません。

志望する業界や企業に合わない自己PRをしても効果はありませんので、アパレルを志望するならアパレルにあった自己PRを行う必要があります。アパレルに特化すると言っても、社会人として求められる能力も同時にアピールしなければなりません。その他の業種の企業の自己PRに加えて、アパレル業界では何をプラスしてアピールすればいいかを考えましょう。

志望するアパレル企業をリサーチしよう

どの業界を志望する場合でも効果的な自己PRを行うためには、志望する業界や企業研究をしっかりと進めておく必要があります。アパレル業界を志望するのであれば、業界についての理解を深め、志望する企業のサイトはしっかり読み、企業に関する知識を得ることが大切です。特にアパレルはブランドによってコンセプトがあり、各ブランドで求めている人物像は全く異なります。企業が求めている人物像からかけ離れないよう、事前にリサーチをしっかりと行いましょう。

販売員や客層の特徴をとらえる

アパレル業界の店舗は、各店舗の方向性によって店舗の規模や売り上げ、何よりスタンスが大きく違います。これらの内容を正確に把握することが、よい自己PRを書き上げる最初の一歩になります。

自分の考え方との共通点や、どのようなお客様が来店して商品を購入しているか、販売員の方の接客態度、及び方法はどうかといった点から、自分だったらこのように売りたい、こんな売り場を展開してみたいという、単純でもよいので一種のビジョンを持ちそれを自己PRに含めて採用担当者に訴えかけるように主張することが求められます。

アパレル業界はもともと他業種と比べても比較的個性的な人が多く応募する業界でもありますので、自分の強みを上手にPRすることができる人は多いので、堂々とPRすることが大切です。

志望するアパレルブランドが好きな理由を明確にする

あなたがなぜそのアパレルブランドを好きなのかを深く考えたことはあるでしょうか。多くの場合は、自分の気に入った服を作っているメーカーがここだった、というような理由が一番最初にくると思われますが、それだけではいけません。

あなたの志望するアパレルブランドの、どのような営業方針や接客態度が気に入り、またお客さんのことをどのように扱っているかといったことをあなたの感性で採用担当者にPRすることが求められます。

価格帯が安いからなのか、着心地がいいからなのか、はたまたいつも見た目がピッタリと見える服をチョイスしてくれるからなのか、こういった点から最初は考え、それを深めていくと自己PRを書きやすくなります。

他のブラントと比較してみる

最も効果的なPR方法は、他のブランドとの比較してここが良いということを述べることです。どのブランドも自分たちが製造した服を着てもらいたいと思っていますし、そのためにお客様から選ばれるためにどのような要素が求められるのか、といったことは常日頃から情報を集めています。自己PRに記載する内容は、決してお客様からの目線で書くものではありません。

しかし、アパレルに入社したいと考えているからには、企業側の目線に立ち、お客様から見たらどのような服に見えるんだろう、値段はどうなんだろう、コーディネイトとしては合わせやすいのだろうか、といったポイントを考えることが大切です。このような内容を自己アピールを書くように心がければ、自ずと採用担当者がどんな目線や能力を持った人を欲しがっているのかを推測することができます。

アパレル志望が自己PRすべきポイント

アパレルを志望するのであれば、アパレル業界にあった自己PRを進めていくことが大切です。自己PRが評価されるためには、アパレル業界で求められる能力をアピールすることが大切ですので、どのような能力が求められるのかも知っておきましょう。

業界で必要な能力をアピールすることができれば高評価を得やすく、採用にもぐっと近づきます。そんなアパレル志望の新卒者が、自己PRでアピールすべきポイントはいくつかありますので、それらを踏まえて効果的なアピールを目指しましょう。

コミュニケーション能力の高さ

アパレル業界で自己PRすべき内容としては、コミュニケーション能力が挙げられます。アパレルは接客業ですので、コミュニケーション能力の高さをアピールすることができれば高評価にも繋がりやすいです。またコミュニケーション能力が高いだけではなく、単に接客が好き、笑顔に自信があるなどでも問題はありません。

仮にコミュニケーション能力には自信がなくても接客が苦にならず、笑顔でお客様に接することができればそれだけでも評価の対象にはなります。なぜコミュニケーションが好きなのかを、明らかにすることも大切ですので、自身の経験の中からほめられたことなど、具体的にアピールするといいでしょう。人と関わることが好きであることは、アパレルでは重要なことなので、しっかりとアピールしていきましょう。

ファッション好き

アパレル業界を志望するのであれば、やはりファッション好きであることは欠かすことができません。好きは意欲につながりますので、必ずファッションが好きであることは自己PRに含めるようにしましょう。ただファッションが好きというだけではアピールに説得力がありません。

本当にファッションが好きである気持ちが伝わるように、どのように好きなのかを具体的に伝えることも大切です。また、ファッション好きをアピールするのであれば、その会社のブランドが好きなことをアピールするといいでしょう。

アパレル業界は、企業によってそれぞれの特徴がありますし、同じ業界内でもブランドによって好き嫌いが分かれます。効果的な自己PRにするのであれば、ファッション好きで、特に志望する企業のブランドが好きであることを伝えていきましょう。

体力

アパレル業界は体力があることをアピールしても高評価を得やすいです。華やかに見えるアパレル業界ですが、アパレルは長時間の立ち仕事なので体力を必要とします。また、立ち仕事だけではなく、服を運ぶなどの力仕事も意外に多くあります。

服が何着も詰まった段ボールを運ぶこともありますし、冬物のコートなどであれば、さらに重量は増え、かなりの重労働になります。また、歩きやすい、長時間立っていても疲れない靴を履けるとは限りません。アパレルの仕事は機能性ではなく、おしゃれさが大切なので、お客様にアピールするためにも、オシャレな靴を長時間履かなければならない場合もあります。どんな条件でも長時間立ち続ける仕事なので、体力はかなり必要です。

アパレルの自己PRの作成方法

アパレル業界での就職を目指す場合、自己PRの作成方法も考えなくてはいけません。自分の持っている能力がどれだけ業界・企業に向いているかを伝えられるかどうかが、自己PRの鍵になると言っていいでしょう。特に押さえておきたいのが、強みを発揮した具体的な経験について伝えることと、その強みを仕事でどう活かすかを伝えることです。これらを企業研究や自己分析などをおこなって自分の中から見つけた上で、文章にまとめていくようにしましょう。

強みを発揮した具体的な経験を伝える

自分の強みに気付いた経験や、その強みを発揮したことがあるのであれば、必ず盛り込んでおきましょう。具体的な経験というのは、聞いた人の想像力を膨らませるきっかけになることもあります。そのイメージが企業の求める人材とマッチすれば、採用への道を一歩進めることになるのです。

また、自分に強みがあることをただ述べるだけでは、自己申告にしかならず信用が低い内容になってしまいます。具体的な経験を伝えるということは、強みの根拠を示すということでもあるのです。経験を伝える際は、ある程度エピソードとして分かりやすく簡潔に伝えるようにしましょう。

仕事での活かし方を伝える

自分の強みを具体的に伝えただけでは、企業側へのアピールはまだ十分とは言えません。企業は「入社してからどう活躍できる人物なのか」をポイントに、話を聞いているからです。そのため、自己PRをする場合、自分の強みを仕事でどう活かすのかを伝えることも重要です。入社後の強みの活かし方を伝えることで、面接官が入社後の働き方をイメージしやすくなります。自分の将来のイメージを考えるというのも、自己PRでは大事なことです。

アパレルの履歴書での自己PR例文

アパレルの自己PRのポイントや評価される能力を知れば、それらを踏まえて実際に自己PRを考えていきましょう。自己PRは就活の中でも特に重要なものですので、充分に内容を練り上げて作成する必要があります。

一度作成しても、それで完璧であるとは限りませんので、何度も見直して改善を重ねることが大切です。次に紹介する例文を参考にして、自己PRのイメージを膨らませてみましょう。

例文①

私は体力に自信があり、長時間の立ち仕事でも最後まで笑顔で接客することができます。大学時代に御社の○○店でアルバイトをしていました。高校生の頃にファッション誌で御社のブランドを知り、シンプルながらも洗練されたデザインにひかれ、大学では絶対に御社で働こうと考えていました。
アパレルの仕事は想像よりも大変でしたが、店長に販売員も商品の一部だから絶対に疲れた顔をしてはいけないと言われ、私は笑顔を意識して働き続けました。その結果、どれだけ長時間の業務でも笑顔を絶やすことなく、接客することができるようになりました。御社でも笑顔を忘れずに接客をし、多くの人に商品を提供していきたいと考えています。

例文①では体力に自信があること、長時間の立ち仕事でも笑顔で接客できることがアピールされています。アパレルには体力が必須ですので、体力のアピールは評価を得やすいですし、単に体力があるだけではなく、立ち仕事を続けながらも笑顔を絶やさないことでさらに高評価でしょう。

例文では大学時代に志望する企業でアルバイトをしていたとあり、これ好印象です。またシンプルながらも洗練されたデザインにひかれたとすることで、ファッション好きであること。そのブランドがどのように好きなのかも、アピールできています。

エピソードでは店長の言葉で、笑顔を意識して働くようになったとありますが、実際に現場で働く人の意見を交えることで、より実践的な能力であることがアピールできており、これも好印象でしょう。

例文②

私は相手の話を注意深く聞くことで、相手の信頼を得ることができます。大学時代カフェでアルバイトをしていました。お客様と話をすることも大事な仕事であり、私は口下手だったため聞き役に徹することを意識して接客しました。
話を聞く時の表情や相槌、時折質問を挟むなどをすることでお客様に気持ち良く話をしていただき、「あなたに話して良かった」と感謝の言葉を頂くこともできました。私は御社でもお客様の話をしっかりと聞き、信頼関係を築いた上で商品をお勧めし、買って頂ける接客をしたいと考えています。

例文②では、相手の話を注意深く聞くことで信頼を得ることができることがアピールされています。単にコミュニケーション能力があるとアピールするのではなく、コミュニケーション能力の中でも傾聴力に絞ることで、より具体的に自身をアピールすることができています。

また自分は口下手であるため、聞き役に徹すると自分のことをしっかりと理解できているのも、自己分析ができていることが分かるので好印象です。エピソードではどのように聞き役を行っていたのか具体的な方法が語られていますし、それらを実行することでお客様から感謝の言葉をもらったとあります。

能力を具体的に説明することでアピールに説得力も出ていますし、感謝の言葉をもらった原体験があることで、コミュニケーション好きであることがアピールできています。

アパレルは好きの自己アピールが面接官の心をくすぐる

アパレル業界を志望するのであれば、自己PRの内容や方法に気をつける必要があり、効果的なアピールをするためにはいくつかのポイントがあります。しかし細かいポイントはあるものの、最も大切なのはファッションが好きであること、志望する企業のブランドが好きであることがどれだけ伝えられるかです。

能力の高さをアピールしても、ファッションに興味がなく、意欲を伝えることができなければ選考を勝ち抜くことはできません。能力をアピールしつつも、ファッションが好きであり、仕事に対する意欲が高いことを伝えることが大切です。アパレル業界では好きのアピールが採用担当者の心をくすぐりますので、それを大事にして、採用担当者の心を掴む自己PRを伝えていきましょう。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也
(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ