自己PR

販売職希望者が自己PRを書く時のポイント

販売職を志望するときに大事になるのが、自己PR欄でどうやって自分をアピールするのかということです。
履歴書は単に個人情報の記載された書類ではなく、会社の人事担当がこの自己PRを、採用にかかわる判断材料のひとつにしています。

販売職経験者の自己PRのポイントは2つ!


自己PRは何を書いていいのかよくわからないと、悩む方は多いようです。バイトなどで販売職を経験している人と、経験のない人では自己PRの書き方も変わってきます。
販売職志望の方での、経験している人の場合の自己PRのポイントは次の2つになります。

  • 【1】バイトなどで販売の経験がある人は、その経験によって何を得たのか、さらに志望する会社でどう活かせるのかをアピール。
  • 【2】バイトの販売経験の中で、お客様に対しての感謝の気持ちと、その感謝の気持ちはどうお客様に伝えていっているかなどを書く。

経験を活かすということが大切なポイントになってきます。そして販売職が好きなんだ、やりたいんだという気持ちを伝えることが大切です。

販売職未経験者の自己PRのポイント

次にバイトなどで販売の経験のない人の自己PRのポイントです。販売を経験していないのに、なぜ販売職を選んだのだろうという疑問を人事担当者は感じるかも知れません。
ですので、その理由などをしっかり書くことが大切になってきます。経験のない人の自己PRのポイントは次の2つです。

  • 【1】バイトなどで販売の経験がない方の場合は、販売以外の経験の中で、その経験によってこれから販売職にどう活かせるのかをアピールしましょう。
  • 【2】なぜ経験のない販売職を選んだのか、その理由と志望する動機、そしてその仕事への熱意を人事担当者に伝えるようアピールしましょう。

会社の人事担当者は、この仕事に対する熱意を求めていますので、それが伝わるような自己PRにすることが大切です。

自己PRでは”これまでの経験を活かす”のが大事!!

接客などの販売の経験があるのかないのかで、自己PRのポイントが異なってきます。が、共通するのはこれまで学生生活やバイトなど、人とのかかわりの中での経験を仕事にどう活かすのかをしっかりアピールすることが何より大切です。
間違っても何かのサンプル文をそのまま写すようなことは自己PRは避けましょう。

自分の言葉で販売職への熱意を伝えること

しっかりと自分の言葉で、その販売職の仕事への熱意を伝えることで、人事担当者の目に留めてもらえるようになります。
そして更に、これからどんな仕事をしていきたいのかということも盛り込んでいきましょう。自分の自慢ではなく、会社やお客様にどんなことができるだろうと想像をし、それを実践したいという内容を書いていくと良いと思います。

販売職希望の方は経験に関わらず仕事への熱意を伝えよう!!

社会経験がまだまだ未熟な新卒の方ですので、できないことはたくさんあると思いますが、大切なのはこれからの伸びしろです。
この人はどう成長するのか楽しみだと思わせるような自己PRが必要でしょう。
特に販売職はコミュニケーション能力も必要になります。受け答えの丁寧さなどもしっかりとすることも大切です。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也 (よしかわ・ともや)
1988年2月、北海道生まれ。小樽商科大学卒業。 2010年4月に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。 IT・小売・外食など幅広い業界にわたって300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学の就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を行なう。 現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。