自己PR

好奇心旺盛の意味と特徴12個|自己PRとして伝える方法も解説

企業が求める「好奇心旺盛」の意味とは

就活で自己PRを考える際、「好奇心旺盛ということをプラスにアピールできるのではないか?」と考える人は多いです。しかし、意味を正しく理解せずに使ってしまったり、効果的にアピールする方法を知らずに履歴書やエントリーシートを書いてしまうのは非常にもったいないことです。

この記事では「好奇心旺盛」の正しい意味やアピールポイント、効果的なアピールの仕方を紹介します。もしあなたが自分の長所を好奇心旺盛だと感じているのであれば、ぜひ参考にしてみてください。

好奇心旺盛な人の特徴

「好奇心旺盛な人」とはどんな人のことを指すのでしょうか。「いろいろなことに興味を持つ人」のように思えますが、実は「好奇心」は「興味」や「関心」とは異なった意味を持っています。ここでは好奇心の正しい意味と、好奇心旺盛な人の特徴を紹介します。

好奇心旺盛は「興味」や「関心」が高いことではない

好奇心旺盛は「興味」や「関心」が高いことではありません。「興味」とは、「ある対象のある点について、面白い!知りたい!と感情的に思うこと」です。例えばある芸能人の方の休日の過ごし方について知りたいというような場合が「興味を持っている」に該当します。

それに対し「関心」は、「ある対象全体に対して理性的に注意を払う」ことを意味しています。例えば地球環境問題が気になっているという場合、「関心を持っている」に該当します。では好奇心はどうでしょうか。

好奇心は「特定の対象はなく、知らないことや珍しいことについて知りたがること」です。つまり、具体的な何かというよりも、自分が知らないことをひたすら知りたがる性質であると言えます。

好奇心旺盛な人の特徴12個

好奇心旺盛な人とはどんな人でしょうか。好奇心旺盛な人には、下記のような特徴が当てはまることが多いです。この中で複数の項目に当てはまるようであれば、やはりあなたは好奇心旺盛な性格だと言えます。

・ いろいろなことに心惹かれやすい
 ・様々なことに関する知識が深い・雑学が豊富
 ・人間関係の構築やコミュニケーションが得意
 ・行動力が非常にある
 ・集中力が異常に高い
 ・夢中になると周囲が見えなくなりがち
 ・周囲への迷惑はあまり気にしない
 ・浪費しがち
 ・人懐っこい
 ・マイペース
 ・飽きっぽい
 ・ユニークで面白い

好奇心旺盛の中にある長所と短所の要素

null

好奇心旺盛な人には様々な特徴があることがわかりましたが、それでは好奇心旺盛であることは良いことなのでしょうか。好奇心旺盛であることには長所と短所の両方があります。長所と短所は表裏一体のため、自分の伝え方次第で同じ個性が長所としても短所としても受け取られます。

好奇心旺盛な人の長所

好奇心旺盛な人の長所として挙げられるのは、下記のような点です。どれも社会人にとって必要な要素であると言えます。また、一言で好奇心旺盛と言ってもその中には様々な種類があるため、自分は好奇心旺盛な性格の中でもどんな特徴を持っているのかまで分析しておきましょう。

 ・視野が広い
 ・いつも前向きでポジティブ
 ・フットワークが軽い
 ・集中力が高い
 ・人間関係を築くのが上手い
 ・知識や話題が広い
 ・心惹かれる分野が多岐にわたっている

好奇心旺盛な人の短所

一方、好奇心旺盛な人の短所としては、下記のような点が挙げられます。長所として企業にアピールをする場合、短所ともなり得る点を深掘りされても回答する事ができるよう事前にしっかりと準備をしておきましょう。

 ・周囲が見えないことが多い
 ・周囲への迷惑を気にしないことがある
 ・飽きっぽい

好奇心旺盛のどんなところが役に立つ?

好奇心旺盛のどんなところが役に立つ?

就職活動において、「好奇心旺盛」を企業へアピールしようと考えている就活生もいることでしょう。しかし中には「好奇心旺盛ってどうアピールすればいいの?」と悩む就活生もいます。好奇心旺盛であることは、仕事を進めるにあたって大きな強みとなります。正しい伝え方をすることで、効果的に自身をアピール出来るのです。

以下、好奇心旺盛な性格が仕事において役に立つ場面を2つ挙げ、解説していきます。上述の通り、多くの企業では好奇心旺盛な人材を求めています。企業が求める好奇心旺盛な人物像を意識し、それに沿って、しっかりとアピールしましょう。

自ら進んで仕事を覚えようとする姿勢

好奇心旺盛な人は、自ら進んで仕事を覚えようとする姿勢を持っており、その点が仕事において役立つと言えるでしょう。企業にとって、言われた仕事だけを行う「指示待ち」の人材は好ましくありません。企業は自社の発展のために自ら考え、行動してくれる人材を求めているのです。

好奇心旺盛な人は、その性格から新しいことを積極的に学ぼうとする傾向にあります。そのため仕事においても、誰かが教えてくれるのを待っているのではなく、自ら進んで行動を起こし、仕事を覚えようとするのです。採用担当者にしてみれば、同様のスキルを有しているのであれば、仕事に意欲的に取り組んでくれそうな人材の方が当然魅力的に映ります。

豊富な話題によるコミュニケーション力の高さ

好奇心旺盛な人はさまざまなことに関心を持つ傾向にあるため、コミュニケーション力が高いことが多いです。そのため、社内外の人たちとのコミュニケーションにおいてその性格が役立つと言えるでしょう。学生時代とは異なり、社会人になるとさまざまなバックボーンをもった人たちと出会います。

学生の頃は付き合う人を選び、自身の価値観と近い人達とだけ交流することも可能です。しかし社会人になると、自身とは全く異なる価値観を持つ人とも交流していかなければならないのです。さまざまなことに興味を持ち、学び、自身の引き出しを増やしておくことで、価値観の異なる人たちともスムーズにコミュニケーションを取ることができます。

未経験の仕事でも臆せず取り組める

新卒であるなら仕事は誰しも未経験から始めることがほとんどだと思いますが、社会人になって、お金を受け取ることによって生まれてくる責任感に臆してしまう人もいます。しかし好奇心旺盛という強みを持つ人は、未経験の仕事であっても臆することなく、自分から学びとって成長していくことが期待できます。自分から積極的に仕事に取り組んで、達成や失敗から学んで今後にいかすことに好奇心旺盛という利点は役に立ちます。

仕事は学校のように教えることが主だった場所ではないため、業務遂行と同時に成長していくことが求められます。自分の好奇心旺盛さをいかして企業で活躍していくのであれば、周りの人から良い評価を得られることでしょう。

集中力が高い

好奇心旺盛である強みは気になることや、熱心に取り組んでいることに対する集中力が高いことでもあります。好奇心旺盛である人の特徴として、自分が一度気になったことはとことん突き詰めて、自分の納得がいくまで集中力が継続する傾向にあります。

またモチベーションが異様に高く、人によっては周りを引っ張る求心力のある存在として役に立つことでしょう。好奇心旺盛である人の集中力を上手く仕事へと向かせることができれば、仕事のクオリティを高めることができ、予定よりも早い段階で終了することも可能であり、さらには課題を解決するための打開策を思いつける割合も高まります。集中力は仕事をこなすことにおいて非常に重要なものであるため、どのような場面でも役に立てることができます。

好奇心旺盛はアピールポイントになる

好奇心旺盛であることは、就活でのアピールポイントになります。ただし、単に「好奇心旺盛です」では自分の魅力をアピールすることはできません。では、好奇心旺盛であることの効果的なアピールの仕方とはどんな方法なのでしょうか。

メリットを存分にPRしよう

好奇心旺盛であることを効果的にPRするには、自分自身がまずそのメリットを把握することです。先ほど紹介した「好奇心旺盛な人の長所」の中から最も自分の魅力をアピールしやすいものを選び、取り上げましょう。その際に大切なポイントは、「必ず具体的なエピソードを紹介する」という点です。

具体的なエピソードが無ければ、どれだけ長所をアピールしても、採用担当者には「そう言える根拠」が分からず実際の業務でどう活かすのか想像することができません。

メリットが業務にどう活かせるのかを説明しよう

好奇心旺盛であることのメリットが業務で活かせることを伝えるにはどうしたら良いでしょうか。「具体的なエピソード」を紹介する中に、「自分はどう考えたか」「具体的にどう行動したか」「その体験を仕事でどう活かしたいか」を含めるようにするのが効果的です。

なぜなら、企業で仕事をする上で好奇心旺盛を活かそうとする場合、「行動すること」が必須だからです。頭の中で何かに好奇心を持っていたとしても、具体的な行動に移さなければ、業務に活かすことはできません。

そして先ほど「好奇心旺盛な人の特徴」や「好奇心旺盛な人の長所」で紹介した通り、好奇心旺盛な人には「行動力が非常にある」、「フットワークが軽い」という性質があります。この性質を取り入れることで説得力のあるエピソードを書くことが可能です。

3分で人事に響く自己PRを作成しよう

「好奇心旺盛さ」の自己PRを作成する際、伝えたいことは沢山あっても、文章で上手くまとめる自信がない就活生も多いはず。

そんな時は、「自己PRジェネレーター」を活用してみましょう。

自己PRジェネレーターを使えば、簡単な質問に答えるだけで理想的な流れの自己PRが完成します。
無料でダウンロードして、人事を唸らせる自己PRをサクッと完成させましょう。

好奇心旺盛な長所を企業でどう活かすかが大切

就活で自分の長所である好奇心旺盛な部分を企業で活かすためには、志望しているその企業がどうしてあなたを採用するべきなのか?あなたを採用するとどのような利益がもたらされるのか?そこを念頭に見極めようとします。

面接官の要求とあなたという好奇心旺盛な人材が合致するのかどうかに触れられるアピールが、この場では適確になります。また、好奇心旺盛な人はどの職種にも興味を持つので、ドコに配属されても前向きに仕事ができます。

デスクまわりなどの作業環境においても、好奇心旺盛な人はひと手間かけるなどをしてモチベーションを高めたり、効率を良くしたり、まわりの人と差を付けます。そのような手間をかけることも苦になりません。なので、就活で好奇心旺盛な長所を具体的なエピソードを交えて伝えることは大切です。

事前に企業研究をしておく

自己PRで自分の強みである「好奇心旺盛」を面接官にアピールするためには、事前に企業研究をしておきましょう。というのも、志望する業界や業種にもよりますが、その会社の事業内容を把握して、どのようにして自分の強みを活かせるのかを確認することが大切です。

例えば「どのくらいの規模なのか?」「どんな商品を扱っているのか?」「誰をターゲットにサービスを展開しているのか?」などを調べれば、会社がどういった人材を求めているのかという傾向が分かってきます。それらを踏まえて「自分の強みは貴社の〇〇の部分で貢献できます」と自己PRを作ることができます。

企業について色々と情報収集していくと、自己PRを作る上で参考になる部分を見つけることができるので、事前に徹底した企業研究をしておくべきでしょう。

適性のある職種を調べる

好奇心旺盛である人は、基本的にどのような職種にも適正がありますが、自分の好奇心旺盛さがどのような傾向が多いかによって適性も変わってきます。例えばルーチンワークが確立されていたり、同じような作業を延々と繰り返す職種であれば人によって適正が低いことがあります。

好奇心が旺盛である人は、日々変化のある営業職などが向いているとされています。しかし変化の少ない事務職であっても好奇心が旺盛であることは、場合によって活用することができます。もし効率のいい仕事の方法を考えるなど、日々変化がなくても問題がないのであれば十分活躍していくことが可能です。自分が好奇心旺盛であることの強みをしっかりと活かせる職種を調べて就活に臨みましょう。

好奇心旺盛な人の短所

ビジネスの世界では、子供っぽさは自分自身が不利になります。好奇心旺盛な人に特徴なのが『子供っぽい』ところです、では、なぜ改善すべきなのでしょうか。 確かに子供っぽいゆえに最初のうちは笑って済ませられる人柄であるということも否めません。

しかし、いつまでも笑って許されることではありません。『子供っぽい』ということは、結果的には自分自身がいちばん困ることになってしまいます。例えば「子供っぽい」と感じる人に責任のある大事な仕事を任せられるでしょうか? ビジネスの世界では、子供っぽさは自分自身が不利になります。

気移りしやすい

好奇心旺盛な人間は、「気移りしやすい」「ちょっと興味を持った程度のことがたくさんあるだけ」という印象で終わってしまった場合は、「何かに打ち込んできた人」に評価で劣ります。そこで、「好奇心を持つ対象」を限定して見ることが大切です。

限定することで、好奇心旺盛かつ探究姿勢をアピールできるようになります。そこでポイントなのが、継続的に努力しているエピソードを自己PRに織り交ぜることです。継続性をアピールすることで、「気移りしやすい」というような短所の部分をカバーすることができるので、好奇心を持つ対象を限定して見てみましょう。

周囲を気にせずに突き進む

好奇心旺盛な人は、興味や関心がある物事に夢中になり、周囲を気にせず突き進む癖があります。ひとつの物事に熱中すると、周りが見えなくなり、家族や友人に心配されてしまいます。ですが、好奇心旺盛な人は、リーダーシップがある人が多いため、個人よりも組織全体を優先して行動することができます。

数十人、数百人といる会社組織の中で、自分のことを優先し行動すると、組織の進む方向とは、ずれてしまう可能性があります。組織との方向性がずれてしまうと、力を十分に発揮することができません。

自分のことだけを考えて輪を乱すことは、生産性を下げてしまいます。好奇心旺盛な人はリーダーシップが取れるので、組織全体のことを優先して考え、行動したエピソードを伝えることで、協調性をアピールしてカバーしましょう。

好奇心旺盛アピールの仕方実例集

では実際に、ここまで紹介してきた方法を用いた自己PR文の例を紹介します。ぜひ自分の自己PR文作成の参考にしてください。

自己PR例文①

私の強みは好奇心と、その好奇心を満たすための行動力です。私は大学2年の時に、iPhoneアプリの動く仕組みに興味を抱き、インターネットで検索したところ、開発するには"Swift"というプログラミング言語を学ぶ必要があることがわかりました。そこで毎日1時間はプログラミングの勉強の時間を取るようにした結果、本で紹介されているプログラムを自分で再現できるようになりました。この経験から、未経験なことでも目的を定めて地道に続ければいずれ形にできるということを学ぶことができました。貴社においてもこの姿勢を活かし、未経験な仕事に果敢にチャレンジして1つずつ結果につなげていきたいと考えております。

1つのことに興味を持ち、「アプリを自作できるようになった」という結果までの流れが具体的に書かれています。好奇心旺盛な人は、色々なことに興味を持ちやすい反面、「飽きっぽい」という印象を持たれてしまう場合もあります。しかしこの例文では、計画を立てて自分が納得できるところまで突き詰めた過程が書かれているので、そのようなイメージを持たれることはないでしょう。

自己PR例文②

私の長所は、好奇心が強いことです。興味を持つ範囲が広く、大学時代にはTOEICテストで800点を取り、森林インストラクターの資格も取りました。実は大学に入学するまでは、色々な事に興味が湧く一方、一つのことを納得いくまでやり抜いた経験がありませんでした。そこで大学では、何かに興味を抱く度に目標を設定し、計画的に取り組むようにしました。その結果、先ほどの資格を取得をすることができ、専攻のゼミの成績はすべて5段階中最上位でした。貴社に入社した際は、好奇心と粘り強さを活かし、新しい仕事を早く吸収して自分から企画を発信できる人材に成長していきたいと考えております。

このように興味を持ったことを複数取り上げる場合、「飽きっぽいのではないか」と思われるリスクがあります。そかし、この例文では目標に向かって粘り強く取り組んだ経験としてまとめているため、ネガティブな印象を持たれることはありません。好奇心だけで無く、粘り強いという長所もセットにしているため、とても印象が良くなります。

自己PR例文③

私の長所は好奇心旺盛なところです。特に「自分と異なった趣味を持つ人」に興味を感じることが多く、部活やサークルを超えてみんながお互いの趣味を知り、交流を深めるきっかけを作りたいと思いました。そこでブログを立ち上げ、趣味に熱中している人へのインタビュー記事を連載し、SNSで拡散しました。結果、ブログやSNSがきっかけでサークル間の交流が進み、文化祭ではジャズ研究会とピアノ同好会が共演したり、交流したことが実際に形になりました。私はこの経験を通し、好奇心は人と人とをつなげるきっかけになるということを学びました。この姿勢を御社でも活かし、貢献をしていきたいと考えております。

好奇心を長所としてアピールしていますが、自分の思いや行動力も伝わるエピソードになっています。好奇心をきっかけにして行動した結果や、そこから学んだこともしっかりと書かれています。仕事をする上ではPDCA(計画・実行・評価・改善)が求められるので、このような書き方はとても好印象です。

好奇心旺盛は社会人に必要な要素のひとつ

この記事では好奇心旺盛の意味や、好奇心旺盛な人の特徴、アピールの仕方について紹介してきました。好奇心旺盛な人は積極的にわからないことに立ち向かい、行動を起こす性質があるため、就活でアピールするにはとても有利です。好奇心旺盛を活かして積極的に行動し、その結果から成長していける人材であることを上手にアピールし、就活を成功させましょう。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也
(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ