自己PR

好奇心旺盛の意味と特徴12個|自己PRとして伝える方法も解説

企業が求める「好奇心旺盛」の意味とは

就活の自己PRでは、自分の強みは何かをアピールします。その際「好奇心旺盛ということをアピールできるのではないか?」と考える学生は多いです。

しかし、意味を正しく理解せずに使ってしまったり、効果的にアピールする方法を知らずにエントリーシートを書いてしまっては企業にうまく伝わりません。

この記事では「好奇心旺盛」の正しい意味や、効果的にアピールするためのポイントを紹介します。もし自分が「好奇心旺盛」だと感じているのであれば、参考にしてみてください。

自分はどんな仕事に向いているタイプか、適性を診断してみよう

自分の適性や性格が、どんな仕事に向いているのか気になりませんか?
そんな時は、適職診断ツール「My analytics」を活用して、自分と志望業界との相性を診断してみましょう。
My analyticsなら、36の質問に答えるだけで、あなたの強み・弱みを分析し、ぴったりの職業を診断できます。

My analyticsで、あなたの強み・弱みを理解し、自分がどんな仕事に向いているタイプか、診断してみましょう。

好奇心旺盛な人の特徴

「好奇心旺盛な人」と聞くと「いろいろなことに興味を持つ人」を想像する場合が多いです。しかし、実は「好奇心」は「興味」「関心」とは異なった意味を持っています。

ここでは好奇心の正しい意味と、好奇心旺盛な人の特徴を紹介します。

好奇心旺盛は「興味」や「関心」が高いことではない

好奇心旺盛は「興味」や「関心」が高いことではありません。

「興味」とはある対象のある点について、面白い・知りたいと感情的に思うことです。例えば「好きな芸能人の休日の過ごし方について知りたい」といった場合が興味を持っているに該当します。

それに対し「関心」は、ある対象全体に対して理性的に注意を払うことです。「地球環境問題が気になっている」といった場合、興味ではなく関心を持っているといえます。これが「日本が実施している地球環境問題の対策を知りたい」となると、対象の特定の点についての感情のため、興味を持っていることに該当します。

そして「好奇心」は特定の対象はなく、知らないことや珍しいことについて知りたがることです。つまり、具体的な何かというよりも、自分が知らないことをひたすら知りたがる性質を指します。

好奇心旺盛な人の特徴12個

好奇心旺盛な人には下記のような特徴が当てはまることが多いです。この中で複数の項目に当てはまるようであれば、あなたは好奇心旺盛な性格だといえます。

・視野が広い
・いつも前向きでポジティブ
・行動力がある
・集中力が高い
・人間関係を築くのが上手い
・知識や話題が広い
・心惹かれる分野が多岐にわたっている
・周囲が見えないことが多い
・周囲への迷惑を気にしないことがある
・飽きっぽい

例えば、様々なことを知りたがるため「知識や話題が広い」が、夢中になりすぎて「周囲が見えないことが多い」とします。これは、自分が知らないことをひたすら知りたがる性質、つまり好奇心旺盛な性格に該当するといえます。

また、自分が知りたいことを調べるためなら、関わりの少ない人にも遠慮なく話しかける人物がいるとします。この人物には「行動力がある」「人間関係を築くのが上手い」「周囲への迷惑を気にしないことがある」が当てはまり、いずれも新しいことを知りたいがための行動による特徴です。そのため、この人物は好奇心旺盛に該当します。

次の項では、これらの特徴が長所・短所としてどのようにアピールできるか解説します。

好奇心旺盛の中にある長所と短所の要素

好奇心旺盛な人には様々な特徴があり、長所とも短所ともアピールできます。

どう捉えられるかは伝え方次第のため、企業にアピールする場合、自分の特徴はどのようなものがあるか理解しておく必要があります。

また、自分の好奇心旺盛な特徴が、過去にどのような場面で発揮されたかのエピソードも用意しておきましょう。ただ好奇心旺盛と言っても採用担当者には伝わりづらいです。裏付けとなるエピソードを交えることで、志望者の具体的な人物像を、採用担当者もイメージしやすくなります。

好奇心旺盛な人の長所

好奇心旺盛な人の長所として挙げられる特徴は、下記のような点です。どれも社会に出てからも役立つ要素と言えます。

 ・視野が広い
 ・いつも前向きでポジティブ
 ・行動力がある
 ・集中力が高い
 ・人間関係を築くのが上手い
 ・知識や話題が広い
 ・心惹かれる分野が多岐にわたっている

例を挙げると「人間関係を築くのが上手い」といった長所は、仕事をするうえで相手と円滑なコミュニケーションを取り、信頼を築くのに役立ちます。また「視野が広い」と仕事上の意見を客観的にとらえることができ、柔軟に物事に対応することが可能です。

裏付けとなるエピソードとしては学生時代の「部活」「サークル」「アルバイト」等の記憶を深堀りすると出てきます。例えば「サークル活動で他校との交流を盛んにおこなった」というエピソードから「行動力がある」「人間関係を築くのが上手い」等の特徴が伝わります。

好奇心旺盛な人の短所

一方、好奇心旺盛な人の短所としては、下記のような特徴が挙げられます。長所として好奇心旺盛をアピールをする場合、企業から短所ともなり得る点を深掘りされることがあります。

そういった場合に備え「どのような対策を講じているか」を回答できるよう、事前に準備をしておくことが重要です。

 ・周囲が見えないことが多い
 ・周囲への迷惑を気にしないことがある
 ・飽きっぽい

例えば「飽きっぽい」という点を深堀りされた際は「一つの物事に取り組むときも創意工夫を加え、方法や環境を変えながら効率化を図る」といった回答を用意しておきましょう。長所同様、こちらも裏付けとなるエピソードがあればより伝わりやすくなります。

別の記事ではES・面接での長所・短所のアピール法について解説してあります。併せて読んで参考にしてください。

好奇心旺盛のどんなところが役に立つ?

好奇心旺盛はどう役立つ?

就活で「好奇心旺盛」を企業へアピールしようと考えている学生は多いです。しかし「好奇心旺盛はどうアピールすればいいのか」と悩む学生もいます。

好奇心旺盛であることは、仕事を進めるにあたって大きな強みとなります。しかし、正しい伝え方をしなければ、企業側は入社後にどう活躍してくれるのかイメージできません。

自分がどのような存在で、入社後にどう活躍できるかを具体的に伝えることが重要です。ここでは、好奇心旺盛な性格が仕事においてどう役立つか4つの例を挙げ解説していきます。

①自ら進んで仕事を覚えようとする姿勢

好奇心旺盛な人は「自ら進んで仕事を覚えようとする姿勢」の人が多く、その点が仕事において役立ちます。

企業にとって、言われた仕事だけを行う「指示待ち」の人材は好ましくありません。企業は自社の発展のために自ら考え、行動してくれる人材を求めています。

好奇心旺盛な人は、その性格から新しいことを積極的に学ぼうとする傾向にあります。そのため仕事においても、誰かが教えてくれるのを待っているのではなく、自ら進んで行動を起こし学ぼうとする人が多いです。

同様のスキルを有している志望者がいれば、仕事に意欲的に取り組んでくれそうな人材の方が採用担当者には魅力的に映ります。

②豊富な話題によるコミュニケーション力の高さ

好奇心旺盛な人はさまざまなことに関心を持つ傾向にあるため「コミュニケーション力が高い」ことが多いです。そのため、社内外の人たちとのコミュニケーションにおいてその性格が役立ちます。

学生時代とは異なり、社会人になるとさまざまな価値観を持つ人たちと出会います。学生の頃は付き合う相手を選び、自身と気が合う人達とだけ交流することも可能です。

しかし、社会人になると自身とは全く異なる価値観を持つ人とも交流していかなければなりません。好奇心旺盛な人はさまざまなことに興味を持ち、学び、自身の引き出しが多いです。

そのため、誰が相手でも積極的にコミュニケーションを取ることができ、相手に良い印象を与えます。

③未経験の仕事でも臆せず取り組める

「未経験の仕事でも臆せず取り組める」点も好奇心旺盛な人の強みです。

新卒の場合、ほとんどの人は未経験から仕事を始めます。社会人として働くことで責任が生まれ、ミスを恐れて臆してしまう人もなかにはいます。

しかし、好奇心旺盛な人の多くは、未経験であっても臆することなく興味を持って取り組みます。積極的に挑戦する姿勢は、達成や失敗から学びを得て成長していくことが期待できます。

仕事は業務遂行と同時に成長していくことが求められます。失敗を恐れず、何事にも興味を持って取り組む点は、そういった場で強みとして発揮されます。

④集中力が高い

好奇心旺盛である強みは、気になることや熱心に取り組んでいることに対し「集中力が高い」ことも挙げられます。自分が一度気になったことはとことん突き詰め、納得がいくまで集中力が継続する傾向にあります。

集中力を上手く仕事へと向かせることができれば、業務のクオリティを高めることができ効率化にもつながります。また、モチベーションが高く、人によっては周りを引っ張る求心力のある存在としてチームに影響を与えます。

集中力は仕事をこなすことにおいて非常に重要なものであり、どのような場面でも役に立ちます。

好奇心旺盛の正しいアピール方法

ここまでで、好奇心旺盛であることは就活でのアピールポイントになることを解説しました。

ただし、単に「好奇心旺盛です」では自分の魅力をアピールすることはできません。企業にうまく伝えるためには、好奇心旺盛であることの効果的なアピールの仕方を理解しておくことが重要です。

ここでは、アピールの際のポイントについて解説します。

メリットを存分にPRしよう

好奇心旺盛であることを効果的にアピールするには、自分自身がまずそのメリットを把握することです。

「好奇心旺盛な人の長所」の中から、最も自分の魅力をアピールしやすいものを選び、入社後にどう発揮できるかを考えましょう。その際に大切なポイントは「過去の具体的なエピソードを参考にする」点です。

自分が好奇心旺盛だと感じた過去のエピソードを深堀りすれば、どういった場面でどんなメリットを発揮したかがわかります。また、自己PRの際にはこのエピソードを必ず交えましょう。

すでに前述しましたが、裏付けとなる具体的なエピソードが無ければ、どれだけアピールしても採用担当者には「なぜそう言えるのか」が伝わりづらいです。どういった場でメリットが発揮されるか伝わらなければ、志望者が入社後に活躍する姿を、採用担当者もイメージできません。

自分が入社することでどのように貢献ができるかを、エピソードを交えて伝えましょう。

そのためには、自己分析で過去を深堀りする必要があります。自己分析をすれば、自分がどんな経験から好奇心旺盛と感じるようになったかを知ることができます。こちらの記事で自己分析の方法やおすすめのツールについて紹介してあるため、併せて読んで参考にしてください。

メリットが業務にどう活かせるのかを説明しよう

好奇心旺盛であることのメリットを把握したら、それを入社後に「強み」としてどのように活かせるか、具体的に説明する必要があります。

好奇心旺盛であることを裏付けるエピソードから「自分はどういった状況でどのように強みを発揮したか」がわかります。それを入社後の、なるべく具体的な状況に置き換えて説明しましょう。

例えば、過去に「サークル活動で新たな試みに挑戦した」という経験から、自分は「行動力がある」と感じたとします。これを入社後に置き換えると「未経験な仕事や新しい試みにも行動力を活かして積極的に取り組める」とアピールすることが可能です。

そのように自分の強みをアピールすれば、入社後に活躍するイメージがより鮮明になります。また、より具体的な状況での例を出すことで「入社後の姿を深くイメージできている」と捉えられ、志望度の高さも伝わります。

好奇心旺盛な点を企業でどう活かすかが大切

前述したように、好奇心旺盛であることをアピールするためには入社後の具体的な姿を伝えることが大切です。そのためには、自分の志望する企業でそういった強みを発揮できる場があるか調べておく必要があります。

業務内容や社風によって、自分の強みをどう活かせるかは変わってきます。自分を分析するだけでなく、企業を研究しておくことも大切です。

事前に企業研究をしておく

「好奇心旺盛」を面接官にアピールするためには、事前に企業研究をしておきましょう。その会社の事業内容を把握し、どのようにして自分の好奇心旺盛な点を活かせるのかを確認することが大切です。

企業の事業内容や社風、将来的なビジョンを調べていけば、どういった人材を求めているのかがわかってきます。それらを踏まえて、自分の好奇心旺盛な点はどのような場で発揮できるか、具体的な入社後の姿をイメージしましょう。

企業研究についてはこちらの記事で詳しく解説してあります。参考にして、志望企業を知るのに役立てましょう。

適性のある職種を調べる

好奇心旺盛であることは、基本的にどのような仕事でも活かせますが、職種によってどれだけ活かせる場があるかは異なります。

例えば、日々変化のある営業職などは向いているとされることが多いですが、同じような作業を延々と繰り返す職種であれば人によって適正が低いことがあります。

しかし、事務職などの変化の少ない職種であっても「より効率のいい方法を考える」等の活躍をすることは可能です。

自分が好奇心旺盛なのをわかったうえで、将来どういったことをしたいか、どのような存在になりたいかを考えながら就活を進めることが大切です。

自分にあった仕事を探すための方法について、こちらの記事で解説してあります。参考にして、仕事選びに役立てましょう。

【39点以下は危険度MAX】
本番前に、面接偏差値を診断しておこう

今年はweb面接を行う企業も増えていますが、自分の弱点を把握し適切に対策しなければ、どんな形式であれ面接を突破することはできません。

そこで活用したいのが、面接偏差値診断ツールの、「面接力診断」です。
24の質問に答えるだけで、自分の強みと弱みをグラフで見える化できます。

ぜひ活用して自分の弱点を効率的に対策し、志望企業の面接を突破しましょう。

好奇心旺盛アピールの仕方実例集

実際に、ここまで紹介してきた方法を用いた面接で使える自己PR文の例を紹介します。言い回し等を変えればESでも使えるため、ぜひ自己PR文作成の参考にしてください。

自己PR例文①

私の強みは好奇心と、それを満たすための行動力です。

私は大学2年生の時に、iPhoneアプリの動く仕組みに興味を抱きインターネットで検索したところ、開発するには"Swift"というプログラミング言語を学ぶ必要があることがわかりました。そこで毎日1時間はプログラミングの勉強の時間を取るようにした結果、本で紹介されているプログラムを自分で再現できるようになりました。

この経験から、未経験なことでも目的を定めて地道に続ければいずれ形にできることを学べました。御社においてもこの姿勢を活かし、未経験な仕事に果敢にチャレンジして1つずつ結果につなげていきます。

1つのことに興味を持ち「アプリを自作できるようになった」結果までの流れが具体的に書かれています。好奇心旺盛な人は、色々なことに興味を持ちやすい反面「飽きっぽい」印象を持たれてしまう場合もあります。

しかしこの例文では、計画を立てて自分が納得できるところまで突き詰めた過程がまとめられているため、そのようなイメージを持たれることはありません。

自己PR例文②

私の長所は、好奇心が強いことです。興味を持つ範囲が広く、大学時代にはTOEICテストで800点を取り、森林インストラクターの資格も取りました。

実は大学に入学するまでは、色々な事に興味が湧く一方、一つのことを納得いくまでやり抜いた経験がありませんでした。そこで大学では、何かに興味を抱く度に目標を設定し、計画的に取り組むようにしました。その結果、先ほどの資格を取得をすることができ、専攻のゼミの成績はすべて5段階中最上位でした。

御社に入社した際は、好奇心と粘り強さを活かし、新しい仕事を早く吸収して自分から企画を発信できる人材に成長していきます。

このように興味を持ったことを複数取り上げる場合、「飽きっぽいのではないか」と思われるリスクがあります。

しかし、この例文では目標に向かって粘り強く取り組んだ経験としてまとめているため、ネガティブな印象を持たれることはありません。好奇心だけで無く「粘り強い」長所もセットにしているため印象もさらに良くなります。

自己PR例文③

私の長所は好奇心旺盛なところです。特に「自分と異なった趣味を持つ人」に興味を感じることが多く、部活やサークルを超えてみんながお互いの趣味を知り、交流を深めるきっかけを作りたいと思いました。

そこでブログを立ち上げ、趣味に熱中している人へのインタビュー記事を連載し、SNSで拡散しました。結果、ブログやSNSがきっかけでサークル間の交流が進み、文化祭ではジャズ研究会とピアノ同好会が共演したり、実際に形になりました。

私はこの経験を通し、好奇心は人と人とをつなげるきっかけになるということを学びました。この姿勢を御社でも活かし、チーム間の連携を強める形で貢献していきます。

好奇心を長所としてアピールし、自分の思いや行動力も伝わるエピソードになっています。

好奇心をきっかけにして行動した結果や、そこから学んだことまでまとめてあります。仕事をする上ではPDCA(計画・実行・評価・改善)が求められるため、結果から学びを得ていることは好印象です。

好奇心旺盛は社会人に必要な要素のひとつ

この記事では好奇心旺盛の意味や、そういった人の特徴、アピールの仕方について紹介しました。

好奇心旺盛な人は積極的にわからないことに立ち向かい、行動を起こす性質があるため、社会に出てから活躍できる場は多いです。そのため、就活でアピールするには有利な個性です。

好奇心旺盛を活かして積極的に行動し、その結果から成長していける人材であることを上手にアピールし、就活を成功させましょう。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ