自己PR

【医療事務で働きたい就活生必見】採用担当者の心に響く自己PRの作り方と例文を紹介

医療事務に受かるために必要な自己PR

医療事務を志望するのであれば、自己PRをしっかりと考えることが大切です。医療事務は人気の仕事の一つであり、応募者は非常に多いです。応募者が多く、ライバルもたくさんいますので、周囲と差をつけるためには、自己PRで自身のことを大きくアピールする必要があります。

周囲を差をつけ、いかに印象に残るアピールができるか、採用するメリットがあることを伝えられるかが、合否を分けるポイントです。自身のアピールポイントを見つけ出し、医療事務の仕事に合わせてそれをアピールしていくことが大切です。

医療事務の仕事は志望者が多い仕事ですが、アピール次第で採用を勝ち取ることはできます。医療事務に受かるために必要な自己PRはどのようなものかを知り、それを踏まえて魅力的な自己PRを作成していきましょう。

医療事務の自己PRに盛り込みたい要素

医療事務に受かる自己PRを考えるには、医療事務の仕事に求められている能力を知ることが大切です。素晴らしい能力をアピールしても、それがその仕事に求められているものでなければ意味はありません。

能力は発揮できてこそ意味がありますので、医療事務の仕事で発揮できる能力をアピールすることが大切です。医療事務の自己PRに盛り込みたい要素はいくつかありますので、それらを盛り込んで、アピール力の高い自己PRを作成しましょう。

自己PRとすべき要素①作業スピード

医療事務の自己PRで盛り込むべき要素としては、作業スピードが挙げられます。事務の仕事は医療事務に限らず、さまざまな業界や企業で存在しており、組織を運営していくためには欠かせない仕事です。そのため事務の仕事がなくなることはありません。

そんな事務は、増え続ける仕事をいかに早く捌くことができるかが重要であり、作業スピードが速いことは、事務職を志望するにあたっては必要な要素です。事務の仕事が溜まってしまうとスムーズに組織を運営することができないので、医療事務は作業スピードが常に求められます。医療事務はパソコン作業も多いので、パソコンスキルが高いなども示し、自身の処理能力の高さをアピールしていきましょう。

自己PRとすべき要素②コミュニケーション能力

医療事務の自己PRで盛り込むべき要素としてはコミュニケーション能力も挙げられます。一般的な事務職の場合は作業スピードの速さや処理能力の高さが求められ、コミュニケーション能力が求められることは少ないですが、医療事務の場合は違います。

医療事務では事務作業だけでなく、周囲との連携が必要となるため、コミュニケーション能力が必要です。また周囲と連携するだけではなく、病院の窓口の業務も多く、患者と接することも多いので、コミュニケーション能力は必須です。

窓口は患者と最初に接する場所でもあり、病院の顔でもあります。病院の顔である窓口の印象が悪いと病院の印象も悪くなってしまいますので、医療事務ではコミュニケーション能力が必要とされる場合が多いです。

現場の雰囲気によってアピールの仕方を変えるべき

医療事務に限らず、就活では志望する業界や企業によって、自己PRを変える必要があります。それは求められる能力がそれぞれ違うからであり、志望先によって自己PRを変えることで、より高評価を得やすくなるからです。

医療事務の場合もそれは同じで、志望する病院などの現場の雰囲気によってアピールの仕方を変えることが大切です。医療事務の職場は病院であることが主ですが、各病院ごとに現場の雰囲気は大きく異なりますので、志望する病院に合わせた自己PRを行いましょう。

現場によって雰囲気が異なるため企業研究が必要

医療事務の仕事は病院ごとに職場の雰囲気が大きく異なるのが特徴です。それぞれに現場の雰囲気が違うため、自分が伝えたいことを前面に出すと「合わない」と思われることもありますので、注意しなければなりません。医療事務で求められる能力はさまざまありますが、それも現場の雰囲気次第ではアピールしても、評価されない場合があります。

しっかりと企業研究を進め、自分が志望する病院がどのような雰囲気か、どのような能力が求められているのかを知るようにしましょう。志望先で求められる能力以外をアピールしてしまうと、評価されないどころか、企業研究が充分にできていないと悪印象を与える可能性もあります。しっかりと企業研究を進め、現場の雰囲気に合わせたアピールを心がけましょう。

実際現場に行ってみるのも良い

医療事務は現場ごとに雰囲気が大きく異なりますので、しっかりと企業研究を進めることが大切です。企業研究の方法はさまざまありますが、ネットでサイトをチェックして情報を得ている人は多いです。ネットでもある程度のことは分かりますが、現場の雰囲気など詳細なことまでは分かりません。

詳細まで知ろうと思えば、ネットなどの媒体だけで企業研究をするのではなく、実際に現場に行って雰囲気を掴むのもありです。ネットだけでは分からない情報はたくさんありますし、生の情報に勝るものはありません。現場に行くことが難しいのであれば、説明会などに参加するのもおすすめです。どちらの場合でも実際に現場で働く人に触れ、現場の雰囲気を肌で感じ取ることが大切です。

医療事務で使える自己PR例

医療事務で求められる能力を知り、しっかりと企業研究を進めることができれば、いよいよ実際に自己PRを作成していきましょう。自己PRで印象に残ることができるかどうか、採用メリットを示せるかどうかで合否が大きく左右されます。医療事務の仕事を目指すのであれば、自己PRをしっかりと練り上げて対策することが大切です。医療事務で使える自己PRを作成するのは大変なことですが、例文を参考にして自身の自己PRも考えていきましょう。

勝てる例文①

私は複数の物事を同時に進行し、目標を素早く達成することができます。私は大学時代、居酒屋のキッチンでアルバイトをしていました。アルバイト先は忙しく、常に二手先、三手先を読んで行動しなければなりませんでした。私は注文が入れば、それぞれ何分でできるかを考え、ゴールから逆算して料理を作りました。また闇雲に作るのではなく、最も効率的に動ける方法を考え、最高で並行して四品の料理を作ることができました。私は作業スピードの速さを活かして、貴院の仕事も素早く完成させ、活躍したいと考えています。

例文の①では複数の物事を同時に進行し、目標を達成できる作業スピードの速さがアピールされています。結論を最初に語ることでアピール内容を明確にすることができていますし、アピール内容を明確にすることで、より能力を印象付けることができています。例文では居酒屋でのアルバイトの経験が語られており、どのように働いていたのかを詳細まで語っているのがポイントです。

注文を受け、何分でできるかを考えて、完成から逆算して考えることで、優先順位をつけて仕事をする効率の良さがアピールできています。闇雲に行動せずにしっかりと考えてから動き出すことでも、効率の良さがアピールできており、作業スピードの速さを裏付けることができています。

勝てる例文②

私は人の話をしっかりと聞き、相手の信用を勝ち取ることができます。私は大学時代、カフェでアルバイトをしていました。カフェではお客様と話をすることも仕事であり、お客様に満足してもらえるように、私は聞き役に徹していました。表情や相槌のタイミング、質問の挟み方に気をつけて話を聞くことで、お客様を満足させることができ、私に話をしたいとご来店していただくこともできました。私は貴院でもしっかりとコミュニケーションを取って仕事を円滑に進め、また患者様に接する中で信用され、病気の不安を少しでも取り除きたいと考えています。

例文の②では人の話を聞き、相手の信用を勝ち取ることができることがアピールされています。単にコミュニケーション能力とアピールするのではなく、傾聴力に絞ってアピールをすることで、能力を具体的に示すことができ、イメージがしやすく好印象です。例文ではカフェでのアルバイトの経験が語られていますが、聞き役に徹したこと、どのように話を聞いていたかを語ることで、傾聴力の高さを裏付けることができています。

また、話がしたいとお客様が来店していることで、実際に信用を勝ち取ることができることもアピールできています。締めの文章では傾聴力を活かしてどのように仕事がしたいのかが具体的に語られ、仕事への意欲の高さもアピールできており、好印象でしょう。

医療事務で伝える自己PRは現場の雰囲気を考慮して作成しよう

医療事務の仕事を志望するのであれば、自己PRをしっかりと練り上げることが大切です。医療事務では他の事務職とは違う能力が求められることもありますので、医療事務ならではの自己PRを作成するようにしましょう。

また、ただ自身の能力を好き勝手にアピールするだけではなく、志望する病院の現場の雰囲気を知った上で、自己PRを考えることも大切です。医療事務の仕事は現場の雰囲気によって求められる能力が違う場合もありますし、アピールの仕方を間違えれば、悪印象にも繋がります。

医療事務を目指すのであれば、しっかりと企業研究を進め、現場の雰囲気を知ることが大切です。現場の雰囲気を考慮して、自己PRを作成し、医療事務での採用を目指しましょう。