グループディスカッション

【 就活のグループワーク対策】進め方・役割・選考通過のポイント

グループワークの基礎知識

基本的なグループワークでは、まず複数人(多くは4~6人)が1つのグループになります。まずテーマが採用担当者から発表されます。

次に役割決めがあります。司会、書記、タイムキーパーと言った役割があり、立候補制で決まる場合もあれば、採用担当者から割り当てられる場合もあります。そして本題の ディスカッションです。どのようなテーマ・ディスカッションの方法だったとしても、その時間内に発表する内容をまとめるところまで到達しなければなりません。

最後に、ディスカッションで決まった内容を発表する場が設けられます。採用担当者の前に出て発表することもあれば、その場で立ち上がって発表することもあります。

【グループワークとは】就活で直面するグループワークの完全マニュアル|勘違いをしたまま挑んでいる就活生は意外と多かった!

グループワークの進め方

グループワークは事前にテーマがわからないため、何を準備すればよいかわからないでしょう。複数の人の意見が飛び交う中で、自分の意見を発言することに対し、苦手意識のある人もいるでしょう。おかしな意見を言って場を混乱させてしまうのではないかと萎縮してしまったり、気の利いた発言ができなからといって自分の殻にこもっていては、面接官に対し自分をアピールすることはできません。

グループワークは、人の意見を聞き、それに対し自分の意見をきちんと述べることができる人物かどうかの判断材料にもなっています。企業においては、どの業務でもコミュニケーション能力が重要視されます。ここでグループワークの進め方を紹介します。

①自己紹介

グループワークでは最初に自己紹介をするようにしましょう。グループワークが始まると、時間制限があるためすぐに話し合いを始めたくなりますが、いきなりテーマについて話すのはNGです。グループワークは就活生のコミュニケーション能力を見るという目的があります。他のメンバーとコミュニケーションを取るためには、最初に自己紹介をした方がスムーズにコミュニケーションを取れます。

また、自己紹介のやり方次第で、採用担当者や他のメンバーに良い印象を与えられるというメリットもあるのです。自己紹介をするときは、大きな声ではきはきと話すように心がけましょう。自己紹介に時間を取ってしまうとグループワークの時間がなくなるため、大学名と学部、名前、挨拶を1分程度で話すようにしましょう。

②役割決め

自己紹介を手短に済ませた後は、役割を決めていきます。最低限決めておいたほうが良い役割は以下の通りです。

・司会者

・書記

・タイムキーパー

それぞれの役割の詳しい立ち回り方については別で見出しを設けていますので、詳しくはそちらを参考にしてください。このほか、ディスカッションの後に発表をする必要があるならば、「発表者」をあらかじめ決めておくのも良いでしょう。

ここまでの進め方①、②ですが、直接議論に関することではありませんので、長々と話してしまわないようにしてください。

③ディスカッション

自己紹介と役決めが終われば、与えられたお題の答えを出すべくディスカッションを始めます。ディスカッションでは、相手の意見を聞くときには、相手を否定してかからないようにしてください。また、目立ちたいがために他人の意見を遮って発言するのもNGです。

ディスカッションで注意すべき点は、まとめの時間を加味しておくことです。話がまとまらなければ発表が困難になりますので、あらかじめ「何分間で議論する」ということをグループの皆で決めておいて、必ずその時間までに意見出しを追えるようにしてください。

④意見をまとめる

定めた時間にお題について議論を重ねた後は、出てきた意見をまとめてグループとしてのひとつの結論を出します。結論を出す際には、グループの皆が出した意見の共通解や、少数意見でも皆が納得したものなどを紡ぎ合わせて形にするようにしてください。

ここでは「グループの皆がある程度納得しているもの」を出すのが適切なのであって、多数決で決めてしまうのはNGです。これをしてしまうとグループワークをする意味がありません。また、この過程もなるべく早く終えるようにしましょう。そうすればまとめた情報をもとに発表の練習ができるので、より具体的でわかりやすい発表にできるようになるでしょう。

⑤発表

採用担当者から与えられた制限時間が終われば、グループごとに発表していくという時間を設けている企業も少なくはありません。グループの意見を発表する際には、「PREP法」を意識してみてください。PREP法の「PREP」は「Point(結論)」、「Reason(理由)」、「Example(事例・具体例)」、「Point(結論)」の頭文字をとった略称で、ビジネスシーンで主に用いられる話の構成方法です。

こうすると結論が先に来ることから「これからどういう内容の話が始まるのか」がすぐにわかるため、聞き手にとっても非常に理解がしやすい話になります。せっかく良い結論が出せたとしても、聞き手に伝わらなければ意味がありませんので、PREP法を使うのを忘れないようにしてください。

グループワークで選考を通過するポイント

グループワークで出題されるテーマについては事前に分からないため、業界に関するニュースを追うなどのざっくりとした準備くらいしかできませんが、当日の立ち振る舞い方については事前に練習することが可能です。

ここではグループワーク選考を通過する可能性を少しでも上げるためのポイントを4つご紹介します。

大きな声や表情を意識する

グループワークでは他のメンバーと協力して課題を解決することが目的です。課題を解決するという目的があるため、いかに解決のために有益な発言をするかという点を意識してしまいがちです。課題を解決するための話の内容や進め方も大切ですが、話し合いに積極的に参加したり、大きな声や笑顔で話すということも大切なポイントと言えます。大きな声や笑顔で話をすることで、チームで話し合う際の雰囲気を良くするだけでなく、採用担当者へのアピールにもなります。

大きな声で笑顔で話すことは、新入社員に求められる要素です。新入社員に求められる役割の一つに、職場を明るくするという役割があります。大きな声で笑顔で話すということは周囲を明るくするので、新入社員に求められている要素を満たしているとアピールできるのです。

自分の意見を分かりやすく伝える

グループワークの中で自分の意見を発表することは、面接官に対して自分をアピールする絶好のチャンスとなります。グループの人数にもよりますが、発言できる機会は限られていますので、タイミングを見計らって積極的に発言しましょう。発言する内容は、その時の状況に見合った内容にします。

的外れな発言や、グループ内を混乱させるような発言はマイナスポイントになりかねませんので注意しましょう。話す内容を整理して、グループ内のメンバーに明確に伝えることが重要です。自分が発言していないときでも気を抜くことなく、メンバーの発言にも関心を持ちましょう。

周囲の発言にきちんと耳を傾ける

人の話を最後まで聞くことは、社会人として当然のマナーです。自分の意見と異なるからと言って、途中で人の話を遮って話し始めたりすることは厳禁です。たとえグループメンバーの意見が自分の価値観とは異なっていたとしても、1つの貴重な意見としてきちんと認め、尊重する気持ちで話を最後まで聞きましょう。

人の意見を聞いた上で、その人がなぜそのように考えたのか、疑問に思えば質問をするなどし、それから自分の意見を発表するようにします。グループ内でテーマに対する議論が煮詰まってしまったときは、それまでに出てきた意見をまとめたり、どのように着地したらよいかアイデアを募ったりして、グループワーク自体を有意義なものにするような、質を高める質問をするようにしましょう。

仕事での再現性

グループワークで、は見ず知らずの人と協力して問題を解決していく必要があります。それは会社に入って社会人になっても同じで、どんな業種であれ他人や職場の同僚とともに協力し、問題解決していくことになります。採用担当者はまず、それが初対面の人ともできるのかどうかを見極めています。

ですのでやる気のない態度を取ったり、このテーマは苦手だからと言ったりと、非協力的な姿勢を示すことは全くの論外であり、真っ先に選考を落とされる対象になります。実際に仕事をする際のことを想定し、協力して問題を解決することを意識しましょう。

グループディスカッションを通過するための対策マニュアルはこちら

グループワークでの役割

グループのメンバーが決まったら、いよいよグループワークの始まり。グループワークが始まって最初に決めなければならないのが、グループ内での役割です。主に司会、書記、タイムキーパーの3つが用意されています。

グループワークで選考に通るためにはいずれかの役割をしたほうがいいと言われていますし、会社や選考によっては採用担当者から指定の役割を割り当てられることもあります。自分たちで役割を決められるのであれば、一番やりやすい役割に真っ先に立候補しましょう。

ただし、実際グループワークが始まると、何が起こるか分かりませんから、どんな役割をすることになっても対応できるようにしておくのがベストです。

司会

司会は、そのグループディスカッションの流れを調整したりまとめたりする役割です。自分の意見を出すよりは、全体の流れを進め、時に方向転換させます。

ただ単に司会を務めればいいというわけではなく、いろいろな意見を引き出すためにグループのメンバーにあえて反対意見をぶつけたり、違う視点で意見を出したり、あるいはディスカッションの最終的なまとめをしたりと、広い視野を持つことが求められます。ディスカッションの主導権を握ることができますが、公平・公正さを失うと、一方的で独裁的な司会に見えてマイナス評価になってしまうことも。努めて謙虚に役割を果たしましょう。

書記

書記は、ディスカッションの内容をメモする役割です。メモをする際に重要なのはディスカッションの内容をメモするだけでなく、まとめにつなげられるように見やすくまとめておくということ。メモはディスカッションの要であり、書かれたメモから新しい意見が出ることもありますので、要点を簡潔にまとめたり似た意見のものをまとめたりと、工夫して書くことを心がけましょう。

とはいえ、メモをするだけではあまり評価にはつながりません。メモをうまくまとめつつ、自分の意見を出すことも求められます。メモを通して気づいたことを発言し、議論を深められる役割であると認識しておきましょう。

タイムキーパー

タイムキーパーは、時計を見て時間を管理する役割です。ディスカッションに集中して時間を忘れないようにしましょう。

ただし、タイムキーパーは司会や書記よりも簡単な仕事です。タイムキーパーをしているからといって採用担当者の印象に残ることは決してない、ということを忘れないでください。タイムキーパーの仕事しかしなかった場合、せっかく立候補してタイムキーパーになったとしても意味がありません。きちんとディスカッションに参加しつつ、タイムキーパーの仕事を通して時間を軸にディスカッションをまとめることで、ようやく初めて評価の土台に乗ります。

グループワークを選考に取り入れえる意味

グループワークは、企業の選考活動の中でも割と序盤のほうに行われます。ただ、「多くの候補者を一度に評価し、人数を絞る」という見方で考えると、グループワーク以外にも「集団面接」などの方法もあるはずです。それなのになぜ、あえて「グループワーク」を選考に取り入れているのでしょうか。

ここでは、多くの企業がグループワークを選考に取り入れている理由・意味・目的を3つご紹介します。これらの情報を知っておけば、適切な立ち回り方法もおのずと見えてくるでしょうから、企業の意図を理解しておくようにしてください。

適切な配属先の分析

次に見ているのは、もし会社に入った場合どの配属先に向いているか、あるいはどの配属先に配属されたとしても役割を果たせるかということです。

グループワークでは役割がおのおの割り振られますので、その役割に沿って自分の能力を最大限に発揮することが求められます。会社でも同様に仕事を割り振られますが、最初は自分の希望の仕事かどうか、希望した仕事だとしても自分に適しているかどうか、誰にも分かりません。自分に適していると思っても、うまく行かないこともあります。大切なのは、どんな役割を与えられても、最低限その役割を果たす、あるいは果たそうとする態度。そこを前もって見られるのがグループワークなのです。

反対意見に適切な対応が出来ているか

採用担当者がグループワークで見ているポイントとして、反対意見が出た際に適切な対応ができているかという点が挙げられます。グループワークではチームで課題を解決するため、チーム内で意見が対立することもあり得ます。自分が発言した内容と反対の意見が出てくると、自分の意見が正しいことを主張したくなりますが、自分の意見を無理やり押し通そうとするのはNGです。

グループワークではコミュニケーション能力を見られるため、反対意見を無視しないことが大切です。反対意見が出た場合は、反対意見に対して論理的に説得して相手を納得させる必要があります。また、反対意見の主張を聞いて、自分の意見よりも反対意見の方が課題解決のために有力だと判断したら、自分の意見を取り下げる判断も大切です。

論理的な考え方が出来ているか

グループワークにおいて課題を解決するために発言することは絶対条件です。グループワークで何も発言しなければ、チームで課題を解決しようとする意思が無いと判断され、不合格となってしまいます。課題解決のために発言することは大切ですが、ただ発言すればいいというわけではありません。課題を解決するために、論理的な考え方に基づいて発言をしているかどうかということが大切です。

課題を解決するために、なぜそうするのか?根拠は何か?ということを意識しながら発言しましょう。論理的な考え方に基づいて発言ができていれば、反対意見が出た場合でも自分の意見が正しいことを説明しやすいです。また、論理的な発言ができていれば、採用担当者も発言した意図を理解しやすいため、高い評価を得られる可能性が高くなります。

グループワークの前にやるべきこと

志望する企業の選考の中にグループワークがある場合には、もちろんそのお題を事前に公開してくれることはないでしょう。では、事前に何をしておくべきなのでしょうか。ここではグループワーク選考の前までにやっておくべきこと・やっておいてほしいことを3つご紹介いたします。

対策するかしないかでは、当日の立ち振る舞い方も変わってくるでしょうから、後悔しないためにも「できることはすべてやる」つもりで行動しましょう。

自分が出来ることを理解しよう

グループワークでは役職をすればいいというわけではありません。役職をしても、その役職でやるべきことができていなければ、採用担当者からの評価は低いです。グループワークでは、自分が出来ることと出来ないことを理解して、自分に出来ることを精一杯やることが大切です。採用担当者は、チームで課題を解決するために、その人が出来ることでチームに貢献しているかという点をチェックしています。

社会人になり企業で仕事をするようになると、同僚や他部署の社員と協力しながら仕事を進める必要があります。他の社員と協力しながら仕事をする上で、自分が出来ることで企業に貢献することが大切なのです。グループワークでも、チームのために自分が出来ることをしているかを見られるため、自分に出来ることを把握しておきましょう。

苦手な役割も練習しておく

グループワークでは採用担当者が誰が役割をするか指名する場合もあります。自分が苦手だと思っている役割をやらなければいけない可能性もあるのです。役割をやることになれば、苦手な役割だからやらないというわけにはいきません。たとえ苦手な役割をやることになっても、嫌な態度をするのではなく、苦手な役割でも自分に出来ることを精一杯やろうという姿勢が大切です。

企業に入社して仕事をするようになると、苦手なことでもやらなければいけないことはたくさんあります。苦手なことでも精一杯やることで、自分の成長に繋がり、できることが増えていくのです。グループワークでは役割が決まっているので、苦手な役割がある場合は事前に練習して対策しましょう。

出題テーマをおさえておく

グループワークで頻出されているテーマや、志望する企業の選考で出題された過去問題をおさえておくというのもひとつの手です。こうしておくことによって、これまでにはまったくなかったような問題が出されるなどのイレギュラーがない限りは、ある程度の対応力を見せられるようになるでしょう。

そのほか、志望している企業が属している業界や、それを取り巻く国内や世界の情勢に関するニュースを調べておくというのも有効な手です。グループワーク選考では、時事問題が出際されるというケースも非常に多くなっています。電車に乗っている間、授業の空き時間など、ちょっとできたすきま時間でも構いませんので、ニュースを眺めるようにしておきましょう。

どの役割もこなせるよう事前準備をしよう!

グループワークは、始まってみなければテーマも自分の役割も分かりません。その点はグループワークが始まる次点で、誰もが同じスタートラインに立っています。ですので苦手だと思っていても、そう思っているのならなおさら、役割ごとの仕事内容や求められているものを把握し、どの役割になってもこなせるよう事前準備をしておきましょう。心構えができているだけで、結果は大きく違ってくることもあります。

最近では大学でグループワーク対策をしてくれたり、就活サイトが無料でグループワーク対策講座を開いてくれたりします。実際にやってみなければ分からない、何度かやっておいてグループワークが実際どんなものか知っておきたいという就活生は、そうしたものを利用するのも一つの手です。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也 (よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ