面接対策

【長所とは】短所との違いや面接で回答する際のポイントを紹介

長所とはその人の考え方や行動の特徴

就活では長所を問われることが多いため、これがどのようなものなのか正しく把握しておくことが大切です。長所とはその人の考え方や行動の特徴であり、これを企業にいかにアピールできるかが重要になります。

そのため、自分はどのような考え方をするのか、行動の特徴はいかなるものなのかを把握しておきましょう。長所は面接で聞かれることはもちろん、書類選考で問われることも多いです。就活全体を通して聞かれやすい質問であるため、事前にどのように答えるかは考えておかなければなりません。

自分の長所を正しく把握し、アピール内容を考えておくことで、選考でも高評価を受けやすくなります。就活で問われる長所とはどのようなものかを理解して、選考でのアピールに役立てましょう。

長所と短所は表裏一体

まず知っておきたいのは、長所と短所は表裏一体であるということです。長所を裏返すと短所になり、短所の裏返しが長所となることは覚えておきましょう。

例えばリーダーシップがあるという長所は、場合によっては自己中心的であるという短所になることがあります。また、臆病であるという短所は、捉え方によっては慎重であるという長所にもなるでしょう。長所と短所が表裏一体だからこそ、どちらかひとつを探すことで、もう一方の特徴もみつけられます。

また、表裏一体の存在であることから、選考では長所と短所の両方を聞かれることも多いです。そのため、長所をみつけておくだけではなく、短所も探しておき、両方を問われてもスムーズに答えられるようにしておきましょう。

面接で長所・短所を聞かれる理由

選考で高評価を得るには、なぜ長所と短所が聞かれるのか、その理由を知っておくことが大切です。企業が長所や短所を問う理由を知っておくことで、評価されているポイントが理解できるためです。

評価されるポイントが分かれば、選考対策も進めやすくなります。長所と短所で高評価を獲得するために、選考で問われる理由を把握していきましょう。企業が長所と短所を質問する理由は、主に2つ考えられます。

客観的に自分を把握できているか判断するため

企業が面接で長所や短所を問うのは、応募者が客観的に自分を把握できているかを判断するためです。自分の長所と短所をみつけるには、客観的な自己分析が必要です。そのため、上手に答えることができないと、客観視できていないと判断され、評価が下がることがあります。

客観的に自分をみることは仕事をする上でも重要です。これができていないと、独りよがりになってしまうことも少なくありません。冷静に第三者の目線で自分をみられることで、状況を正しく判断して仕事を進められます。

また、周囲の人とのコミュニケーションを取るためにも、客観的な視点は重要です。長所や短所を上手に答えられるかどうかで、自分を客観視できるかどうかがチェックされていることを覚えておきましょう。

入社後に活躍できる人材か判断するため

入社後に活躍できる人材かどうかを判断する目的でも、長所と短所は問われています。どのような長所を持っているかによって、仕事で活躍できるか、採用メリットがあるかをチェックされています。

一般的に魅力的と思える長所を持っていても、それが企業に合わないものだと自社では活躍できないと判断され、採用メリットが低いと思われるため注意が必要です。また、誰しも短所は持っていて当然ですが、これが仕事をする上で致命的なものだと、企業は採用するリスクが高いと考えます。

企業は、ただ能力があるだけではなく、自社で活躍できる人材を採用したいと考えています。そのため、企業に合う長所や短所をアピールすることが大切であり、提示する内容によって評価が変わると考えましょう。

長所の答え方のポイント

選考で、できる限り魅力的な長所を伝えようと考えている就活生は多いです。しかし、就活の選考では、長所を何にするかだけではなく、どのようにアピールするかもよく考えておく必要があります。

素晴らしい長所を持っていたとしても、伝え方が悪ければ、その長所の何が魅力的なのか、本当にその能力を備えているのかなどが、面接官に十分に伝わらないでしょう。そのため、長所でよい評価を得るためには、答え方のポイントを把握しておくことが大切です。

長所はひとつに絞っておく

面接でアピールする長所は、ひとつに絞っておくことが大切です。複数の長所を提示したからといって、その分評価されるわけではありません。

アピールする長所の数が多いことで、むしろ評価が下がることもあります。これは複数の長所を提示すると、ひとつひとつの印象が薄くなり、最終的になにを伝えたいのかがわかりづらくなってしまうためです。せっかく魅力的な長所があるのに、そのよさを伝えきれないのは非常にもったいないです。

長所はひとつに絞って念入りにアピールすることで、自分のよさや特徴などを企業に理解してもらいやすくなるといえます。長所が複数みつかっているとしても、面接ではひとつに絞り、それを徹底的にアピールするようにしましょう。

結論+エピソードの順で話す

長所をアピールする際には、内容の構成にも気を配りましょう。長所は、結論+エピソードの順で話すことが大切です。

最初に結論、つまりどのような長所があるかを伝えることで、これからアピールする内容を正確に理解してもらえます。長所の提示を後回しにしてしまうと、結局なにを伝えたいのかがわからなくなってしまい、評価の対象にならない可能性もあるため注意が必要です。また、ただ長所を述べるだけでは、その能力や個性が本当に身についているのか、疑問視される可能性があります。

説得力のあるアピールをするためにも、長所を身につけた経緯、あるいは発揮した過去の経験などを伝えることが大切です。説得力は重要なポイントであり、わかりやすく明確なアピールをすることが、高評価を得るポイントといえます。

短所を答えるときは克服するための努力も伝える

面接では、長所と同時に短所を問われることもあるため、この答え方を理解しておくことが大切です。短所を伝える際は、どのような短所があるかだけではなく、それを克服するためにどのような努力をしているのかも、あわせて伝えるようにしましょう。

ただ短所を提示するだけでは、マイナスの印象のみを与えてしまい、評価が下がる可能性が高いです。克服するためにおこなっている努力もあわせて伝えることで、短所ときちんと向き合い、成長しようとする意欲があることをアピールできるでしょう。

短所を持っていることは当然です。選考では、短所といかに向き合い、克服しようとしているのかが評価されています。そのため、自分の短所を理解したうえで、改善するためにおこなっている努力を伝えておきましょう。

面接で長所・短所を答えるための対策

面接で長所と短所を上手にアピールするには、まずは自分にどのような特徴があるのかを知っておかなければなりません。長所と短所を正確に把握することが、面接で上手にアピールするためのポイントとなるため、事前の対策は念入りにおこないましょう。

長所と短所は対策次第でみつけることができ、正しく把握しておくことでスムーズに自分らしさを伝えやすくなります。長所と短所をみつけるための対策を知り、面接の事前準備をおこないましょう。

過去の経験から長所・短所を探す

自分の長所と短所をみつけるには、過去の経験から探すことがおすすめです。これまでに経験したことの中から、とくに印象に残っている出来事を思い出し、そこでどのような能力を発揮したか、いかなる役割を担ったかを考えましょう。

例えば、部活動などでチームを引っ張った経験があるなら、リーダーシップが自分の長所としてみつけられます。経験から探すことで、長所や短所がみつけられるだけではなく、それを裏付けるエピソードも同時に探し出せます。

印象的な経験は、その人らしさを示すエピソードとなるため、選考で紹介できるように整理しておきましょう。エピソードは直近の経験から探すことで、自分の特徴をより正確に伝えられます。

周囲の人に聞いてみる

自分で長所や短所をみつけられない場合は、周囲の人に聞いてみることもおすすめです。長所や短所は自分では当たり前になっていることも多いため、考えてみても思い当たらないという人もいるでしょう。

周囲の人に聞いてみることで、自分では当然と思っている点が実は長所、あるいは短所だと気づけることもあり、より自己理解を深めやすくなります。そもそも長所や短所をみつけるには自己分析が必要であり、正確な自己分析をするには、客観的な視点から考えることが大切です。

つまり、周囲の人に聞くことで、より客観的な視点から自分を見つめ直すことができ、長所や短所はみつけやすくなります。家族や友人、先輩や後輩など、さまざまな人に意見を求めて、自分がどのような特徴を持っているのかを考えていきましょう。

面接で避けるべき長所・短所

長所や短所のアピールでは自分の特徴を伝えることが大切ですが、どのような内容でもよいわけではありません。アピールする題材は慎重に決めましょう。

題材を間違えてしまうと高評価にならないばかりか、マイナス評価になってしまう可能性もあります。長所と短所はどのような内容にすべきか、避けるべき題材を把握しておくことが大切です。注意点を把握しておくことで、長所と短所は評価されやすくなります。

仕事と関係ない長所・短所

長所と短所は、仕事に関係するものでアピールすることが大前提です。これを間違えると、評価の対象にならない可能性があります。

例えば「釣りが得意」「ゲームが苦手」など、仕事とは無関係なものを提示してしまうと、マイナス評価になりやすいため注意しましょう。仕事とは無関係の長所や短所をアピールしてしまうと、企業が求める意図を正確に判断していないと思われる可能性が高いです。つまり、相手の発言の意図を汲み取れないことが、そのままマイナス評価になってしまうと考えましょう。

そもそも面接では、どの質問でも仕事で活躍できる人材かどうかがみられています。仕事とは無関係なアピールは、就活の意味自体も理解していないと思われる可能性があるため避けましょう。

企業にマッチしていない長所

長所のアピールでは自分の能力や魅力を伝えられますが、どのような内容でも評価されるわけではありません。企業にマッチしていない長所を伝えてしまうと、自社で活躍できないと判断される可能性があります。その結果、マイナスな印象を与えてしまうでしょう。

企業はただ能力のある人を求めているわけではなく、自社に合った特徴や個性を持ち、仕事で活躍できる人材を探しています。そのため、企業にマッチしない長所を伝えると、自社には合わないと判断され、採用メリットが低いと思われる可能性もあるでしょう。

企業との相性は重要なポイントであり、ミスマッチが起きると企業と就活生の両方にとってデメリットになります。企業が求める人材像は事前に調べておき、それに合った長所を提示するようにしましょう。

仕事に支障をきたすような短所

短所でどのような内容を伝えるかも重要です。仕事に支障をきたすような短所を伝えてしまうと、大幅に評価を下げられることも少なくありません。

例えば、「時間やルールが守れない」「人とコミュニケーションが取れない」などの短所は、仕事をする上で致命的です。これらの短所を提示してしまうと、そもそも社会人としての自覚や能力に乏しいと判断されてしまい、その時点で不採用となることもあります。

短所はマイナスの印象を与えやすいため、どのような題材でアピールするかは、とくに慎重に考えなければなりません。短所を持っていること自体は問題ではありませんが、仕事に支障をきたすものだと大幅に評価を下げられてしまうことは理解しておきましょう。

長所とは何かを理解して面接では堂々と回答しよう

就活をスムーズに進めるには、長所とはなにかを正しく把握して、事前の対策をしておくことが大切です。就活における長所とはなにか、企業はそこからどのような点をチェックしているかは理解しておきましょう。

面接で問われている長所とはいかなるものかを把握しておくことで、アピールする内容も決めやすくなります。また、面接では長所だけではなく、短所もセットで聞かれることが多いです。そのため、自分の短所もみつけておき、スムーズに伝えられるようにしておきましょう。

長所と短所はどのように伝えるかも重要であり、アピールの方法も工夫する必要があります。面接では堂々と長所や短所をアピールし、自分がいかなる人間かを理解してもらうことで、高評価を受けましょう。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ