就活のマナー

【女性のビジネスカジュアル 】コーディネート例や就活時の服装をご紹介

女性のビジネスカジュアルとは

面接の際「当日は私服でお越しください」と言われることがあります。だからと言って本当に普段着ているような私服で行っていいわけではありません。面接での私服はビジネスカジュアルが一般的となっていて、あくまでビジネスマナーを守ったものを求められているのです。ビジネスの場に相応しい、スーツ以外のファッションと解釈してもいいでしょう。

どのような服装をすれば良いか分からない女性も多いのではないでしょうか。ビジネスカジュアルは社会人になってからも使える概念なので、今から知っておくと大変便利です。この記事では、女性向けのビジネスカジュアルのポイントをご紹介します。

季節別のコーディネート例

就活生(女性)に相応しいビジネスカジュアルのコーディネートとはどんな服装でしょうか?「清潔感のある服装」「常識的で派手ではない服装」と言われても、ピンと来ない人もいるはずです。学生時代、バイトも縁がなかった人は特に分からないでしょう。

「私服で来てください」と言われて間違った服装で面接に挑み、一生悔やむ結果は回避したいものです。夏と冬に分けたコーディネート例に分けご紹介するので、参考にしてみてください。

ビジネスカジュアル夏バージョン

  • ジャケット
  • カーディガン
  • ブラウス
  • ストレートパンツ(チノでもOK)
  • スカート
  • パンプス
  • ストッキング

シャツやカーディガンなど、シンプルなデザインの上着を着用しましょう。色は紺や黒、白やベージュなどのベーシックな色がおすすめです。ボトムを暗い色にする場合は、明るい色を合わせた方がバランスがとれます。

スカートやストレートパンツなどはいいですが、ジーンズやマキシ丈ロングスカートなどは控えてください。靴に関しても、サンダルやスニーカーやミュールはNGとなります。仕事に行くならば、どのような服がふさわしいのかを考えることが大切です。

ビジネスカジュアル冬バージョン

  • ジャケット
  • ニット(薄手のもの)
  • シャツ、ブラウス
  • ベージュのストッキング
  • パンプス

冬場でも考え方としては夏と同じです。カジュアル度が高いファッションアイテムは、避けるようにしましょう。ダウンジャケットやダッフルコート、柄物のコートは温かいので着たくなるかもしれませんが、カジュアル色が強いため、面接に向いていません。

色についても派手なカラーではなく、黒やネイビーなど落ち着いた色の服装が一般的です。サイズに関しては、大きめの服を選ぶのは止めてください。ダボッとした感じが、カジュアルさや、だらしないと感じられる可能性があります。

ストッキングやタイツの色は黒はNGとなります。黒いストッキングはフォーマルに感じるため履いていっても良さそうですが、お葬式をイメージさせるため避けましょう。ベージュが無難だと考えてください。

ビジネスカジュアル合うバッグと靴

バッグのサイズはA4が入る大きさにしましょう。このサイズより小さければ、書類を折って入れることになります。床に置いた時「へにゃり」となって転がるバッグもNGです。自立できるバッグにすれば問題ないでしょう。

服と同じように、バッグの色が派手なものは控えた方が良いでしょう。黒や紺など落ち着いた地味な色を選ぶのがベストです。靴に関しては5センチ以上の高いヒールは止めてください。サンダルやスニーカーやブーツも避けたいアイテムです。カジュアル色が強いため、TPOをわきまえていないと判断されかねません。

パンプスは良いのですが、オープントゥは避けた方が良いです。カジュアル度が強いと判断する企業もあるので注意してください。

面接力診断で、苦手な分野を見つけよう

現時点であなたの面接力はどのくらいでしょうか?それを知るために活用したいのが「面接力診断」です。この資料を使うことで自己分析や業界・企業理解、マナーがどの程度身についているのかを把握することができます。

結果を参考にすることで、時間のない就活生も効率的に対策を進めることができ、資料も無料でダウンロードできるので、力試しとしてもおすすめです。

ビジネスカジュアルでNGな服装

ビジネスとは仕事という意味です。それに対して、カジュアルとは形式に囚われていない軽装のことをここでは指します。仕事をするときは正装というイメージから、カジュアルとビジネスは相反するようなイメージを持たれる方も多いと思われます。

ここでは、具体的にどのようなものがビジネスカジュアルに適していないのかを例をあげながら説明していきます。普段着だと勘違いをしてしまい、ビジネスカジュアルで集まった際に1人だけとんでもない服装になってしまわないようにしましょう。たかが服装ですが、その人となりを表しますので、しっかりと準備をすることが大切です。

派手な色や柄もの

ビジネスカジュアルとは、上述したように軽装を指します。この軽装という意味の解釈とは、あくまで「正装ではない」という意味です。意味合いとしては、正装ではないが限りなく正装に近いと考えて間違いありません。そのため、派手な色や柄ものはビジネスカジュアルには向きません。

具体的には、赤やオレンジなどの印象が強い色や、派手な柄が一面にあるような洋服です。ビジネスカジュアルとして容認されるのではないかという考えもありますが、それはあくまで個人の意見であって、相手の考え方が分からない以上はできるだけリスクは回避するべきです。

ノースリーブやミニスカート

次に、洋服の形状についてみていきましょう。派手な色や柄ものでもないからといって、ノースリーブやミニスカートは「正装に近い軽装」に該当するでしょうか。これは、端的に露出が多い服装ということで、下品に受け取られる可能性があります。

色や柄のときと同様に、これも相手によって受け取り方がさまざまであるため、回避すべき事案といえるでしょう。「ミニスカート」の長さは、ビジネススーツの長さを基準にするといいです。キャミソールやタンクトップ、短パンなども同様の理由からNGとなります。

大ぶりのアクセサリー

ビジネスカジュアルは正装に近い軽装のため、アクセサリーを着けること自体は問題ありません。しかし、その大きさには注意が必要です。特に、顔の近くにある目立つピアスやイアリングの大きさには留意してください。一昔であれば、ピアスをしているというだけでマイナスポイントとする企業も実際にありましたが、現在では容認するところも多いです。

派手な服装や小物はマイナスになるという文化や風習が、いまだに根強く残っている企業もあるため、回避できるリスクであればできる限りの気配りはしておきましょう。眼鏡においても、丸形の大きなレンズのものや、色が入ったものなどもビジネスカジュアルではNGとなります。アクセサリーも必要最小限にし、出来る限り目立たないものを選択しましょう。

Tシャツやパーカー

Tシャツやパーカーは、正装に程遠いと考えるのが一般的です。企業に訪問した際に、職場にTシャツやパーカー姿の女性がいたら違和感を抱くはずです。Tシャツやパーカーの人が普通に職場にいるというのは、スーツ着用の会社ではない光景といえます。

多くの企業では受け入れられていないという現状があるため、回避すべき服装といえます。どんなに有名なブランドであってもTシャツはTシャツですし、パーカーはパーカーです。自分の物差しではなく、相手がどのような印象を持つかというところに主観を持つことが大切です。

ジーンズ

デニムパンツやデニムスカートのことを指しますが、もっともポピュラーな軽装です。しかしながら、軽装の範囲の中でいうと正装には近くありません。もともとデニムは作業着として使用されていたという歴史があり、正装に近いと考える人はほんの一部です。

例外的に一部の地域や企業では正装として認めているところもありますが、あくまでそれはレアケースです。デニムのジャケットなど着こなしによっては十分ビジネスカジュアルでも通用することがありますが、あえてここで判断が難しいところを選択する必要はありません。ビジネスカジュアルとしては、ジーンズ類をまとめて回避することが無難です。

ビジネスカジュアルに合うヘアメイク

ヘアメイクにも注意しましょう。まとまりがない、派手なカラーリングなどは面接に相応しくありません。顔が隠れるような髪型も暗い印象を与えるので避けましょう。眉が見えるヘアスタイルを意識してください。

ぱっつん前髪も就活では不適切と判断されやすいです。耳が隠れるヘアスタイルも良くありません。服装と同じく、ヘアスタイルも就活生に相応しくない派手なものは避けましょう。逆にどのようなヘアスタイルが好まれるかご紹介します。

髪が長い女性はシンプルにまとめる

女性にとって髪型というのは自由度が高いものです。また、それだけ様々な個性や魅力を出すことができる大きな要素となります。しかし、ビジネスカジュアルは仕事や職場という前提があるため、休日はおしゃれ見えるヘアアレンジなども、だらしなく見えてしまう可能性が高いのです。

服装にも共通して言えるのですが、とにかくシンプルであること、派手にならないことを意識しましょう。髪をまとめる際の髪留めなども、派手になり過ぎないようにしましょう。

ナチュラルメイクを意識する

メイクについても同様です。ナチュラルメイクを意識しましょう。こちらも髪型と同様、ファッション性を意識したメイクはビジネスカジュアルの服装では浮いてしまう可能性があります。ナチュラルメイクをする際に特に注意が必要なのは、口紅とファンデーションです。口紅はピーチピンク系やベージュ系などの落ち着いた色を選びましょう。

また、ファンデーションの色については首の色を基準に合わせてください。首の色と合っていないファンデーションを使用すると、顔だけが浮いて見えてしまい印象が良くありません。チークも必要最小限にし、つけまつげなどはできるだけ着けないようにしましょう。

就活における面接での正しい服装

女性のビジネスカジュアルを知るためには、正しい服装を理解しておかなければなりません。基本となるのは「清潔感があること」です。人事担当者は特に清潔さを期にしてみているので、節度や一般常識を見られていると考えてください。とは言え、そこまで難しいものではありません。シワシワのシャツや、シミがあるようなスーツ、デンセンしたストッキングなどでなければ大丈夫です。

おしゃれに自信がある女性は注意して欲しいのですが、気合を入れすぎて派手にならないようにしましょう。企業が求めるのは、一般常識を理解している新卒者です。派手過ぎや、個性的な服装は通常の企業では好まれません。世代や性別関係なく「無難」と思われる服装が面接では好まれると考えてください。

企業から指定がなかった場合

企業からどんな服装で、と指定がなければ、新卒の就活生はリクルートスーツを着ていくのが一般的とされています。新卒の就活生=リクルートスーツという認識が広く浸透しているため、新卒者にとって一番無難な服装がリクルートスーツになります。企業から「私服で」と指定がないなら、原則リクルートスーツを着用しましょう。

リクルートスーツと一口に言っても女性の場合スカートかパンツスタイルに分けられます。就活でのスタンダードはスカートになっていますが、パンツスタイルが悪いというわけでもありません。パンツスタイルはアクティブさなどをアピールできるからです。スカートかパンツスタイルかは、自分のアピールポイントや受ける企業によって使い分けると良いでしょう。

私服指定があった場合

私服指定があるなら、ビジネスカジュアルでコーディネートするのが一般的です。普段の生活でも使っている「私服」という言葉につられ、本当の私服、いわゆる普段着を着ていくのはNGである場合が多いです。面接での私服は、仮にお客様や取引先に行ってたとしても、社会人として恥ずかしくない服装を基準に選びましょう。

そのため個性が出すぎる服装は良くありません。プライベートなら良いのですが、露出が多すぎたりデザインや色が派手だったりするものは、面接の場合相応しくないからです。「清潔感がない」「一般常識がない」と判断される可能性もあります。

例えば、夏場だからといって大切な取引先とビジネスの話をする際、Tシャツとジーパンで行く人はなかなか見かけないものです。私服指定があるなら「ビジネスカジュアルを求められているのだな」と理解すればOKです。

面接で服装自由の理由

「なぜ面接を私服でするのか」という疑問を持つ人も少なくありません。もちろんビジネスシーンではスーツが基本ですが、なぜ私服面接を実施している企業があるのでしょうか。まずは、就活生の個性を見たいという意図があります。リクルートスーツであれば、どの就活生もほとんど同じスタイルですので、ほとんど個性がわかりません。

私服であれば、ビジネスカジュアルとはいえどのような人物なのか把握することができます。また、スーツよりもリラックスできる服装ですので、就活生の素の部分も分かる可能性があります。業界によっては、ファッションセンスを無視できませんので、私服面接を実施していることもあるでしょう。このようにさまざまな理由で服装自由と定めています。

コロナ自粛中に、自己分析をやり直そう

コロナウイルスで就活も自粛の傾向になり、選考が進まず、不安になっていませんか?

そんな時は、自己分析ツール「My analytics」を活用して、自己分析をやり直しておきましょう。

My analyticsなら、36の質問に答えるだけであなたの強み・弱み→それに基づく適職がわかります。

コロナで就活が自粛中の今こそ、自己分析を通して、自分の本当の長所・短所を理解し、コロナ自粛が解けた後の就活に備えましょう。

女性のビジネスカジュアルは清潔感が大切

ビジネスカジュアルという言葉だけで、勝手に「なんでもいいんだ」と解釈してしまうのは完全に間違いです。言い換えるなら、ビジネスカジュアルという一定の水準を満たした状態にするように指定をされていると考えるべきです。ここまで事例を含めたボーダーラインについて記載してきましたが、共通して言えることは清潔感です。

これから社会にでると、色々な人がいてそれぞれの価値観も異なります。人によっては派手なことは悪いことにもなり、露出が多いことも悪いことと取られる場合もあります。しかしながら、清潔感を悪く取る人はいません。鏡の前に立った自分をみたときに、清潔感があると自信をもって言えるような服装を目指してください。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也
(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ