身だしなみ

適切なスカート丈とは|スーツを選ぶ際に気を付けたいマナー~色・デザイン・素材・手入れ方法~

スーツのスカート丈は適切なものを選ぶべき

就職活動の際の服装はリクルートスーツが基本ですが、女子就活生はパンツスタイル・スカートスタイルの2種類があります。「どちらのほうが印象が良くなるのだろう?」と迷う方もいるでしょうが、ここに関しては両者の優劣はありません。

好きなスタイルを選ぶようにしてください。ただし、スカートスタイルを選んだ場合には、「丈」に気を付けなくてはなりません。正しい丈よりも長く見える、あるいは短く見えることによって、就活生自身の印象も変わって来てしまいます。

この記事では適切なスカート丈のほか、好印象を与えられるスーツの色・デザインなど、女子就活生のスカートスタイルの正しい着こなしについてをまとめてご紹介していきます。

女子学生必見の就活マニュアルをチェックしよう

就職先の選び方に悩んでいる女子就活生も多いのではないでしょうか。結婚・妊娠などのライフイベントやキャリアアップを考えると、特に慎重になりますよね。そこで活用したいのが女子学生必見の働きやすい会社の選び方マニュアルです。

女性が働きやすい企業の選び方や、先輩社会人が教える「こんな会社はやめておいた方がいい」という特集も収録しています。無料でダウンロードでき、企業研究をする際に注目したいポイントを多くご紹介しているので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

リクルートスーツのスカートマナー①丈

リクルートスーツでスカートを着用する際に気になるのが、スカート丈です。同じデザイン・色のスカートでも、丈の長さが異なれば、与える印象が変わってきます。色やデザインは就活に適しているのに、スカート丈が不適切であれば、意味がありません。リクルートスーツのスカート丈は、しっかりと確認して、ちょうど良い長さのものを選びましょう。

直立時に膝にかかる程度の長さが適切

リクルートスーツのスカートは、椅子に腰かけたときに膝が出るくらいの長さが適切とされています。直立した時は、膝にかかる程度の長さとなるはずです。これくらいのスカート丈なら、活動的な印象を与えられるうえに、座った時の姿勢も綺麗に見えるでしょう。

長すぎても短すぎても不適切

もし、膝丈よりも短いスカートだと露出過多、長すぎるロングスカートだとマナー違反になる可能性があります。公の場で着用するリクルートスーツには、正しい着こなしが求められるのです。リクルートスーツ購入する際は、必ず試着して、丈の長さを確認しておきましょう。

リクルートスーツのスカートマナー②色とデザイン

リクルートスーツのスカートを購入する際は、就活の場にふさわしい色とデザインを選びましょう。

色はジャケットと同色が◎

リクルートスーツのスカートの色は、落ち着いた紺などの黒系で、ジャケットと揃えるのが適切とされています。一般的には、黒が無難でしょう。

ただし、志望業界によっては、真っ黒のスカートが逆に暗い印象を与えてしまう可能性があります。そのため、爽やかさを演出できるようなベージュやグレーを選ぶ場合も、珍しくありません。

デザインは体にフィットしたものを選ぶ

スカートのデザインは、体にフィットしたものにしてください。ただし、あまりスカートがタイト過ぎると、体の線がくっきりと出てしまい、就活の場に不適切となってしまいます。

また、フレアスカートのように裾が広がったスカートも、リクルートスーツとして適切ではありません。深いスリットが入っているものも、露出度が高いためNGです。

おすすめのデザインは台形型もしくはタイトなもの

就職活動の際におすすめするスカートのデザインは、「台形型」もしくは「タイトなシルエット」のものです。スーツのそれのデザインには、フレアスカートなどの華やかなものもありますが、ここはなるべくシンプルなものを選んでおくと基本外れないでしょう。この2つのうち、もっとも無難なのはタイトスカートです。

どんな職種や場面に用いても浮くことはなく、また、着回しの面でも優秀だと言えるでしょう。しかし、それだと歩きづらいと感じるのであれば、裾が多少広がった「台形型」のものは選んでも問題はありません。見た目を考えるのも非常に大切ではありますが、長時間履いていて歩くことになっても疲れないかどうかという観点もおろそかにしないようにしましょう。

スリットが深いものや体にフィットしすぎるものは避ける

直前の見出しでは、就職活動におすすめなスカートのタイプとして「台形型」と「タイトなシルエット」の2つを挙げました。しかし、どちらかの条件に当てはまるものであっても、就職活動には適していないとされるものが中にはあります。その例が、スリットが深く入っているもの、体にフィットしすぎたラインのもの、ミニスカートです。

ここで挙げたものはどれも、どちらかというとセクシーさが強調されたものになってしまいます。就職活動の場においてこの要素は必要とされないものですので、避けておきましょう。また、ミニスカートに関しては、セクシーさということ以前に、適切な丈の観点から見てもアウトです。

試着してから選ぶと間違いない

リクルートスーツとして適切なのは、着用した時に姿勢が綺麗に見えるラインのスカートです。試着したら必ず鏡でラインを確認してから、ピッタリサイズのスカートを選びましょう。

リクルートスーツのスカートマナー③素材

リクルートスーツのスカートを選ぶ際には、素材にも注意が必要です。一般的には、夏冬どちらでも着用できるウールが良いでしょう。ウールのリクルートスーツならば、シワがつきにくく、手入れも楽に済みます。ストレッチ性はあまりありませんが、探せば多少のストレッチ性を持たせたウールのリクルートスーツもあるでしょう。

また、雨に強いポリエステルもおすすめです。ただし、ポリエステルのリクルートスーツは、ウールに比べると少し安価なため、見た目の高級感がありません。多少の高級感が欲しいという場合には、ウールとポリエステル、両方の素材を使ったリクルートスーツを探すと良いでしょう。

ポリエステル素材のスカートの利点とNGポイント

リクルートスーツに用いられる素材の代表的なものが、ポリエステルとウールです。どちらにも良いところ・悪いところがありますので、それぞれを理解したうえで自分に適したものを選ぶようにしてください。ポリエステル素材のメリットとしては、耐久性に優れる、すぐに乾く、非常にリーズナブルということなどが挙げられます。

就活解禁後はスーツを着る機会も多いため、何着か持っておきたいという方には非常に適したものだといえるでしょう。一方で、ポリエステル素材にはデメリットもあります。それは、温かみのある風合いや高級感が出ない、色移りしやすいということです。見た目にも気を使いたいという方にとっては、ポリエステル100%のものを使うというのは適していないのかもしれません。

ウール素材のスカートの利点とNGポイント

ウール素材のメリットとして挙げられるのが、熱伝導率が低い、吸湿性に優れる、汚れにくい、スチームでしわが戻りやすいことなどです。とくに前2つの利点から、ウール素材は夏は涼しく、冬は暖かいという特徴を持っています。一方で、ウール素材には高価、水洗いすると縮みやすい、毛玉ができやすい、虫に食われる可能性があるというデメリットもあります。

天然素材であるが故の欠点であり、ポリエステル素材のものに比べるとガンガン使っていくことはできないでしょう。ちなみに、ここ数年で多くの企業が扱うようになったウォッシャブルスーツは、ウールとポリエステルをおよそ半分ずつ配合して作られています。

リクルートスーツのスカートマナー④手入れ

どんなに良いリクルートスーツを用意しても、手入れが雑だと、印象が下がってしまうでしょう。長い就活期間で全く手入れをしないままでいると、リクルートスーツはくたびれてしまいます。しっかり手入れをして、常にいい状態をキープしておいてください。

ブラッシングとアイロンを心掛ける

スカートは座った時にシワができやすいため、そのままにしておくと、あっという間にシワだらけになってしまいます。スカートを脱いだら、すぐに手入れをするようにしましょう。

基本的には、ブラッシングによる汚れ落としと、アイロンがけによるシワ伸ばしをしておけば十分です。アイロンをかけるときは、当て布を1枚挟んでおくと、スカートの生地を傷めません。

アイロンが無い場合は、きりふきで水分を吹きかけておいてください。そうすることで、軽度のシワならば、一晩で綺麗になります。

面接前にクリーニングに出しておく

スーツのお手入れですが、神経質な方はどこまでも気になってしまい、それだけに没頭してしまうということもあるのではないでしょうか。そんなときには、面接の前までにクリーニングに出しておくというのもおすすめです。クリーニング店では、専門のプロの手によって丁寧に、そしてきれいに仕上げてくれます。

新品と見紛うほどのパフォーマンスを見せてくれるところもあるので、利用しても損はないでしょう。ただし、クリーニング店にお任せすることによって、多少のコストはかかってしまう点には注意です。また、仕上げには日数がかかることが多いため、余裕をもって出すようにしてください。

リクルートスーツのスカートのマナーを守り好印象を与えよう

リクルートスーツでスカートを選ぶ際のマナーと、手入れ方法をご紹介しました。スカートが苦手な場合は、パンツスーツを選択しても問題ありません。いずれにしても大切なのは、きちんとマナーを守って選ぶということです。身だしなみで悪い印象を与えないためにも、気をつけておきましょう。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也
(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ