企業研究

守谷商会の平均年収と生涯賃金|年齢別・役職別の年収・月給・ボーナス推移と業界比較

守谷商会における最近の平均年収推移

守谷商会は、大正5年に創立された長野県に基盤を置く建設工事、土木工事を行っている企業です。伝統的な技術を継承しながら新しい文化も取り入れ、地域社会の発展に貢献していくことを企業理念として掲げています。守谷商会の平均年収と生涯賃金について見ていきましょう。

守谷商会とは

正式名称:株式会社守谷商会
所在地:長野県長野市南千歳町878番地
従業員数:305人
平均年齢:42.3歳
平均勤続年数:17.5年
//www.moriya-s.co.jp/publics/index/9/
※有価証券報告書を参照

守谷商会の従業員の平均年齢は42.3歳となっています。上場企業の平均年齢40.44歳と比較すると、高い数値といえます。また、平均勤続年数も17.5年となっていますので、上場企業の平均勤続年数14.7年よりも長いことが分かります。長く勤める従業員が多いといえるでしょう。

近年の平均年収推移

守谷商会の近年の平均年収の推移を調べてみました。

年度 平均年収
平成28年 614.0万円
平成27年 612.0万円
平成26年 549.0万円
平成25年 510.0万円
平成24年 547.0万円

※有価証券報告書を参照しています。

守谷商会過去5年の平均年収は、最低額が平成25年の510万円、最高額は平成28年の614万円となっています。その差は104万円で、過去5年間の平均年収は約566万円です。

建設業界の業界・企業研究を進めよう

建設業界で働きたいという就活生は、その仕組みや各企業について把握することが大切です。業績推移や各社の強みを知っておくことで、「この企業でなければならない」という入社意欲を志望動機に反映させることができるでしょう。

そこでおすすめなのが「建設業界の業界研究マニュアル」です。無料でダウンロードできるため、効率的に業界・企業研究を進めたい就活生におすすめです。

守谷商会における年齢別平均年収

各年齢ごとの平均年収の推移はどのようになっているのでしょうか。年齢階層別の平均年収と、1歳ごとの平均年収をそれぞれ算出しました。

平均年収の年齢階層別の推移シミュレーション

各年齢の年収推移を5歳刻みで推定し、月給・ボーナス・年収についてそれぞれ推定値を算出しました。

年齢 年収 月給 ボーナス
20~24歳 410.2万円 28.3万円 70.4万円
25~29歳 508.8万円 35.1万円 87.3万円
30~34歳 578.7万円 39.9万円 99.3万円
35~39歳 611.2万円 42.2万円 104.9万円
40~44歳 676.2万円 46.7万円 116.0万円
45~49歳 697.3万円 48.1万円 119.7万円
50~54歳 731.9万円 50.5万円 125.6万円
55~59歳 729.6万円 50.4万円 125.2万円
60~64歳 577.6万円 39.9万円 99.1万円

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

平均年収の1歳ごとの推移シミュレーション

守谷商会の1歳ごとの平均年収の推移をシミュレーションしました。

年齢 月給 ボーナス 平均年収
22歳 28.3万円 70.4万円 410.2万円
23歳 29.7万円 73.8万円 430.0万円
24歳 31.0万円 77.2万円 449.7万円
25歳 32.4万円 80.6万円 469.4万円
26歳 33.8万円 83.9万円 489.1万円
27歳 35.1万円 87.3万円 508.8万円
28歳 36.1万円 89.7万円 522.8万円
29歳 37.1万円 92.1万円 536.8万円
30歳 38.0万円 94.5万円 550.7万円
31歳 39.0万円 96.9万円 564.7万円
32歳 39.9万円 99.3万円 578.7万円
33歳 40.4万円 100.4万円 585.2万円
34歳 40.8万円 101.5万円 591.7万円
35歳 41.3万円 102.7万円 598.2万円
36歳 41.7万円 103.8万円 604.7万円
37歳 42.2万円 104.9万円 611.2万円
38歳 43.1万円 107.1万円 624.2万円
39歳 44.0万円 109.4万円 637.2万円
40歳 44.9万円 111.6万円 650.2万円
41歳 45.8万円 113.8万円 663.2万円
42歳 46.7万円 116.0万円 676.2万円
43歳 47.0万円 116.8万円 680.4万円
44歳 47.3万円 117.5万円 684.7万円
45歳 47.6万円 118.2万円 688.9万円
46歳 47.8万円 118.9万円 693.1万円
47歳 48.1万円 119.7万円 697.3万円
48歳 48.6万円 120.9万円 704.2万円
49歳 49.1万円 122.0万円 711.2万円
50歳 49.6万円 123.2万円 718.1万円
51歳 50.0万円 124.4万円 725.0万円
52歳 50.5万円 125.6万円 731.9万円
53歳 50.5万円 125.5万円 731.5万円
54歳 50.5万円 125.4万円 731.0万円
55歳 50.4万円 125.4万円 730.5万円
56歳 50.4万円 125.3万円 730.1万円
57歳 50.4万円 125.2万円 729.6万円
58歳 48.3万円 120.0万円 699.2万円
59歳 46.2万円 114.8万円 668.8万円
60歳 44.1万円 109.6万円 638.4万円
61歳 42.0万円 104.3万円 608.0万円
62歳 39.9万円 99.1万円 577.6万円
63歳 31.9万円 79.3万円 462.1万円
64歳 23.9万円 59.5万円 346.6万円

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

守谷商会の役職者の年収

役職者の年収について


役職 平均年収
部長 1,221.2万円
課長 955.2万円
係長 727.4万円
20~24歳の一般社員 410.2万円

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

守谷商会の大卒・大学院卒初任給について

学歴 初任給
大卒 21万円
修士了 22.5万円

守谷商会の大卒での初任給は21万円、修士了では22.5万円となっています。1年に1回の昇給、年に2回の賞与があります。職種は土木技術、建築技術などの技術系と、経理や総務などの事務営業系に分かれています。

建設業界における年収の傾向と生涯賃金

建設業界とは

建設業界は勤続年数がほかの業界と比べても長い傾向にあり、専門的な知識を持った従業員が長く勤めていると考えられます。業界シェア上位は大林組、大成建設、鹿島建設となっています。それぞれのシェアは10.6%、10.2%、10%と建設業界では業界の利益を複数の企業が拮抗している状態です。人材不足が業界の今後の大きな課題となっています。

建設業界の平均年収推移と生涯賃金


年齢 守谷商会 建設業界
20~24歳 410.2万円 439.1万円
25~29歳 508.8万円 519.3万円
30~34歳 578.7万円 599.4万円
35~39歳 611.2万円 607.3万円
40~44歳 676.2万円 702.2万円
45~49歳 697.3万円 727.3万円
50~54歳 731.9万円 762.9万円
55~59歳 729.6万円 746.8万円
60~64歳 577.6万円 619.7万円
生涯賃金 2.76億円 2.86億円

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

予測シミュレーションの結果では、守谷商会の年収は建設業界の平均年収と比較するとやや低いことが分かります。30代前半では20.7万円ほどの差がありますが、30代後半では4万円ほどの差でほぼ平均と同じだと予測できます。

まとめ

建設業界は、震災の復興事業や五輪開催に向けて短期的にこの先の需要が高まり利益も多くなると予想されます。しかし、人材不足という大きな課題があり守谷商会をはじめとする各企業がどのように対応していくか注目されています。

※最後に、本記事につきましては、公開されている情報を活用し、当社が独自の基準によってシミュレーションした結果を開示しているものとなります。読者の皆様に企業選択の一助になればという趣旨で情報を作成しておりますため、なるべく実態に近い状態のシミュレーションとなる様に最善を尽くしているものの、実際の報酬額とは異なります。 あくまでも参考情報の一つとしてご活用くださいませ。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也
(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ