就活その他

【頭を使うクイズ】大人が挑戦しても簡単には解けない難問4つをご紹介します~数学・規則性探し~

問題

1時間で燃え尽きる線香AとBがある。この2本を使って45分を計る方法は?制限時間は2分。

答え

蚊取り線香Aは両端から、Bは片端から火をつける。両端から燃えていくことによって、Aは30分後に燃え尽きる。Aが燃え尽きたタイミングで、火がついてないBのもう片端に火をつける。両端に火をつけられたBは、片端の場合は残り30分だが、両端から燃やすことで15分しか燃えなくなる。つまり、Bの線香が燃え尽きた瞬間が、30分+15分で45分となる。

問題

??に入る数字を答えよ。制限時間は3分。

1+4=53+6=216+4=309+6=??

答え

規則性に気付けば簡単。後ろの数字を前の数字にかけて、前の数字を足すと答えが出る。つまり、1+4は1+(4×1)で5、3+6は3+(6×3)で21、6+4は6+(4×6)で30になる。よって、9+6は9+(6×9)で答えは63。

問題集を無料で手に入れよう

SPIの対策をするには、問題を多く解く必要があります。そこでおすすめなのが「WEBテスト問題集」です。こちらの問題集では、玉手箱とTG-WEBに対策できる問題が非言語と言語に分かれて掲載されています。

詳しい解説つきなので、問題が解けなかったという人も力をつけることができます。分からなかった問題をそのままにせず、解説を読んで意味や解き方を理解することが大切です。無料でダウンロードできるので、腕試しがしたいという就活生にもおすすめです。

問題

??に入る言葉を答えよ。制限時間は2分。

+→た-→ひ=→めル→??

答え

答えとなる言葉は、矢印の前の記号を四角で囲んだときにできる漢字の読み仮名。例えば、「+」を□を囲めば田となるため、読み仮名は「た」。同様に、「-」は日となり「ひ」、「=」は目となり「め」。この考え方でいくと、ルは四となり「よん」もしくは「し」。

コロナ自粛中に、自己分析をやり直そう

コロナウイルスで就活も自粛の傾向になり、選考が進まず、不安になっていませんか?

そんな時は、自己分析ツール「My analytics」を活用して、自己分析をやり直しておきましょう。

My analyticsなら、36の質問に答えるだけであなたの強み・弱み→それに基づく適職がわかります。

コロナで就活が自粛中の今こそ、自己分析を通して、自分の本当の長所・短所を理解し、コロナ自粛が解けた後の就活に備えましょう。

問題

鉛筆と消しゴムの値段を合わせると310円。消しゴムは鉛筆よりも100円高い。鉛筆の値段はいくらか。ヒント:110円ではない。制限時間は3分。

答え

105円。もし110円の場合、100円高い消しゴムは210円となり、合計が320円になる。105円ならば、100円高い消しゴムは205円、205円+105円で310円。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ