企業研究

きんでんの平均年収と生涯賃金|年齢別・役職別の年収・月給・ボーナス推移と業界比較

きんでんにおける最近の平均年収推移

きんでんは、電気配給設備や情報通信設備をはじめ、ビルや工場におけるあらゆる設備の設計や施工を行う会社です。特に力を入れている電気設備事業においては、太陽光発電や風力発電システムなど、様々な設備を備えています。

近年では、自社で開発したケーブル配線用延線ロープ布設装置が、国土交通大臣賞を受賞しています。様々な設備を手掛けることで、多くの施設を支え続けるきんでんですが、その年収はいったいどのぐらいなのでしょうか。公開情報を基に、調べてみました。

きんでんとは

正式名称:株式会社きんでん
所在地:東京都千代田区九段南2丁目1番21号
従業員数:7,281人
平均年齢:41.3歳
平均勤続年数:19.9年
//www.kinden.co.jp/company/outline.html
※有価証券報告書を参照

きんでんは、関西電力グループのグループ会社です。本店を大阪に、本社を東京に構え、営業所は全国に100か所あります。香港やシンガポールなどをはじめとする海外にも、事業所を置いています。また、国内外に23社の関連会社を設立しています。施工実績は、国内に留まらず、海外のあらゆる商業施設も対象としています。

きんでんは、あらゆる電気設備を手掛けるだけではなく、空調や衛生設備にも着手しており、市民が暮らしやすく、働きやすい空間作りのために尽力しています。

近年の平均年収推移

きんでんの近年の平均年収の推移を調べてみました。

年度 平均年収
平成28年 824.0万円
平成27年 779.0万円
平成26年 760.0万円
平成25年 719.0万円
平成24年 715.0万円

※有価証券報告書を参照しています。

きんでんの業績は、平成24年から25年にかけて上昇し、平成26年では一度減少しましたが、その後は業績を回復しています。平均年収は、業績に関わらず毎年上昇しており、この5年間で109万円の増加が見られます。

志望業界を選ぶ前に、自己分析をしよう

自分に合った業界を探すには、自己分析をして、あなた自身の適性を把握しておく必要があります。でも、そんな時間がとれない人も多いはず。

そこで、自己分析ツールの「My analytics」を活用してみましょう。

My analyticsを使えば、36の質問に答えるだけで、あなたの強み・弱み→それに基づくあなたに適した業界を診断できます。

My analyticsでサクッと自己分析をして適性を把握し、業界研究を効率的に進めましょう。

きんでんにおける年齢別平均年収

各年齢ごとの平均年収の推移はどのようになっているのでしょうか。年齢階層別の平均年収と、1歳ごとの平均年収をそれぞれ算出しました。

平均年収の年齢階層別の推移シミュレーション

各年齢の年収推移を5歳刻みで推定し、月給・ボーナス・年収についてそれぞれ推定値を算出しました。

年齢 年収 月給 ボーナス
20~24歳 473.5万円 31.3万円 97.3万円
25~29歳 680.1万円 45.0万円 139.8万円
30~34歳 796.8万円 52.7万円 163.8万円
35~39歳 837.8万円 55.5万円 172.2万円
40~44歳 916.8万円 60.7万円 188.5万円
45~49歳 990.9万円 65.6万円 203.7万円
50~54歳 1,044.1万円 69.1万円 214.6万円
55~59歳 981.2万円 65.0万円 201.7万円
60~64歳 694.4万円 46.0万円 142.8万円

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

平均年収の1歳ごとの推移シミュレーション

きんでんの1歳ごとの平均年収の推移をシミュレーションしました。

年齢 月給 ボーナス 平均年収
22歳 31.3万円 97.3万円 473.5万円
23歳 34.1万円 105.8万円 514.8万円
24歳 36.8万円 114.3万円 556.1万円
25歳 39.6万円 122.8万円 597.4万円
26歳 42.3万円 131.3万円 638.7万円
27歳 45.0万円 139.8万円 680.1万円
28歳 46.6万円 144.6万円 703.4万円
29歳 48.1万円 149.4万円 726.7万円
30歳 49.7万円 154.2万円 750.1万円
31歳 51.2万円 159.0万円 773.4万円
32歳 52.7万円 163.8万円 796.8万円
33歳 53.3万円 165.5万円 805.0万円
34歳 53.8万円 167.2万円 813.2万円
35歳 54.4万円 168.9万円 821.4万円
36歳 54.9万円 170.5万円 829.6万円
37歳 55.5万円 172.2万円 837.8万円
38歳 56.5万円 175.5万円 853.6万円
39歳 57.6万円 178.7万円 869.4万円
40歳 58.6万円 182.0万円 885.2万円
41歳 59.6万円 185.2万円 901.0万円
42歳 60.7万円 188.5万円 916.8万円
43歳 61.7万円 191.5万円 931.6万円
44歳 62.7万円 194.6万円 946.5万円
45歳 63.6万円 197.6万円 961.3万円
46歳 64.6万円 200.7万円 976.1万円
47歳 65.6万円 203.7万円 990.9万円
48歳 66.3万円 205.9万円 1,001.5万円
49歳 67.0万円 208.1万円 1,012.2万円
50歳 67.7万円 210.3万円 1,022.8万円
51歳 68.4万円 212.5万円 1,033.5万円
52歳 69.1万円 214.6万円 1,044.1万円
53歳 68.3万円 212.1万円 1,031.6万円
54歳 67.5万円 209.5万円 1,019.0万円
55歳 66.6万円 206.9万円 1,006.4万円
56歳 65.8万円 204.3万円 993.8万円
57歳 65.0万円 201.7万円 981.2万円
58歳 61.2万円 189.9万円 923.9万円
59歳 57.4万円 178.1万円 866.5万円
60歳 53.6万円 166.3万円 809.1万円
61歳 49.8万円 154.5万円 751.8万円
62歳 46.0万円 142.8万円 694.4万円
63歳 36.8万円 114.2万円 555.5万円
64歳 27.6万円 85.7万円 416.6万円

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

きんでんの役職者の年収

役職者の年収について

役職 平均年収
部長 1,409.5万円
課長 1,102.5万円
係長 839.5万円
20~24歳の一般社員 473.5万円

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

きんでんの大卒・大学院卒初任給について

学歴 初任給
大卒 20.6万円
修士了 22万円

※リクナビ2018より参照しています。

きんでんでは、技術職と総合職の募集をしています。職種による初任給の違いはありませんが、大卒よりも修士了卒の初任給のほうが1.4万円ほど高くなっています。また、高専卒の初任給は、大卒よりも2万円ほど低い18.3万円です。

建設業界における年収の傾向と生涯賃金

建設業界とは

建設業界は、建築や土木工事や、地盤の改良、設備工事等の施工をおこなっています。建設業の業績は、平成22年までは減少傾向にありましたが、平成23年から平成27年にかけて上昇しています。その理由は、東日本大震災の復興需要や、アベノミクスの公共事業投資などにあります。

さらに、東京での五輪開催に向けて、首都圏を中心に再開発が行われ、交通網の整備も進むため、建設業界にとっては追い風の状況となっています。きんでんは、電気設備や情報設備などのあらゆる設備を手掛けています。建築の需要が高まりつつある現代において、急成長を遂げている建築業界ですが、その年収とはいったいいくらぐらいなのでしょうか。

建設業界の平均年収推移と生涯賃金

年齢 きんでん 建設業界
20~24歳 473.5万円 439.1万円
25~29歳 680.1万円 519.3万円
30~34歳 796.8万円 599.4万円
35~39歳 837.8万円 607.3万円
40~44歳 916.8万円 702.2万円
45~49歳 990.9万円 727.3万円
50~54歳 1,044.1万円 762.9万円
55~59歳 981.2万円 746.8万円
60~64歳 694.4万円 619.7万円
生涯賃金 3.71億円 2.86億円

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

きんでんの年収は、各年齢層において、業界平均よりも高い予測となっています。特に差が大きいのは50代前半で、業界平均よりも281万円ほど高くなる予測です。生涯賃金を比較しても、8,500万円もの大きな差がついており、業界内でのきんでんの年収水準は高いといえるのではないでしょうか。

まとめ

時代のニーズに合わせて、業績を伸ばし続ける建設業界。きんでんは、様々な施設の設備を管理しており、私たちが快適に過ごすために、日々尽力しています。近年、新たな商業施設の建築工事が進んでおり、きんでんの設備工事の需要も高まることが予測されます。

また、きんでんは人材育成にも力を入れています。教育設備が充実した人材開発センターでの研修によって、従業員の教育を徹底しています。「人材は財産」という経営理念に基づき、新入社員を育て、活躍のチャンスを与える素晴らしい会社です。年収においても高い水準にあるきんでんに、今後も注目が集まりそうです。

※最後に、本記事につきましては、公開されている情報を活用し、当社が独自の基準によってシミュレーションした結果を開示しているものとなります。読者の皆様に企業選択の一助になればという趣旨で情報を作成しておりますため、なるべく実態に近い状態のシミュレーションとなる様に最善を尽くしているものの、実際の報酬額とは異なります。 あくまでも参考情報の一つとしてご活用くださいませ。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ