企業研究

インテージの平均年収と生涯賃金|年齢別・役職別の年収・月給・ボーナス推移と業界比較

インテージにおける最近の平均年収推移

インテージにおける売上高が国内第1位、世界第9位のインテージ。普段の生活からはあまり馴染みのない企業ですが、そんなインテージの平均年収や生涯賃金についてみていきましょう。

インテージとは

正式名称:株式会社インテージホールディングス
所在地:東京都千代田区神田練塀町3番地 インテージ秋葉原ビル
従業員数:35人
平均年齢:45.4歳
平均勤続年数:14.1年
http://www.intageholdings.co.jp/
※有価証券報告書を参照

インテージは、平成25年に持株会社体制へ移行しました。それに伴い、従業員数が35名と少なくなっていますが、平成29年3月末時点での連結従業員数は2,431人です。大企業といっても過言ではないでしょう。IT業界(ソフトウェア)における従業員の平均年齢は36.4歳、平均勤続年数は11.0年ですので、インテージの平均年齢・勤続年数は業界の平均よりも高いものとなっています。

インテージの主な事業はマーケティング支援事業です。独自に収集した各種パネル調査やカスタムリサーチから得られたデータを基に、顧客となる企業のマーケティング活動をサポートいます。

近年の平均年収推移

インテージの近年の平均年収の推移を調べてみました。

年度 平均年収
平成28年 876.0万円
平成27年 874.0万円
平成26年 755.0万円
平成25年 895.0万円
平成24年 764.0万円

※有価証券報告書を参照しています。

インテージは、平成25年に持株会社体制への移行に伴い、24年から25年で一気に年収が130万円ほど上がっています。その後も27年度まで、毎年のように100万円以上年収が上下していることがわかります。

オトクな就活資料【無料】

【大学3年生限定】ES・面接を突破する業界研究マニュアル Apple/Google…他

業界研究はなぜ大切なのか。それはズバリ、人事側がそこを採用の軸に置いているからです。業界研究が浅い就活生は志望度が低い、熱意が足りないと判断されます。 Google・Appleのような人気企業から内定を取りたいなら、充実した業界研究を。 【参考企業】楽天/ Apple/Google…他

インテージにおける年齢別平均年収

各年齢ごとの平均年収の推移はどのようになっているのでしょうか。年齢階層別の平均年収と、1歳ごとの平均年収をそれぞれ算出しました。

平均年収の年齢階層別の推移シミュレーション

各年齢の年収推移を5歳刻みで推定し、月給・ボーナス・年収についてそれぞれ推定値を算出しました。

年齢 年収 月給 ボーナス
20~24歳 566.9万円 40.4万円 81.6万円
25~29歳 742.3万円 53.0万円 106.8万円
30~34歳 841.8万円 60.1万円 121.1万円
35~39歳 936.1万円 66.8万円 134.7万円
40~44歳 992.1万円 70.8万円 142.8万円
45~49歳 1,003.8万円 71.6万円 144.5万円
50~54歳 1,007.9万円 71.9万円 145.0万円
55~59歳 993.4万円 70.9万円 143.0万円
60~64歳 798.9万円 57.0万円 115.0万円

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

平均年収の1歳ごとの推移シミュレーション

インテージの1歳ごとの平均年収の推移をシミュレーションしました。

年齢 月給 ボーナス 平均年収
22歳 40.4万円 81.6万円 566.9万円
23歳 42.9万円 86.6万円 602.0万円
24歳 45.4万円 91.7万円 637.0万円
25歳 47.9万円 96.7万円 672.1万円
26歳 50.5万円 101.8万円 707.2万円
27歳 53.0万円 106.8万円 742.3万円
28歳 54.4万円 109.7万円 762.2万円
29歳 55.8万円 112.6万円 782.1万円
30歳 57.2万円 115.4万円 802.0万円
31歳 58.6万円 118.3万円 821.9万円
32歳 60.1万円 121.1万円 841.8万円
33歳 61.4万円 123.9万円 860.7万円
34歳 62.7万円 126.6万円 879.5万円
35歳 64.1万円 129.3万円 898.4万円
36歳 65.4万円 132.0万円 917.3万円
37歳 66.8万円 134.7万円 936.1万円
38歳 67.6万円 136.3万円 947.3万円
39歳 68.4万円 137.9万円 958.5万円
40歳 69.2万円 139.5万円 969.7万円
41歳 70.0万円 141.2万円 980.9万円
42歳 70.8万円 142.8万円 992.1万円
43歳 70.9万円 143.1万円 994.4万円
44歳 71.1万円 143.4万円 996.8万円
45歳 71.3万円 143.8万円 999.1万円
46歳 71.4万円 144.1万円 1,001.5万円
47歳 71.6万円 144.5万円 1,003.8万円
48歳 71.7万円 144.6万円 1,004.6万円
49歳 71.7万円 144.7万円 1,005.4万円
50歳 71.8万円 144.8万円 1,006.2万円
51歳 71.8万円 144.9万円 1,007.1万円
52歳 71.9万円 145.0万円 1,007.9万円
53歳 71.7万円 144.6万円 1,005.0万円
54歳 71.5万円 144.2万円 1,002.1万円
55歳 71.3万円 143.8万円 999.2万円
56歳 71.1万円 143.4万円 996.3万円
57歳 70.9万円 143.0万円 993.4万円
58歳 68.1万円 137.4万円 954.5万円
59歳 65.3万円 131.8万円 915.6万円
60歳 62.5万円 126.2万円 876.7万円
61歳 59.8万円 120.6万円 837.8万円
62歳 57.0万円 115.0万円 798.9万円
63歳 45.6万円 92.0万円 639.1万円
64歳 34.2万円 69.0万円 479.3万円

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

インテージの役職者の年収

役職者の年収について

役職 平均年収
部長 1,687.5万円
課長 1,319.9万円
係長 1,005.1万円
20~24歳の一般社員 566.9万円

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

インテージの大卒・大学院卒初任給について

学歴 初任給
大卒 21.91万円
修士了 22.41万円

※リクナビ2018より参照しています。

平均的な大卒・大学院卒の初任給はそれぞれ約20万円、22万円ですので、インテージの大卒初任給は平均よりも2万円弱高く、修士了はほぼ同等の初任給となっています。上記の初任給の他、別途残業手当等の諸手当がつきます。

サービス・ソフトウェア業界における年収の傾向と生涯賃金

ITサービス・ソフトウェア業界とは

ITサービス業界にはソフトウェア系、ハードウェア系、そして情報処理系の業務をおこなう企業があります。

ITサービス業界の動きとして「IoTの拡大」「ビッグデータの活用」「クラウド化の進行」が挙げられ、業界としては成長している一方で、成長に人員が追いつかず、「エンジニア不足」という問題も発生しているようです。

ITサービス・ソフトウェア業界の平均年収推移と生涯賃金

年齢 インテージ
ITサービス・ソフトウェア業界
20~24歳 566.9万円 407.2万円
25~29歳 742.3万円 548.2万円
30~34歳 841.8万円 622.3万円
35~39歳 936.1万円 693.1万円
40~44歳 992.1万円 728.1万円
45~49歳 1,003.8万円 724.9万円
50~54歳 1,007.9万円 724.2万円
55~59歳 993.4万円 694.3万円
60~64歳 798.9万円 536.7万円
生涯賃金 3.94億円 2.84億円

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

上記は、インテージとITサービス・ソフトウェア業界の平均年収推移および、生涯賃金を表したものになります。あくまで予測の数値となりますが、ほとんどの年代で150万円以上インテージが業界の平均を上回る結果となりました。

特に50代後半での差が最も大きく、およそ300万ほどの差をつけ、インテージが高い収入を得ることがわかります。生涯賃金で見ても、1億円以上の差がついています。

まとめ

マーケティングリサーチにおける売上高が国内第1位、世界でも第9位に位置するインテージ。主な事業であるマーケティング支援の他、関連事業も幅広く展開しています。成長に勢いもあり、誇らしい実績を持っている企業です。

このコラムを読んだ人に人気の就活対策ツール3選!

監修者プロフィール

Omameのプロフィール画像
吉川 智也 (よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。