企業研究

東海東京証券の平均年収と生涯賃金|年齢別・役職別の年収・月給・ボーナス推移と業界比較

東海東京証券における最近の平均年収推移

東海東京証券は、東海東京フィナンシャル・ホールディングス株式会社の中核となる子会社です。グループ会社には大手地銀の横浜銀行や、西日本シティ銀行との提携証券があります。直近の平均年収は下落傾向にあります。

東海東京証券とは

正式名称:東海東京証券株式会社
所在地:愛知県名古屋市中村区名駅四丁目7番1号
従業員数:2,483人
平均年齢:39.7歳
平均勤続年数:1.7年
//www.tokaitokyo-fh.jp/
※有価証券報告書を参照

平均年齢・平均勤続年数は、東海東京フィナンシャルホールディングスのデータを参照しています。東海東京証券は、東海東京フィナンシャル・ホールディングス株式会社の中核となる子会社です。大手地銀との提携証券による事業拡大をしています。各国に海外拠点があり、調査センターや研修を専門とする子会社があります。

近年の平均年収推移

東海東京証券の近年の平均年収の推移を調べてみました。

年度 平均年収
平成28年 666.0万円
平成27年 787.0万円
平成26年 790.0万円
平成25年 983.0万円
平成24年 1,029.0万円

※有価証券報告書を参照しています。

平均年収は、東海東京フィナンシャルホールディングスのデータを参照しています。東海東京証券の平成28年度の平均年収は、666万円です。直近5年の平均年収は下落傾向にあります。業績による下落よりも、平均年齢の若年化の影響がある可能性があります。

自分は証券会社に向いているタイプか、適性を診断してみよう

自分の適性や性格が、証券会社の仕事に向いているのかどうか、気になりませんか?

そんな時は、自己分析ツール「My analytics」を活用して、自分と志望業界との相性を診断してみましょう。

My analyticsなら、36の質問に答えるだけで、自分の強み・弱み→それに基づく適職を診断できます。

My analyticsで、あなたの強み・弱みを理解し、自分が証券会社の仕事に向いているタイプか、診断してみましょう。

東海東京証券における年齢別平均年収

各年齢ごとの平均年収の推移はどのようになっているのでしょうか。年齢階層別の平均年収と、1歳ごとの平均年収をそれぞれ算出しました。

平均年収の年齢階層別の推移シミュレーション

各年齢の年収推移を5歳刻みで推定し、月給・ボーナス・年収についてそれぞれ推定値を算出しました。

年齢 年収 月給 ボーナス
20~24歳 373.3万円 22.1万円 108.5万円
25~29歳 522.5万円 30.9万円 151.9万円
30~34歳 624.4万円 36.9万円 181.5万円
35~39歳 701.8万円 41.5万円 204.0万円
40~44歳 750.0万円 44.3万円 218.1万円
45~49歳 834.3万円 49.3万円 242.6万円
50~54歳 850.5万円 50.3万円 247.3万円
55~59歳 791.0万円 46.8万円 230.0万円
60~64歳 544.0万円 32.2万円 158.2万円

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

平均年収の1歳ごとの推移シミュレーション

東海東京証券の1歳ごとの平均年収の推移をシミュレーションしました。

年齢 月給 ボーナス 平均年収
22歳 22.1万円 108.5万円 373.3万円
23歳 23.8万円 117.2万円 403.1万円
24歳 25.6万円 125.9万円 433.0万円
25歳 27.4万円 134.6万円 462.8万円
26歳 29.1万円 143.2万円 492.6万円
27歳 30.9万円 151.9万円 522.5万円
28歳 32.1万円 157.8万円 542.9万円
29歳 33.3万円 163.8万円 563.2万円
30歳 34.5万円 169.7万円 583.6万円
31歳 35.7万円 175.6万円 604.0万円
32歳 36.9万円 181.5万円 624.4万円
33歳 37.8万円 186.0万円 639.8万円
34歳 38.7万円 190.5万円 655.3万円
35歳 39.6万円 195.0万円 670.8万円
36歳 40.6万円 199.5万円 686.3万円
37歳 41.5万円 204.0万円 701.8万円
38歳 42.0万円 206.8万円 711.4万円
39歳 42.6万円 209.6万円 721.1万円
40歳 43.2万円 212.4万円 730.7万円
41歳 43.8万円 215.2万円 740.4万円
42歳 44.3万円 218.1万円 750.0万円
43歳 45.3万円 223.0万円 766.9万円
44歳 46.3万円 227.9万円 783.7万円
45歳 47.3万円 232.8万円 800.6万円
46歳 48.3万円 237.7万円 817.4万円
47歳 49.3万円 242.6万円 834.3万円
48歳 49.5万円 243.5万円 837.5万円
49歳 49.7万円 244.4万円 840.8万円
50歳 49.9万円 245.4万円 844.0万円
51歳 50.1万円 246.3万円 847.3万円
52歳 50.3万円 247.3万円 850.5万円
53歳 49.6万円 243.8万円 838.6万円
54歳 48.9万円 240.4万円 826.7万円
55歳 48.2万円 236.9万円 814.8万円
56歳 47.5万円 233.4万円 802.9万円
57歳 46.8万円 230.0万円 791.0万円
58歳 43.8万円 215.6万円 741.6万円
59歳 40.9万円 201.2万円 692.2万円
60歳 38.0万円 186.9万円 642.8万円
61歳 35.1万円 172.5万円 593.4万円
62歳 32.2万円 158.2万円 544.0万円
63歳 25.7万円 126.5万円 435.2万円
64歳 19.3万円 94.9万円 326.4万円

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

東海東京証券の役職者の年収

役職者の年収について

役職 平均年収
部長 1,111.2万円
課長 869.1万円
係長 661.8万円
20~24歳の一般社員 373.3万円

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

東海東京証券の大卒・大学院卒初任給について

学歴 初任給
大卒 22.1万円
修士了 22.5万円
博士了 22.5万円

※リクナビ2018より参照しています。

東海東京証券の大卒の初任給は、221,000円です。総合職とエリア総合職の募集があります。ともに職種は営業系となり、営業手当が月額15,000円上乗せされます。

証券業界における年収の傾向と生涯賃金

証券業界とは

証券会社は、株式売買の手数料や投資信託の購入手数料を収益の柱としていましたが、預かり資産から管理手数料等をもらうビジネスへの転換が迫られています。保険商品や不動産関連、相続対策など手広く対面営業の強化に力を入れています。東海東京フィナンシャル・ホールディングス株式会社は、地銀との提携証券により預かり資産拡大、新規顧客の開拓をしています。

証券業界の平均年収推移と生涯賃金

年齢 東海東京証券 証券業界
20~24歳 373.3万円 413.4万円
25~29歳 522.5万円 545.1万円
30~34歳 624.4万円 671.1万円
35~39歳 701.8万円 761.8万円
40~44歳 750.0万円 814.0万円
45~49歳 834.3万円 920.0万円
50~54歳 850.5万円 924.3万円
55~59歳 791.0万円 836.3万円
60~64歳 544.0万円 612.0万円
生涯賃金 3.0億円 3.25億円

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

証券業界の生涯賃金は3.25億円となっており、東海東京フィナンシャル・ホールディングスは3.0億円とほぼ同水準です。35歳~39歳に701.8万円となり、700万円台に達すると予測できます。

まとめ

東海東京フィナンシャル・ホールディングスの新卒採用は東海東京証券の出向扱いになります。異動希望を出すことができるので、グループ会社で様々な職種を経験することが出来ます。地銀との提携や富裕層向けコンサルティング等に力を入れて事業を拡大しています。

※最後に、本記事につきましては、公開されている情報を活用し、当社が独自の基準によってシミュレーションした結果を開示しているものとなります。読者の皆様に企業選択の一助になればという趣旨で情報を作成しておりますため、なるべく実態に近い状態のシミュレーションとなる様に最善を尽くしているものの、実際の報酬額とは異なります。 あくまでも参考情報の一つとしてご活用くださいませ。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ