企業研究

KDDIの平均年収と生涯賃金|年齢別・役職別の年収・月給・ボーナス推移と業界比較

KDDIにおける最近の平均年収推移

携帯電話の通信サービス「au」で有名なKDDIは、私たちの生活に馴染み深い企業のひとつです。移動通信事業やプロバイダ事業、固定通信事業、さらにコンテンツ事業など、幅広い分野でビジネスを展開しています。そんなKDDIの平均年収について見ていきましょう。

KDDIとは

正式名称:KDDI株式会社
所在地:東京都千代田区飯田橋三丁目10番10号
従業員数:10,916人
平均年齢:42.2歳
平均勤続年数:17.4年
//www.kddi.com/
※有価証券報告書を参照

KDDIは言わずと知れた携帯電話サービス市場におけるリーディングカンパニーのひとつで、圧倒的な知名度を持ちます。従業員は10,916人となっており、その規模は巨大です。平均年齢・平均勤続年数はどちらも上場企業の平均値(40.44歳・14.7年)をわずかに上回っています。

近年の平均年収推移

KDDIの近年の平均年収の推移を調べてみました。

年度 平均年収
平成28年 953.0万円
平成27年 951.0万円
平成26年 976.0万円
平成25年 940.0万円
平成24年 907.0万円

※有価証券報告書を参照しています。

KDDIの平均年収は、平成24年から翌年にかけて約30万円ほど大きく増加し、その後4年間は小幅の増減を繰り返しています。ここ5年間では平成26年度の976万円が一番高い金額となります。

KDDIにおける年齢別平均年収

各年齢ごとの平均年収の推移はどのようになっているのでしょうか。年齢階層別の平均年収と、1歳ごとの平均年収をそれぞれ算出しました。

平均年収の年齢階層別の推移シミュレーション

各年齢の年収推移を5歳刻みで推定し、月給・ボーナス・年収についてそれぞれ推定値を算出しました。

年齢 年収 月給 ボーナス
20~24歳 483.1万円 30.3万円 119.1万円
25~29歳 741.5万円 46.6万円 182.8万円
30~34歳 871.5万円 54.7万円 214.9万円
35~39歳 987.7万円 62.0万円 243.5万円
40~44歳 1,057.5万円 66.4万円 260.7万円
45~49歳 1,173.2万円 73.7万円 289.2万円
50~54歳 1,262.6万円 79.3万円 311.3万円
55~59歳 1,220.9万円 76.7万円 301.0万円
60~64歳 780.8万円 49.0万円 192.5万円

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

平均年収の1歳ごとの推移シミュレーション

KDDIの1歳ごとの平均年収の推移をシミュレーションしました。

年齢 月給 ボーナス 平均年収
22歳 30.3万円 119.1万円 483.1万円
23歳 33.6万円 131.8万円 534.8万円
24歳 36.8万円 144.6万円 586.5万円
25歳 40.1万円 157.3万円 638.2万円
26歳 43.3万円 170.1万円 689.8万円
27歳 46.6万円 182.8万円 741.5万円
28歳 48.2万円 189.2万円 767.5万円
29歳 49.8万円 195.6万円 793.5万円
30歳 51.5万円 202.0万円 819.5万円
31歳 53.1万円 208.5万円 845.5万円
32歳 54.7万円 214.9万円 871.5万円
33歳 56.2万円 220.6万円 894.8万円
34歳 57.6万円 226.3万円 918.0万円
35歳 59.1万円 232.1万円 941.3万円
36歳 60.6万円 237.8万円 964.5万円
37歳 62.0万円 243.5万円 987.7万円
38歳 62.9万円 247.0万円 1,001.7万円
39歳 63.8万円 250.4万円 1,015.7万円
40歳 64.6万円 253.8万円 1,029.6万円
41歳 65.5万円 257.3万円 1,043.6万円
42歳 66.4万円 260.7万円 1,057.5万円
43歳 67.9万円 266.4万円 1,080.7万円
44歳 69.3万円 272.1万円 1,103.8万円
45歳 70.8万円 277.8万円 1,126.9万円
46歳 72.2万円 283.5万円 1,150.0万円
47歳 73.7万円 289.2万円 1,173.2万円
48歳 74.8万円 293.6万円 1,191.0万円
49歳 75.9万円 298.1万円 1,208.9万円
50歳 77.0万円 302.5万円 1,226.8万円
51歳 78.2万円 306.9万円 1,244.7万円
52歳 79.3万円 311.3万円 1,262.6万円
53歳 78.8万円 309.2万円 1,254.3万円
54歳 78.2万円 307.2万円 1,245.9万円
55歳 77.7万円 305.1万円 1,237.6万円
56歳 77.2万円 303.1万円 1,229.2万円
57歳 76.7万円 301.0万円 1,220.9万円
58歳 71.1万円 279.3万円 1,132.9万円
59歳 65.6万円 257.6万円 1,044.9万円
60歳 60.1万円 235.9万円 956.9万円
61歳 54.6万円 214.2万円 868.9万円
62歳 49.0万円 192.5万円 780.8万円
63歳 39.2万円 154.0万円 624.7万円
64歳 29.4万円 115.5万円 468.5万円

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

志望業界を選ぶ前に、自己分析をしよう

自分に合った業界を探すには、自己分析をして、あなた自身の適性を把握しておく必要があります。でも、そんな時間がとれない人も多いはず。

そこで、自己分析ツールの「My analytics」を活用してみましょう。

My analyticsを使えば、36の質問に答えるだけで、あなたの強み・弱み→それに基づくあなたに適した業界を診断できます。

My analyticsでサクッと自己分析をして適性を把握し、業界研究を効率的に進めましょう。

KDDIの役職者の年収

役職者の年収について

役職 平均年収
部長 1,438.2万円
課長 1,124.9万円
係長 856.6万円
20~24歳の一般社員 483.1万円

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

KDDIの大卒・大学院卒初任給について

学歴 初任給
大卒 22.05万円
修士了 24.05万円
博士了 28.79万円

※リクナビ2018より参照しています。

平成28年賃金構造基本統計調査(初任給)によると、大卒の平均初任給は約20万円、大学院卒の平均初任給は約23万円です。したがって、KDDIの初任給は平均より高い水準にあると言えます。

通信業界における年収の傾向と生涯賃金

通信業界とは

通信業界を大きく分けると、通信キャリアとテレビ・ラジオ分野の2つがあります。KDDIが属する通信キャリアの主な役割は、携帯電話やコンピューターなどのネット通信を安定的に提供することです。そのため、インフラ整備や通信システムの維持なども重要な仕事となります。

通信業界の平均年収推移と生涯賃金

年齢 KDDI 通信業界
20~24歳 483.1万円 502.1万円
25~29歳 741.5万円 653.0万円
30~34歳 871.5万円 757.5万円
35~39歳 987.7万円 899.3万円
40~44歳 1,057.5万円 993.2万円
45~49歳 1,173.2万円 1,085.9万円
50~54歳 1,262.6万円 1,189.4万円
55~59歳 1,220.9万円 1,225.4万円
60~64歳 780.8万円 839.1万円
生涯賃金 4.29億円 4.07億円

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

20~24歳・55~59歳・60~64歳においては、業界平均がKDDIの平均年収を上回る予測となっています。しかしそれ以外の年代ではKDDIのほうが高くなり、生涯賃金でもKDDIが2,200万円ほど業界平均を上回ると見られます。

年収以外の魅力

高い年収以外にもさまざまな魅力を持っているのがKDDIです。まずは、女性社員の活躍を推進しているところです。ダイバーシティ推進は社外からも高い評価を受けており、女性の意思決定を無視することはありません。

また、仕事と育児がしっかりと両立できる制度を整備し、社員が無理なく働ける環境です。KDDIだから実現できる人財育成制度や福利厚生も魅力のひとつと言えるでしょう。働きやすい場所の提供を怠ることはありません。

ダイバーシティを基本としている

KDDIでは、「女性ライン長登用プログラム」という制度を設け、女性リーダーを育てています。「経営の意思決定はすべて男性」という考えを持つことはなく、女性の意見を積極的に取り入れていますので、ダイバーシティ経営を実現している企業と言えるでしょう。

経済産業省・東京証券取引所による「なでしこ銘柄」、経済産業省主催の「新・ダイバーシティ経営企業100選」、総務省による「テレワーク先駆者百選」にも選ばれておりますので、実績は確かなものです。もちろん女性だけではなく、障がいのある社員や外国人社員に対しても手厚いサポートをしています。ダイバーシティ推進の多彩なアプローチはKDDIの大きな魅力といっても過言ではありません。

育児・介護サポート

育児で休んでいる社員に対して、専用サイトで社内の人間と連絡することやeラーニングなど、いつでも業務に戻れるような仕組みを設けています。テレワーク勤務制度や変形労働時間制などもありますので、子育てと仕事を両立することも可能でしょう。こうしたシステムがあるからこそ、育児で休んでいた社員のほとんどが復職します。

もちろん再雇用制度もありますので、退職後も安心です。女性だけではなく、男性に対しての育児サポート制度があるのも魅力のひとつでしょう。子育てや介護に関する休暇以外にも、フリーバケーション制度などがあり、長期的に休むことが可能です。KDDIでは、ワークライフバランスを実現できますので、腰を据えて働くことができます。

通信業界の動向

「通信キャリア」と呼ばれる業界には、KDDIの他にNTTドコモ、ソフトバンクがあります。どの企業も知名度抜群ですが、近年では、スマートフォン所有が落ち着いた状況になり、他の企業から「格安スマホ」がリリースされ、注目を集めることになりました。一見、安定した業界に感じられますが、新しい顧客を囲い込むことが難しい状況でもあります。

携帯電話だけではなく、固定電話の場合は利用者も減り、解約する人が増えている状況と言えるでしょう。とはいえ、新しいテクノロジーとともに成長していく業界ではありますので、衰退していくとは言えません。人材的にも優秀な人が参入し、さまざまなサービスを提供することになりますので、注目すべき業界のひとつです。

まとめ

KDDIの平均年収は安定した推移を見せており、その額は業界内でも高い水準にあります。抜群の知名度もありますから、就活生にとっては魅力的な企業のひとつだと言えるでしょう。

※最後に、本記事につきましては、公開されている情報を活用し、当社が独自の基準によってシミュレーションした結果を開示しているものとなります。読者の皆様に企業選択の一助になればという趣旨で情報を作成しておりますため、なるべく実態に近い状態のシミュレーションとなる様に最善を尽くしているものの、実際の報酬額とは異なります。 あくまでも参考情報の一つとしてご活用くださいませ。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ