面接対策

【面接フィードバックとは】就活生が知っておきたい意味とアドバイスを受けるときのポイント

面接フィードバックの意味とは

面接本番の際に面接官から面接のフィードバックをされる場合があるのをご存知でしょうか。会社の中には、面接の退出の前のタイミングで、具体的に面接で感じたことを伝えてくれるところがあります。

このような面接フィードバックにはどのような意味が込められているのでしょうか。今回は面接フィードバックの意味、そしてフィードバックを受けた時にどのような心構えで受け答えをすれば良いのかを詳しく解説していきます。

「面接フィードバックがある」ということをイメージしているだけで、いざそのような場面に遭遇したときにも冷静に対処できるはずです。面接では何があるかわかりません。可能な限り準備をして、心に余裕を持って面接本番に臨みましょう。

あなたの面接力は何点?

面接において、服装などの身だしなみは第一印象に大きな影響を与えます。また、自己分析や業界・企業理解がどの程度できているかも、高評価を受けるために大切な要素です。今の時点で、あなたの面接力はどのくらいでしょうか?

それを知るために活用したいのが「面接力診断」です。質問に答えることで、どのスキルが足りていないのかが一目でわかります。結果を参考にすることで、時間のない就活生も効率的に対策を進められます。無料でダウンロードして、効率的に面接対策を進めましょう。

面接後にフィードバックをおこなう企業がある

冒頭でも述べた通り、会社によっては面接後にフィードバックを行う企業があります。その意図はなんでしょうか。会社も貴重な時間を割いてフィードバックに時間を当てているわけですから、必ず意図があります。

「会社はなんでフィードバックをするの?」「フィードバックの内容で合否はわかるの?」様々な疑問があると思いますが、まずは会社がどのような想いでフィードバックしているのか、紐解いていきましょう。そうすれば、どのような対応をすれば良いのかが見えてくるはずです。

長所をほめられた時のあなたの反応を見ている

一言にフィードバックといっても、様々です。良い点を言われたり、悪い点を指摘されたりします。まずは長所の褒められた際の会社の意図を解説していきます。フィードバックがある企業の多くは大企業である場合が多いです。なぜかというと、次の面接で面接官が異なる可能性が高いのです。魅力的な就職活動生がいた場合、その子に力を発揮してほしいという気持ちがあります。

褒められた際は、純粋に「ありがとうございます」と返しましょう。せっかく褒めていただいているのですから、わざわざ自分自身を卑下する必要はありません。しかし、謙虚な態度は忘れないようにしましょう。

マイナス面を指摘された時のあなたの反応を見ている

マイナス面を指摘された際も同様です。マイナス面を指摘された際は指摘された点を真摯に受け止めましょう。決して言い訳をしてはいけません。フィードバックであなたの意見を求めているわけではありません。

あなたがどのようにそれを受け止めるのかを見ているのです。こちらも先ほどと同様、「ありがとうございます。」と、指摘していただいたことにお礼を述べましょう。誠実に話を聞くあなたを見て、面接官が不快に思うことはないはずです。マイナスの点を言われたからといって、落ち込んだ素振りを見せたり、気が動転してしまわないように気をつけましょう。

悪いフィードバックを受けたからといって、「面接に通過できませんでしたよ」、という宣告ではありませんからね。

面接フィードバックの有無で合否がわかる?

みなさんが一番気になるところだと思われるのが、「面接フィードバックで言われたことによって結果がわかってしまうのか」とういことではないでしょうか。

答えはNoです。面接官はプロですから、そんなヤワな誤ちはしません。面接の結果に目を向けるのではなく、その過程を大事にしましょう。フィードバックをする目的は「内定をもらってほしい」ものなのか、「会社にとっていい印象を与えて終わりたい」のかによって変わってきます。例えばメーカーにとって、就職活動生はいち顧客でもあるからです。

その点、悪いフィードバックをもらっている方が面接通過の可能性が高いと言えるかもしれません。会社にとって悪い印象を与えたくないという心境がある中で、あえて指摘するのですからね。

面接後の逆質問でフィードバックは要求しない!

会社からのフィードバックは大変ありがたいものですが、決して自分からフィードバックを要求しないでくださいね。なぜなら、「御社は練習です!本番に向けて、なんらかのアドバイスをお願いします!」と言わんばかりになってしまう可能性があるからです。

あなたにとってそのように思っていなかったとしても、相手にそのような誤解をされる可能性があるならば、そのようなやりとりを控えていた方が賢明です。面接は本番です。フィードバックを求めるということは、次があることが前提になっているのです。

厳しい表現かもしれませんが、フィードバックを求めていることは一種の甘えと思われる可能性もあります。

面接のフィードバックは練習の時にもらおう

では、面接のフィードバックはいつもらえばいいのでしょうか。答えは簡単、練習の時にもらいましょう。ここからは練習の際に気をつければ練習の効果が変わるいくつかの注意点を解説していきます。

本番さながらの練習を繰り返すことで、当たり前のように所作が身につくまで練習をしましょう。そうすれば、見せ方に気を取られずに、中身で勝負できるようになりますよ。練習する相手は友人が一番気軽にできるので、まずは、気の許せる友人同士から始めるのがやりやすいです。

また、あなたのことをあまり知らない目上の方に協力してもらえたら、これ以上頼りになるものはありません。やはり、目がいく点がしっかりしている人に見てもらうのとそうではない人では、練習の効果が多く変わってきます。

フィードバックを受けるときのポイント①話し方

話し方のポイントとしては、目線・スピード・会話の間・声の大きさ、があなたの印象に大きな影響を与えます。まず、目線は質問を聞く時も答える時も、面接官の目を見るようにしましょう。面接は基本的には対話です。相手の気持ちを汲み取ろうとする気持ち、相手に伝えようとする気持ちは目に現れます。不安な気持ちもあるとは思いますが、堂々としていましょう。

また、スピード・会話の間も重要です。緊張するとどうしても早口になってしまったりするものです。また、間も短くなりがちです。質問を受けたら、一度深呼吸するくらいの気持ちで臨みましょう。質問されて間髪入れずに答えていると、まるで答えを用意しているような印象を与えます。一息ついて、回答するように心がけましょう。

最後に声の大きさです。聞き取りやすい大きさの声を心がけましょう。声が小さいと聞こえにくいですし、自信がないような印象を与えます。聞き取りやすい声の大きさだったか確認しましょう。

フィードバックを受けるときのポイント②姿勢

面接を受ける時の姿勢もあなたを表します。椅子に座っての面接になると思いますが、基本的に背もたれを使うことはありません。椅子には浅く座り、背筋を伸ばす姿勢になりましょう。それだけで印象は大きく変わります。

また、質問を聞く時には、相槌を打つなどして、話を一つ一つ聞いているということを伝えるようにしましょう。大げさに相槌を打つ人もいますが、それも考えものです。相槌の印象を確認するのも大切です。

さらに、入退場の練習も一緒にすることをお勧めします。入退室の際の歩く姿勢、座る時の所作は案外見落としがちですが、面接は入室してから退室するまでの全てが見られています。何か違和感がないか、確認してもらいましょう。

フィードバックを受けるときのポイント③回答の内容

最後に、回答の内容です。回答の内容でどの回答にも当てはまる重要なポイントは、回答の構成です。質問に的確に答えているか、すなわち結論が一番初めに来ているかを確認してもらいましょう。

どんな質問に対しても回答は基本的に一言で完結します。その結論に対して、詳細を肉付けしていくのです。詳細のバランスを調整することで、回答の時間を調節していきます。回答の基本は1分以内です。練習で面接官を担当するとわかると思いますが、1分間一方的に喋られるのはかなり長く時間が感じるものです。

結論を最初に伝えて入れば、詳細は不完全でもいいのです。不完全な要素を面接官が再度質問していきます。そのようにして対話が成立し、一つの質問に対して深く掘り下げてもらうことができるのです。

面接のフィードバックについて知っておこう!

面接のフィードバックについて解説していきました。実際の面接中にあるフィードバックには「次の内定に進んでもらいたい」という気持ちと「就職活動生にとっていい印象で面接を終わらせたい」の大きく二つの目的があります。

したがって、フィードバックがあることそのものによって合否を判断することはできません。せっかくいただいたフィードバックなので、フィードバックされたことそのものに目を向けるのではなく、フィードバックの内容に耳を傾け、次の面接に活かすようにしましょう。

そうすれば、面接の合否に関係なく、必ず次の面接では良いよい結果を生み出すことができるのです。本番のために練習でたくさんフィードバックをしてもらい、一発勝負の面接で自分の力を発揮できるよう頑張ってください。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也
(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ