身だしなみ

面接に適したメイクとは?|好印象を与えるメイク術をご紹介

メイクは印象を左右する重要なビジネスマナー!

女性の就活での悩みの一つでもある「メイク」は、実は相手の印象を左右する重要なポイントです。化粧は社会での身だしなみとして常識とされてきています。化粧のうまい下手だけが重要ではありません。メイクの色、濃さなど派手すぎないナチュラルメイクがビジネスマナーとなっています。

もちろんメイクがうまいに越したことはありませんが、学生時代メイクをしていない人もいるでしょう。社会に出たら毎日メイクをすることになるので初心者や苦手な人はこれから練習していけばいいのです。そんな初心者や苦手な人でもできる簡単なナチュラルメイクやメイクとしての常識を確認していきましょう。

すっぴんがNGな理由

なぜすっぴんがNGなのでしょうか。相手が不快な思いをしなければすっぴんでも良いという人はもちろんいます。しかし最低限のメイクをすることは社会人として常識ではないかと考えている人ももちろんいるのです。

メイクは面接時にスーツを着るのと同じで身だしなみの一つともいえます。メイク一つするかしないかで印象は変わります。そのためメイクをすることは相手に不快な思いをさせない、相手に配慮するビジネスマナーなのです。化粧が苦手、または嫌いな人はとりあえずベースメイクと眉だけでもメイクしてみましょう。また口紅が苦手な人はリップを使ってビジネスマナーとして最低限のメイクをするようにしましょう。

ナチュラルメイクが好まれる理由

なぜナチュラルメイクが好まれるのでしょうか。自分に似合うメイクではなぜダメなのか不思議に思う人もいるのではないでしょうか。面接官がナチュラルメイクを好む理由は清潔感や知性があるよう見えるからなのです。

面接はいかに自分を可愛く、美しく見せるかという場所ではありません。企業側としてはより良い人材を求めて面接を行っています。外見・内面の両方を見て仕事を真面目に出来る人か、そして人柄も同時に見ています。メイクは就活中や仕事では基本的にナチュラルメイクを心掛け、仕事とプライベートを使い分けるように気をつけましょう。

ナチュラルメイクを学ぶ【ベースメイク編】

ベースメイクは清潔感のある自然な肌を作ります。面接官は肌から健康状態も確認します。そのため顔色が悪かったりクマがひどいと印象が悪くなってしまうでしょう。

ベースメイクの基本はスキンケア→化粧下地→ファンデーション→フェイスパウダーの順に行います。日焼け止めは下地の前に塗りましょう。クマやシミがひどい人はコンシーラーを使うのがおすすめです。コンシーラーやフェイスパウダーを使うとき、パウダーファンデの場合は先に、リキッドファンデの場合は後に使いましょう。ベースメイクは全体的に薄く塗ることで化粧崩れ防止になります。

ベースメイクは肌の色に合わせて決める

ベースメイクで使用するファンデーションやコンシーラーは自分の肌の色に合わせて使うようにしましょう。色が合っていなければ浮いてみえてしまうため、色選びは大切です。ファンデーションを選ぶときは自分の肌で一番明るい所に合わせます。首元やデコルテなどの色合いに合わせましょう。試すときは手の甲よりあご先のライン辺りに使ってみてくすまないか確認してみてください。

コンシーラーは使う箇所や状態によって使い分けする必要があります。例えばシミやクマを隠したい場合はライトベージュが使いやすいです。あまりにも黒く酷いクマの場合は少し明るくパール系などもおすすめです。ニキビや小鼻や頬の赤みを消したい時はイエローベージュとダークベージュを混ぜて使うことがおすすめです。2つ買うのは微妙という人はグリーン系、または自分の使っているファンデーションより少し暗めの色のコンシーラーを選びましょう。

スキンケアは日ごろから徹底する

学生時代など若いころは化粧も使わないためしっかりとしたスキンケアをしていた人は少ないのではないでしょうか。化粧を使ったり年を取るにつれて肌は荒れてきます。化粧のノリや持ちをよくし、肌をキレイにみせるためにはスキンケアが重要なのです。肌が荒れてからケアしていては手遅れです。日ごろから徹底してケアするよう注意しましょう。

スキンケアの方法としては、朝は洗顔→化粧水→乳液→日焼け止めをしましょう。肌の状態によっては美容液を使ってもいいでしょう。夜はクレンジング→洗顔→化粧水→乳液の順でお手入れしましょう。乳液は肌の状態で油分を調整してみてください。乾燥肌の人や乾燥しやすい冬場は油分が多い方が保湿効果があるためおすすめです。

女子就活生必見の企業の選び方

就職先の選び方に悩んでいる女子就活生も多いのではないでしょうか。結婚・妊娠などのライフイベントやキャリアアップを考えると、特に慎重になりますよね。そこで活用したいのが女子学生必見の働きやすい会社の選び方マニュアルです。

女性が働きやすい企業の選び方や、先輩社会人が教える「こんな会社はやめておいた方がいい」という特集も収録しています。無料でダウンロードでき、企業研究をする際に注目したいポイントを多くご紹介しているので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

ナチュラルメイクを学ぶ【ポイントメイク編】

ベースメイクが完成したら次はポイントメイクです。化粧の色や方法でナチュラルメイクからだいぶ離れたメイクになってしまいます。ポイントメイクはアイメイク、チーク、リップ、眉のメイクのことを言います。

メイクをしたことがない人はまずリップと眉だけでも覚えておくと便利でしょう。特に眉は形、色を少し整えるだけで印象が変わります。リップは色合いを押さえれば誰でも簡単に使うことができます。それではポイントメイクの方法などをそれぞれご紹介していきます。

アイメイク

アイメイクはビューラー→アイライン→アイシャドウ→マスカラの順にメイクします。まずアイラインですがやりすぎは禁物です。目じりを跳ね上げたり目全体をアイラインで囲んでしまわないよう注意しましょう。慣れていない人はペンシルタイプを使うと引きやすいでしょう。色は黒かブラウンがおすすめです。

アイシャドウは就活では肌に馴染みやすいブラウン系がおすすめです。できるだけパールやラメ感のないものを使うようにしましょう。初めての人はパウダータイプが使いやすいでしょう。基本的にはアイホール用のライト、下1/3くらいに塗るミディアム、アイラインにのせるダークの3色があると自然な仕上がりになります。

最後にマスカラですが、つけすぎやダマにならないよう注意する必要があります。使い方としては自分が少し物足りないと思うまつげ中心に軽くマスカラをのせます。この時下まつげに使う場合は塗りすぎては目力が強すぎるためNGです。もちろんつけまつげもつけないようにしましょう。色は黒がおすすめです。

チーク&リップ

チークは就活メイクで一番失敗しやすいメイクのため慣れてない方には難しいです。ナチュラルメイクをする場合でチークは必須ではないので出来なくても気にしなくて構いません。もし顔の血色が悪い時は使うことでカバーすることができます。チークを使う場合はピンク系などをほんのりのせる方法がいいでしょう。

リップは口紅や色付きリップを使うのがおすすめです。口紅の場合はグロスなどでつやつやにしすぎないようにしましょう。色はローズピンク、ピンクベージュ、ベージュ系のオレンジなどがおすすめです。ベージュは微妙じゃないかと最初は思うかもしれませんが、唇の色によって自然な色に仕上がります。唇の色が赤みがかっていたり濃い人はベージュがしっくりしますし、色が薄い人は逆にローズピンクなどがおすすめです。一度お店で色々試して自分に合う色を見つけてみましょう。

眉メイク

眉メイクは形を整えるだけで相手の印象を大きく変えることの出来る大切な部位です。まずは眉を整えましょう。眉用のハサミ、カミソリ、毛抜きを使って形を整えます。眉上や眉間はカミソリで剃り、眉下は毛抜きで抜きます。眉をブラシでとかしたときはみ出た部分をハサミでカットしましょう。

形は自分の眉の太さや形をベースとして5mm以上の太さになるよう整えます。眉頭は目頭の延長線上、眉山は目尻の延長線上、眉尻は小鼻と目尻をつないだ延長線上が理想の自然な眉だと言われています。ペンシルで形を決めてから整えるとやりやすいです。書く時はペンシルやパウダーをうまく使い分けます。パウダーを使うとやわらかい印象になるため全体パウダーで形を整え、眉尻の足りない部分をペンシルで一本一本足していくように書くようにしましょう。

最低限のメイク道具は持ち歩こう

面接ではメイクも身だしなみのひとつとして見られていますし、メイクが崩れているとマイナスの印象を与えてしまいます。就活中は一日中動き回ることも多いですし、昼食の休憩を挟めばリップなどが落ちてしまうことも多々あります。朝はきちんとメイクをしていても、夕方頃になってメイクが崩れてしまい、その状態で選考の臨んでしまうと印象は悪いです。出がけにきちんとメイクをすることは大切ですが、出先でもメイク直しができるように最低限メイク道具は持ち歩くようにしましょう。

面接前にメイク直しをしよう

面接では就活に合ったナチュラルなメイクができているかはもちろん、メイクが崩れてしないかも評価されています。メイクが崩れた状態で面接に臨んでしまうと細部まで気を遣えていないとしてマイナスの印象を与えますので注意が必要です。出がけにメイクをしていても、面接時まで完璧に維持できているとは限りませんので、面接前はメイクが崩れていないかチェックしておく必要があります。

メイク崩れがなければ問題はありませんが、崩れている部分があればきちんとメイク直しをしてから面接に臨みましょう。就活中は荷物も多いので、メイク道具をたくさん持ち歩くことはできませんが、メイク直しはあくまで応急処置です。本当に必要なものだけに絞って持ち歩くようにしましょう。

メイク直しは人目につかない場所でしよう

面接前はメイクが崩れていないかチェックし、必要に応じてメイク直しをする必要がありますが、メイク直しは人前で堂々としていいものではありません。面接での待合室など人目につく場所ではなく、トイレなどでおこなうことが大切です。身だしなみを整えるのは大切なことですが、それを人前でしてしまうと印象は悪くなってしまいます。採用担当者にメイク直しを見られるとマイナスの印象を与えますし、こっそり直そうとして失敗してしまうことも多いです。

トイレなどであれば人目にもつきづらいですし、こそこそすることなくメイク直しをすることができます。面接前はメイクの最終チェックを必ずしておき、必要であればトレイなど採用担当者に見られない場所でメイク直しをおこないましょう。

清潔感のあるナチュラルメイクで好印象を与えよう

ここまで就活に最適のナチュラルメイクについて紹介してきましたが、ナチュラルメイクは就活だけではなく仕事が始まった後にも役に立ちます。これから社会に出て多くの人と知り合います。人と接する際に印象はとても大切です。

慣れていなければ、上手にメイクをすることは難しいでしょう。しかし、今のうちからナチュラルメイクを練習しておくと、朝の忙しい時間に慌てることなくスムーズにメイクできるようになります。印象の良いメイクをして就活や仕事ができれば、自分自身も前向きな気持ちになりやすいのではないでしょうか。ナチュラルメイクを身に着けて就活や仕事でより良い印象で挑みましょう。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也
(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ