インターン

【インターンに適切な髪型】好印象を与える髪型を男女別にご紹介

インターンにふさわしい髪型を知っておこう

インターン選考の時期が近付くと、採用されるためにふさわしい身だしなみについて悩むでしょう。また、いざ参加が決まっても、インターンで周りから浮かない身だしなみを知りたいと考える人もいます。

そもそも、インターンシップとは「就労体験」を指します。2日以上で開催されるものをインターンと呼び、実際にその企業で業務を体験できるのです。そのため、インターンに参加している間は、その企業で働く社員としてふさわしい振る舞いが求められます。

インターン生として採用されるためには、学生であっても「一緒に働きたい」と思ってもらうことが大切です。また、インターンへの参加が決まったとしても、当日の印象は後の選考に影響を及ぼす可能性があるといえるでしょう。

ここでは、インターンにふさわしい髪型を紹介します。ヘアスタイルやカラーなど、男性と女性それぞれの髪型についてご紹介していきます。インターンで、好印象につながる髪型を解説していきます。

【男女共通】インターンの髪型で気を付けるポイント

インターンシップの選考、またその後インターンとして参加する際に「どのような髪型で出社すれば良いのかよくわからない」という人はたくさんいます。髪型は男女で大きく異なりますが、就活の身だしなみの観点からいうと、共通するポイントもあります。

髪型は身だしなみの一部です。メラビアンの法則によると、第一印象の50%は視覚情報で決まります。視覚情報に含まれるのは、髪型、服装、表情です。つまり、好印象な髪型は、良い第一印象に大きく影響するでしょう。

それでは、インターンに参加する際の髪型の基本的なポイントを紹介します。男女で共通する身だしなみの基本を知って、好印象な髪型でインターンに臨みましょう。

清潔感が大事

清潔感は、好印象に直結します。清潔感のない髪型だと、だらしない印象を与えてしまうでしょう。また、身だしなみがだらしないと、「仕事でもだらしないのでは」と思われてしまうかもしれません。

きちんと髪の毛を普段から手入れしておくことが大切です。清潔感のある髪型にするには、ワックスやムースできれいにまとめましょう。顔周りに髪がかからず、動いても崩れにくい髪型だと、清潔感があります。

下記の場合は、「清潔感」がないと判断されてしまいますので気を付けましょう。清潔感を意識することができれば、採用担当者に好印象を与えることができます。

・整髪剤が肩にかかってしまい白くなっている
・髪の毛がはねている
・ふけがついていて不潔
・見てわかるほど髪の毛が傷んでいる
・髪色が生え際と毛先で全然違う

業界や企業に合った髪型を意識

インターンの期間中は、その企業の一員として業務を体験することができます。そのため、他の社員と同様なルールで、身だしなみを考えると良いでしょう。社員の身だしなみは、職種、業界、企業によって異なります。

普段着が認められている場合もあれば、オフィスカジュアルが推奨されてる企業もあります。また、金融などの堅い社風であれば、スーツの着用が求められているでしょう。

普段着やオフィスカジュアルが認められている企業であれば、少しラフな髪型でのインターン参加が認められている場合もあります。一方で、堅い社風の企業であれば、髪型のルールも厳しい場合があるので注意が必要です。

どのような身だしなみの社員が多いかどうかは、選考などで企業に行く機会があれば確認してください。また、Web開催などで企業に行く機会がない場合は、以前参加したことのある先輩に聞いたり、就活体験記のサイトから情報収集しましょう。

職場によって、身だしなみのルールはバラバラです。インターンでは「その企業の一員」としてその期間中は業務の体験ができます。社員の身だしなみを参考に、インターンの髪型を考えましょう。

堅い社風の傾向にある業界

  • 銀行
  • 証券
  • インフラ(電気、水道、ガス)
  • 公務員
  • 保険

身だしなみのルールがゆるい傾向にある業界

  • IT企業
  • アパレル
  • 広告代理店
  • インテリア
  • Web業界

髪色は「黒」が基本

ヘアカラーのトーン

インターンには、8トーン以下の暗めの髪色がおすすめです。明るすぎる髪色は、ビジネスシーンには不適切だといえます。そのため、明るすぎる髪色でインターンに臨めば、ビジネスマナーへの理解が甘い印象にもなりかねません。

企業の社風に合わせて、8トーン以下の色から選んでください。少しラフな社風であれば、7~8の暗めの茶髪と認識される髪色で参加しても悪い印象にはならないでしょう。しかし、堅めの社風であれば6以下の黒髪に見えやすい色が好ましいです。

特に、歴史が長い大企業であれば、7~8トーンの髪色は暗めであっても茶髪に見えるため、良い印象を持たない採用担当者もいるかもしれません。銀行など社風が堅い企業のインターンであれば、6トーン以下に染め直すことをおすすめします。

しかし、極端な黒染めは、見た目に違和感を与えるかもしれません。3のトーンだと、違和感のある黒色になる可能性もあります。黒染めする場合は、4~6のトーンの中からより地毛に近い色に染めれば、不自然にはならないでしょう。

前髪は眉毛にかからないように

男女ともに、眉毛に前髪がかからないほうが、明るい印象になるでしょう。髪の毛で顔に影を作ってしまうと、相手に暗い印象を与えてしまいます

女性は眉毛より短い前髪だと、幼い印象になります。前髪は眉毛より下の長さで、顔に影ができないようにセットすると良いでしょう。

男性は、額を見せるようにセットすると、明るい印象になります。ワックスなどで横に流すか、上にあげましょう。女性の場合は、斜め掛け、センター分け、オールバックの選択肢があります。ヘアピンやムースなどを使って、セットしましょう。

また、前髪は、お辞儀をしても崩れないこともポイントになります。お辞儀をしても崩れなければ、インターン中の業務の中で崩れやすい髪型ではないでしょう。

せっかく綺麗にセットできていても、すぐに崩れて前髪をセットし直すのは、あまりいい印象にはなりません。採用選考につながるインターンもあるので、印象を悪くしない心がけは必要です。

眉毛も整える

眉毛にかからないように前髪をセットしても、整えられていなければ「だらしない」印象になってしまいます。女性は眉毛もメイクをしますが、男性も身だしなみの一環として整えておいたほうが良いでしょう。

眉毛一つで与える印象は違います。細すぎる眉毛や短すぎる眉毛は威圧的な印象を与えてしまうので、気を付けましょう。眉は少し太めのほうが、凛とした印象になります。

眉毛は、眉ばさみや毛抜きを使って整えます。整え方がわからない場合は、眉尻の下の毛をカットするだけでもスッキリとした印象になるでしょう。自分の眉の形に沿って、少し整えるだけで、印象は違います。

メイクで眉毛を整える場合は、真っ黒ではなく少し茶色いペンで書きましょう。目の色と眉毛の色の中間色が、最も自然に見えます。平行眉が流行していますが、就活の場合は、眉山があるほうが、大人な印象になります。

【自己分析は診断ツールから】
"強み"を知らないと出遅れる

インターンの選考を突破するためには、自己分析で自分の強みや適性を理解しておく必要があります。しかし、自己分析の正しいやり方を知らない学生も多いでしょう。

そこでオススメしたいのが、無料の自己分析ツール「My analytics」です。 簡単な質問に答えるだけで、自分の強み・弱み、適性をすぐに診断できます。

活用して自分の強みや適性を把握し、インターンの選考を突破しましょう!

【男性編】インターンの髪型のポイント

身だしなみについては、男女で共通するポイントもあります。しかし、髪型は男女で大きく異なります。そのため、男性がインターンで好印象を得るためには、特有の髪型のポイントを押さえておく必要があるでしょう。

インターンは、採用選考につながるものもあります。もし選考と無関係のインターンでも、採用担当者に良い印象を残せれば、有利になる可能性もあります。

男性の好印象を与える髪型のポイントを知って、インターン前の準備を進めましょう。

男性はベリーショートかショート

  • 清潔感があること
  • 爽やかさを感じさせる
  • 簡単なスタイリング

男性の場合、短髪であるベリーショートやショートがおすすめです。短髪は、髪が顔にかかる心配もなく、清潔感のある髪型だといえます。一方で長髪は、学生ならではのフレッシュさに欠けるので、おすすめしません。

坊主も短髪の部類には入りますが、おすすめしません。坊主の人は少ないため、悪目立ちする可能性があるからです。ビジネスシーンでも、坊主で仕事をしている人は少ないといえるでしょう。

また、ツーブロックはNGではありませんが、マイナーな髪型ではあります。ツーブロックにする場合は、サイドは刈り上げないようにしましょう。威圧感がでてしまいます。

ビジネスマンに求められる髪型の要素としては上記の3要素です。企業や業界によって、身だしなみのルールは違いますが「清潔感」や「爽やかさ」は共通して、好印象につながるでしょう。

襟足・サイド・もみあげはすっきりさせる

  • 襟足:スーツの襟にかからない長さ
  • サイド:耳にかからない長さ
  • もみあげ:耳たぶより短くスッキリさせる

髪の毛の長さについて、パーツごとにポイントを説明します。短髪がおすすめだと伝えましたが、上記は特に気を付けて欲しいポイントなので、押さえておいてください。

男性が見落としがちなのが、襟足やサイドです。襟足が伸びていると清潔感のある印象から遠ざかります。スーツの襟にかからないように、切りそろえておく必要があります。

サイドに関しても、耳にかかると髪が長い印象を与えます。そのため、なるべく耳にかからない長さが適切です。

もみあげに関しても、長すぎると印象がよくありません。耳たぶよりも短ければ、スッキリした印象になるでしょう。

ワックスで整える

整髪、つまりスタイリングについては、ワックスでシンプルに整えるのがおすすめです。ワックスは、忙しくてなかなか髪を整える時間が持てないインターンにはピッタリの整髪料です。

注意点としては、匂いが強いものは周囲に不快感を与える可能性があるため、避けたほうが無難だといえます。また、ワックスはツヤが出にくい「マットタイプ」を選ぶことをおすすめします。ツヤが出すぎると、派手な印象になってしまいます。

ぬるま湯で軽く髪を濡らし、寝癖直しなどを行ったあと、ワックスで整えましょう。ワックスで整えれば、髪型も崩れにくくなります。ワックスは、スッキリとした仕上げ感があるため清潔感をだすことができるでしょう。

男性のNGヘアスタイル

男性のNGヘアスタイル

ここからは、男性のNGヘアスタイルを紹介します。

自分の髪型に当てはまる人は、インターンの前に髪型を変えたほうが良いでしょう。企業や業界によって、身だしなみの基準は違います。しかし、紹介する髪型は、ビジネスシーンに不向きな髪型であるため、避けたほうが無難だといえるでしょう。

インターンでNGな髪型を知って、悪い印象を残さないように準備してください。

過度なパーマ

パーマもおすすめではありません。大学生は、髪を染めたりパーマをかけたりして、おしゃれを楽しむ人も多いでしょう。しかし、パーマは髪型で遊んでいるイメージになります。

そのため、強めのパーマだと「不真面目」な印象になるかもしれません。パーマでインターンに参加したほうが良い理由はないので、可能であれば地毛に戻したほうが無難だといえます。

天然パーマの場合は、わざわざストレートにしなくても良いです。天然パーマの人と同じくらいのゆるめのパーマであれば、セットのときにきちんとまとめれば印象は悪くならないでしょう。

ロン毛

ロン毛は、清潔感とフレッシュさに欠けます。きれいにまとめれば良いという企業もありますが、ロン毛に対して良い印象を持たない採用担当者がいることも事実です。

髪を伸ばしていて切りたくない人は、参加する企業によっては評価されないことを覚えておいてください。もちろん、ロン毛でも、きちんとまとめていれば特に気にしない企業もあります。

しかし、その企業のインターンにどうしても参加したい、もしくはそこでの高い評価を望むのであれば、短髪のほうが無難だといえます。

ワックスのつけすぎ

ワックスはヘアセットには欠かせません。しかし、やり過ぎは禁物です。ワックスをつけすぎて、固まって白くなっていれば「清潔感」に欠けます。また、バリバリに固めた髪型は、威圧感を与える可能性があるので注意しましょう。

ワックスでセットする場合は、あくまでも整える程度で使用し、不自然にならないように注意してください。

【女性編】インターンの髪型のポイント

女性の場合、男性よりも髪型のアレンジなどの幅が広がります。しかし、インターンに参加する場合は、おしゃれよりも清潔感を第一に意識することが大切です。

会社で業務に携わる1人として、周囲に馴染む髪型を心掛ける必要があります。女性は髪の長さも人それぞれなので、長さ別にポイントを紹介していきます。

自分の長さの髪型のポイントを知って、好印象な髪型でインターンに臨みましょう。

ショート:髪が耳や眉毛にかからないようにする

ショートヘアは、眉毛やサイドに髪がかからないように意識しましょう。ショートヘアは髪を結ばない分、髪で顔が隠れやすくなる懸念があります。

前髪がおでこにかかる場合はピンで留めたり、耳に掛けたりしましょう。前髪が顔にかかると暗い印象になるため気を付けてください。サイドの髪は耳にかけたり、ピンで留めましょう。耳が見えるとスッキリとした印象になります。

また、ショートヘアは寝癖が付きやすくなりますので、ヘアスプレーやワックスで乱れないようにセットすることも忘れないでください。乱れた髪ではマイナスの印象を与えることになりかねません。

ミディアム:下ろしていてもOK

ミディアムくらいの長さであれば、下ろしていても問題はありません。ひとつにまとめるには少し長さが足りず、まとめてしまうとかえって不自然な印象になる場合は、そのまま自然に下ろしておきましょう。

少しでも結べる場合は、サイドとトップの髪の毛だけを結ぶハーフアップもおすすめです。顔周りに髪がかからないので、清潔感のある印象になります。

基本的には奇抜なアレンジはせず、シンプルなセットにすることが大切です。髪の毛が結べなければ自然なまま下ろし、ワックスなどで整える程度にしておきましょう。

ロング:ハーフアップかひとつ結び

セミロングやロングの就活生は、ハーフアップかひとつ結びが基本となります。しかし、就活では普段と同じような結び方というわけにはいきません。

就活のときのハーフアップは、落ち着いた印象になります。耳を出し健康的なイメージに仕上げるのがコツとなります。サイドの髪まで、ピンを使ってまとめましょう。また、下ろしている髪もアイロンやブローをして整えましょう。

ひとつ結びは、顔周りや首元の髪もスッキリするため、爽やかで活発的な印象になります。高めのひとつ結びは、はつらつとした印象にはなりますがカジュアルすぎるので避けましょう。低めで結ぶとより落ち着いた印象になり、就活に適した髪型になります。

ハーフアップでもひとつ結びでも、きれいに結ぶとより「きちんとした」印象になります。手櫛で整えると、髪が乱れやすくなるので、きちんと櫛を使って結ぶことをおすすめします。

ヘアゴムやピンは目立ちにくいものを選ぶ

ヘアピン・ヘアゴムは目立ちにくいものを選びましょう。基本的には「黒」が望ましいです。結び目は隠したほうがきれいにまとめられるので、なるべく髪色に合ったヘアゴム・ヘアピンを選びましょう。

就活のシーンにおいて、華美なアクセサリーは不適切です。アパレルなど、私服指定の場合、身だしなみに「おしゃれ」も求められるかもしれません。この場合、ヘアアクセサリーは着けても良いですが、大きな飾りのついているものは避けましょう。

女性のNGヘアスタイル

女性のNGヘアスタイル

髪型にこだわりのある女性は多いでしょう。しかし、就活ではこだわりよりも、採用担当者に与える印象のほうが大切です。

ここでは普段の延長として、ついついやってしまいそうな女性のNGな髪型を紹介します。私生活での髪型は、就活の場に不適切な場合もあります。普段の髪型で参加して印象を落とさないためにも、インターンでは避けるべきポイントを押さえておきましょう。

おくれ毛を出す

おくれ毛を出すのも、NGです。おくれ毛とは、女性が髪を結んだときに、襟元に残って垂れた短い毛をいいます。最近では、わざと襟足部分の毛を出してふんわりとした印象にすることも流行しています。

しかし、就活の場面でおくれ毛は「だらしない」印象につながります。お辞儀などで動くたびに崩れかねない髪型は、清潔感にかけてしまいます。「きちんとした」印象が望ましい就活の場面では、おくれ毛は出さないようにしてください。

おくれ毛は、わざと出さなくてもできてしまう場合があります。襟元の短い毛は結ぶことができないこともあるでしょう。そういった場合は、結んだあとに、ヘアピンやムースなどでセットすることをおすすめします。

触覚を作る

触覚を出すと「顔が小さく見える」ことから、顔周りの毛を残して結ぶ女性は多いでしょう。触覚とは、髪を結ぶときに、少しだけ残した顔周りのサイドの部分を示します。

前述のように、顔周りに髪の毛は「うっとうしい」印象になります。また、お辞儀をするたびに髪を触って直さなければならないため、清潔感に欠けているともいえるでしょう。

就活では、顔がしっかりと見える髪型が望ましいとされています。髪の毛が顔にかかれば、暗い印象になるでしょう。触覚を普段取り入れている人は、インターンのときは避けるように意識してください。

過度なパーマ

男性同様、過度なパーマはNGです。天然パーマの人は、そのままで問題ありません。しかし、パーマの髪の毛は、ストレートよりはまとめにくいため、セットには注意してください。

職種や業界によっては、パーマに対して特に気にしない場合もあります。社員の人の髪型を参考にして、判断すると良いでしょう。インターン前に判断できない場合は、地毛に戻しておいたほう無難かもしれません。

特に、採用の選考も兼ねているインターンの場合は、パーマは避けたほうが良いでしょう。選考も兼ねているインターンでは、採用担当者からのイメージダウンが選考結果に直結するため、マイナスになり得る要素はなくして参加することをお勧めします。

オンラインインターンの場合

昨今の情勢を踏まえて、インターンをオンラインで開催する企業も増えてきました。オンラインであれば大きな会場を用意する必要もないため、企業にとってもメリットがあるといえます。

オンライン開催に移行してきてからまだ日が浅いため、情報が少なく、身だしなみに悩む就活生も多いのではないでしょうか。ここではオンラインインターンの場合のポイントを紹介します。

オンラインのインターンであっても、採用担当者の印象が選考に影響する可能性があることは同じです。オンラインインターンのポイントを知って、好印象を勝ち取りましょう。

基本的にオフラインと同じ

オンライン開催の企業が増えて、オフラインの場合と何が違うのだろうかと悩む人もいるでしょう。オンラインだと、自宅等で参加できるため、リラックスして臨めます。

リラックスして参加できてもインターンであることに変わりはないため、身だしなみがカジュアルすぎるのは不適切です。オンラインインターンであっても、オフラインのときと同じように髪型もきちんと整えましょう。

オンラインでもオンラインでも、好印象を与えられる髪型に違いはありません。これまで紹介してきた髪型を参考にして、インターンに臨みましょう。

顔に影がかかっていないか事前に確認する

オンラインインターンでも、髪の毛のセットは重要です。特に、カメラで映った時に顔に影ができないようにきちんと前髪はセットしましょう。顔に影がかからないように、眉毛にかからないようにセットすると良いです。

また、横の髪は耳にかけるなどして、顔周りをスッキリさせましょう。髪が顔にかかると「だらしない」印象になるのは、オンラインインターンでも同じです。

オンラインインターンでは、カメラ映りで顔が暗くなってしまうこともあります。部屋の明るさで顔に影ができても、表情が暗いと認識されてしまいます。

対面の際には気にしない部分になりますので、オンラインならではのチェックポイントです。顔にライトをあてるなど、自分でカメラ映りをチェックしながら準備しましょう。

好印象になる髪型でインターンに参加しよう!

インターンシップ選考や就活では、髪型が就活生の印象を決める重要な要素となる場合もあります。これを機会として、自分自身の髪型に問題がないかどうかをしっかり確認してください。

就活では、プライベートの場合と異なり単に個性を前面に出せばよいわけではありません。ビジネスマン、あるいはビジネスウーマンとしてふさわしい身だしなみを自覚しているかどうかを問われているともいえます。

今後の人生への大きな転機となる就職という機会を見据えながらインターンに参加するため、髪型、髪の色にもしっかりと気遣う自分自身を形成してください。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ