身だしなみ

スーツに合うパンプスの色や形|就活生におすすめの商品をご紹介

スーツに合わせるパンプスは何が正解か

スーツに合わせるパンプスは何が正解か悩んでしまう人は多いです。就活では身だしなみも評価の対象となっており、パンプスも含めたトータルでの着こなしなどが見られています。

面接官は就活生の足元を意外に見ていますし、スーツに合ったパンプスを選ぶことが高評価を獲得するためのポイントです。靴はその人自身を表すものですし、ビジネスシーンでも靴を見られる機会は多いです。

どんな靴を履いているか、靴の状態がどうであるかによって印象が違ってきますので、スーツに合わせたパンプスを選ぶ必要があります。パンプスを履いていればいいわけではなく、スーツに合っていなければ不自然な印象を与えてしまいます。どんなパンプスが正解かを知り、自分のスーツに合ったパンプスを見つけていきましょう。

自己分析の浅さは、人事に見透かされる

就活で内定を勝ち取るためには、自己分析をして自己理解を深める必要があります。自己分析を疎かにしていると浅い答えしか浮かばず、説得力のある回答ができません。

そこで活用したいのが、自己分析ツールの「My analytics」です。

My analyticsを使えば、36の質問に答えるだけで、あなたの強み・特徴を見える化できます。
My analyticsでサクッと自己分析をして、選考を突破しましょう。

パンプスには2種類ある

スーツに合ったパンプスを選ぶためには、まずはパンプスの種類を知っておきましょう。パンプスは大きく2種類にわけられ、それぞれの種類によって特徴が違っています。一概にどちらがいいと言えるものではありませんし、履き心地やシーンによってどちらがいいのかは異なります。

どちらの種類を選んでも基本的には問題はありませんが、自分の足に合ったものを選ぶことが大切です。それぞれの種類の特徴を正しく理解して、自分に合ったものを選びましょう。

プレーンタイプのパンプス

オーソドックスなパンプスはプレーンタイプと呼ばれるもので、足をすぽっといれて履くタイプです。就活専用やオフィス向けなど、さまざまな種類があり、幅広い年齢層から人気のパンプスです。

就活専用やオフィス向けがある一方で、カジュアルラインも数多く販売されていますので、購入時には注意しなければなりません。パンプスを履いていても素材やデザインなどによってカジュアルかフォーマルかは異なりますし、カジュアルなものを履いていると印象が悪くなってしまいます。

またプレーンタイプは足をいれるだけで履くことができますので、脱げないように注意して歩かなければなりません。慣れていないと脱げそうになって歩きにくいので注意が必要です。

ストラップタイプのパンプス

ストラップタイプは靴にストラップがついており、足全体がホールドされるため安定感のあるパンプスです。プレーンタイプだと注意して歩かなければ脱げてしまう恐れがありますが、ストラップタイプの場合は脱げる心配はありません。

安定感があるため歩きやすいですし、脱げる心配がないため、初めてヒールを履く人にはおすすめです。ストラップタイプはストラップがついている位置が靴によって違っており、基本的には足の甲、あるいはくるぶし部分についています。

フォーマルなパンプスの場合は足の甲にストラップがついているものが望ましいので、くるぶしにストラップのあるタイプを選ばないようにしましょう。くるぶしにストラップがついているものは、カジュアルに見える可能性がありますので注意が必要です。

スーツに合わせるパンプスの色

パンプスの種類を選べば、次に色を選んでいきましょう。自分の足に合ったものであれば何でもいいわけではなく、きちんとスーツに合わせた色のパンプスを履くことが大切です。

就活の身だしなみでは正しくパンプスを履いているかだけではなく、全体のバランスも見られています。せっかく足に合っていてもスーツとの色味のバランスなどが悪ければマイナスの評価となってしまう可能性があります。スーツに合った色を知って、正しい着こなしを目指しましょう。

リクルートスーツは黒色がベスト

黒やグレーのスーツの場合はパンプスは黒色がおすすめです。黒はあらゆるシーンや業界で使える鉄板色であり、就活以外でも活躍の幅は多岐にわたります。黒スーツに黒のパンプスは王道スタイルですし、グレースーツは、少しラフな印象を与えるためパンプスは黒で引き締めた方がより良い印象を与えることができます。

黒スーツに黒色のパンプスであれば就活の基本的なスタイルですので、身だしなみでマイナスの評価を受けることはありませんし、清潔感がアピールでき好印象です。黒色のパンプスはさまざまなシーンで活躍する色になるので、種類も多く、選びやすくもあります。

黒色は何にでも合わせやすい無難な色ですし、一足持っておいて損はないでしょう。

スーツに合うヒールの高さや形

パンプスの種類、色と決めていけば、次はヒールを確認していきましょう。パンプスはヒールがついていますが、商品によってその形や高さなどはさまざまな種類があります。同じモデルのパンプスであっても、ヒールの高さが違う場合もありますし、全体の形が少しずつ異なる場合もあります。

ヒールも意外に見られているポイントですし、スーツに合ったものを見極めることが大切です。ヒールの高さと形にもしっかりとこだわり、スーツに完璧に合うパンプスを選びましょう。

ヒールの高さは3から5cm

スーツに合うパンプスのヒールの高さは3〜5cmです。ヒールは 高すぎても低すぎても良くないありませんので、ちょうどよい高さで合わせるようにしましょう。3~5㎝の間であれば、基本的にはどの高さを選んでも問題はありません。

安定感があり、疲れにくい高さを選ぶことが大切です。できれば、ヒールが太めの物が良いので、それも選択肢として考えておきましょう。ヒールが細いとバランスが取りづらく歩きづらいですし、衝撃を受け止める力も弱く疲れる原因になります。

またヒールが細すぎるとカジュアルに見えてしまう可能性もあり、マイナスの印象を与えてしまう場合があります。ヒールが太ければ安定感がさらに良くなりますし、衝撃が吸収されて疲れにくくなりますので、できるだけ太めのヒールを選びましょう。

形はアーモンドトゥがおすすめ

パンプスは全体の形も大切であり、つま先がアーモンドのような形をしているアーモンドトゥがおすすめです。アーモンドトゥはオーソドックスな形のパンプスであり、就活に限らずさまざまなシーンで使われています。

就活で使用してももちろんOKですし、よりフォーマルな印象を与えることができます。パンプスのトゥの形としては他にも種類があり、先の丸いものや尖ったものなどさまざまです。

先の尖ったトゥはフォーマルな印象を与えませんのでNGですし、丸いトゥは就活でも使えるものの、形通り柔らかい印象を与えます。場合によってはカジュアルと判断される場合もありますので、程よく尖り、若干の丸みを残したアーモンドトゥが最もバランスが良くおすすめです。

パンプスを購入する上での注意点

スーツに合ったパンプスの特徴を知れば、いよいよ購入ですが、購入時にも気をつけなければならないポイントがいくつかあります。種類や色、形を守って選べば就活ではマイナスの印象を与えることはありませんが、注意点が守れていないと機能面で失敗してしまう可能性があります。

せっかく購入しても実用性が低くなってしまうと就活をスムーズに進めることができません。購入時の注意点も良く理解して、失敗のないパンプス選びを心がけましょう。

必ず試着をする

パンプスを買うときには必ず試着してみることが大切です。見た目だけでは自分の足に合うかわかりませんので、試着して少し歩いてみて、合うかどうか判断するようにしましょう。

パンプスは試着すれば歩いてみることが大切であり、これをしておかないと失敗してしまう可能性があります。座った状態と立った状態では履き心地は違ってきますし、実際に歩いてみればさらに履き心地は変わってきます。

座っているときはフィットしていると感じていても、実際に歩いてみれば擦れる部分があったり、痛みを感じる場合もありますので、歩くことは非常に大切です。靴擦れをして痛い思いをしている就活生はたくさんいますので、それを避けるためにもしっかりと試着してからどれを買うか決めましょう。

2足持っておく

パンプスを買うときは、できれば2足買っておくことがおすすめです。就活では1日中歩き回ることもありますし、移動が多く、パンプスはすぐにすり減ってしまいます。かかとがすり減った靴は印象が良くありませんし、これも意外に見られているポイントです。

1日ずつ履き替えたりすると、パンプスが長持ちしますので、長期的にみれば2足持っておいた方がコストも抑えることができます。パンプスは消耗品ですし、就活を続けていればかかとはすぐにすり減ります。

かかとが減るだけならいいですが、履き古したものだと歩いている最中に底が抜けてしまうこともあり、非常に危険です。底が抜けると危ないだけではなく、身だしなみとしても当然良くありませんので、長持ちさせるためにも2足を交代で履くようにしましょう。

就活生におすすめのパンプス

就職活動と切っても切り離せないのが「歩くこと」です。ただ歩くと言っても、駅から遠い会社へ行くこともあれば、日によっては数社をハシゴすることも少なくありません。日程の都合上、梅雨時から夏場にかけて歩くことも多く、雨や臭い・蒸れなどが気になる人も多いのではないでしょうか。

就活を足元から支えるパンプス選びはとても大切です。近年では紳士服店も各社、就活生にターゲットを絞ったパンプスを販売していますし、通販で購入することも可能です。豊富な選択肢がありますが、おすすめのパンプスとそれぞれの特長を紹介していきます。

コナカ

コナカは紳士服業界第3位の老舗です。若者向けの「スーツセレクト」が人気を博していて、就活生に向けては「就活応援」というサイトを特設し、販売に力を入れています。パンプスもそのアイテムのひとつです。コナカは同サイトで採用担当者300人を対象にアンケート調査を行い、その結果、重要視される条件として1位となった「清潔感」にスポットを当てて商品開発に活かしています。

コナカの「パンプス ベルト付きプレーン」はシンプルかつベーシックなタイプで、ベルト付きのパンプスです。就活だけではなく、就職後のビジネスシーンでも使用可能。ヒールの高さは足が美しく見えるようにデザインされているのでフォーマルな場所にも履いていけます。ベルト付きで足が固定できる設計は企業訪問でたくさん歩いても疲れにくいためのもので、就活の強い味方となるでしょう。

AOKI

AOKIも紳士服業界第2位の老舗で、就活生向けの商品に注力しています。「究極の就活シリーズ」と銘打った商品は就職情報サイトのマイナビとの共同開発です。同企画では2016・2017年卒の学生から生の声を吸い上げて、それを元に、より就活の現場に近い商品開発がおこなわれました。初年度はスーツのみの販売でしたが男女ともに好評を博し、2017年には鞄などと共にパンプスもラインナップに加わりました。

【AOKI&マイナビスチューデント共同開発】取り外しストラップ 2WAYパンプスは中敷きにクッションが入っていてソールも屈曲性が高いため、足の負担を減らします。つま先部分には夏場の臭いや蒸れ対策に消臭テープを搭載、レザーははっ水仕様なので、水がしみ込みにくく梅雨時も安心です。ストラップを取り外せばプレーンパンプスとしても使用できます。5.5cmの太ヒールは見た目の良さと歩きやすさに配慮されたもので、就活生に寄り添った多機能なパンプスです。

スーツカンパニー

スーツカンパニーは「洋服の青山」でおなじみで業界首位の青山商事が展開する、高品質かつリーズナブル、そしてファッション性の高さも追及したブランドです。就活生にも人気があり、パンプスも人気アイテムのひとつです。おすすめは「スムースレザーコンフォートパンプス」です。

就活におすすめのプレーントゥーのパンプスで、ヒールのリフト部分にゴム製の消音リフトを使用しています。素材のスムースレザーは艶のある上品な質感で柔らかさもあります。長距離移動の助けとなる、柔らかな中敷きが歩行の衝撃を軽減してくれます。細菌の増殖を抑える制菌メッシュ材も搭載しているため、暑い時期でも清潔に過ごせます。真面目な印象を与えるブラックのプレーンパンプスは大事な面接時にもおすすめです。

ニッセン

最後に紹介するのは通販大手のニッセンのパンプスです。通販は店舗販売に比べて安価なのも魅力のひとつですが、就活生の用途にも合う作りにこだわった商品もあります。中でもおすすめは「5センチヒールのラウンドトゥパンプス」です。ベーシックなラウンドトゥとブラックのプレーンタイプは、見る人に優しい印象を与えます。アウトソール(靴底部)に柔軟性があるので足にフィットしやすく、歩行もスムーズです。

程よい高さの5cmヒールもそれをアシストしてくれます。靴底は滑りにくいゴム素材で、雨の日も心配ありません。また、ヒール部には気になる「コツコツ」という足音を軽減する素材が使用されているのも特徴です。気をつけなければならないのがサイズ選びで、店舗のようにフィッティングができないので、購入の際はニッセンのサイトが用意している「足のサイズ測り方ガイド」が役に立ちます。

面接官は意外と足元を見ている!

パンプスであればどんな種類でもスーツに合うわけではなく、スーツの色などによって合うパンプスの種類も違ってきます。パンプスは色やデザイン、ヒールの高さや形などさまざまな違いがありますし、就活に使えるものはどれなのかを知っておくことが大切です。

就活での身だしなみは、評価の中でも重要視されているポイントですし、面接官は意外と就活生の足元を見ています。見られているポイントは上半身ばかりだと考えて、髪型や髪色、スーツの着こなしなどを整える学生は多いのですが、足元は疎かになりがちです。

靴は身だしなみとしても大切な部分ですし、就活だけではなく、社会人になってからも、正しい物を選ぶ必要があります。スーツと自分の足にぴったりと合うパンプスを履いて、足元から身だしなみを整えていきましょう。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ