業界研究

地方銀行の志望動機における書き方ポイント3つ【例文付き】

地方銀行に就職するために押さえておきたいポイント

就職活動の中で地方銀行を志望する就活生も多くいることでしょう。その際、地方銀行の志望動機はしっかりとブラッシュアップして作成する必要があります。銀行業界を志望する就活生であれば、まずメガバンクを視野に入れる就活生が多いです。

「仕事の大きさ」、「携われる仕事の範囲」という点では、メガバンクは地方銀行よりも優っているからです。その中であえて地方銀行を志望するのであれば、その理由を論理的に説明しなければ採用担当者を納得させることは出来ないでしょう。

この記事では、地方銀行を志望する際に把握しておくべきポイントについて解説していきます。地方銀行ならではのポイントをしっかりと理解し、「メガバンクではなく、地方銀行に行きたい」ということをしっかりと伝えることが出来るようにしておきましょう。

地方銀行の特徴

メガバンクに比べると地方銀行は目立たない印象がありますが、地域に密着した営業基盤を持っており、非常に安定した企業です。全国転勤も少なく、同県にある支店間で移動をするために、結婚や住宅購入のライフプランの計画をし易いメリットもあります。地方銀行は地域の優良企業であり、知名度を活かした営業活動ができるので、ストレスを溜めずに働くことができるでしょう。

地元で就職したい就活生の人気は高く、合格するためには入念な準備が必要です。地元に密着した活動をしていますが、特定の地域の就活生が多く採用される傾向はありません。地方銀行は歴史がある企業ですので、先輩後輩の関係を大事にすることが多く、地方銀行で働きたいという熱意ある就活生が合格する可能性が高いです。

地域に密着した銀行

地方銀行の特徴として、地域に密着した銀行だという点が挙げられます。もちろんメガバンクも全国各地に支店を配置しており、業務を展開しています。しかし地域への密着度で比べると、その地域に根ざしている地方銀行が勝るのです。

地方においては、メガバンクよりも自身が住む地域に根ざす地方銀行を信頼する人は多く存在します。地域に密着しているからこそ、顧客の本音を引き出し、本当に必要としているサポートを提供することが可能になるのです。

「大きな仕事に携わりたい」、「さまざまな業務に携わりたい」という気持ちよりも、「その地域の発展に貢献していきたい」という気持ちが強い就活生もいることでしょう。そのような人にとって、地方銀行は進路として適したものとなるのです。

仕事内容はメガバンクと変わらない

仕事内容という面ではメガバンクと地方銀行にそれほど差はありません。もちろんメガバンクであれば関わることが出来るが、地方銀行では関わることの出来ない業務も多々あります。幅広くさまざまな事業に関わっていきたいと考えるのであれば、地方銀行よりもメガバンクの方が合っていると言えるでしょう。

しかし銀行業務の本筋であるホールセール業務、消費者目線で見えやすい仕事であるリテール業務においては、根本的にやるべきことは同じなのです。そのため、ただ「企業活動をサポートしたい」、「人々の暮らしをお金の面から支えたい」というだけでなく、「それらを通じて、その地域の発展に貢献したい」と思うのであれば、地方銀行を志望するのも選択肢となるのです。

自分は地方銀行に向いているタイプか、適性を診断してみよう

自分の適性や性格が、地方銀行の仕事に向いているのかどうか、気になりませんか?

そんな時は、自己分析ツール「My analytics」を活用して、自分と志望業界との相性を診断してみましょう。

My analyticsなら、36の質問に答えるだけで、自分の強み・弱み→それに基づく適職を診断できます。

My analyticsで、あなたの強み・弱みを理解し、自分が地方銀行に向いているタイプか、診断してみましょう。

地方銀行は地元優先ではなく地元外の人も採用する

地方銀行に採用される学生は地元出身が多いですが、地元外の学生も採用されます。銀行同士の競争も激しくなり、優秀な学生を採用したいと地方銀行は考えているために、異なった地区に住んでいる就活生でも内定を獲得できます。

但し、地方銀行の活動は一定の地区に集中していますので、希望する地方銀行が営業している地区の情報を知っておかなければ、面接官からの質問に答えることができません。必ずしも地元出身で無くても構いませんので、地元外の就活生にも内定獲得のチャンスがあります。

地元から受ける人が多いため他県の採用者が少なく見える

地元出身の就活生が多く集まり、地方銀行の採用は他県出身の学生が少ないように見えますがそうではありません。地方銀行は、何十人単位で採用を行っており、地元以外の就活生も内定を獲得して入社しています。地元の採用者が多いと思うのは、単純に地元出身の応募者が多いのが理由です。

地方銀行は営業エリアが地方に限定されているため、地方の大学に通い実家から働きたいと希望する就活生が、地方銀行を志望することが多いと言えます。経営基盤がしっかりしている地方銀行へは、安定志向の地元採用を希望する学生が多く集まります。また、その地区にある大学に通う文系の学生は、生活圏が地方銀行の営業エリアと同じために志望することが多いのです。地元出身者だけを採用したいとは地方銀行は考えていませんが、応募される数が多いので、地元出身の学生が多い結果になります。

県外者は採用担当者をいかに納得させられるかが重要

県外に住んでいる就活生でも、希望する地方銀行の内定を獲得することはできます。しかし、地方銀行の採用者は県外に住んでいるために、「内定を出しても辞退されてしまうのでは?」と警戒をしています。入社後に考えているライフプランを面接官に伝えて、県外出身でも地方で生活をする決意を伝えましょう。

地方銀行の福利厚生はしっかりしていて、独身者の寮が完備されていることが多いです。地方銀行で働きたいという決意があれば、入社後の生活を不自由することなく過ごせます。地元の企業を活性化させ、地区の住民の利便性を高めて、地域経済の発展に貢献することが地方銀行の目的です。他県出身であっても、地元から愛されている地方銀行の良さと、地方で働く強い気持ちを志望動機にすることが重要です。

地方銀行の志望動機の書き方ポイント3つ

地方銀行には多くの就活生がエントリーシートを提出します。そのなかで採用担当者の興味を引くためには、志望動機をしっかり準備しなければいけません。面接でも、地方銀行を選んでいる理由は必ずといっていいほど質問されます。特定の地区に営業基盤を持っている地方銀行で働いて、将来どんな人物に成長したいのかは、地元出身と県外出身の就活生に共通してチェックされる項目です。採用活用を突破するために志望動機の作成するポイントをまとめます。

①なぜその銀行で働きたいのかを明確に示す

数ある銀行から志望する地方銀行を選んだ理由を明確に示すと、採用担当者へのアピールが説得力を増して良いです。地方銀行ならでの経営方針がありますので、事前に一読するのをお勧めします。地方銀行の経営方針では、何十年にも渡って地方で活躍している企業や、地域住民の役に立つことを定めていますので、志望動機には地方を支える地方銀行の仕事への憧れを盛り込みましょう。

県外出身者でも、地方銀行の経営理念に共感できることを志望動機に入れましょう。地方銀行は歴史があり、地方の経済を支えるために努力を重ねてきた自信があります。県外出身であっても、入社後には成長して地方に貢献できる人材となることを目標として志望動機を作成すると、熱意が採用担当者に伝わります。たくさんの銀行から選んだ理由が明確に伝えられるように準備をしましょう。

②その地域が好きで貢献したいという熱意を盛り込む

志望動機には、入社を希望する地方銀行が営業しているエリアに関わりをもった経験がないか思い出してまとめてください。地域に関わった経験があり、今後も好きな地域に貢献していきたい熱意は、採用担当者が最も重要視します。地方を支えている誇りを持って地方銀行の行員は働いていますので、地域と自分との共通点を探し、エピソードを交えた志望動機を構成するのが大事です。地域で生活して良かったと感じた体験談を、いくつか振り返ってください。

生まれ育った地域である人は、地元のお祭りや観光名所に子供のころから行ったことをエピソードに入れて、地元が好きであることをアピールすると好印象です。また、学校が地元にあり生活を始めた就活生は、スポーツや学業の大会で活躍している学校の取り組みを志望動機に交えると、採用担当者の興味を引く内容になります。

③入行後の未来の展望を具体的に書く

地方銀行に入社したら、どんな仕事をして地域と関わっていきたいのか志望動機にまとめる必要があります。地方銀行を志望する就活生は熱意がある人が多いですので、入社後の仕事を通して、一人前の銀行員に成長できるのか、具体的なイメージをもっている就活生を採用担当者は選びます。

銀行の営業拠点は、地域にある支店です。最高責任者の支店長の下で、多くの行員が営業活動をしています。銀行の仕事は、お金を融資して利子で利益を上げるのが基本であり、地域で活躍している企業や個人事業主と商談をすることが多いです。法律、税務などの専門知識がなければ対応することができませんので、勉強をしたい向上心が必要です。地域を牽引する地元企業を的確にサポートできる行員に成長することが求められます。

志望動機が書けない時は、志望動機ジェネレーターを活用してみよう

地方銀行の志望動機を作成する際、深く考えても、なかなか良い内容が思い浮かばない方も多いはず。

そんな時は、「志望動機ジェネレーター」を活用してみましょう。

志望動機ジェネレーターなら、簡単な質問に答えていくだけで理想的な流れの志望動機が完成します。

無料でダウンロードして、効率的に地方銀行に採用される志望動機を完成させましょう。

地方銀行の志望動機におすすめのフレーズ

地元銀行に就職を希望する場合、志望動機として述べる内容はどのような点を工夫したらよいのでしょうか?単に学んだことや持っている資格を活かして金融機関で働きたいからといっただけでは、通用しません。面接官は、なぜ都市銀行や他の地方銀行ではなく、当行で働きたいのかを知りたいのです。

それを具体的に述べるには、当然採用試験を受けようとする地方銀行の創業からのあゆみや営業範囲、地域貢献の取り組みや顧客数などの規模について、多角的に研究しておく必要があります。また、地方銀行が果たす地域の役割についても正確に理解し、本店を構えている地域についての経済状況についてもしっかりと事前に学んでおき、自分の言葉で説明できるようにしておくことが重要です。それを踏まえた上で、これから地方銀行の採用試験で志望動機としておすすめするフレーズについて触れていきましょう。

地域のお客様や経済の発展に貢献したい

地方銀行へ就職を希望する場合は、その銀行の本店所在地や営業範囲である地域のことをよく調べ、愛着を持つようにしましょう。地域住民や地域経済の発展に貢献したいという強い意志を志望動機に盛り込むことで、採用担当者に熱意を伝えることができます。

地域経済誌に目を通したり、新聞の地方欄に書かれている記事やニュースに気を配るようにすることで、その地域に関する旬な情報を仕入れることができます。そして、その地域が現在抱えている問題点や課題について、自分が就職したいと考えている地方銀行の立場からどのようにアプローチができるのかを自分なりに考えてみるのです。そうすることで、自分はどのように地域のお客様や経済の発展に貢献したいのかということを具体的に述べることができるようになるでしょう。

問題意識を持ち目標達成に向けて行動できる

地方銀行は、地域に密着した渉外業務を行っており、その地域に根差した金融機関と言えます。よって、地域住民から親近感を持たれ、厚い信頼を寄せられる立場でなければなりません。地方銀行で求められる人材は、仕事上必要とされるスキルを兼ね備えていることはもちろん、地域の住民に信頼され、必要とされるような人柄を持つ人物なのです。

そこには、お客様の立場に立って話を聞き、問題を解決できる能力が必要とされます。それに加え、支店ごとに課せられるノルマや目標について、最後まで高い意識を持ち、達成に向け営業努力する姿勢も求められます。このことから、地方銀行を志望する動機には、地域経済や住民の抱える問題点を正確に把握し、問題解決に向け努力することで貴行の業績に繋げていきたいといった内容のフレーズを用いるとよいでしょう。

県内外別の地方銀行の志望動機例文

ここからは、地方銀行を志望する県内・県外の就活生が作成する志望動機の例文を紹介します。例文をいくつか知っておくほうが、自身の志望動機をまとめるのに有効です。地元出身の就活生は、地元に住んでいた経験をエピソードと交えて記載すると良いでしょう。また、県外からの就活生向けの例文は、地域に興味を持ったきっかけと、行員として働くことで、どのように成長したいのかを記載すると、採用担当者の興味を引くことにつながります。

例文①県内

生まれ育ったこの町をこれからも元気にしたい気持ちがあり、○○銀行で働きたいと考えています。私は生まれてから、大学を卒業するまで地元一筋です。小さい時は両親と一緒に天神祭にいって、参加している人の元気な姿に圧倒されました。お祭りを楽しんでいるのは、私と同じような地域に住んでいる家族の人達です。

自分が成長して分かりましたが、お祭りを運営は地元の企業がサポートしています○○銀行で働き、地元の企業の役に立てる仕事をすることで、天神祭がある、私の好きな地域に貢献したいと思います。

地元の観光名所に関することは、地域に住んでいる人達にとって具体的にイメージがし易い内容であり、面接での会話も弾みます。地元で生活をしていた体験談を踏まえて、生まれた地域に愛着を持っているので、地元で働きたいという熱意を志望動機へ記載しています。銀行の仕事は、形が無いお金を取り扱う、接客や商談をおこなうので、人と接することが好きであるのが望ましいです。明るく、元気に、家族や周りの人たちを大事にする人物である志望動機になっています。

例文②県外

地元から愛される銀行の行員として働きたいと考え、貴行を志望しております。私は県外出身で、この地域に住んだ経験はありません。しかし、学生時代に大海城に観光に来たことがあります。大海城は壮大で美しく圧倒されました。お城の周りの風景も歴史を感じる街並みで、住んでいる人が愛着を持っていると感じました。

人と出会って話をすることで、色々学ぶことができます。地元に住んでいる人に愛される、歴史がある地区で働くことで、自分の成長することにつながると思います。地元から愛される銀行の行員として地元で生活している人達が元気に生活できるサポートをしていきたいと考えています。

地元出身ではなくても、地域に関わった体験を志望動機に盛り込むと、面接官の興味を引く内容になります。地元出身でない場合、地域の好きなところを記載すると良いでしょう。

地元の人たちをサポートする行員として必要なことは、地元の人たちを好きになり、成長する意欲があることです。例文のように、生活をした経験はなくても、地域に貢献をしたい熱意をアピールしていきましょう。

面接では志望動機をESのまま伝えるのはNG

面接では、志望動機をESのまま話すのはマニュアル的な印象になり逆効果になってしまいます。地元で働きたい意欲をまとめているので、「ES通りにアピールしなければいけない」と思い、聞かれた質問と合わない応対をする就活生がいます。地元のことが好きだと志望動機にまとめても、実際に働いている地方銀行の行員から見たらまだまだです。

また、知らない質問にたいしては、「分からないので、勉強します」と素直に回答する方が良いです。地方銀行の採用担当者は、就活生の知識を確かめるのを目的に面接はしていません。同じ地方銀行で熱意を持って働くことができる人物であるのかをチェックしています。面接の受け答えで、予め作成したESのまま回答をするのは、本心を隠しているように伝わってしまうので注意してください。

地方銀行の志望動機は地域とエピソードを盛り込もう

地方銀行を志望する就活生は、県内・県外出身に関わらず、内定を獲得するチャンスがあります。但し、安定した営業基盤を持つ地方銀行の人気は高く、多くの学生が集まり、競争が激しいのが特徴です。そのため、面接官の興味を引く志望動機を準備することは必須と言えるでしょう。

志望動機では、地元に対する愛情や地域に貢献したい熱意を志望動機に盛り込むことをお勧めします。その地域に関わった経験をエピソードとしてアピールすると、面接官との会話も弾むでしょう。人とかかわり合いを持つことが好きで、専門知識を習得する意欲がある学生を、地方銀行の採用担当者は求めています。自分と地域のつながりを見直して、志望動機をまとめてください。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也
(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ