就活のマナー

就活にマツエクはアリか|業界に応じたおすすめデザインや本数を紹介

就活中のマツエクはナチュラルなものならOK

普段のオシャレとして「マツエク」をしている女性は多いかもしれません。目元がパッチリして顔全体の印象が良くなる「マツエク」は、年齢関係なく女性に大人気の美容アイテムではないでしょうか。そんなマツエクをしている就活生の中には、証明写真を撮る際や面接の時、「派手すぎるかもしれない」「わるい印象を与えそう」と思われる人もいるかもしれません。

ナチュラルなマツエクであるならば、特に問題になることはないでしょう。本記事では、就活に向いているマツエクのカール・太さ・長さ・本数などを伝えしていきます。マツエクはメイク時間を短縮させ、デザインひとつで、顔の印象を大きく変えることができます。女性の就活生はぜひ参考にしてみてください。

39点以下は危険!あなたの面接偏差値を診断しよう

面接に対して不安を抱いている人は多いです。「他の就活生より準備不足じゃないかな」と気になりませんか。

そんな時は、あなたの面接偏差値を診断できる「面接力診断」がおすすめです。面接力診断を使えば、簡単な質問に答えるだけで自分の弱みとその対策を解説付きで把握できます。

今すぐ活用して、志望企業の面接を突破しましょう。

志望する業界や企業によってもマツエクの是非は異なる

就職活動の際のマツエクの是非は、業界や企業によっても変わってきます。基本的に、ナチュラルなデザインのマツエクであるなら、よほどのことがなければ注意されることもないと思います。ですが就職を目指す企業や業界によっては、真面目な印象が求められることもあります。

そういう場合はナチュラルであるだけでなく、マツエクの本数も控えめなものにしておく必要が出てきます。どういった業界や企業に就職する予定なのかを念頭に入れて、マツエクのつけ方についても考えていきましょう。

アパレルや美容系はOKな企業が多い

美容やファッションに関わってくる業界であるアパレル業界、美容系の業界であれば、基本的にマツエクをつけていても問題はありません。美容に関わる業界であるなら、携わる社員にも美容への意識があることを求められます。ですので、マツエクだけでなくメイクに関してもしっかりと整えておく必要があります。

場合によってはメイクをしっかりしている方が、いい印象を与えます。とはいえ、色味や印象が激しいメイクはよろしくありません。就職活動中は、就活にふさわしいメイクを心がけましょう。

コンサル業界もしっかりめでOK

コンサルティングで大事なのは、お客様にどうすれば自分の提案するプランを理解してもらい受注できるかです。そのためある程度しっかり目のメイクのほうがお客様の印象が残り、信頼も得やすいのです。コンサル業界の人がカジュアルな服装に薄めのメイクというのはあまり想像がつかないのではないでしょうか。

業界柄、華やかなイメージを持たれやすいため、職業上のイメージを崩さないことも大事なのです。そのためコンサル業界への就職活動においても、マツエクに関しては咎められるケースはないのです。

公務員・金融業界は控えめにする

マツエクをつけて就職活動をするのは控えておきたい業界は、主に公務員や金融業界です。これらの業界は、働く人々にも真面目な印象を与える服装やメイクが求められるようになるので、どうしても目元を派手にしてしまうマツエクをつけると目立ってしまいます。とはいえ、マツエク自体は就活中のメイクを簡単に整えるのにも使えるアイテムではあります。こういった業界への就職を目指しているなら、マツエクを普段よりぐっと控えめなものにして臨むなど、自然なまつげから大きく外れない程度のものをつけましょう。

女性の場合、メイクをするのは衣装を整えるのと同じような意味合いがあるため、いくら真面目な印象をもたせたいからと言ってもメイクをまったくしないのはよくありません。

就活に向いているマツエクのデザイン

では、どのようなデザインが就活に適しているのでしょうか。美容やファッションに詳しい人であれば、カールの種類や長さなどを熟知しているかもしれません。けれども、就活向きのデザインは、オシャレとはまた別物でしょう。詳しくは後述しますが、カールはJカール、太さは0.1㎜、長さは8・9㎜のミックスが就活向きとされています。

カール:Jカール

マツエクのカールは、3種類あります。上を向いている順に並べると、「Dカール」、「Cカール」、「Jカール」となり、この中で一番人気があるのは、「Cカール」でしょう。このデザインは、まるでビューラーをかけたようなまつ毛になり、パッチリ目を演出できるので、普段のオシャレとしては、最適かもしれません。

しかし、就活でもっとも良いとされているのは、「Jカール」です。「Dカール」、「Cカール」よりもナチュラルに仕上がり、自まつ毛に近い感じになります。接着期間も一番長いと言われているので、コスパ的にもおすすめです。

太さ:0.1㎜

太さに関しても、ナチュラルな仕上がりがベターです。日本人の平均的なまつ毛の太さは約0.1mmと言われているので、自まつげとも差がありません。基本は「0.1mm」と覚えておくと、マツエクを施術するスタッフさんに相談する時も安心です。もう少しボリューム感を演出したいのであれば「0.15mm」にする方法もあります。マスカラを1塗りした程度がこの太さとなります。

とはいえ、太くすればするほど、マツエクが取れやすくなってしまうのでご注意ください。太さに関しては、自まつ毛と同じにすることを念頭に入れてください。そして、カールや後述する長さとバランスを取りながら施術しましょう。

長さ:8・9㎜のミックス

就活向きのマツエクデザインのポイントは、自然な仕上がりであることは、カールや太さに関するところでも言及してきました。もちろん長さに関しても、ナチュラルな状態がベストとされています。「目を大きくするためには長い方が良い」と考える人もいるかもしれません。しかし、目のサイズに合わせた長さではないと、小さく見えてしまう場合もあります。

まつ毛の生えグセや目の幅などを考慮して、長さを調整すべきでしょう。もっと良いとされているのが、8・9mmのミックスです。すべて同じ長さのマツエクでも良いですが、ミックスすることにより、立体感を演出できます。それに自まつ毛がバラバラの長さであるように、ミックスにするとナチュラルに仕上がるのです。

39点以下は危険!あなたの面接偏差値を診断しよう

面接に対して不安を抱いている人は多いです。「他の就活生より準備不足じゃないかな」と気になりませんか。

そんな時は、あなたの面接偏差値を診断できる「面接力診断」がおすすめです。面接力診断を使えば、簡単な質問に答えるだけで自分の弱みとその対策を解説付きで把握できます。

今すぐ活用して、志望企業の面接を突破しましょう。

就活に適したマツエクの本数

マツエクのデザインに関しては、ナチュラルがベターです。では、本数に関してはどうでしょうか。これまでにご紹介してきた内容をふまえると、「自まつ毛に近い」、「ナチュルな仕上がり」という結論になりそうですが、本数に関しては、志望する業界に合わせて調節しても構いません。もちろんナチュラルなマツエクがベターではありますが、外資系や美容系では、メイクもアピールポイントになりうるものでしょう。

ナチュラルメイクの仕上がりなら60本

自まつ毛が少ない人や日頃アイライナーを使用しない人は、片目30本、合計60本がオススメです。「少ないかも」と感じる人もいるかもしれませんが、合計60本がもっとも自まつ毛に近いナチュラルな感じに仕上がると言われています。「できるだけ瞳を大きくみせたい」という場合は、前半でご紹介した太さとミックスして施術すると効果的でしょう。

合計60本のマツエクは、優しい印象を与えます。たれ目風にしたいのであれば、目尻につけると実現できるでしょう。この本数は、人と接することが多い仕事や自然なメイクを求める業界に最適かもしれません。自まつ毛の本数によっては60本以上にした方が良いケースもあるので、スタッフさんとよく相談してください。

一度マスカラを塗った仕上がりなら80本

片目40本、合計80本にするとメイク時のような目力を演出できます。ビューラーの後にマスカラを塗ったような仕上がりになります。ナチュラルかつ顔立ちをはっきりとさせることができるので、外資系企業などを面接する際は良いかもしれません。合計80本にすると、「しっかりとした大人」の印象が与えられます。

「目つきが悪いと言われる」人も、大きな瞳を演出できるのでオススメです。奥二重や一重の人は、マツエクの根元がまぶたに隠れやすいと言われています。そのため、少し長めのマツエクをつけた方が良い部分も出てくるでしょう。デザインなどを相談しながら、合計80本にチャレンジしてみてください。

アパレルや美容関係なら100本でもOK

片目50本、合計100本にすると、メイクに注力していることをアピールできます。そうしたパフォーマンスを期待しているアパレル・美容業界では、合計100本のマツエクでも好印象を与えることができるでしょう。ボリューム的には、マスカラを2度塗りしたような状態になります。

もともと自まつ毛の少ない人は、バランスが悪くなってしまうこともあるので、本数を減らしても良いかもしれません。自分のイメージをスタッフに伝えることも大切です。合計100本は多いと感じる人もいるかもしれません。とはいえ、目元以外の軽いメイクだけで、「キレイに見せる方法」を知っている人という印象を与えることができるでしょう。

マツエクをつけたらアイメイクなしでもOK

マツエクをすることにより、アイメイクに注力する時間が減ります。特に就活の場合は、自然な仕上がりのメイクがベストなので効果的でしょう。マスカラやアイライナーを使う手間も省けるので、学生にとっては、お財布にも優しいと言えます。

濃いまつ毛を演出できるマツエクは、マスカラに頼る必要性はなくなります。また、本数を調節することにより、アイランインをしている目元のようになるので、おのずとアイライナーは使わなくなるでしょう。

特にマスカラの場合、涙や汗でとれてしまう可能性があります。マツエクならば、「面接直前でメイクが崩れてしまった」という緊急事態を防ぐことができるでしょう。メイクを直すときも、簡単な対応のみで大丈夫そうです。

就活中のマツエクは志望業界によってデザインを使い分けよう

普段のメイクでもまつげのメイクを楽にしてくれるマツエクは、就職活動においても非常に役立つメイクアイテムです。マツエクのメリットを生かすためにも、就職活動の際はマツエクのつけ方にも気を付けておきましょう。

志望業界によっては、基本的なメイクは必要でも控えめなものにしておく必要がある業界もあるものです。そういった業界を目指す場合は、マツエクも控えめで自然な印象になるようにつけるなどの使い分けをしておきましょう。

どういったデザインを選べばいいか迷う場合は、マツエクサロンで店員に相談しながらつけるというのもひとつの手です。上手にマツエクを活用していきましょう。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ