職種研究

学校事務の平均年収・ボーナス事情|比較シミュレーションで比べてみよう

学校事務とは

学校事務は、公立・国立・私立のあらゆる学校において事務職員として働く人のことを指します。主な仕事内容は、職員の給与計算や証明書の発行、奨学金の手続きなど、様々な事務業や管理業務をおこなっています。時にはほかの職員たちと連携を図り、学校運営を支えています。生徒にとっては、あまり馴染み深い存在ではない学校事務職員ですが、その年収やボーナスとは、いったいどのようになっているのでしょうか。

学校事務の種類について

  • 財務経理
  • 総務
  • 人事

学校事務を細かく分類すると、財務経理、総務、人事などに分類されます。

学校事務の業務内容

学校事務の仕事内容は各学校によって異なりますが、規模の大きい学校で事務職員が多数在籍している場合は、庶務や経理など業務によって分担されることがあります。小さい学校では、一人で学校事務の仕事を全てこなすこともあります。

財務経理では、教職員の給与や賞与の計算のほか、新年度の予算申請、学費や給食費の納入確認など、学校内でのお金に関わる仕事を行います。

総務では、物品の管理および購入、来客の対応や電話応対、各種証明書や生徒手帳の発行などを担当します。

人事では、新入生の入学手続きや入学説明会の準備、生徒の転出入書類の作成などをおこなっています。

学校事務に求められる能力について

  • コミュニケーション能力
  • 協調性
  • 几帳面で責任感がある

学校事務では、来客や保護者の対応、問い合わせの受付も担当します。また、大学では生徒の就職や進路相談に乗ることもあります。そのため、人と円滑に意思疎通を図ることのできるコミュニケーションスキルが重要になります。

また、学校事務職員は、教職員同士の調整役を務めることがあります。よって、教職員との連携や調和を図ることができ、相手の意見を尊重できる人が求められます。

学校事務は、財務処理や経理などの仕事も請け負います。細かい給与計算や多くの物品管理などに対して、責任感をもって正確にこなす几帳面さが重要です。学校の事務室でコツコツと作業に取り組み、丁寧な仕事ができる人材が適しています。

学校事務の平均年収と他職種との比較

学校事務の平均年収について

学校事務の平均年収情報はありませんでした。しかし、DODAによると、類似職種である一般事務の平均年収は328万円です。

他の職種・平均との比較

  • 日本の平均年収:422万円
  • 医療事務:289万円
  • 営業事務:323万円
  • 一般事務:328万円

日本の平均年収422万円と比較すると、一般事務職の年収は低いです。次に、類似職種の医療事務と営業事務の平均年収と比較します。DODAによると医療事務の年収は289万円、営業事務は323万円であることから、一般事務は医療事務よりやや高く、営業事務とほぼ同じ年収であることがわかります。

学校事務のボーナス・昇給事情

ボーナスについて

学校事務の情報がないため、似たような職種の平均年収について調べました。DODAによると、一般事務アシスタントのボーナスは2015年冬で41.3万円、2016年夏で41万円となっています。

昇給について

学校事務の昇給に関する情報はありませんでした。ですが、学校によって事情は異なるため、一概に昇給の有無を断言することはできないでしょう。

学校事務の年齢別平均年収推移シミュレーション

事務職の年齢別の平均年収を5歳刻みで算出をしました。年齢別の月給と年収の推定値はどのようになっているでしょうか。

年齢 年収 月給 ボーナス
20~24歳 204.8万円 14.1万円 36.2万円
25~29歳 266.8万円 18.3万円 47.1万円
30~34歳 307.4万円 21.1万円 54.3万円
35~39歳 336.9万円 23.1万円 59.5万円
40~44歳 363.0万円 24.9万円 64.1万円
45~49歳 383.8万円 26.3万円 67.8万円
50~54歳 399.8万円 27.4万円 70.6万円
55~59歳 394.0万円 27.0万円 69.6万円
60~64歳 295.4万円 20.3万円 52.2万円

年齢別の平均年収を5歳刻みで算出すると、30代前半での平均年収は307万円、うちボーナスは54万円になると予測されます。40代前半では平均年収が363万円、うちボーナスは64万円になると予測されます。

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

学校事務と日本の平均年収との年齢別比較シミュレーション

年齢 学校事務の平均年収 日本の平均年収
20~24歳 204.8万円 263.5万円
25~29歳 266.8万円 343.3万円
30~34歳 307.4万円 395.5万円
35~39歳 336.9万円 433.4万円
40~44歳 363.0万円 467.1万円
45~49歳 383.8万円 493.8万円
50~54歳 399.8万円 514.4万円
55~59歳 394.0万円 507.0万円
60~64歳 295.4万円 380.1万円

学校事務の平均年収は、日本の企業全体の平均年収と比較すると低いといえるでしょう。最も差が大きいのは50代前半で、日本の平均年収より114万円ほど低くなると推測されます。また、40代前半では363万円となる予測です。

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

学校事務の生涯賃金シミュレーション

学校事務の平均年収 日本の平均年収
生涯賃金 1.48億円 1.90億円

日本の平均的な生涯賃金と事務職の生涯賃金を比較してみましょう。学校事務の平均年収は328万円であることがわかりました。一方、日本の平均年収は422万円です。20~65歳まで勤めたと仮定した場合、生涯で得られる賃金はどれくらいになるのでしょうか。その結果が、上記の表です。

学校事務の生涯賃金は、1.48億円と予想されます。日本の平均生涯賃金と比較すると4,000万円ほど低いと推測されます。

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

人気業界の年収をチェック!

高収入の職種を探しているという就活生は、人気業界に属する企業の年収を知っておくといいでしょう。人気業界のトップに位置する企業は、年収も平均を上回っていることが多いです。年収を知るためにおすすめなのが「人気21業界丸わかりマップ」です。

この資料では、各企業の年収以外にも売上高や純利益を掲載しています。企業を比較する際に、これらは必ずおさえておきたい情報になります。無料でダウンロードできるため、業界研究として活用したい就活生にもおすすめです。

まとめ

学校事務の年収は、勤め先の学校や雇用形態、年齢などによって異なります。公立の学校事務職員では、各都道府県や市区町村によっても給料に差があります。また、私立学校の職員の年収は、学校によって差が大きいといわれています。学校事務の年収は、日本の平均と比較すると低いですが、一般的には年齢と勤続年数が上がるにつれて年収も増加する傾向にあります。人気のある学校では、年収が1,000万円を超えることもあるようなので、学校事務の年収が一概に低いとも言い切れません。

学校事務は、表に立って活躍するような職業ではありませんが、教職員や生徒を陰で支える縁の下の力持ちのような存在です。様々な業務をこつこつと着実にこなすことが得意な人には、向いている職業だといえるでしょう。

※最後に、本記事につきましては、公開されている情報を活用し、当社が独自の基準によってシミュレーションした結果を開示しているものとなります。読者の皆様に企業選択の一助になればという趣旨で情報を作成しておりますため、なるべく実態に近い状態のシミュレーションとなる様に最善を尽くしているものの、実際の報酬額とは異なります。 あくまでも参考情報の一つとしてご活用くださいませ。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也
(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ