職種研究

イラストレーターの平均年収・ボーナス事情|比較シミュレーションで比べてみよう

イラストレーターとは

イラストレーターは、クライアントの要望を聞き、それに応えたイラストを描くという仕事です。イラストを求められる分野は、雑誌やポスター、カタログなどの印刷物から広告デザイン、ゲームまで幅広いものとなっています。

イラストを描くのは個人作業ですが、グラフィックデザイナーやコピーライターと組んで作品を作り上げることも多く、チームでの作業を求められることもあります。

そんなイラストレーターの仕事内容や平均年収について見ていきましょう。

イラストレーターの種類について

  • 書籍・カタログ・パンフレットなどの紙媒体のイラストレーター
  • webサイトのイラストレーター
  • ゲームのイラストレーター
  • 広告のイラストレーター

イラストレーターは、何に対してイラストを描いているかによって分類されます。分野を問わずイラストを描いているイラストレーターもいますが、得意分野を持って専門的に活動をしているイラストレーターもいるようです。

イラストレーターの業務内容

書籍やカタログ、パンフレットなどの印刷物にイラストを描く場合、そのイラストがどのような役割を果たすかによって求められる物が変わってきます。どのような読者を想定したイラストなのかを考え、クライアントと相談しながら絵柄を決めていかなければなりません。

webサイトのイラストレーターは、クライアントがどのようなサイトを作っていきたいかにもとづいてイラストを仕上げます。ときにはwebデザイナーとも相談しながら、イラストを作成していく必要があるでしょう。

ゲームのイラストレーターは、デジタルで立体的なイラストを描く必要があります。求められる絵柄は、人物や背景、仮想的なものなどがあり、幅広いもののイラストを描く力が必要です。また、ゲームにはそれぞれの世界観があるため、世界観が伝わるようなイラストを描けるようクライアントとのコミュニケーションをとることが大切です。

広告のイラストレーターは、イラストの出来により商品の売り上げに影響がでることもあるという厳しくもやりがいのある仕事です。広告製作会社のスタッフやコピーライターなどと話し合いを重ねて、イラストを作り上げていきます。

イラストレーターに求められる能力について

  • デッサン力
  • オリジナリティ
  • PCスキル
  • コミュニケーション力

イラストレーターには、高い画力が求められます。絵に自信がある人も、まずは絵の基礎であるデッサンをしっかり身に付けた方が良いでしょう。

デッサンを学び画力が上達したら、少しずつオリジナリティを見つけていきます。イラストレーターは、クライアントの要望を最優先して絵を描くため、オリジナリティを前面に出したイラストを描く機会は多くないと言えます。しかし、クライアントの要望を取り入れた中にもオリジナリティを出していけるようになれば、指名で仕事を得ることが増えるかもしれません。

納得のいくイラストを描けるようになったら、ぜひパソコンについても学んでおきましょう。イラストレーターが身に付けるべきPCスキルは2つです。1つ目はイラストを描くための専用ソフトについてです。デジタル処理したイラストを求められても困らないよう、きちんと習得しておきましょう。2つめはwebコンテンツ制作の知識です。webサイトのイラストを描く場合、サイトの仕組みそのものを理解していた方が円滑に仕事を進めることができます。

技術や知識に加えてイラストレーターに必要なものは、コミュニケーション力です。イラストレーターは、自分の好きな絵を好きなように描けば良いというわけではありません。クライアントが頭の中で考えているイラストのイメージを、しっかりと聞きだす力が必要となります。クライアントの希望に沿ったイラストを描いてこそ、プロのイラストレーターといえるでしょう。

イラストレーターの平均年収と他職種との比較

イラストレーターの働き方は2通りあります。1つめは広告製作会社やデザイン事務所、出版社に所属し活動する方法です。給与が支払われるため、毎月決まった収入があります。2つめはフリーランスで働く方法です。収入は安定しませんが、人気イラストレーターになれば、大きな収入を得られる可能性もあるでしょう。イラストレーターは、働き方によってどのように収入を得るかが大きく変わってくる職業だといえます。

イラストレーターの平均年収について

転職会議によると、イラストレーターの平均年収は316万円となっています。フリーランスの場合の収入は完全に実力次第になりますが、企業に所属しているイラストレーターは年次が上がるとともに年収も増えていく傾向にあるようです。

他の職種・平均との比較

  • 日本の平均年収:422万円
  • グラフィックデザイナーの平均年収:322万円
  • コピーライターの平均年収:367万円

イラストレーターの平均年収は、日本の平均年収422万円と比較して、106万円低くなっています。また類似職のグラフィックデザイナーで322万円、コピーライターで367万円(転職会議調べ)であることから考えても、イラストレーターの平均年収は低めであることがうかがえます。

イラストレーターのボーナス・昇給事情

イラストレーターの収入は、フリーランスか会社に所属しているかなどによって異なります。そのため、ボーナスや昇給についても一概には判断しにくくなっています。

ボーナスについて

イラストレーターのボーナスの有無については、企業によって差があります。賞与がある企業もあるようですが、回数などは不明です。描いたイラストがヒットした場合などは、特別なボーナスがでることもあるようです。

昇給について

イラストレーターの昇給についても、企業によって事情が異なってきます。定期的な昇給のための制度を整備している企業も多いですが、企業の事情によっては昇給がほとんどない場合もあるので、一概にあるなしを断定できるわけではありません。

イラストレーターの年齢別平均年収推移シミュレーション

事務職の年齢別の平均年収を5歳刻みで算出をしました。年齢別の月給と年収の推定値はどのようになっているでしょうか。

年齢 年収 月給 ボーナス
20~24歳 193.0万円 13.2万円 34.1万円
25~29歳 251.4万円 17.2万円 44.4万円
30~34歳 289.6万円 19.9万円 51.2万円
35~39歳 317.3万円 21.8万円 56.1万円
40~44歳 342.0万円 23.5万円 60.4万円
45~49歳 361.6万円 24.8万円 63.9万円
50~54歳 376.7万円 25.8万円 66.5万円
55~59歳 371.2万円 25.5万円 65.6万円
60~64歳 278.3万円 19.1万円 49.2万円

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

年齢別の平均年収を5歳刻みで算出すると、30~34歳での平均年収は289.6万円、うちボーナスは51.2万円になると予測されます。40~44歳では平均年収が342万円、うちボーナスは60.4万円になると予測されます。

イラストレーターと日本の平均年収との年齢別比較シミュレーション

年齢 イラストレーターの平均年収 日本の平均年収
20~24歳 193.0万円 263.5万円
25~29歳 251.4万円 343.3万円
30~34歳 289.6万円 395.5万円
35~39歳 317.3万円 433.4万円
40~44歳 342.0万円 467.1万円
45~49歳 361.6万円 493.8万円
50~54歳 376.7万円 514.4万円
55~59歳 371.2万円 507.0万円
60~64歳 278.3万円 380.1万円

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーイラストレーターの平均年収は、日本の企業全体の平均年収と比較すると低いと言えるでしょう。30~34歳の平均年収は289.6万円で、日本の平均と比較すると105.9万円ほど低くなると推測されます。40~44歳では342万円の予測です。

ション数値となります。

イラストレーターの生涯賃金シミュレーション

  イラストレーターの平均年収 日本の平均年収
生涯賃金 1.39億円 1.90億円

イラストレーターの生涯賃金は、1.39億円と予想されます。日本の平均生涯賃金と比較すると5100万円ほど少ないと推測されます。日本の平均的な生涯賃金とイラストレーターの生涯賃金を比較してみましょう。イラストレーターの平均年収は316万円 であることがわかりました。一方、日本の平均年収は 422万円 です。20~65歳まで勤めたと仮定した場合、生涯で得られる賃金はどれくらいになるのでしょうか。その結果が、上記の表です。

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレー
ション数値となります。

今の時期に「強みや適職」を知らないと
優良企業に内定できない

就活が本格的に始まる前の今の時期、自分の強みや適性を把握するために自己分析をする必要があります。

もし自己分析をしていないと、自分に合った企業が分からず、企業選びに失敗してしまいます。そうなると入社後やインターン中にミスマッチが生じたり、そもそも選考を突破できないケースが多いです。

そこで、無料の自己分析ツール「My analytics」を活用しましょう。 簡単な質問に答えるだけで、自分の強み・弱み、適性をすぐに診断できます。

今すぐ診断し、自分にあった企業を探すのに役立てましょう!

まとめ

イラストレーターは、クライアントの要望を聞き、自らの技術とセンスでイラストを作り上げていくというクリエイティブな仕事です。イラストを描くのが好きだという人には、とてもやりがいのある仕事でしょう。

一方、イラストレーターの年収は、日本の平均年収よりも水準が低くなっています。実力をつけて独立し、フリーランスとして指名をもらえるようになれば、収入が上がることもあるようです。収入が少ない時の苦しさをイラストへの情熱で乗り越え、仕事をやり続けることが、イラストレーターで生計を立てていけるようになるためのポイントだといえるでしょう。

※最後に、本記事につきましては、公開されている情報を活用し、当社が独自の基準によってシミュレーションした結果を開示しているものとなります。読者の皆様に企業選択の一助になればという趣旨で情報を作成しておりますため、なるべく実態に近い状態のシミュレーションとなる様に最善を尽くしているものの、実際の報酬額とは異なります。 あくまでも参考情報の一つとしてご活用くださいませ。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ