職種研究

コンビニの平均年収・ボーナス事情|比較シミュレーションで比べてみよう

コンビニとは

コンビニは、コンビニエンスストアの略称であり、主に食品や雑貨・書籍など多数の商品を扱う小型のスーパーマーケットのような存在です。また、商品の販売だけでなく、コピーや料金代理収納、チケットの予約および発行など、様々なサービスも手掛けています。年中無休・24時間営業の店舗も多く、その利便性の高さが人気を集め、たくさんの人々に利用されています。支払方法は、現金のほか、クレジットカードやSuicaなどの電子マネーに対応している店舗もあります。日本全国に店舗を構え、私たちの生活にとても馴染み深い存在であるコンビニ。そのコンビニ店員の年収やボーナス水準とは、いったいいくらぐらいなのでしょうか。

コンビニの種類について

  • 接客・販売・レジ打ち
  • 商品陳列
  • 在庫管理
  • 宅急便やメール便の受け渡し
  • 従業員の管理・育成

コンビニの職種を細かく分類すると、接客、商品陳列、在庫管理、宅急便やメール便の受け渡し、従業員の管理・育成などに大別されます。
コンビニの業務内容
コンビニでの業務は、商品の販売やレジ接客が中心となります。レジでの接客では、ただ単に商品の金額を計算して、お金のやりとりをするだけではありません。顧客に対して笑顔で丁寧な接客をおこなうことも大切です。

商品陳列も、コンビニでの業務のひとつです。綺麗に商品を陳列することはもちろん、売り場や商品に合わせた陳列方法を考えながら、商品を並べていきます。特に売りたい商品は目につきやすい場所に配置するなどの工夫が必要です。

また、商品の在庫管理も行います。具体的には、商品の発注や補充、入荷商品の確認、売れ残った商品の処理などをしています。近年では、在庫管理システムを導入しているコンビニもあります。

コンビニに届く宅急便やメール便の受け渡しもおこないます。その他にも、店内の清掃やPOP作成、電話応対などの雑務もこなします。

さらに、従業員の管理をすることもあります。新しく入社した従業員の教育や指導のほか、従業員のシフト調整、給与管理などもおこないます。

コンビニに求められる能力について

  • コミュニケーション能力
  • 手際の良さ
  • 丁寧さ

コンビニ店員の仕事は、接客が中心です。そのため、顧客に笑顔で親切に接することのできるコミュニケーション能力は必要不可欠です。顧客がまた来店したくなるような、気持ちの良い応対ができる人材が求められます。

また、手際の良さも必要です。特に朝や夕方などの混雑する時間帯では、レジ打ちなどをスムーズにこなし、なるべく顧客の待ち時間を短縮するように心がけます。

コンビニ店員にはスピードが求められますが、たとえ忙しい時間帯であっても、商品をぞんざいに扱ってはいけません。商品を丁寧に扱い、かつスピーディに業務をこなすことが大切です。

今の時期に「強みや適職」を知らないと
優良企業に内定できない

就活が本格的に始まる前の今の時期、自分の強みや適性を把握するために自己分析をする必要があります。

もし自己分析をしていないと、自分に合った企業が分からず、企業選びに失敗してしまいます。そうなると入社後やインターン中にミスマッチが生じたり、そもそも選考を突破できないケースが多いです。

そこで、無料の自己分析ツール「My analytics」を活用しましょう。 簡単な質問に答えるだけで、自分の強み・弱み、適性をすぐに診断できます。

今すぐ診断し、自分にあった企業を探すのに役立てましょう!

コンビニの平均年収と他職種との比較

はたらいくによると、コンビニの平均年収は281万円です。月収は約20万程度となり、やや低めの年収といえるでしょう。

他の職種・平均との比較

  • 日本の平均年収:422万円
  •  食品製造・販売の平均年収:281万円
  • インテリア・雑貨販売の平均年収:260万円

日本の平均年収422万円と比較すると、コンビニの平均年収は141万円ほど低いです。類似職種と比較すると、食品製造・販売の平均年収は281万円、インテリア・雑貨販売の平均年収は260万円です。コンビニの平均年収は、インテリア・雑貨販売より高く、食品製造・販売と同額となっています。

コンビニのボーナス・昇給事情

ボーナスについて

コンビニのボーナスに関する情報はありませんでした。ただし、企業によって事情が異なるため、一概にボーナスの有無を断言することはできません。

昇給について

コンビニで昇給する方法は、企業や店舗によって異なります。中には人事評価シートを使い、項目ごとに従業員を評価しているコンビニもあります。たとえば、身だしなみがきちんとされているか、顧客に対して笑顔で対応しているかなど、様々な評価対象の項目があります。また、昇給のタイミングや昇給の額は、一般的に店長と相談して決定することが多いようです。

コンビニの年齢別平均年収推移シミュレーション

事務職の年齢別の平均年収を5歳刻みで算出をしました。年齢別の月給と年収の推定値はどのようになっているでしょうか。

年齢 年収 月給 ボーナス
20~24歳 175.5万円 12.0万円 31.0万円
25~29歳 228.6万円 15.7万円 40.4万円
30~34歳 263.3万円 18.1万円 46.5万円
35~39歳 288.6万円 19.8万円 51.0万円
40~44歳 311.0万円 21.3万円 54.9万円
45~49歳 328.8万円 22.6万円 58.1万円
50~54歳 342.6万円 23.5万円 60.5万円
55~59歳 337.6万円 23.2万円 59.6万円
60~64歳 253.1万円 17.4万円 44.7万円

年齢別の平均年収を5歳刻みで算出すると、30~34歳での平均年収は263万円、うちボーナスは46万円になると予測されます。40~44歳では平均年収が311万円、うちボーナスは54万円になると予測されます。

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

コンビニと日本の平均年収との年齢別比較シミュレーション

年齢 コンビニの平均年収 日本の平均年収
20~24歳 175.5万円 263.5万円
25~29歳 228.6万円 343.3万円
30~34歳 263.3万円 395.5万円
35~39歳 288.6万円 433.4万円
40~44歳 311.0万円 467.1万円
45~49歳 328.8万円 493.8万円
50~54歳 342.6万円 514.4万円
55~59歳 337.6万円 507.0万円
60~64歳 253.1万円 380.1万円

コンビニの平均年収は、日本の企業全体の平均年収と比較すると低いといえるでしょう。30~34歳の平均年収は263万円で、日本の平均と比較すると132万円ほど低くなると推測されます。40~44歳では311万円の予測です。

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

コンビニの生涯賃金シミュレーション

コンビニの平均年収 日本の平均年収
生涯賃金 1.26億円 1.90億円

日本の平均的な生涯賃金とコンビニの生涯賃金を比較してみましょう。コンビニの平均年収は281万円であることがわかりました。一方、日本の平均年収は422万円です。20~65歳まで勤めたと仮定した場合、生涯で得られる賃金はどれくらいになるのでしょうか。その結果が、上記の表です。

コンビニの生涯賃金は、1億2,600円と予想されます。日本の平均生涯賃金と比較するとおよそ6,400万円低いと推測されます。

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

まとめ

コンビニ店員の仕事は、レジ打ちをはじめ、商品陳列やその他の雑務を数人でこなす必要があり、はじめは戸惑う人もいるかもしれません。ですが、未経験者でもスキルアップができるマニュアルが完備されているケースが多いです。また、様々な業務を担当することになるので、経営の基本を学ぶこともできます。将来、小売業で起業を考えている人にとっては、絶好の勉強の場となるでしょう。コンビニ店員の年収水準は低いですが、役職の地位に就けば給与も上がります。さらに、接客から小売業の知識も身につけることのできる仕事です。未経験者も積極的に採用する店舗が多いので、コンビニ店員を経験したことのない人は、一度挑戦してみてはいかがでしょうか。

※最後に、本記事につきましては、公開されている情報を活用し、当社が独自の基準によってシミュレーションした結果を開示しているものとなります。読者の皆様に企業選択の一助になればという趣旨で情報を作成しておりますため、なるべく実態に近い状態のシミュレーションとなる様に最善を尽くしているものの、実際の報酬額とは異なります。 あくまでも参考情報の一つとしてご活用くださいませ。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ