就活その他

これからの職業と求められるスキル|無くなる可能性の高い仕事も紹介

技術の発達で今後なくなる可能性のある職業は多い

これまでにも工場などでは機械化により、人間に代わってロボットによる生産が中心でした。しかし最近ではこれまでのロボット生産に加えてAI(人工知能)が急速に進歩するなどの技術革新が進んできています。その結果、工場だけではなくあらゆる仕事で、人間がこれまでと同じ働き方では生き残ることができない時代へと変化をしてきています。

これまでは人間によって支えられてきた仕事が今後はロボットやAIに取って代わられる可能性があるのです。このことは、これから職業を選択する就活生にとってとても重要な問題ではないでしょうか。そこで、就活生として知っておきたい将来性の高い職業と今後衰退していく可能性の高い職業について紹介をします。

期待度の高いこれからの職業

技術の発達により今後期待度が高い職業は何でしょうか。一言でいえば、「人でなければできない仕事」です。キーワードとしては「コミュニケーション」、「創造性」、「専門性」の3つが挙げられます。具体的には人とのコミュニケーションにより物事を進めていくマネジメント能力が求められる仕事が挙げられます。また、ファッションデザイナーやアニメーターなどの創造的な分野の仕事も期待度の高い職業です。さらに、エンジニアや医療関係の専門職なども人にしかできない仕事として期待度の高い職業といえます。

医療関係

期待度の高いこれからの職業の一つ目は医療関係の仕事です。医療を取り巻く環境は少子高齢化の進展や医療技術の進歩により大きく変化をしてきています。超音波診断技術装置や画像診断機器などの診断技術はより高度化し、機械の力だけではどうすることもできない分野です。これらの医療技術は、より専門的な技術を持った人間でなければ扱うことはできません。

また、カテーテルや内視鏡などを使った治療技術の進歩もめざましいものがあります。さらに、治療方法についても医師が一方的に患者に説明をしていた時代から、医師と患者や家族が一緒になって治療方法を決めていくという時代へと変化をしています。ですから、医師には患者や家族とのコミュニケーション能力が求められていくでしょう。

介護職は特に需要が増える

介護職も、非常にこれからの期待度が高い職業であるといえます。周知の通り日本は少子高齢化に悩まされており、日本全体の人口は減少傾向にあるのに対し、高齢者の人口は増加しております。税負担などの不安はありますが、介護ビジネスの観点からは、市場の成長が目に見えており、大きなチャンスといえるでしょう。

介護ロボットなども実用化されてきていますが、これはあくまでも介護者の肉体労働をサポートするものです。介護においては、利用者との日々のコミュニケーションが非常に大切であり、まだまだロボットには代わることのできない職業です。

また、経験を積めば国家資格である「介護福祉士」の取得を目指すこともでき、手に職をつけて全国どこでも仕事に困らないことは、介護職の魅力のひとつです。

IT関係

期待度の高いこれからの職業の二つ目はIT関係の仕事です。我々を取り巻く環境は日常のさまざまなものがインターネットに繋がっています。今やわたしたちの身近にある家電やスマートフォン、車などあらゆるものにITが組み込まれています。このように今後も産業のIT化はさらに進んでいくでしょう。ビジネスにおいてもIT技術とそれを利用するために必要なシステムエンジニアの仕事は今後もニーズが高まっていく職種です。

さらに、今やビッグデータはさまざまな企業から多くの関心を集めています。購買履歴や顧客情報などを利用し、マーケティングや商品開発、新規事業の開拓などに役立てようとしています。ビッグデータを扱える人材も今後は求められてくるでしょう。このように、IT業界はまさに日本の産業を支える業界であり、今後もますます成長をしていく業種です。

広告関係

期待度の高いこれからの職業の三つ目は広告関係の仕事が挙げられます。広告は各業界の企業戦略として必要不可欠なものであり、今後も衰退をしていくことは考えられません。とはいえ、広告業界も今や大きな転換期を迎えています。これまでの広告媒体はテレビやラジオ、雑誌、新聞でした。ところが、インターネットの普及によりインターネット広告が大きな広がりを見せてきています。

若者を中心にテレビ離れや活字離れが進む一方で、インターネットの市場は拡大をし続けてきています。このような中で広告業界においても広告のデジタル化が進み、今やインターネット広告が当たり前になってきているのです。さらに、セールスプロモーション分野など新たなビジネスを展開するなど新規のマーケティングの開拓にも力を入れるなど、広告業界は今後も発展をしていくでしょう。

観光関係

期待度の高いこれからの職業の4つ目は、観光関係の仕事です。日本の訪日外国人の数は年々増加傾向にあります。「インバウンド」という言葉は、今では「訪日外国人による経済効果」という意味合いで当たり前に浸透しています。

日本政府観光局によると、2017年の年間訪日外国人数は2,869万人であり、2012年比で3.4倍、5年間で約2,000万人増加しています。日本政府は、2030年にはこの数字を6,000万人まで引き上げる中期目標を掲げており、直近では2019年にラグビーワールドカップ、2020年には東京オリンピックなどのビッグスポーツイベントも予定されていることから、インバウンド効果は拡大していくことが予想されます。

特に日本においては、遺跡や食べ物だけでなくサービス精神やホスピタリティといった「人のこころ」が観光資源となっており、AIにはできないコミュニケーションが重要です。また、新たに法律が施行された民泊ビジネスなど、ITを取り入れた観光ビジネスも注目でしょう。

税理士・弁護士

期待度の高いこれからの職業5つ目は、税理士です。「これから消えていく職業」としても度々紹介されることもあるので、少々意外かもしれません。確かに、税理士の仕事の一部には、非常に作業的な業務があり、そこはAIなどに代わっていくかもしれません。実際、すでに経費精算や会計処理のソフトやクラウドが登場し、煩雑な業務が効率化されています。

しかし、その処理結果をもってどう税務判断するか、経営層とディスカッションしながら決定していくことが、税理士の真価であり、そういった「作業化」が難しい業務は専門的知識を有した人間にしか務まらない仕事でしょう。また、弁護士も同様にこれからの期待度が高い職業です。これも、法律書籍の管理や更新などは、ペーパーレスなクラウド管理に代わっていくかもしれません。しかし、その法の知識を武器に、人間同士の揉め事を調停するという高度なコミュニケーションが求められる弁護士は、今後も社会に必要とされる職業でしょう。

建築関係

期待度の高いこれからの職業6つ目は、建築関係の仕事です。近い将来で言えば、前述した東京オリンピックや観光客の増加に伴い、ホテルや商業施設などの建築需要は増加するでしょう。

また、インフラ設備など大規模な建築物の建て替え等も今後増えていく見込みです。現在建っているインフラ設備はバブル景気の頃に建設されたものが多く、耐用年数が過ぎ更新の時機を迎えています。こういったインフラ工事は事業規模が大きく、動くお金も莫大なものになり、長期にわたるプロジェクトになります。専門的な設計技術や巨大な重機の運転技術を要する大規模工事をロボットだけで全自動化することは困難です。

こうした建築関係の仕事は、これからの期待度が高いだけでなく、国を動かすような事業内容からやりがいも大きな職業としても人気を博しています。

自己分析ツールを活用して、あなたの適職を発見しよう

その仕事が将来的にも需要があるかどうかも大事ですが、それ以上に仕事選びで考えなければならないのは、その仕事が「自分に向いているかどうか」です。

自分に向いている仕事を見極めるには、無料の自己分析ツール「My analytics」が便利です。36の質問に答えるだけで、あなたの強み・弱み→それに基づく適職をサクッと診断できます。

My analyticsを活用して、あなたの強み・適職を診断し、自分に向いている仕事を見極めましょう。

これから衰退していく可能性が高い職業

AI等の技術の発達で今後衰退していく可能性の高い職業とは何でしょうか。一つの目安としてはマニュアル化できる仕事や大量のデータを分析するような業務は、今後ロボットに代わられていくということです。具体的には単純作業ほど機械に取って代わられ、想像力を必要としない職業も衰退をしていく可能性が高いと言えます。またコンピューターによる自動化や効率化により、事務系の仕事は今後は確実に衰退をしていくでしょう。

出版関係

今後衰退をしていく可能性が高い職業としてまず挙げられるのが出版関係の業界です。今や出版関係はスマートフォンなどのデジタル化が進む中で、衰退しつつある業種といえるでしょう。今後もインターネットの普及により若者の活字離れがますます進み、書籍や雑誌、新聞などの活字媒体の利用率がどんどん下がってくることは確実です。

また、比較的新しい本を扱う新古書店や漫画喫茶の普及も出版業界の衰退に拍車をかけています。一方、このように出版物の市場は縮小傾向にある中で、電子書籍は拡大をしてきています。今後出版業界を目指している就活生は電子化による売り上げを伸ばすための戦略が必要となってくると言えるでしょう。

受付事務関係

今後衰退をしていく可能性が高い職業として次に挙げられるのが事務関係の仕事です。これまでは一般事務職は人気のある職業でした。しかし、AIの発達により会計や経理、給与、福利厚生担当の事務の仕事は急速に減りつつあります。また、事務の仕事は高度な専門知識や特別なスキルが必要ないことから、会社の業績が悪化したときには一番に削減されやすい職種です。

派遣社員やアルバイトに取って代わられることもあります。特に受付事務の機械化は今後も大きな広がりを見せるでしょう。コンピューターの性能向上とAIとの組み合わせで接客できるロボットが開発され、ホテルのフロント業務を担う人型ロボットが活躍し始めています。

販売・レジ

今後衰退をしていく可能性が高い職業としてもう一つ挙げられるのが、販売・レジ関係の仕事です。そもそもレジ業務自体が単純作業であることに加え、昨今の決済方法の簡易化により、日本でも無人レジが続々導入されています。

中国では無人コンビニが登場し、店の開錠から決済まで、全て携帯アプリや生体認証で完結します。日本の飲食店では、お客様のお出迎え業務をロボットに代行させている店舗も出現し、販売員の削減にも成功しています。

また、EC(ネット販売)の台頭も販売員の職を脅かしています。今やネットで買えないものはないどころか、注文したその日に商品を受け取ることすら可能になってきています。ドローンによる配達も実用化が着々と進められています。人を介することなく自由に買い物ができる時代が到来しつつある今、販売・レジ関係の仕事は衰退していく可能性が高いでしょう。

これからの職業に求められるスキル

日本経済は今後も不透明な状態が続き、さらにはすさまじい勢いで技術革新が続いている状況の中で、雇用の不安を感じている就活生も多いのではないでしょうか。特にビジネス経験の少ないみなさんにとって不安要素が多い時代と言えるでしょう。このように、劇的な変化を遂げている時代において就活生には10年後、20年後にも活躍し続けるためのスキルが求められています。そこで、これからの職業に求められるスキルについて紹介します。

語学力

今、あらゆる企業でグローバル化した事業展開に取り組んでいます。国内だけでビジネスを行う企業は急速に減っていくでしょう。ですから、どのような業界に就職をするにしても語学力は必要不可欠なスキルとなります。実際に社内で英語を公用語としている企業も出始め、TOEICテストで一定の点数以上を採用や昇進の条件にする動きも見られます。

今後も英語力の重要性は高まる一方で、英語力があれば就職には有利に働くことでしょう。そのためには、英語力はTOEICスコア等という形で自身のスキルとして身につけておくことをお勧めします。さらに、今後は英語と合わせて中国語や韓国語等のアジア言語のスキルを身につけた人材が求められていくことは確実です。

専門技術

ほとんどの企業では実務に即した資格やスキルを身につけた即戦力の人材を求めています。ですから、専門技術を身につけた学生は就活の際には大変な有利となります。その一つとして「ITパスポート」は大きな武器の一つです。ITに関する基礎的な知識が証明できる国家資格で、ITパスポートはエンジニアに限らずどの業界においても活かせるスキルです。

また、プログラミングスキルも持っていた方が良い専門技術です。最近ではほぼ全てのサービスにプログラミングの技術が関わっているといっても過言ではありません。さらに、文系や理系を問わず活躍できる医療系の資格である作業療法士や理学療法士は人手不足の仕事であり、将来性の高い医療系の資格です。

労働人口の約半数は人口知能へ代替できる

驚くべきことに、10〜20年後には、日本の労働人口の約半数の職業が、AIやロボットによる代替が可能になるという研究結果もあります。これはあくまでも「技術的には」という話で、開発や導入にかかるコストを踏まえて「経済的にも」代替可能かどうかは議論の余地があります。

しかし、労働人口の減少が予測される日本においては、労働力を補完できるAIやロボットの開発は進んでいくでしょう。AIやロボットの導入が進み、大量生産のフェーズに入れば、コストメリットも出やすくなります。当たり前のように同僚にロボットがいるSFのような時代は、もう目の前まで迫っているのかもしれません。

コミュニケーションを要する職業はなくならない

そんな中これからの職業に求められる最も重要なスキルといっても過言ではないのが、コミュニケーションスキルです。前述の研究結果では、人工知能の台頭を示唆する一方で、他者との折衝や協調性、交渉力、洞察力が求められる職業は、人工知能による代替は難しいとも述べられています。

相手の所作や雰囲気から気持ちを察し、想像力を働かせて相手の期待に応える行動ができることは、人間にのみ備わったコミュニケーションという特別なスキルです。従って、コミュニケーションを要する職業に対する社会的ニーズは、今後も廃れていくことはないでしょう。そしてこのスキルは、特別な勉強をしなければ身につかないものではありません。

日常の他者との会話や、学業、部活動、アルバイトなどの様々な経験を通じて鍛えることができる、誰しもに素質が与えられているスキルなのです。

自己分析ツールを活用して、あなたの適職を発見しよう

その仕事が将来も需要があるかどうかも大事ですが、それ以上に仕事選びで考えなければならないのは、その仕事が「自分に向いているかどうか」です。

自分に向いている仕事を見極めるには、無料の自己分析ツール「My analytics」が便利です。36の質問に答えるだけで、あなたの強み・弱み→それに基づく適職をサクッと診断できます。

My analyticsを活用して、あなたの強み・適職を診断し、自分に向いている仕事を見極めましょう。

これからの職業について把握して就活に臨もう

最近、AIなどの技術革新が進み、これまでと同じ働き方では生き残ることができない時代へと変化をしてきています。技術の発達により今後期待度が高い職業としは、コミュニケーションや創造性、専門性などを要する、「人でなければできない仕事」です。代表的な職業としては医療関係やIT関係、さらには広告関係の職業が挙げられます。

一方、マニュアル化できる仕事や大量のデータを分析するような業務は、今後ロボットに取って代わられていくでしょう。今後衰退していく可能性の高い代表的な職業としては出版関係や受付事務関係の職業が挙げられます。このように不透明で変化の激しい社会で就職するためには語学力や専門技術などのスキルを身に着けることは必須です。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ