就活その他

【人気企業ランキング】就活生に評判のいい会社の特徴を徹底解説

就活生の多くは人気企業に就職したい

人気企業に入りたいと考えている就活生は多いのではないでしょうか。しかしどうして人気企業でなければならないのかは難しい問題です。子供の頃から夢を見ていたというのなら話は別です。しかし思い入れがなければ「なぜ人気企業を目指す」のか、細かい部分で分からない所も多くなります。

就活では単純に「人気」という所だけに注目してはいけません。軽く考えて入ってしまい、「こんなはずではなかった」と思って離職する羽目になるのは避けたいものです。そのような悲劇にならないためにも人気企業と他の企業ではどこが異なるのか、充実した就活のため、ぜひチェックしておきましょう。

この点をより把握することは、志望するかしないかの判断を大きく左右する材料になります。

人気企業になりやすい会社の特徴5つ

人気企業には人気になるだけの理由があります。就活をする上でも不人気の企業に喜んでいきたいという人は少ないのではないでしょうか。では、人気企業になりやすい特徴とはどういった所なのでしょうか。

「給料はどれぐらいか」「どんな仕事か」「やりがいはあるのか」「休日はどれぐらいなのか」といったような点で、人気企業は不人気な企業と大きく異なるところが多いのです。人気企業になりやすい会社の特徴5つをご紹介しますので、就活の参考にしてみてください。

①収入が安定している

人気企業になる第一条件として、得られる収入が挙げられます。中小企業でも月々の収入がよい所はあります。しかし人気企業や大手企業と評価されている企業は、ボーナスに差があるのです。中小企業の中にはボーナスが出ない所も少なくありません。

労働と対価のバランスが釣り合っていなければ、仕事へのモチベーションは低下する一方でしょう。収入が良ければ心にも余裕が出ます。どうせ働くならそういった企業で働きたいと考えるのは、当然の話ともいえるのです。

また、収入が不安定であれば生活の不安も出てきます。結婚をしたなら家族も養っていかなければなりません。その点を考えると、収入をたくさんもらえる安定している企業に人が集まるのは当然といえるでしょう。

②業界内でも有名な大手企業

業界内でも有名な大手企業があります。大手企業の場合、売上が何百億などという企業も少なくありません。そういった企業は社会的な認知度が高い傾向にあります。例えばテレビでもインターネットでも雑誌でも人気企業の名前をみることは多いでしょう。

社会的に知られれば知られるだけ、そのような企業で働いている人間は社会的な信用を高めることができます。社会的な信用が高ければ、うらやましがられることも多いでしょう。親戚の中でも一目置かれる存在になりやすいといえます。

また、家を建てるときなどにお金が入用でも、社会的信用があるなら銀行から融資を受けやすいなどのメリットがあります。そのため、人気企業に入りたい人が多くなるのです。

③生涯なくならない業界の企業

日本には数多くの大手企業が存在しています。ただ絶対に倒産しないということはありません。実際に近年でも大手企業が買収されるなど、倒産の憂き目にあっています。しかし生涯に渡ってなくならないであろう業界があるのも事実です。

人気企業はどんなに不景気となっても生涯なくならないであろう業界に属していることが多いです。具体的にいえば、銀行や空港などが挙げられるでしょう。将来、ロボットやAI技術の発展によってなくなるかもしれないと危惧されている仕事もあります。そうだとしても、銀行や空港などがなくなるのはよほどの革新的な転換がなければありえないといえるのです。

そのため、人気の企業が生涯なくならない業界に所属していることが多くなるのは必然といえます。

④離職率が低い

【代表的な離職の理由】

  • 給与が極端に低い
  • 人間関係が悪すぎる
  • 残業手当など法的な賃金の支払いがない
  • 長時間残業・サービス残業が普通の状態になっている
  • ワンマン経営
  • 会社が法律に抵触することをおこなっている

人気企業は基本的に離職率が低い傾向にあります。そもそも、どうしてせっかく入れた企業なのに途中で離脱することが起きるのでしょうか。多くの人は、何かしら問題があるから離職率が高くなると考えるものです。

離職率の高さの原因については、例えば給料が上がる気がしない、人間関係の問題など多岐に渡ります。しかし、人気企業の場合はそれがほとんどありません。

辞める理由は個人でさまざまです。中には、プライベートに関するやむを得ない理由で辞めてしまう場合もあります。しかし、人気企業で働いていて離職する場合は、「起業する」「新しい世界にチャレンジしたい」などポジティブな理由が多いです。

単純に生活をするために仕事をするというスタンスなら、わざわざ辞める人はいません。そのため人気企業は離職率が低い傾向にあるのです。

⑤就職倍率が高い

人気企業は就活生が優先して入りたいと思う企業が多いです。だからこそ就職倍率が高くなるのは、ある意味必然といえるでしょう。単純に「就職ができればよい」という感覚で就活をするのであれば、就職倍率が低い企業を狙えばよいだけです。しかし、就職倍率が低い企業に入ったとしても、さまざまな問題が出てくる可能性があります。

例えば、収入の面や働き方、やりがいなどが挙げられるでしょう。人気企業では自分が望んだ条件や環境が整っている所が多いです。中には世界を股にかけるような仕事や、社会的に価値がある大規模な仕事もあります。

働く上での条件を満たす企業というのはなかなかありません。であるからこそ、人気企業にはそれだけ人が集まり、就職倍率が高くなるのです。

人気企業が多い業界

人気企業は生涯に渡ってなくなるリスクが少ない業界に集まっています。では具体的にどんな業界に集まっているのでしょうか。就職倍率の高い業界を知っておけば、自分がどんな業界に進みたいのかある程度見えてきます。

人気企業が多い業界を3つほどピックアップしました。どんな特徴を持っているのか、どうして人気になっているのか解説していきます。まだいきたい業界や企業を決めあぐねている就活生は、業界研究の参考にしてみましょう。

金融業界

  • 業界規模:64兆5,970億円
  • 平均年収:694万円
  • 勤続年数:25.9年
  • 代表的な企業:三菱UFJフィナンシャル・第一生命保険・かんぽ生命保険

代表的な人気業界が金融業界です。金融関係は将来的になくなるリスクが少ないといえます。金融業界は銀行や証券会社が非常に人気です。銀行は顧客からお金を預かり、融資などをおこなうのが主要業務です。そして預金金利と貸出金利の差によって利益を得ています。

証券会社は金融商品売買の仲介をおこなう業務です。手数料や株式や債権の運用によって利益を得ます。どちらも「お金」を取り扱う業務となります。人気の理由は給料がよいところや倒産リスクも少なく、社会的な信用が高いところといえるでしょう。メガバンクはもちろん、地方銀行でも同じです。

証券会社は大きなお金を動かせるだけではなく実力主義的なところがあります。責任は非常に大きいですが、結果を出せば出すほど評価も高まります。ばりばり仕事をしたい人に向いているでしょう。

航空業界

  • 業界規模:3兆4,796億円
  • 平均年収:703万円
  • 平均勤続年数:12.9年
  • 代表的な企業:ANAHD・日本航空・日本郵船

航空業界はパイロットや客室乗務員、運行管理や整備士など航空に関する全般の仕事です。子供の頃の夢が「飛行機のパイロット」、「キャビンアテンダント」という人も少なくないでしょう。基本的に給料もよいですし、未来に渡ってなくなるといったリスクがない業界といえます。また、社会的ステータスも高いといえる職業でしょう。

空港で発券業務などをおこなうグランドスタッフも、航空会社で働きたい人に人気があります。また、航空整備士などはパイロットやキャビンアテンダントのような華やかさはないかもしれませんが、飛行機を安全に運行させるためには無くてはならない仕事です。プレッシャーはありますが、やりがいのある仕事といえるでしょう。

保険業界

  • 業界規模:10兆4,151億円(損害保険)
  • 平均年収:946万円
  • 平均勤続年数:18.3年
  • 代表的な企業:東京海上HD・MS&ADインシュアランスGHD・損保ジャパン日本興亜HD

保険業界は損害保険や生命保険などさまざまな保険を取り扱う業界です。一般的に社会的な信用も高いため、例えば賃貸物件を借りる際の職業申告でも特に問題となることは少ない傾向にあります。営業職では歩合制を取っている企業もありますから、実力主義という面も大きいです。特に外資系の保険会社では、結果を出せば出すほど優遇される傾向にあります。

しかし、逆に結果を出せなければ風当たりも強くなり、プレッシャーが大きな仕事ともいえるでしょう。コミュニケーション能力や事務処理能力も求められるため、個人の社会人としてのスキルアップも期待できます。また、保険業界では専門的な知識が必要とされるため、同一の業界でしたら転職も比較的しやすい傾向にあります。

人気業界の年収をチェック!

高収入の職種を探しているという就活生は、人気業界に属する企業の年収を知っておくといいでしょう。人気業界のトップに位置する企業は、年収も平均を上回っていることが多いです。年収を知るためにおすすめなのが「人気21業界丸わかりマップ」です。

この資料では、各企業の年収以外にも売上高や純利益を掲載しています。企業を比較する際に、これらは必ずおさえておきたい情報になります。無料でダウンロードできるため、業界研究として活用したい就活生にもおすすめです。

人気企業ランキング

人気企業ランキング

  1. 伊藤忠商事
  2. 三菱商事
  3. JTBグループ
  4. 三菱UFJ銀行
  5. 全日本空輸(ANA)
  6. 東京海上日動火災保険
  7. 日本航空(JAL)
  8. サントリーグループ
  9. 三井物産
  10. トヨタ自動車

引用元:キャリタス就職2020

キャリタス就職2020によると、大学生に人気の企業は上記の通りとなっています。ランキングを見ると、航空、総合商社、金融が人気ということがわかります。また、JTBグループは昨年26位でしたが、3位にまで順位を上げました。JTBグループは旅行代理店ですので、航空業界とともに旅行関係企業の人気が特に高くなっているようです。

就職先を選ぶ際の指標として人気企業を知っておこう

人気企業を知ることで自分がどんな業界に行き、どのような仕事をすればいいのかが見えてきます。仕事内容にこだわりがなく、生活費を稼ぐために仕事をするという人なら、人気企業を目指すのも悪くないでしょう。ただ、人気の業界はそれだけ就活生が集まってくるということを忘れてはいけません。

給料やボーナスがいい、福利厚生が充実しているといっても、人気企業はその分仕事に対する結果を求められることも多いでしょう。そのため、仕事をバリバリやっていきたい人はやりがいを感じられます。

しかし、仕事はほどほどにプライベートのほうを大切にしたいという人には、働きづらい環境に感じられるかもしれません。その点も含めて仕事内容もきちんとチェックし、その上で人気企業を目指したい場合は、十分な準備をして就活に臨むようにしてください。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也
(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ