職種研究

診療情報管理士の平均年収・ボーナス事情|比較シミュレーションで比べてみよう

診療情報管理士とは

私たちが病院で治療を受けると、病状や治療内容がカルテに記録されます。診療情報管理士は、カルテの内容のチェックやカルテの管理、分析をおこなっています。

そんな診療情報管理士の仕事について、業務内容や平均年収を見ていきましょう。

診療情報管理士の業務内容

診療情報管理士の業務は、カルテのチェックや管理、登録、分析をおこなうことです。

診療情報管理士は、カルテの内容に不備や記入漏れがないかということをチェックします。カルテの内容に不備があった場合は、担当医に内容修正の依頼をすることも診療情報管理士の仕事です。

カルテを番号順にきちんと管理したり、院内でカルテを閲覧する際に貸出や返却の管理もおこないます。電子カルテの整備が進んでいる中、電子カルテのデータを管理することも診療情報管理士の仕事です。

カルテの内容を国際疾病分類にもとづいてコード化し、データ登録します。登録されたデータをさまざまな角度から分析し、病院経営や医療の質が向上するようにフィードバックすることも大切な仕事です。

診療情報管理士に求められる能力について

  • 医療知識
  • 正確なデータ入力
  • 分析能力
  • コミュニケーション能力

診療情報管理士はカルテのチェックやデータ登録をおこないます。カルテの内容に不備がないかをチェックしたり、カルテを国際疾病分類にもとづいてデータ登録するためには、医療知識がなければ成り立ちません。医療は日々進歩していきますので、常に学ぶ気持ちが必要です。

診療情報管理士は、毎日大量のカルテをデータ登録する必要があります。データ登録を間違ってしまうと、正確な分析ができないため、正確なデータ入力が求められます。

登録されたデータは、適切に分析されなければただの記録にすぎません。データを分析し、分析した内容から改善点を見つけ出す分析能力も重要です。

診療情報管理士はカルテのチェックや管理をおこなうため、ひとりで作業するイメージがあります。しかし、カルテを修正してもらったり分析内容から治療のフィードバックをおこなったりと、医療関係者とのコミュニケーションは必要不可欠です。業務を円滑に進めるためにも、コミュニケーション能力が求められます。

診療情報管理士の平均年収と他職種との比較

診療情報管理士の平均年収について

転職会議によると、診療情報管理士の平均年収は352万円です。一般的な水準と比べると、決して高いわけではありません。

他の職種・平均との比較

  • 日本の平均収入:422万円
  • 医療事務:277万円
  • 臨床検査士:380万円

上記の通り診療情報管理士の平均年収は352万円となっており、日本の平均年収422万円と比較すると70万円少ない金額です。他の類似職と比較すると、医療事務は277万円、臨床検査士は380万円です。

診療情報管理士のボーナス・昇給事情

ボーナスについて

勤務先によって異なります。また、雇用形態によっても異なります。多くの会社では年2回の賞与がある場合が多いですが、会社によっては賞与がない場合もあるなど、ボーナス事情には差があります。

昇給について

ボーナス同様、勤務先、あるいは雇用形態によって異なります。同じ勤務先に長く勤務して実績を積んでいけば、昇給の可能性も高くなります。しかし、会社によっては昇給がほとんどない場合もあるので、一概に昇給の有無や額を断定できません。

診療情報管理士の年齢別平均年収推移シミュレーション

診療情報管理士の年齢別の平均年収を5歳刻みで算出をしました。年齢別の月給と年収の推定値はどのようになっているでしょうか。

年齢 年収 月給 ボーナス
20~24歳 224.2万円 15.4万円 39.6万円
25~29歳 292.0万円 20.0万円 51.6万円
30~34歳 336.4万円 23.1万円 59.4万円
35~39歳 368.7万円 25.3万円 65.1万円
40~44歳 397.4万円 27.3万円 70.2万円
45~49歳 420.1万円 28.8万円 74.2万円
50~54歳 437.6万円 30.0万円 77.3万円
55~59歳 431.3万円 29.6万円 76.2万円
60~64歳 323.3万円 22.2万円 57.1万円

年齢別の平均年収を5歳刻みで算出すると、30~34歳での平均年収は336.4万円、うちボーナスは59.4万円になると予測されます。40~44歳では平均年収が397.4万円、うちボーナスは70.2万円になると予測されます。

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値です。

診療情報管理士と日本の平均年収との年齢別比較シミュレーション

年齢 診療情報管理士の平均年収 日本の平均年収
20~24歳 224.2万円 263.5万円
25~29歳 292.0万円 343.3万円
30~34歳 336.4万円 395.5万円
35~39歳 368.7万円 433.4万円
40~44歳 397.4万円 467.1万円
45~49歳 420.1万円 493.8万円
50~54歳 437.6万円 514.4万円
55~59歳 431.3万円 507.0万円
60~64歳 323.3万円 380.1万円

診療情報管理士の平均年収は、日本の企業全体の平均年収と比較すると低いといえるでしょう。30~34歳の平均年収は336.4万円で、日本の平均と比較すると59.1万円ほど低くなると推測されます。40~44歳では397.4万円の予測です。

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値です。

質問に答えるだけで志望動機を完成させよう

志望動機を作成する際、文章を考えるのが苦手な就活生も多いと思われます。「伝えたいことはたくさんあるけど、考えをまとめてわかりやすく伝えるのが難しい」という就活生は、「志望動機ジェネレーター」を活用しましょう。

志望動機ジェネレーターを使えば、用意された質問に答えるだけで理想的な流れの志望動機が完成します。面接での志望動機に関する質問にも対策が可能です。無料でダウンロードできるので、効率的に志望動機を完成させましょう。

診療情報管理士の生涯賃金シミュレーション

  診療情報管理士の平均年収 日本の平均年収
生涯賃金 1.62億円 1.90億円

日本の平均的な生涯賃金と診療情報管理士の生涯賃金を比較してみましょう。診療情報管理士の平均年収は352万円であることがわかりました。一方、日本の平均年収は422万円です。20~65歳まで勤めたと仮定した場合、生涯で得られる賃金はどれくらいになるのでしょうか。その結果が、上記の表です。

診療情報管理士の生涯賃金は、1.62億円と予想されます。日本の平均生涯賃金と比較すると2,800万円ほど少ないと推測されます。

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値です。

まとめ

診療情報管理士の平均年収は約352万円で、日本の平均年収と比較するとやや低い水準にあります。

診療情報管理士は、カルテを正確に読み取る医療知識が求められ、常に新しいことを学んでいく必要があります。また、カルテの修正を担当医に依頼したりデータ分析の結果をフィードバックしたりと、コミュニケーション能力も求められる仕事だといえます。

データを分析し、データから改善点を読み取ることが診療情報管理士のやりがいです。自分が分析したデータをもとに、病院経営や治療の質が向上するということは、多くの患者を助けることにつながる、とてもやりがいのある仕事だといえます。

※最後に、本記事につきましては、公開されている情報を活用し、当社が独自の基準によってシミュレーションした結果を開示しているものとなります。読者の皆様に企業選択の一助になればという趣旨で情報を作成しておりますため、なるべく実態に近い状態のシミュレーションとなる様に最善を尽くしているものの、実際の報酬額とは異なります。 あくまでも参考情報の一つとしてご活用くださいませ。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也
(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ