身だしなみ

メイクアップアーティストの平均年収・ボーナス事情|比較シミュレーションで比べてみよう

メイクアップアーティストとは

女優さんやモデルを綺麗にし、百貨店の化粧品売り場や結婚式場で活躍するのが、人を輝かせるメイクアップアーティストと呼ばれる職種です。一般的にメイクアップアーティストは、ヘアアレンジとメイクの両方を担います。活躍の場も多いメイクアップアーティストとは、一体どのような職場なのでしょうか。

また、そのメイクアップアーティストの平均年収や賞与などは、どのようになっているのでしょうか。詳しい情報を調べてみました。

メイクアップアーティストの業務内容

メイクアップアーティストは、ヘアアレンジとメイクの両方をおこないます。プロダクションやサロンに所属して女優さんやモデルを担当したり、結婚式場で花嫁や親族を担当したり、化粧品のブランドに入社して百貨店やテナントでお客さんにメイクをおこなったりします。

大学や専門学校を卒業して、就職したらすぐにメイクアップアーティストとして活躍できるかというとそうではなく、まずは先輩のアシスタントをしながら、ヘアメイクを学ぶところから始めます。メイクアップアーティストは、下積みが必要になる職種なのです。

メイクアップアーティストとして独り立ちした後は、担当する人の顔立ちや服装、時には役柄に合わせたヘアメイクを施さなくてはいけません。そのため、十分なスキルと知識を持ち合わせなくては、どんな状況にも合うヘアメイクをおこなうことができません。

メイクアップアーティストに求められる能力について

  • メイクに関する知識・技術
  • コミュニケーション能力
  • 臨機応変な対応力

メイクアップアーティストに一番必要といえるのが、メイクに関する知識・技術です。業務内容でも述べたように、メイクアップアーティストは、メイクをする人の顔だちや服装などの状況に応じて化粧の仕方を変えていく必要があります。しかし、それぞれに合わせたメイクをするには、知識や技術を持ち合わせていなくてはなりません。

コミュニケーション能力も必要不可欠です。メイクアップアーティストが仕事として相手にするのは、物ではなく人です。メイクする人に合わせた会話ができることで、メイクの時間を相手が過ごしやすくなります。

臨機応変な対応力もメイクアップアーティストには求められます。結婚式で担当する花嫁や、ロケ中の女優さんなど、全てが計画通りにいかないケースもあります。そのため、メイクを短時間で施さなくてはいけないケースや、役柄に応じて急にメイクの仕様変更がある場合も、落ち着いて臨機応変に対応できなくてはいけません。

あなたの就活力は何点?

就活力とは、就活で必要な準備や企業側が重視しているポイントに対して、どれだけ備えているかをはかる指標です。「就活力診断」で今の自分の就活力を診断してみましょう。無料でダウンロードできるので、今の実力を踏まえた上で必要な対策をしてみてはいかがでしょうか。

メイクアップアーティストの平均年収と他職種との比較

メイクアップアーティストの平均年収について

はたらいく調べによれば、メイクアップアーティストの平均年収は258万円となっています。特にメイクアップアーティストの平均年収は、20代後半以降がそれ以前と比べて高くなる傾向があるようです。

他の職種・平均との比較

  • 日本の平均年収:422万円
  • 美容師:283万円
  • スタイリスト:286万円

ヘアメイクアーティストの平均年収は、日本の平均年収422万円と比較して、164万円低くなっています。また類似職の美容師で283万円、スタイリストで286万円です。

メイクアップアーティストのボーナス・昇給事情

ボーナスについて

メイクアップアーティストのボーナスの有無については、企業によって異なります。大手の企業の場合は年2回の賞与があるようです。しかし、企業によってないこともあるなど、ボーナス事情には差があります。

昇給について

メイクアップアーティストの昇給についても、企業によって事情が異なってきます。定期的な昇給のための制度を整備している企業も多いですが、企業の事情によっては昇給がほとんどない場合もあるので、一概にあるなしを断定できるわけではありません。また、アシスタントのうちは、ほとんどないと思っておいた方がいいでしょう。

メイクアップアーティストの年齢別平均年収推移シミュレーション

メイクアップアーティストの年齢別の平均年収を5歳刻みで算出をしました。年齢別の月給と年収の推定値はどのようになっているでしょうか。

年齢 年収 月給 ボーナス
20~24歳 161.1万円 11.1万円 28.5万円
25~29歳 209.9万円 14.4万円 37.1万円
30~34歳 241.8万円 16.6万円 42.7万円
35~39歳 265.0万円 18.2万円 46.8万円
40~44歳 285.6万円 19.6万円 50.5万円
45~49歳 301.9万円 20.7万円 53.3万円
50~54歳 314.5万円 21.6万円 55.6万円
55~59歳 310.0万円 21.3万円 54.8万円
60~64歳 232.4万円 15.9万円 41.1万円

年齢別の平均年収を5歳刻みで算出すると、30~34歳での平均年収は241.8万円、うちボーナスは42.7万円になると予測されます。40~44歳では平均年収が285.6万円、うちボーナスは50.5万円になると予測されます。ボーナスや月給自体が高くないため、年収も高いわけではありません。

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

メイクアップアーティストと日本の平均年収との年齢別比較シミュレーション

年齢 メイクアップアーティストの平均年収 日本の平均年収
20~24歳 161.1万円 263.5万円
25~29歳 209.9万円 343.3万円
30~34歳 241.8万円 395.5万円
35~39歳 265.0万円 433.4万円
40~44歳 285.6万円 467.1万円
45~49歳 301.9万円 493.8万円
50~54歳 314.5万円 514.4万円
55~59歳 310.0万円 507.0万円
60~64歳 232.4万円 380.1万円

メイクアップアーティストの平均年収は、日本の企業全体の平均年収と比較すると年齢を問わず、低いことが予測されています。20代からはっきりと差が出ており、30~34歳の平均年収は241.8万円で、日本の平均と比較すると153.7万円ほど高くなると推測されます。40~44歳では285.6万円の予測です。

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

メイクアップアーティストの生涯賃金シミュレーション

メイクアップアーティストの平均年収 日本の平均年収
生涯賃金 1.16億円 1.90億円

日本の平均的な生涯賃金とメイクアップアーティストの生涯賃金を比較してみましょう。メイクアップアーティストの平均年収は258万円であることがわかりました。一方、日本の平均年収は422万円です。20~65歳まで勤めたと仮定した場合、生涯で得られる賃金はどれくらいになるのでしょうか。その結果が、上記の表です。

メイクアップアーティストと日本の平均的な生涯賃金をシュミレーションした場合、メイクアップアーティストの生涯賃金の方が若干低くなることが予測されています。金額にして、7,400万円ほど日本の平均より低くなると推測できます。

まとめ

メイクアップアーティストというと華やかな職種をイメージしますが、就職してもアシスタントから始めなくてはいけません。ヘアアレンジやメイクについて先輩のもとで学び、スキルアップしてから一人前として、担当することができます。

ご紹介した金額はメイクアップアーティストの平均的な年収ですが、キャリアを積んで、テレビによくでるようなメイクアップアーティストは、それなりの金額をもらっているでしょう。このことからも、メイクアップアーティストは十二分なキャリアをもった人材が求められる上に、高い年収を得ることのできる職種です。メイクアップアーティストとして活躍したいのであれば、知識や技術など必要な能力を鍛えることも大事になってきます。

※最後に、本記事につきましては、公開されている情報を活用し、当社が独自の基準によってシミュレーションした結果を開示しているものとなります。読者の皆様に企業選択の一助になればという趣旨で情報を作成しておりますため、なるべく実態に近い状態のシミュレーションとなる様に最善を尽くしているものの、実際の報酬額とは異なります。 あくまでも参考情報の一つとしてご活用くださいませ。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也
(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ