業界研究

【テレビ局業界の平均年収と生涯賃金】主要25業界と比較してわかりやすく解説!

テレビ局業界とは

年収が高いイメージの強いテレビ局業テレビ局業界とは、主にテレビを通して国民に情報やエンターテイメントを届ける業界の事です。最近は、ネットの普及によりテレビのみならずネットによる配信も増加しています。主要な職種としては映像の撮影を行うカメラマンなどの技術職、番組の構成を考えるプロデューサーなどの制作職、大道具・小道具などを作成する美術職の3職種が挙げられます。

国内の主な企業としてはフジ・メディアHD、日本テレビ、TBSフジ・メディアHD、日本テレビ、TBSなどが挙げられます。テレビ業界の業界規模はここ数年増減がほとんどなく安定しています。

界ですが、実際どういうお仕事があるのかはあまりイメージできていない人も多いのではないでしょうか。私たちが見るテレビ番組がテレビで放送されるまでには、たくさんの職種が関わっています。

テレビ業界には興味があるけれども、実際にどういう仕事があるのかよく分からないという人のために、ここではテレビ局業界のお仕事内容の解説を行った上で、テレビ局業界の平均年収、業界の今後の動向を見ていきます。

テレビ局業界の職種について

  • 技術職
  • 制作職
  • 美術職

技術職は、カメラマン、音声や照明の調整など番組作成時に技術的な部分を担う職種です。これらの専門技術を持った職種がいなければ番組を作成することはできません。

またあまり知られていませんが技術職の中には、アナログ放送から地デジに移行した際にテレビ局にある設備や機材などを入れ替え地デジ放送ができるようシステムを構築する、といった業務を担っている人もいます。

制作職は、毎週放送する番組の構成を考えたり、新しい番組の企画を考えたりするお仕事です。制作職はどのような番組が視聴者に見てもらえるのかを考えて番組を作らなければならないため常に世の中の動向に目を配る必要があります。

美術職は、番組内で使用する小道具や大道具を作成する職種です。どんな番組も美術職なしには成り立ちません。また番組内の大道具小道具以外にも、各種イベントのデザインや各種グッズのデザインなども手掛ける職種です。

テレビ局業界の平均年収について

テレビ局業界の平均年収

業界 平均年収
介護 361 万円
百貨店 443 万円
ブライダル 489 万円
アパレル 491 万円
人材業界 524 万円
ドラッグストア 529 万円
旅行会社 540 万円
農業 557 万円
食品業界 564 万円
鉄道 597 万円
専門商社 603 万円
出版社 610 万円
IT 631 万円
ゲーム業界 637 万円
パチンコ 662 万円
不動産 665 万円
銀行 668 万円
物流業界 676 万円
生命保険・損害保険 682 万円
電機・家電大手 688 万円
自動車 707 万円
証券 722 万円
テレビ局 910 万円
総合商社 1135 万円
コンサルティング 1263 万円

テレビ局業界の生涯賃金

業界 生涯賃金
介護 1.58億円
百貨店 1.94億円
ブライダル 2.14億円
アパレル 2.15億円
人材業界 2.29億円
ドラッグストア 2.31億円
旅行会社 2.36億円
農業 2.44億円
食品業界 2.47億円
鉄道 2.61億円
専門商社 2.64億円
出版社 2.67億円
IT 2.76億円
ゲーム業界 2.79億円
パチンコ 2.90億円
不動産 2.91億円
銀行 2.92億円
物流業界 2.96億円
生命保険・損害保険 2.98億円
電機・家電大手 3.01億円
自動車 3.09億円
証券 3.16億円
テレビ局 3.98億円
総合商社 4.97億円
コンサルティング 5.53億円

グラフを見るとわかるように、テレビ局業界の生涯賃金は主要業界の中でもトップ3に入るほど高いといわれています。しかしながら、賃金が高い分求められる仕事の量や質も高く、ある意味しんどい業界でもあります。

本当に自分がやりたい仕事がこの業界にある人はやりがいを持って仕事に取り組むことができますが、そうでない人はいくら賃金が良くとも長続きしないかもしれません。お金だけ見て決めるのではなく、本当に自分がやりたいことは何なのか、それはテレビ業界で行うことができるのかについて熟考して、それでもなおこの業界に興味がある場合はチャレンジしましょう。

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値です。

自分の「強み」を知らないと出遅れる

今年の就活はコロナで早期化している影響もあり、早めに動いている就活生は自分の強みや適性を把握しています。

そこで活用したいのが、就活偏差値診断ツールの「就活力診断」です。
24の質問に答えるだけで、自己分析や企業理解、就活マナーなどの中で、何が不足しているのかグラフで見る化できます。

ぜひ活用して自分の弱点を効率的に対策し、志望企業からの内定を勝ち取りましょう。

まとめ

ここまでテレビ局業界の仕事内容や業界の動向、年収などについて見てきました。非常に年収の高い業界ではありますが、どの職に就くかによって差もあるため注意が必要です。また、業界全体としては安定しており今後も大きな変化なく推移することが見込まれます。

テレビ局業界は賃金が高いという魅力がある一方で、非常に忙しいと言われています。入社後に燃え尽きてしまうことのないようにするためには、業界に入る前にはっきりとした動機を持つ必要があります。

※最後に、本記事につきましては、公開されている情報を活用し、当社が独自の基準によってシミュレーションした結果を開示しているものとなります。読者の皆様に企業選択の一助になればという趣旨で情報を作成しておりますため、なるべく実態に近い状態のシミュレーションとなる様に最善を尽くしているものの、実際の報酬額とは異なります。 あくまでも参考情報の一つとしてご活用くださいませ。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ