職種研究

キャディの平均年収・ボーナス事情|比較シミュレーションで比べてみよう

キャディとは

キャディは、ゴルフをプレーするプレイヤー(ゴルファー)のバッグやクラブを運ぶ人です。キャディの役割は、ただバッグやグラブを運ぶだけではありません。コースを一緒に回りながら、ゴルファーに助言を与えたり、スムーズに気持ち良くプレーするためのお手伝いをしたりします。

キャディとは、一体どのような職種なのでしょうか。また、キャディの平均年収や賞与などは、どのようになっているのでしょうか。詳しい情報を調べてみました。

キャディの種類について

  • プロキャディ
  • ハウスキャディ

 

キャディには、プロキャディとハウスキャディの2種類があります。プロキャディは、プロゴルファーと契約してプロトーナメントのサポートをします。ハウスキャディは、一般のゴルフ場での勤務となり、ゴルフ客のサポートをします。

キャディの業務内容

キャディの業務内容は、プロキャディとハウスキャディで大幅に異なります。プロキャディの業務内容は、パートナーとしてプロゴルファーと共にトーナメントを回ることです。プロゴルファーが安心してプレー出来るようにコースを熟知し、芝目などを読み、クラブ選びなどの適切なアドバイスをおこないます。

一方、ハウスキャディの業務内容は、勤務先のゴルフ場にやってくるゴルフ客のサポートが主となります。ゴルフ客のバックを運ぶだけでなく、スムーズかつ安全にプレーできるように、各種サポートやコースのアドバイスをおこなうのです。

キャディに求められる能力について

  • コミュニケーション能力
  • 体力・筋力
  • 記憶力

 

まずキャディに求められるのは、「コミュニケーション能力」です。プロ・アマ問わず、ゴルフをプレーする人をサポートするのが主な仕事であるキャディは、パートナーが気持ちのいいプレーを出来るよう、良い人間関係を構築することが必須です。

キャディが活躍するのはゴルフ場です。ゴルフ場を、長い時間ゴルフ客と共に歩くため、体力が必須です。また、長時間ゴルフバックを持って運ぶには、筋力も必要になるでしょう。

キャディの仕事の1つは、ゴルファーに的確なアドバイスを出すことです。そのためには、回るコースを熟知している必要があります。従って、距離や障害物、グリーンの芝目などをしっかりとおぼえる記憶力も、大切となってきます。

大学3年生のうちに、あなたが受けないほうがいい業界をチェックしよう

就活では、自分が適性のある業界を選ぶことが大切です。向いていない業界に就職すると、イメージとのギャップから早期の退職に繋がってしまいます

そんな時は、適職診断ツール「My analytics」を活用して、志望業界と自分の相性をチェックしてみましょう。簡単な質問に答えるだけで、あなたの強み・弱みを分析し、ぴったりの職業を診断できます。

My analyticsで強み・弱みを理解し、自分がどんな業界に適性があるのか診断してみましょう。

キャディの平均年収と他職種との比較

キャディの平均年収について

DODAによると、レジャー系の業種であるキャディの全世代平均年収は361万円程度です。これは、ゴルフ場での勤務となるハウスキャディの例となります。なかには、日給制を導入している職場も多いようです。プロキャディは前述の通り、プロゴルファーとの契約のため、契約条件によって待遇が異なってきます。

他の職種・平均との比較

  • 日本の平均年収:422万円
  • 販売 / 接客:261万円
  • ホテル関連:291万円

 

キャディの平均年収は、日本の平均年収の422万円と比較して61万円ほど下回っています。接客が多い販売などの接客業の平均年収は285万円で、レジャー系のホテル関連の職種の平均年収は291万円となっています。接客業やホテル関連に比べると、やや高い平均年収といえるでしょう。

キャディのボーナス・昇給事情

ボーナスについて

キャディのボーナスですが、ハウスキャディの場合、勤務先や雇用形態によって変わってきます。一概に、あるなしを断定できるわけではありません。プロキャディの場合は、プロゴルファーとの契約により異なってきます。

昇給について

キャディの昇給ですが、ハウスキャディの場合、勤務先や雇用形態によって変わってきます。一概に、あるなしを断定できるわけではありません。プロキャディの場合は、プロゴルファーとの契約状況によって変わってきます。

キャディの年齢別平均年収推移シミュレーション

キャディの年齢別の平均年収を5歳刻みで算出をしました。年齢別の月給と年収の推定値はどのようになっているでしょうか。

年齢 年収 月給 ボーナス
20~24歳 225.4万円 15.5万円 39.8万円
25~29歳 293.7万円 20.1万円 51.9万円
30~34歳 338.3万円 23.2万円 59.8万円
35~39歳 370.7万円 25.4万円 65.5万円
40~44歳 399.6万円 27.4万円 70.6万円
45~49歳 422.4万円 29.0万円 74.6万円
50~54歳 440.1万円 30.2万円 77.7万円
55~59歳 433.7万円 29.8万円 76.6万円
60~64歳 325.1万円 22.3万円 57.4万円

年齢別の平均年収を5歳刻みで算出すると、30~34歳での平均年収は338.3万円、うちボーナスは59.8万円になると予測されます。40~44歳では平均年収が399.6万円、うちボーナスは70.6万円になると予測されます。

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

キャディと日本の平均年収との年齢別比較シミュレーション

年齢 キャディの平均年収 日本の平均年収
20~24歳 225.4万円 263.5万円
25~29歳 293.7万円 343.3万円
30~34歳 338.3万円 395.5万円
35~39歳 370.7万円 433.4万円
40~44歳 399.6万円 467.1万円
45~49歳 422.4万円 493.8万円
50~54歳 440.1万円 514.4万円
55~59歳 433.7万円 507.0万円
60~64歳 325.1万円 380.1万円

キャディの平均年収は、日本の企業全体の平均年収と比較するとやや低いと言えるでしょう。30~34歳の平均年収は338.3万円円で、日本の平均と比較すると57万円ほど低くなると推測されます。

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

大学3年生のうちに、あなたが受けないほうがいい業界をチェックしよう

就活では、自分が適性のある業界を選ぶことが大切です。向いていない業界に就職すると、イメージとのギャップから早期の退職に繋がってしまいます

そんな時は、適職診断ツール「My analytics」を活用して、志望業界と自分の相性をチェックしてみましょう。簡単な質問に答えるだけで、あなたの強み・弱みを分析し、ぴったりの職業を診断できます。

My analyticsで強み・弱みを理解し、自分がどんな業界に適性があるのか診断してみましょう。

キャディの生涯賃金シミュレーション

キャディの平均年収 日本の平均年収
生涯賃金 1.62億円 1.90億円

日本の平均的な生涯賃金とキャディの生涯賃金を比較してみましょう。キャディの平均年収は361万円であることがわかりました。一方、日本の平均年収は422万円です。20~65歳まで勤めたと仮定した場合、生涯で得られる賃金はどれくらいになるのでしょうか。その結果が、上記の表です。

キャディの生涯賃金は、1.62億円と予想されます。日本の平均生涯賃金と比較すると0.28億円ほど少ないと推測されます。

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

まとめ

ゴルフには欠かせないのが、キャディという仕事です。キャディには、プロキャディとハウスキャディの2種類があり、それぞれ年収が異なります。また、一般のゴルフ場で働くハウスキャディの平均年収については、日本の平均年収と比較すると若干下回ることがわかりました。

キャディの基本的な仕事は、ゴルファーのサポートです。何よりもゴルフが好きで、ゴルフに関わりたいという方にはオススメの職種といえるでしょう。

※最後に、本記事につきましては、公開されている情報を活用し、当社が独自の基準によってシミュレーションした結果を開示しているものとなります。読者の皆様に企業選択の一助になればという趣旨で情報を作成しておりますため、なるべく実態に近い状態のシミュレーションとなる様に最善を尽くしているものの、実際の報酬額とは異なります。 あくまでも参考情報の一つとしてご活用くださいませ。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ