職種研究

花屋の平均年収・ボーナス事情|比較シミュレーションで比べてみよう

花屋とは

花屋とは、花を売る小売業です。愛のある花屋は、飾る楽しさを知ってほしいという想いを持っています。また、育てる喜びを知ってほしいという想いも持っています。一緒に綺麗な花を育てるイメージですね。

花屋にも時代や流行があります。花屋さんと相談すると素敵な花と出会えることでしょう。花で季節を楽しむのも良いですね。ひな祭り、こどもの日、母の日、父の日、敬老の日など花を買うタイミングはいくらでもあります。

これから花屋とその年収について記述していきます。花屋の業務内容や求められる能力を説明します。そして、平均年収について触れていきます。ボーナスや昇給事情についてまとめます。花屋がどんな仕事をしていて、どれだけ稼いでいるか気になりませんか。

花屋の種類について

  • 仕入れ
  • 運搬
  • 接客

 

花屋の仕事の種類としては、花の仕入れ、運搬、店舗での接客があります。店舗で接客している店員の印象が強いと思いますが、お店に花が並ぶまでには、仕入れと運搬も重要な仕事としておこなわれています。

花屋の業務内容

仕入れでは、市場で花の買い付けをおこないます。買い付けでは、活気のある現場で花がセリ落とされていきます。画面に表示された花の値段がどんどん下がっていくのですが、最初にボタンを押した方が落札者となるセリの仕方が主流だそうです。

次に、セリで落とした綺麗な花を店舗へ運搬する必要があります。花を傷つけないように、丁寧に丁寧に運搬します。

接客では、お客様とコミュニケーションをとりながら花を売っていく仕事です。なかなか花を買い慣れていない方が多いので、花の説明を丁寧におこないます。大切な恋人へのプレゼントにも花束が選ばれることがよくあるので、的確なアドバイスをする必要があります。

花屋に求められる能力について

  • 花についての知識
  • 管理能力

 

まず、花について豊富な知識をもつことは必須の能力になります。植物を扱うため、その性質や良い育成方法を知っておく必要があるでしょう。また、花と一言で言っても花言葉もありますし、バラの場合は色だけではなく本数によっても意味が変わってきます。プロポーズにふさわしい本数があるのです。そういった知識をもってこそ、プロの花屋さんといえるでしょう。

生花を良い状態で長持ちさせるためには、管理能力が必要です。花は、温度や湿度に敏感ですので、空調の状態に気を配る心がけが大切でしょう。また、世話をする際にも植物の状態に注意しなければいけません。植物を枯らすことがないように、徹底した管理をおこないましょう。

花屋の平均年収と他職種との比較

花屋の平均年収について

キャリアガーデンによれば、花屋の月給は18万円程度からとなっています、年収では350万~400万程度と言われています。花屋は利益を出すのが難しい職業なので、給料はあまり高くありません。季節によって売り上げの増減が大きく、地域によっても変わってきます。

他の職種・平均との比較

  • ケーキ屋(パティシエ):200万~300万
  • 植木職人:300万~500万
  • 日本の平均:422万円

 

花屋は日本の平均年収と比べて低いです。売れずにロスになる花も多いため、やはり花屋を経営するのは難しいようです。

似た職種として、同じ販売業であるケーキ屋(パティシエ)と比べてみましょう。パティシエよりは花屋の年収が高いようです。しかし、植木職人の年収とは同等ぐらいで、最高値は植木職人の方が高くなっています。

花屋のボーナス・昇給事情

ボーナスについて

ボーナスは、ある・ないと断言できません。就職先によって異なってきますが、ボーナスがない花屋も多いようです。売上が良い花屋ならば、ボーナスが支給されるかもしれません。就職を考えている場合は、事前に会社の情報をよく確認しておいた方がいいでしょう。

昇給について

アルバイトから始まり、努力が認められたら正社員、そして店長へという昇給があるかもしれません。ただし、花屋によってあるともないとも断言できないため、事情がそれぞれ異なってくると思っておいてください。

花屋の年齢別平均年収推移シミュレーション

花屋の年齢別の平均年収を5歳刻みで算出をしました。年齢別の月給と年収の推定値はどのようになっているでしょうか。

年齢 年収 月給 ボーナス
20~24歳 249.8万円 17.1万円 44.1万円
25~29歳 325.4万円 22.3万円 57.5万円
30~34歳 374.9万円 25.7万円 66.2万円
35~39歳 410.8万円 28.2万円 72.6万円
40~44歳 442.7万円 30.4万円 78.2万円
45~49歳 468.0万円 32.1万円 82.7万円
50~54歳 487.6万円 33.5万円 86.1万円
55~59歳 480.5万円 33.0万円 84.9万円
60~64歳 360.2万円 24.7万円 63.6万円

年齢別の平均年収を5歳刻みで算出すると、30~34歳での平均年収は374.9万円、うちボーナスは66.2万円になると予測されます。40~44歳では平均年収が442.7万円、うちボーナスは78.2万円になると予測されます。

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

花屋と日本の平均年収との年齢別比較シミュレーション

年齢 花屋の平均年収 日本の平均年収
20~24歳 249.8万円 263.5万円
25~29歳 325.4万円 343.3万円
30~34歳 374.9万円 395.5万円
35~39歳 410.8万円 433.4万円
40~44歳 442.7万円 467.1万円
45~49歳 468.0万円 493.8万円
50~54歳 487.6万円 514.4万円
55~59歳 480.5万円 507.0万円
60~64歳 360.2万円 380.1万円

花屋の平均年収は、日本の企業全体の平均年収と比較すると低いと言えるでしょう。30~34歳の平均年収は374.9万円で、日本の平均と比較すると20万円ほど低くなると推測されます。

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

自己分析の浅さは人事に見透かされる

就活で内定を勝ち取るには、自己分析が必須です。自己分析を疎かにしていると、選考で説得力のある回答ができません。

そこで活用したいのが、自己分析ツールの「My analytics」です。36の質問に答えるだけで、あなたの強み・特徴を見える化できます。

ツールでサクッと自己分析を終わらせて、選考を有利に進めましょう。

花屋の生涯賃金シミュレーション

花屋の平均年収 日本の平均年収
生涯賃金 1.80億円 1.90億円

日本の平均的な生涯賃金と花屋の生涯賃金を比較してみましょう。花屋の平均年収は400万円と仮定します。一方、日本の平均年収は422万円です。20~65歳まで勤めたと仮定した場合、生涯で得られる賃金はどれくらいになるのでしょうか。その結果が、上記の表です。

花屋の生涯賃金は、1.8億円と予想されます。日本の平均生涯賃金と比較すると0.1億円ほど多いと推測されます。

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

まとめ

花屋のお仕事は朝早く始まり、楽な仕事ではありません。年収も平均以下のため、儲かる職業ともいえないでしょう。ボーナスもあるかどうかは分かりませんが、アルバイトから正社員への昇給はあるかもしれません。また、いずれは店長になれる可能性もあります。

花屋を続けるためには、花が好きという気持ちが一番大事です。朝は早く、冬は冷たい水を扱わないといけませんし、トゲで手が荒れることもあります。お金よりは、やりがいを求めて働く人に向いているといえるでしょう。

※最後に、本記事につきましては、公開されている情報を活用し、当社が独自の基準によってシミュレーションした結果を開示しているものとなります。読者の皆様に企業選択の一助になればという趣旨で情報を作成しておりますため、なるべく実態に近い状態のシミュレーションとなる様に最善を尽くしているものの、実際の報酬額とは異なります。 あくまでも参考情報の一つとしてご活用くださいませ。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ