就活その他

【証明写真を撮る際の前髪】好印象を与える髪型やぱっつんはOKなのかなども徹底解説

証明写真時の前髪は重要なポイント

証明写真で好印象を与えるためには、前髪は重要なポイントです。証明写真は履歴書やエントリーシートに必要なものであり、これが綺麗に撮れているかどうかで印象は大きく違ってきます。同じ人の写真であっても撮り方次第では印象は変わりますし、髪型などによっても印象は違ってきます。

前髪によって顔全体の印象や雰囲気は変わりますし、それによって与える印象も違ってきます。証明写真で好印象を与えるためには、前髪をしっかりと整えることが大切です。前髪をどのように整えれば好印象を与えられるかを知り、アピール力の高い証明写真を撮影しましょう。

大前提は自分らしく納得できる就活ができるか

「見た目」「身だしなみ」が非常に大切な就活ですが、「正解」に悩む就活生が多くいます。一方で知ってもらいたいのは、就活に正解はないということです。

今回は証明写真の撮影の際の前髪についてを紹介しますが、一番のポイントはあなたの魅力を演出することです。前髪から受ける印象は参考程度にして、自分らしさを表現できる身だしなみを自分で考えて、あなたの納得のいく就活を心がけましょう。

前髪アリとナシでは印象が変わる

証明写真を撮影するときに前髪を整えるのが重要な理由は、前髪アリとナシでは印象が大きく変わるからです。前髪をどのように整えるかによって印象は変わりますが、前髪があるかないかによっても印象が違いますので、それぞれがどんな印象を与えるかを知っておきましょう。前髪はあるから良い、ないから悪いものではなく、反対にあれば悪く、なければ良いものでもありません。それぞれの印象の違いを理解して、証明写真用の髪型を決めていきましょう。

前髪があるとフレッシュさをアピールできる

前髪の長さによっては幼く見えたり、暗く見えたりするので注意が必要です。幼い印象を与えてしまうと頼りないと思われてしまう可能性もあります。また、前髪があることで目元に影ができやすくなり、表情が暗く見えてしまいます。

もちろん悪い印象を与えるだけではなく、新卒ならではのフレッシュ感や元気で明るい印象をアピールすることもできます。上手に整えることができれば好印象を与えることもできます。

前髪がないと大人っぽく見える

前髪がない方が大人っぽく、落ち着いた雰囲気になります。大人っぽく見えることで信用に足る人物であることをアピールできますので、好印象につながる可能性も高いです。また落ち着いた雰囲気を与えることで、清潔な印象や真面目さをアピールすることができるでしょう。

もちろん良い印象を与えるばかりではなく、新卒ならではのフレッシュ感がアピールできず、活発さに欠ける印象を与えてしまう場合もあります。前髪がない場合でも表情によっては暗い印象を与えますので、証明写真を撮るときは表情にも気をつけましょう。

大学3年生のうちに、あなたが受けないほうがいい職業をチェックしよう

就活では、自分が適性のある職業を選ぶことが大切です。向いていない職業に就職すると、イメージとのギャップから早期の退職に繋がってしまいます

そんな時は、適職診断ツール「My analytics」を活用して、志望する職業と自分の相性をチェックしてみましょう。簡単な質問に答えるだけで、あなたの強み・弱みを分析し、ぴったりの職業を診断できます。

My analyticsで強み・弱みを理解し、自分がどんな職業に適性があるのか診断してみましょう。

好印象を与える前髪とは

前髪があると幼く見え、それはマイナスの印象につながってしまう場合もありますが、それも前髪の作り方次第です。前髪があっても、作り方によっては幼く見えないようにすることはできますし、好印象を与えることもできます。

上手にスタイリングをすれば普段の髪型のまま証明写真用にセットすることもできますので、どんな前髪が好印象なのかを知っておくことが大切です。好印象を与える前髪を知って、証明写真を上手に撮影していきましょう。

前髪を上げて顔全体を見せる

好印象を与える前髪のポイントとしては、前髪を上げて顔全体を見せることが挙げられます。前髪をすべて上げていると顔がよく見えますし、自信があるように見えて好印象を与えることができます。前髪があることで目元に影ができてしまい、暗い印象を与える可能性がありますが、上げていれば目元に影がかかる心配はありません。

顔全体がすっきりとして見えますし、明るい印象を与えるだけではなく、活発な印象を与えやすくもあります。また前髪を上げ、顔のパーツをすべて見せることで、隠しごとがないように感じられ、自信のある印象を与えることができます。自信があるように見えることで、より魅力的な印象を与えることができるでしょう。

前髪を横に流す

ピンでとめる場合は、ピンの色やデザインなどに注意が必要です。ピンは黒や茶色などの目立たない色で、デザインもシンプルなものを選ぶ必要があります。色付きのピンであったり、派手なピンだとカジュアルな印象を与え、マイナスの印象になりますので注意しましょう。

前髪が長い場合はピンでとめることもできますが、短い場合はピンでとめるのが難しいこともあります。前髪が短くピンなどでとめられない場合は、スタイリング剤を使って額が見えるように軽く横に流す方が良いです。固めのスタイリング剤を使えば前髪をしっかりとめておくことができますし、髪型が崩れるのを防ぐことができます。

またホールド力の弱いスタイリング剤であっても証明写真を撮る間だけ固まっていれば問題ありませんので、使い方次第で前髪をとめておくことはできます。スタイリング剤を使う場合は、つけすぎによってベタベタ感が出たり、不自然にてからないように注意が必要です。ベタベタしたり、てかって見えると不潔な印象を与えてしまう可能性がありますので注意しましょう。

ぱっつん前髪はアリ?

前髪は長い場合や短い場合など人によってさまざまですが、真っすぐ揃えたぱっつん前髪の人もいます。ぱっつん前髪は人気ですが、カジュアルになりやすいため、就活ではできれば避けたい髪型です。カジュアルな印象を与えてしまうと身だしなみができていないとマイナスの印象を与える可能性がありますし、幼く見えやすくもあります。

もし現在がぱっつんの場合は、3:7くらいにわけて片方に流すようにするといいでしょう。ぱっつん前髪を無理に戻そうと切ってしまうと今度は短くなりすぎるなど、不自然に見えてしまう可能性もあります。前髪は自然に見えることが大切ですので、スタイリング剤などを使って片方に流し、自然な前髪を作っていきましょう。

前髪だけのウィッグを使うのも1つの方法

好印象を与える前髪の作り方はさまざまありますが、前髪に不安がある人は、前髪だけのウィッグを使ってしまうのも1つの方法です。ウィッグを使えば簡単に髪型を変えることができますし、髪型全体ではなく、前髪だけウィッグをつけることもできます。その際ウィッグをつけること自体は問題ありませんが、不自然にならないように注意しましょう。

不自然に見えるとマイナスの印象につながる可能性もありますし、ウィッグをつけていることがわかるのもよくありません。ウィッグをつける場合はばれないように、自然に見えるように付けることが大切です。また面接では証明写真に合わせて髪型を作らなければなりませんので、ウィッグをつける場合は面接本番でもばれないように気をつけましょう。

コロナ自粛中に、自己分析をやり直そう

コロナウイルスで就活も自粛の傾向になり、選考が進まず、不安になっていませんか?

そんな時は、自己分析ツール「My analytics」を活用して、自己分析をやり直しておきましょう。

My analyticsなら、36の質問に答えるだけであなたの強み・弱み→それに基づく適職がわかります。

コロナで就活が自粛中の今こそ、自己分析を通して、自分の本当の長所・短所を理解し、コロナ自粛が解けた後の就活に備えましょう。

証明写真時の前髪は眉が見えるようにしよう

証明写真で好印象を与えるためには前髪がポイントになりますが、前髪はあってもなくても問題ありません。前髪がある場合でも上げたり、横に流すなどで好印象を与えることができますが、共通するポイントは眉毛を見せることです。

眉毛が見えることで顔のパーツすべてが見えていることになり、明るい印象、すっきりとした印象を与えることができます。前髪を作る場合は眉毛が見えることを意識して髪型を整え、好印象が与えられる証明写真を撮影しましょう。

これまで証明写真を撮るときの前髪について解説してきました。就活では「見た目」「身だしなみ」が重要といわれ、「正解」に悩む就活生が多くいますが、そもそも就活の身だしなみに正解はありません。

企業に自分の魅力をいかに演出することが最も重要です。解説した内容を鵜呑みにしすぎずに自分自身で判断し、一つの参考と捉えてあなたの納得のいく就活をしましょう。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ