面接対策

【面接の合否はいつわかる?】合格・不合格がわかるサイン

面接結果は一週間以内に電話連絡する企業が多い

面接の合否連絡の方法は企業によって違いますが、電話で連絡をしてくる企業が多いです。面接を終えてその場で合否を言い渡されるケースはほとんどなく、基本的には後日連絡となりますが、企業ごとに差はあるものの1週間以内の連絡が多いです。

面接終了後1週間は、企業から電話がないかこまめにチェックしておくことが大切ですし、知らない番号であっても積極的に出るようにしなければなりません。また合否連絡は電話でする企業が多いものの、すべての企業がそうではありませんし、企業によっては別の連絡方法を取る場合もあります。

企業からの連絡方法によって対応の仕方は違ってきますし、対応次第で好印象にも悪印象にもなりますので、それぞれの対応のポイントを知っておきましょう。

面接の合否を判断するサイン

面接の合否は企業から連絡が来るまでは分かりませんが、ある程度の判断は面接中にも下せます。合否をチェックする際に注目したいのは、面接官の反応です。面接官の反応の中に合否を示すサインは隠れており、それが多く出るほど合格、あるいは不合格に近いと判断できるでしょう。

もちろん、サインは確実なものではなく、あくまで指標に過ぎません。そのため、実際には連絡を待つ必要がありますが、手応えを判断する基準として合否のサインも知っておきましょう。

合格の場合

・念入りにメモを取っている
・面接官が前のめりに話している
・時間ぎりぎり、あるいは延長して面接をした
・次回選考について詳しく説明された

合格を示すサインは多数ありますが、基本的には面接官が自分に興味を抱いているかどうかが判断基準です。面接は就活生を知るための場であり、短い時間の中でどのような人物であるかを見極められています。

魅力的に感じてもらえているなら、もっと知りたいと思ってもらええるため、面接官の反応も自然と前のめりになりやすいです。基本的には好意的な対応になるため、合格のサインは分かりやすいでしょう。もちろん、これらが全て現れていても、不合格というケースはあるため、慢心せずにきちんと結果を確認することが大切です。

不合格の場合

・面接官がメモを取っていない
・面接官が話を聞いていない
・次回選考について何も聞かされない
・面接時間が極端に短い

不合格のサインは、基本的には合格の場合とは反対のものが現れます。就活生に対して興味のない素振りを見せていたり、冷たく接したりするようなら、不合格の可能性は高いでしょう。また、面接時間が極端に短く、5分以内程度で終わった場合も、不合格になっている可能性があります。

しかし、これらはあくまで可能性であり、企業はあえて冷たく接して、就活生の反応をみていることもあります。また、厳格な雰囲気から、就活生が冷たくされたと思い込むケースも少なくありません。不合格のサインもまた不確定なもののため、最後まで諦めないことが大切です。

面接の合否連絡が電話の場合

面接の合否連絡が電話の場合は、企業からの電話がいつきてもいいようにすぐに電話に出られるようにしておかなければなりません。企業からの電話はただ出ればいいわけではなく、対応方法にも注意点がありますので、正しい対応方法を知っておく必要があります。

さまざまな連絡方法がある中で、あえて電話で連絡することには意味がありますので、それについても理解しておきましょう。なぜ電話で連絡するのか、どのように対応するのが正解なのかを知っておくことが大切です。

電話連絡の場合は合格率が高い

面接の合否連絡の方法はさまざまありますが、電話連絡の場合は合格率が高いです。合格の場合は次の予定確認をしなければなりませんし、電話であればすぐに予定を確認することができます。

電話で連絡があったからといって必ずしも合格であるとは限りませんが、その可能性は高いので次の選考に向けて予定の確認をしておく必要があります。採用担当者に合格を告げられ、次の面接の予定などを聞かれてもすぐに答えられるように、スケジュール帳などを用意しておきましょう。

いつであれば予定がいいのか、何時であれば都合がつくのかなどを、その場で決めることができれば選考までスムーズに進めることができます。スケジュールがすぐに決定することで、印象も良くなりますので、電話に出る前にスケジュールをしっかり確認しておきましょう。

企業側からの電話にはすぐ出る

電話に出られなかったり、折り返しが遅いとマイナスになりますので、企業側からの電話にはすぐ出るようにしましょう。これは合否連絡に限ったことではありませんが、合否連絡の場合であれば連絡の期間が決まっていることも多いので、着信には特に注意しておく必要があります。

企業からの電話には一発で出ることがベストですが、電話に出られない状態だったり、気がつかない場合もあります。出られないことは仕方ありませんので、不在着信を確認すればすぐに折り返しの電話をすることが大切です。

折り返しが遅いと再度企業から電話がかかってきますし、それも出られないとなると、さらに印象は悪くなります。合否の結果が覆ることはありませんが、次回選考が不利になる可能性はあるので注意しましょう。

予定があり電話に出られない場合

面接が終われば企業から連絡の方法や期間などを告げられることが多いですので、いつ連絡されるかを確認しておくことが大切です。万が一予定が重なっている時は、あらかじめ何時くらいに電話をもらえるかを聞いておくようにしましょう。

予定が重なっていて電話に出られなかったり、折り返しの電話が遅くなるとマイナスの印象を与えますし、企業にも迷惑をかけてしまいます。何時頃に電話があるかを聞いておき、その時間帯は電話に出られそうにないのなら、あらかじめその旨を伝えておくことが大切です。

電話に出られない時間帯を伝えておけば企業も配慮してくれますし、時間をずらしてくれる場合もあります。事前に申告しておけば印象も悪くなりませんし、反対に丁寧で好印象を与えられる場合もあります。

面接の合否連絡が郵送の場合

面接の合否連絡は電話であるとは限らず、場合によっては郵送の場合もあります。電話やメールなどで通知されるとばかり考えていて、ポストを確認していないと見落としてしまいますので、注意が必要です。

郵送の場合は、今後の動きについて企業に確認しなければならない場合もありますし、電話同様に素早く確認しておくことが大切です。面接の合否連絡が郵送である場合の特徴と注意点などを知って、郵送の場合でも上手に対応していきましょう。

郵送でも必ずしも不採用ではない

面接の合否連絡の場合は予定確認などの意味合いもありますので、合格の可能性が高いですが、郵送だからといって必ずしも不採用ではありません。たくさんの受験者がいる場合、掛け直しなどの時間のロスを防ぐため郵送にしていることもありますので、必ず中身を確認しておきましょう。

「郵送=不採用」だと思って中身を確認していないと、合格だった場合に大変なことになりますし、場合によっては合格が取り消しになってしまうこともあります。また郵送の場合は合格の通知だけではなく、就職に向けての必要書類などが同封されている場合もあります。

開封時に間違えて切ってしまうことのないように注意し、中身を端に寄せてから慎重に開封していきましょう。

結果の発送時期を確認する

面接の合否連絡が郵送だと分かっている場合は、結果の発送時期を確認するようにしましょう。あらかじめいつまでに連絡をもらえるかを確認しておくことは失礼にあたりませんし、発送時期を知っていれば確認もスムーズにいきます。

郵送の場合は企業での通知書類の作成をしなければなりませんし、就活生のもとに結果が届くまで時間がかかります。電話の場合よりも時間がかかるケースも多いですし、場合によっては1週間を超える可能性も高いです。

結果の通知が遅いと結果が気になって他のことが手につかない場合も多いですし、余計な心配を増やさないためにも発送時期を聞いておくことが大切です。発送時期から手元に届くまでの期間を逆算して、該当日は郵便物をこまめに確認するようにしましょう。

面接の合否連絡が来ない場合

面接の合否連絡は基本的には1週間以内にくる場合が多いですが、企業によっては1週間以上の時間がかかる場合もあります。長ければ2週間以上かかる場合もありますし、結果の通知が遅ければいつまでも不安な気持ちを抱えなければなりません。

連絡の遅い企業があることは確かですが、あまりにも合否連絡が遅い場合は注意が必要です。特に合否連絡の期間があらかじめ設定されており、それを越えても連絡がない場合は注意しなければなりませんので、対応方法を知っておきましょう。

企業に連絡が来ない旨を連絡をする

面接の合否連絡が来ない場合は、何らかの理由により連絡が遅れている可能性があります。長期間待っても連絡がない場合は、企業側へ電話かメールで聞くことが大切です。合否連絡が遅れてしまう理由はさまざまであり、単に選考で悩んでいる場合もあれば、担当者が連絡を忘れている場合もあります。

まだ選考中の場合は、問い合わせをしても結果を聞くことはできませんが、担当者が忘れている場合は、その場で合否を聞くことができます。面接を終えて数日程度で結果の問い合わせをするのはよくありませんが、1週間以上待った場合は企業に連絡をしても構いません。

連絡がないまま放っておくと、知らない間に選考が終わってしまう可能性もありますので、注意しましょう。

企業への連絡の方法【例文】

お世話になっております。
○○大学経済学部の○○(名前)と申します。

先日は面接のご機会を頂き、ありがとうございました。
緊張しましたが、面接官の方々に優しく声をかけて頂いたおかげで
リラックスすることができ、自分らしさを伝えることが出来ました。

先日の〇月○日の8時より御社の面接に参加したのですが、
合否連絡の期間についてお伺いすることを失念しておりました。
大変お手数ではございますが、
結果の通知期間はいつ頃か教えていただくことは可能でしょうか?

お忙しいところ、大変恐縮ではございますが、
何卒ご対応のほどよろしくお願い致します。

企業へ連絡する場合は、電話でもメールでもどちらでも構いません。気をつけるべきポイントも同じです。まずはしっかりとあいさつをして、自己紹介をします。そしていつ面接を受けたのか、何の用件で連絡をしたのかを伝えましょう。

合否の結果を直接聞くのではなく、いつ頃連絡されるかを聞くことが大切です。期間を尋ねる場合も、面接後に確認することを忘れていたと伝え、企業側に責任を押し付けないようにして聞くのがマナーです。

面接の合否連絡の流れについて理解しておこう!

面接は緊張度も高く、終わればようやく一息つくことができますが、面接が終わった後は合否連絡の期間や方法について聞いておくことが大切です。企業によって連絡の方法は違いますし、どれくらいの期間で通知されるのかも違います。

合否連絡の方法はさまざまであり、電話やメールの場合もあれば、郵送で結果が通知されることもあります。どの方法で合否連絡がきたとしても、素早く確認して対応することが大切です。

また連絡までの期間を聞いておけば、結果待ちの不安を和らげることができますし、万が一連絡がこない場合は企業に問い合わせることもできます。面接の合否連絡がいつどのように来るかをしっかり確認して、連絡がこない場合にも素早く対応できるようにしておきましょう。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也
(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ