就活のマナー

人事部宛に送る郵便の「御中」の書き方|その他の敬称の使い方も解説

正しい「御中」の使い方をマスターしよう

就活に必要な情報を収集しているとき、「御中」という言葉を目にする人は多いでしょう。企業へ履歴書を送る際に使用する「御中」ですが、日常生活ではあまり使うことはないはずです。「御中」という字面だけ見ても、意味がわかりづらいかもしれません。そこでこの記事では、「御中」の正しい使い方を紹介します。

「御中」だけでなく、封筒などの宛名に記入する「様」・「係」・「宛」・「行」にも触れていきますので、しっかりと覚えておきましょう。

「御中」の使い方

「御中」と字面だけ見ても読み方が難しいかもしれません。これは、「おんちゅう」と読みます。ビジネスシーンでは、口語として活用することはほとんどありません。しかし、書き言葉として使うケースは多いので、ぜひ覚えておいてください。

就活生の場合、この「御中」は封筒への記入やメールの宛先で使用するケースが多くなるでしょう。「御中」の意味や正しい使い方、一緒に使用してはいけない言葉を紹介していきます。

会社名・団体名につける

履歴書を入れる封筒に、住所や企業名などを記入します。「御中」は、会社名や団体名の後につけてください。言い方を変えると、送り先の担当者の氏名などがわからないときに使うのが「御中」になります。意味としては、「宛先である会社・団体、もしくは部署全体宛て」として認識しておいてください。

記載する例としては「 株式会社〇〇 人事部御中」となります。「御中」を省略したり、カタカナやひらがなでの表記はビジネスマナー的にNGです。ちなみに宛名の記載は、すべて正式名称で対応してください。「株式会社」は「(株)」、「有限会社」は「(有)」と略称する場合もありますが、就活中は基本的に省略せずに正式名称で記載する必要があります。

「御中」と「様」は混合しない

企業・団体名や部署名の後につける「御中」と、個人名の後に用いる「様」の混同した使い方はしてはいけません。宛名ひとつに対して、「御中」「様」のふたつを混ぜて使用すると、誰に宛てた封筒なのかわからなくなってしまいます。こうした書き方は、企業側に失礼となります。

「両方記入した方が丁寧」と考える人がいるかもしれませんが、ビジネスマナーは守るべきです。多くのビジネスマナーは、学生生活において無関係なものかもしれませんが、社会のルールは確固としてあります。そのルールを守れない場合、内定から遠のいてしまう可能性は大いにあるでしょう。「御中」・「様」の使用方法も、人事担当者はきちんとチェックしているはずです。

「御中」の使い方【正しい例・間違った例】

【正しい使用例】
〇〇株式会社 人事部 採用担当者 様

【間違った使用例】
〇〇株式会社 人事部 御中 採用担当者 様

先ほども「御中」「様」の正しい使用方法をご説明しましたが、改めて正しい例・間違った例を見ていきましょう。まず正しい使用例では、「様」を使用しているため、「御中」の記入はいりません。間違った例の方は、「御中」と「様」を併用しているため、ビジネスマナーを守っていないことになるでしょう。

「御中」・「様」の適切な使用方法は、就活だけではなく、入社後にも必ず役に立ちます。ビジネスマナーを遵守することにより、相手からの信頼感などがアップするので、比較的時間にゆとりのある学生生活のうちに覚えておきましょう。

志望動機が思い浮かばない時は、志望動機作成ツールを活用しよう

志望動機の内容が薄いと、人事に採用されません。選考を突破するには、志望動機を作り込む必要があります。

そこで活用したいのが志望動機作成ツールの「志望動機ジェネレーター」です。
このツールを使えば、簡単な質問に答えていくだけで、理想的な流れの志望動機が完成します。

無料でダウンロードできるので、ぜひ活用して採用される志望動機を完成させましょう。

その他敬称の使い方

null

「御中」や「様」の他にも、宛名に使用する敬称があります。それは「係」です。何かのキャンペーンなどに応募する際、「プレゼント係」などとハガキに書いたことのある人もいるかもしれません。

「係」も正しい使い方があります。また、企業からの返信用封筒で「宛」・「行」が印刷されている場合もあります。詳細は後述しますが、「宛」「行」をそのままの状態で返信することは、マナー違反なのでご注意ください。

「様」の使い方

改めて「様」の正しい使用方法をみていきましょう。「様」は個人宛に送る際に用いるものです。名前がわからない時は、「採用担当者様」「ご担当者様」などで問題ありません。フルネームでわかるのであれば、正確に書いてください。誤字脱字は大変失礼なことなので、一文字一文字慎重に記入していきましょう。

つまり「様」は、「株式会社〇〇様」のように会社・団体名に使用してはいけないのです。「株式会社〇〇 人事部様」と部署名などに用いるのもマナー違反です。基本的に「様」は個人につける敬称なので、忘れずに対応しましょう。「さま」とひらがなで表記する人もいるかもしれませんが、就活生の場合は「様」と漢字表記で対応した方が無難です。

「係」の使い方

「係」にも正しい使用方法があります。「係」は、「ある組織の中の1つの部署」と認識しておいてください。ですので、係の下には「御中」をつける必要があります。例えば、「〇〇株式会社」の「〇〇部 ○○係」宛に送る際は、「〇〇株式会社 ○○部 〇〇係 御中」が正解です。

もちろん下に個人名や役職名が続くようであれば、「御中」ではなく「様」を使用してください。「〇〇係 御中」あるいは「〇〇係 採用担当者様」などが正式な書き方です。個人名がわかる場合は、「採用担当者」「ご担当者」ではなく、「〇〇係 〇〇様」ときちんと名前を書くようにしましょう。

「宛」や「行」は使わない

「行」「宛」が返信用封筒に印刷されているときは注意が必要です。その際は、「行」「宛」を二重線で消すのがビジネスマナーです。上記でご紹介した通り、個人向けの場合は「様」、企業・団体宛は「御中」と記入してください。忘れがちなところなので、きちんと対応しましょう。

二重線は、縦書きの場合はまっすぐ縦に、横書きの場合はまっすぐ横に線を引いてください。縦横に限らず、「右上→左下」と斜めに線を引いても問題ありません。そして、「様」もしくは「御中」を書く場所もある程度決まっています。縦書きでは、訂正箇所の真下か左横です。横書きの場合は、右横か下に正しい敬称を記入しましょう。

何を媒体するかで敬称の使い方は変化しない

履歴書を入れる封筒だけではなく、送付状やメールでも、敬称の表記は統一させてください。「御中」「様」「係」などの敬称がありますが、どんな媒体でも敬称の使い方は変化しません。つまり、一度覚えてしまえば、さまざまなビジネスシーンで対応できるのです。

前半でも少しご紹介しましたが、「様」を「さま」とひらがな表記する人もいるかもしれません。とりわけ、メールの場合は「〇〇さま」とする人もいるでしょう。しかし、ビジネスマナー的に正しいのは、「様」という漢字表記です。入社後、ものすごく親しくなった取引先などに「さま」の表記は可能かもしれません。しかし、就活生の場合は、すべての記載を正式なマナーに則って対応する必要があるでしょう。

コロナ自粛中に、自己分析をやり直そう

コロナウイルスで就活も自粛の傾向になり、選考が進まず、不安になっていませんか?

そんな時は、自己分析ツール「My analytics」を活用して、自己分析をやり直しておきましょう。

My analyticsなら、36の質問に答えるだけであなたの強み・弱み→それに基づく適職がわかります。

コロナで就活が自粛中の今こそ、自己分析を通して、自分の本当の長所・短所を理解し、コロナ自粛が解けた後の就活に備えましょう。

企業へ文面で連絡する場合は十分に気をつけよう

「御中」は、会社名・団体名のあとにつけるのが正しい使用方法です。そして、宛名一つに対して「御中」「様」を併用することはマナー違反となるので、注意しましょう。「様」は、「採用担当者様」「ご担当者様」など、個人宛のときだけに使用してください。返信用封筒に「宛」「行」が印刷されている場合は、二重線で訂正をして「御中」「様」などを記入します。

こうした敬称は、封筒・メール・送付状などといった媒体別でも、使用の方法に変化はありません。就活では正しい書き方ができるかどうかが見られると言うよりも、「正しい書き方を調べて書いているか」という姿勢が見られています。慎重で誠実な姿勢を伝えることはマイナスになりませんので、ビジネスルールに注意し、しっかり守りながら就活を進めていきましょう。

 

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ