職種研究

品質管理の志望動機の書き方|例文5選やNG例をご紹介

品質管理について

品質管理とは、その名の通り様々な商品の「品質」を管理する仕事です。品質の定義は、「品物またはサービスが使用目的を満たしているかどうか決定する、固有の性質・性能全体」のことです。つまり、商品やサービスがお客様からの要求やニーズに合っているかを確認する仕事になります。品質がよくないと不良商品となってしまいます。不良品が混ざっているとクレームとなるため、品質管理は重要な役割を担っています。

品質管理の主な業務内容

品質管理と一口に言っても、様々な工程があります。例えば、企画の品質があります。これは、消費者のニーズを反映した製品であるかどうかチェックします。他には商品の設計時などにおける「製品規格」や「品質規格」の管理・決定があります。さらに、出来上がった商品の品質、製造工程における品質、検査における品質、サービスの品質など、品質管理の範疇に含まれる仕事は多岐にわたります。

志望動機を書く際のポイント

志望動機を書くときは、なぜ「品質管理がいいのか」を明確に示さないといけません。例えば、「製造工程を見学させてもらい、徹底された品質管理に魅力を感じた」という志望動機は良い印象を与えることでしょう。また、なぜこの会社を選んだかという理由も大切になってきます。

会社の理念に共感したという理由はひとつの定番です。ただ暗記するだけではなく、心から共感する部分を選択して、志望動機の中に上手く盛り込みましょう。そして、品質管理は細かな作業が多く、コツコツと作業を行わなければいけません。そういった適性があることも伝えましょう。

なぜ品質管理の仕事をしたいのか

品質管理は、製造業のなかでも特殊な業種です。物を作って企業に貢献するわけではなく、品質を高めて間接的に企業に貢献していくことが主な業務です。また、業務は社外秘のものが多く、社外の人からは評価がされにくい仕事です。そのため、やりがいをどこにみつけるのかを考える必要があります。

また、品質管理がしっかりしていなければ欠品が出て、生産コストが上がってしまったり、食べ物であれば食中毒など重大な事故を起こしてしまいます。品質管理の仕事をしたいのであれば、品質を保つことの重要性、難しさを自分なりに考えてみましょう。品質管理の業界を十分に理解して、そこで何をやりたいかを明確にして志望動機を作成することが大切です。

なぜその企業を志望するのか

品質管理の仕事といっても、企業によって品質を管理する商材は異なっています。機械部品や食料品など多岐にわたります。志望動機には、一般的な品質管理について書くのではなく、その企業に合ったもの書きましょう。企業が扱っているものを企業研究をして調べ上げることが大切です。

品質管理の仕事であれば、どの企業でもいいという印象にならないように気をつけなければいけません。企業が取り扱っている商材、主な業務、今後の事業展開などを調べて整理しましょう。そのうえで自分のスキルや性格を企業でどのように活かすことが出来るか、活かしたいと思っているかを考え、その企業に合った志望動機の文章を作成しましょう。

志望動機が書けない時は、志望動機ジェネレーターを活用してみよう

品質管理の志望動機を作成する際、深く考えても、なかなか良い内容が思い浮かばない方も多いはず。

そんな時は、「志望動機ジェネレーター」を活用してみましょう。

志望動機ジェネレーターなら、簡単な質問に答えていくだけで理想的な流れの志望動機が完成します。

無料でダウンロードして、効率的に品質管理に採用される志望動機を完成させましょう。

品質管理の正しい志望動機例5選

品質管理の正しい志望動機の例を5つ紹介します。どこがいいかも説明するので、品質管理を志望する方はぜひ参考にしてください。

例文①

私が貴社を志望した理由は、拝見させていただいた製造工程から、徹底された品質管理に魅力を感じたからです。貴社は他のメーカーと比べて特に品質管理に力を入れており、衛生管理や現状把握分析を含めたさまざまな視点や方法でリスクゼロ達成に努めています。
私は、そんな姿勢に憧れを抱き、私もそのメンバーの一員となりたいと思いました。貴社は、ナンバーワンを常に目指しており、その点も共感しています。私もナンバーワンを目指すメンバーとなり、世界一になりたいと思います。

良いところは、製造工程を実際に見て、業務イメージをしっかりと持てているところです。退職する理由のひとつとして多いのが、「思っていたものと違う」という業務イメージのギャップです。上記の例文は、そうした理由での退職はないということをアピールできています。会社理念に共感していることもしっかり伝えているので、好印象を与えやすいでしょう。

例文②

品質管理の仕事内容を調べていくと、消費者と深く関わる仕事としてリアルな評価を得られる点がやりがいだと気付き、強い興味を持ちました。消費者の意見を聞きながら話をするコミュニケーション能力には自信があります。
貴社へ就職した際には、しっかりと消費者のニーズを取り入れて商品サービスの改善に努めます。働きながら品質管理の勉強をすることでスキルアップもしつつ、貴社へ貢献していきたいと思います。

まず、消費者のことを一番に考えて志望動機を述べているところが良い点です。「品質管理の仕事は消費者と深く関わる仕事だ」と理解していることをアピールできています。また、働きながら品質管理の勉強をするという意欲があるところも良い印象を与えます。やる気がしっかり伝わる内容に仕上がっているといえるでしょう。

例文③

私たちが生活するなかで品質の良い商品を購入できているのは、品質管理という仕事があるからだと感じています。私はサッカー部でマネージャーをしており、縁の下の力持ちが性に合っていると思っています。貴社では縁の下の力持ちである品質管理を目指します。サッカー部では50名のメンバーをまとめていました。
個性が様々で50名とコミュニケーションをとるのはなかなか難しかったですが、それぞれの個性を活かしてプレイできるように全力でサポートしました。そのコミュニケーション能力を、品質管理では顧客のニーズを読み取る力として活かしていきたいと思っています。よろしくお願いいたします。

サッカー部のマネージャーという縁の下の力持ちを実際にしていたことを具体例として挙げているのが良いところです。面接官としては入社後のイメージを持ちやすいと言えます。顧客のニーズを読み取ることは難しいことですが、50名のメンバーと向き合ってきた経験を盛り込むことで、「辛抱強く頑張ってくれるのではないか」という期待が持たせています。部活動やサークルを頑張った人は、その経験を志望動機に活かすことが可能です。

例文④

私は、品質管理の仕事は製造業になくてはならないものだと思っています。いくら商品が魅力的なものでも、品質が悪ければ消費者に魅力が伝わらないので、品質を高めることはとても重要だと考えます。貴社では品質規格のISO認証を受けているので、厳しい審査をパスできるだけの品質管理の仕組みが出来ているのだと思います。品質管理の部門にて、よりよい仕組みを提案できるような人材として貢献したいです。

この例文では、品質保証がなくてはならない業務であると考えていることをアピールしています。また、ISO規格を所有していることを伝えており、企業研究をしっかりとしていることが分かるような例文になっています。

例文⑤

私は、学生の頃食品工場でアルバイトをしていました。そのアルバイトでは、ベルトコンベアーで流れてくる菓子パンの袋が破れていないかを確認し、破れている袋を取り除く仕事を行っていました。食品に異物が混入されていた場合、お客様に大変迷惑をかけてしまいます。
私は、お客様のことを第一に考えることが品質管理の目的だと考えています。貴社の「安心をお客様に届けることで未来をつくる」という企業理念に大変共感し、志望いたしました。製造部のサポートを全うしつつ、すべてはお客様のためだということを忘れずに業務を行いたいと思っています。

この例文ではアルバイトの経験から、品質管理の重要性を述べています。採用されたあとどのような業務を行うことになっても、品質管理はお客様を第一に考えることが重要であることを説明しています。

あなたは品質管理に向いているタイプ?自己分析ツールで診断してみよう

自分の性格や適性が、品質管理の仕事に向いているのかどうか、気になりませんか?

そんな時は、自己分析ツール「My analytics」を活用して、自分と志望業界との相性を診断してみましょう。

My analyticsなら、36の質問に答えるだけで、自分の強み・弱み→それに基づく適職を診断できます。

My analyticsで、あなたの強み・弱みを理解し、自分が品質管理に向いているタイプか、診断してみましょう。

品質管理の志望動機NG例

品質管理の志望動機におけるNG例を記述していきます。NGである理由も同時に書いていくので、参考にしてください。

NG例

私は品質管理部を希望します。私はワークライフバランスを大切にしたいと思っており、プライベートと仕事の充実を図りたいと考えています。そこで、比較的穏やかな業務内容である品質管理に魅力的に感じました。コツコツ作業をするのは得意です。毎日同じ作業でも飽きずに続けることができます。
自分でも品質管理に向いていると思います。消費者のニーズをきちんと満たした商品づくりを支える存在になりたいと思います。一生懸命頑張りますので、是非ともよろしくお願いいたします。

「品質管理を楽な仕事だと思っている」「品質管理に向いているかを自分で判断して断言している」のがNGポイントです。ワークライフバランスは、志望動機に持ち出す話題ではないといえます。

心の中で思っている分にはいいのですが、わざわざ志望動機して述べる必要はありません。また、品質管理に向いているかどうかは面接によって面接官が判断することです。自分で「品質管理に向いていると思う」と断言するのはあまりふさわしくないかもしれません。

品質管理の志望動機は仕事への理解をアピールしよう

品質管理は、顧客のニーズを読み取ったり品質を担保したりと、企業内でとても重要な役割を担っています。地道に自社の製品の品質を担保しなければいけないので、真面目にコツコツ働くことができる人が向いているでしょう。

品質管理として採用されるためには、品質管理という仕事をきちんと把握しているということを伝えなければいけません。業務への理解がきちんとできているかということです。その点についてはきちんと勉強し、志望動機に活かしていきましょう。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也
(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ