職種研究

人材コーディネーターの志望動機の書き方|記載ポイントと例文付き

人材コーディネーターについて

人材コーディネーターは人材派遣会社に所属する会社員であり、企業と派遣労働者の仲介をおこなう仕事です。2001年に構造改革が始まって以来、派遣労働者の増加とともに人材コーディネーターの数は増加を続けています。

現在は多くの業界で人手不足が深刻化しているため、人材コーディネーターの仕事は多忙を極めているようです。人と関わることが好きな人にとって、やりがいがある反面、体力と忍耐力が要求される職業といえます。

人材コーディネーターの主な業務内容

人材コーディネーターの主な業務は、人材を求める企業に適切な人員を送ることです。もちろん、企業の要望に派遣労働者が応じてくれるとは限りませんので、その場合はどちらかを説得するか別の人員を探すなどして、調整する必要があります。

企業側の担当者との打ち合わせや、派遣労働者との面談も人材コーディネーターの仕事です。信用が第一の仕事なので、どちらも丁寧に対応しなければなりません。また、中小規模の人材派遣会社では、コーディネーターが営業職を兼ねるケースもあり、少人数で多くの業務をこなさなければならないのが実態としてあります。

志望動機を書く際の注意ポイント

人材コーディネーターを志す理由はパッと思いつくかもしれません。では、人材コーディネーターとして働くためにその企業を選んだ理由を問われたらどうでしょうか?

そして、人材コーディネーターとなってそこで働く未来の自分はどのような姿でしょうか?実はこの2点が、志望動機の基本構成において大変重要なのです。それぞれについて尋ねられるわけではなくとも、志望動機の設問には、これらを織り交ぜて記述するようにしましょう。いずれも具体的な根拠の提示が大切です。

なぜその企業なのかを明確にする

人材コーディネーターの募集をしている企業は何社もあります。その中で、あえてその企業を志望するのはなぜですか?ここをはっきり打ち出すことが、志望動機では強いアピールとなります。同じ人材コーディネーターの職種でも、あなたの働く場として「その企業でなければならない」「その企業がより魅力的である」理由が、企業ごとに存在するはずです。業界や企業の研究から、その企業の特色や他社との違いをよく知り、その企業ならではといえる面を明確にしましょう。

自分のしたいことと絡めて記せれば、マッチングの度合いや熱意がより伝わります。「人材コーディネーターになりたいだけならどこでもできるのだから、よそに入ればよいのではないか」と思われては、その企業から弾かれてしまうかもしれません。

自分の強みがどのように活かせるか記載

志望動機を書く際に欠かせないのは、自分がその企業や職種でどう貢献できるか、という入社後のビジョンです。何を求められているのかを知り、それに対する自分の強みは何か、それをどのように活かせるかという側面で将来における活躍のイメージを提供することが訴求力となります。そのためには、人材コーディネーターについての充分な研究も必要です。業務内容や特質への理解を深め、自分の強みと照らし合わせて何をアピールできるか考えていきましょう。

過去の経験など具体例を通して、今持っている能力や長所が・未来にどうつながるかを述べることで主張が一貫性を帯びます。そして読み手にとって採用後の姿を思い描きやすくなるので、ぐっと踏み込んだ印象を与えられます。

質問に答えるだけで志望動機を完成させよう

人材コーディネーターの志望動機を作成する際、文章を考えるのが苦手な就活生も多いと思われます。「伝えたいことはたくさんあるけど、考えをまとめてわかりやすく伝えるのが難しい」という就活生は、「志望動機ジェネレーター」を活用しましょう。

志望動機ジェネレーターを使えば、用意された質問に答えるだけで理想的な流れの志望動機が完成します。面接での志望動機に関する質問にも対策が可能です。無料でダウンロードできるので、効率的に人材コーディネーターに採用される志望動機を完成させましょう。

人材コーディネーターの志望動機NG例

まずは、人材コーディネーターの志望動機として悪い例文をみていきます。どういった点がNGの評価になるのかチェックしてみてください。また、自分が作成する志望動機は同じようになっていないか、見比べることもおすすめします。

NG例

私が人材コーディネーターを志望する理由は、人と関わる仕事に就きたいためです。アルバイトでも老若男女、さまざまな人とコミュニケーションをとっていたたえ、人と話すことには自信があります。ですので、人材コーディネーターの仕事で交渉のスキルを身に付ければ、さらに貴社のお役に立てると思います。

上記の例文では、具体的な話しがまったくなく、薄っぺらい志望動機に聞こえます。「人と関わることが好き」なのであれば、どういった点が好きなのか、「老若男女とコミュニケーションをとるアルバイト」とは何のアルバイトなのかを説明が必要です。

志望動機は、あなたが面接に進む前の大事な選考書類です。人となりをイメージしてもらうためにも、具体的に記載してください。

人材コーディネーターの正しい志望動機例5選

次に、人材コーディネーターの志望動機として正しい例文をみていきます。一例として参考にしてください。

志望動機の例文①

私は中学生の頃から野球をやっており、残念ながら一度もレギュラーにはなれませんでしたが、厳しい練習から決して逃げない忍耐力だけは誰にも負けない自信があります。それから、どんなときもボールに喰らいつく粘り強さと、走り込みで鍛えた体力もあります。

人材コーディネーターは非常にハードで忍耐力が必要な反面、大変やりがいのある仕事だと聞いて、私の力を役立てたいと思いました。

仲介の仕事には強い忍耐力が必要とされますので、運動部の厳しい練習に耐え抜いた経験は大きなアピールポイントとなります。また、仕事が厳しいのを承知の上で役に立ちたいという姿勢が評価につながります。

志望動機の例文②

私は人付き合いが得意で、コミュニケーション能力には自信があります。性格が穏やかということもあって、昔から友人や後輩に頼られ、よく悩み事の相談に乗っていました。また、友人や家族と大きなケンカをしたことがありません。人材コーディネーターとなったときには、常に穏やかな心を忘れず、どんな相手にも丁寧に接していきたいと思っています。

人材コーディネーターにとってコミュニケーション能力は最重要といえますので、自信がある場合には積極的にアピールしましょう。その際、ただ得意というだけでなく、例文のように、自分の性格や過去にあったことを説明して根拠を示してください。

志望動機の例文③

私はアルバイトで接客の仕事をしていましたので、コミュニケーション能力には自信があります。アルバイトではチームのリーダーとして、スタッフのスケジュール管理や人員配置の仕事を任せられたことがありました。
人材コーディネーターとして仕事をするときには、この経験を生かし、貴社に貢献したいと思っています。

接客のアルバイトは、コミュニケーション能力の向上につながりますのでアピールポイントになります。もちろん、リーダーとして活躍した経験があれば積極的にアピールすべきです。社会経験のない新卒者にとって、どんなアルバイトでどんな仕事をしていたかは、採用側の重要な判断材料となります。

志望動機の例文④

企業と人とを結びつける役割に面白味を感じ、人材コーディネーターを希望しております。貴社ではヨーロッパの言語を使用する業務に特化したサービスを展開されているため市場の独自性に興味を抱き、フランス語を専門に学んだ知識を社会で役立てたく、貴社を志望いたしました。少人数での運営と伺いましたので、職務が多岐にわたり多忙かと存じますが、同時多発的な用件を効率的に組み立てることが得意な点を活かして、貢献できれば幸いです。

その企業が独自に開拓している分野や取引先の傾向などを見出せると、志望動機を固めやすくなります。自分の強みを当てはめて、それらとの親和性をアピールすれば、一段と双方にとってのマッチング感を得られるでしょう。

志望動機の例文⑤

私は、大学に入ってから、小、中学生に対してバスケットボールの監督をしております。重点を置いているのは、適材適所の見極めです。観察とコミュニケーションから各人の特性を知り、時には妥協点を探りながら、ポジションを定めます。試合では采配が決め手となるこの感覚と手応えを、貴社の人材コーディネーターとして得続けたいと考えたのが志望の理由です。幅広いジャンルを対象に業界トップクラスの案件数を扱っていながら、企業と派遣スタッフいずれからも高い満足度を保持されている貴社にて、チームで勝つ作戦を実行してまいります。

チームワークの形成能力は、人材コーディネーターにとって大事な要素です。経験の成功例を持ち出して、大いにアピールしましょう。ここではさらに、組み合わせの妙を実現する手腕を見せて、ターゲッティングが難しい規模でも力を発揮できるイメージを起こさせています。

人材コーディネーターの志望動機はその企業を希望する理由を明確にさせよう

人材コーディネーターの仕事は、人と関わることが仕事です。そのため、人と関わることが好きという理由は適切ですが、人と関わる仕事のなかで、なぜ人材コーディネーターなのかを明確にする必要があります。そのためにも、人材コーディネーターの仕事内容についてはしっかりと研究するべきですし、どういった企業があるのかも調べる必要があります。

人材コーディネーターの仕事に就くためにも、ご紹介した志望動機を書くポイントも参考にしながら、時間をかけて作成していってください。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也
(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ