就活のマナー

【時計の文字盤の色を徹底解説】他の就活生と差をつけるポイント

就活の時もお洒落な時計をしていいのか?

腕時計は社会人の方であれば、ほとんどの人が着用している必須アイテムです。就活生の中には普段使っている腕時計をそのまま使う方、就活を期に適した腕時計を買う方、面倒だから付けないという方などさまざまな方がいるかもしれません。

腕時計はしっかりしたものを購入する場合、とても安価なものとは言えません。だからこそ、普段と同じ時計を使える方が経済的には嬉しいわけですが、どこまでお洒落な時計をすることが許されるのかは多くの就活生が悩むところです。

本記事では、就活の場においてどの程度までお洒落な腕時計が許されるのかということについて具体的に男女別の特徴に分けて紹介します。正しい腕時計選びを理解し、スタートダッシュを図りましょう。

就活のマナーを身につけておこう

就活では、きちんとしたマナーを身に付けていないとマイナスの印象を与えてしまいかねません。言葉遣いの他にも、身だしなみやメール・電話のマナーなど細かいところでも求められます。他の就活生がマナーを守る中、振る舞い方を知らないでいると慌てることになります。

そこでおすすめなのが「就活マナーマニュアル」です。こちらでは、就活で必須のマナーを詳しく紹介しています。無料でダウンロードできるため、マナーに自信がない就活生は手に入れておきましょう。

就活でおすすめの時計

それでは、以上のような時計は避けることを前提として、就活で適している腕時計とはどのようなものか、ご紹介していきます。腕時計はただのアクセサリーではありませんので、就活では好印象な見た目に加えて、実用性を兼ね備えたものが求められます。

腕時計選びにあたって、特に意識するべきポイントを以下の3点にまとめましたので参考にしてください。

機能性に優れている

腕時計はマナーとして付けるという面も強いですが、あくまで時計は時計です。就活をする際は、時間的に厳しいスケジュールを余儀なくされることも増えるでしょう。そんなときに時計として機能の優れた腕時計があることは非常に重要なのです。

まず、誤差が少ないものを選びましょう。試験のときなどは1分を争いますので、電波時計で誤差の少ないものは役立つはずです。また、日にちを書く際にさっと腕時計で確認できるように、日付が見られるものを選ぶと書類を書く際に役立ちます。

防水、電波、ソーラー充電など多機能なものだと、やはり値段も張ります。しかし、自分の必要だと考える機能だけを厳選すれば、十分安価でコストパフォーマンスの優れた時計も多くあります。

文字盤がわかりやすい

文字盤はデザインの一部として、非常に多様です。例えば、シンプルに数字と長針短針だけのものや、数字が書かれていないもの、針がお洒落なデザインになっているものなど、店頭に並んでいるものだけでもさまざまでしょう。

就活用で時計を買うのであれば、原則としてシンプルなものを選んでください。カラフルでお洒落なデザインのものは、まず上記のように派手な印象を相手に与えます。文字盤はベルトよりも目立つ部分ですので、ベルト部分が落ちついた色でも文字盤が華美であれば十分に派手になるのです。

また、中にはデザイン性重視で文字盤が見づらいものもあります。就活時はちょっとした隙にパッと時間を確認できる方が実用的ですので、自分が使ったときに時間の確認がしやすいかどうかは購入前に確認しましょう。

女性は細めのベルト

女性の場合は、上記の2点に加えて特にベルトの太さにも注意を払うと良いです。具体的には、3~4cm程度で男性よりも多少細いくらいのものを選ぶのが無難でしょう。腕時計専門店やそれ以外にもカジュアルなお店の店頭を見ると、女性向けに置かれている時計はベルトや文字盤が小さいものが多いです。

女性は一般的に男性より手首が細いため、ごつごつとした大きめの時計よりも全体的に華奢な時計を着用する方が、女性らしさも出てお洒落なのです。ただし、度が過ぎると実用性の問題や、お洒落感が出すぎるといった問題が出てきますので、あくまで上記に述べた2点は優先させた上で細めのベルトのものを選ぶというのがよいでしょう。

就活でおすすめの文字盤の色


機能性やデザインの選び方についてはお話しましたが、ここからは具体的に文字盤は何色がいいのかについて、ご紹介します。文字盤はベルト以上に色やデザインが豊富です。シンプルなものから少しカラフルでお洒落なものまで店頭には並んでいます。

文字盤は異常に派手なものでなければ、就活でも多少幅広く選ぶことができます。色ごとのイメージや風水なども踏まえて、就活の視点から見たときにおすすめの文字盤をまとめましたので参考にしてください。

定番の白

まず、最もメジャーかつ就活でも人気な色が白です。白で悪目立ちすることはまずありませんので、不安な方には安心の色でしょう。また、白は腕時計だけでなく、置時計などでも多く使われています。これはなんといっても白の文字盤だと、黒系統の針と重ならずに一番見やすいというのが理由でしょう。

風水としての白は、幸せを内包して育ててくれるという意味を持ちます。また、人間関係の改善するパワーや、ストレス解消の効果もあるのです。第一志望に採用されるという就職の幸せを内包している、企業の方との円満な人間関係を築く、就活でのストレス解消、などと考えると非常に適した色だと言えます。

見ることで消極性を打ち消す、緊張をほぐすなどの効果もありますので、心を落ち着けて自信を持って試験に向かうためにも効果があるでしょう。

クールな黒

黒い文字盤は、クールな印象を与えます。風水では、信頼を表す色だとされています。目立たない、落ち着いた色で知的な大人な雰囲気があり、就職活動中にもぴったりです。黒はどんな色にも合わせやすいので、就職活動で着るスーツにも、私服にも身に付けることができます。落ち着いたシンプルなデザインのものなら、場所を選ばずどんな時にも使えるので、プライベート用にほかの時計を用意する必要もありません。

馴染みやすい色なので、誰でも似合います。黒い文字盤の時計は、それだけでおしゃれに見えて、男女問わず使えるところもポイントです。ただ、あまり大きなものは重くて暗い印象にもなりますので、黒い文字盤の時計を選ぶときは、すっきりとしたコンパクトなデザインがよいでしょう。

スタイリッシュなシルバー

シルバーも白に次いでメジャーかつ無難な色だと言えます。特に、シルバーはスーツの黒に映えますし、社会人としての象徴的なイメージが強いのです。したがって、白同様に悪目立ちすることはないでしょう。

風水としての銀色は、金と同様に高価なものの象徴とされており、自己実現を手助けするパワーとなると言われています。金と同様高価な物の象徴である銀は、やはり自己実現の手助けをしてくれるパワーを秘めています。

金と異なる部分は、その謙虚さです。銀は一歩引きつつも、才能を発揮させるという力があり、第一線で目立って能力を誇示するというよりは、そういった人たちを後ろから支える重要な後ろ盾というイメージを持ってもらえればよいでしょう。

1ランク上を感じさせるブルー

ブルーはシルバーや白などとは少し一線を画した印象を受けます。暗めのブルーであれば悪い印象を与えることは少なく、逆に1ランク上のできる人材をイメージするような印象を与えます。暗めでも文字盤としてはそこまで見づらさを感じないはずですので、実用性も失うことはないでしょう。

風水としては有名なものが、精神安定効果です。青い部屋は黄色い部屋や赤い部屋に比べて、心が落ち着きやすいという効果も研究で発表されています。ブルーはビジネスにおいても安定感や冷静さといった印象を与えます。

誠実さや冷静沈着さをアピールしたいときは、青色ネクタイといわれることと同様です。風水以上に採用担当者に対する印象アピールもできるため、積極的に取り入れると良いでしょう。

女性らしい薄めのピンク

ピンクは、女性らしく優しい印象の色です。ピンクにも色々な種類がありますが、薄めのピンクだと女性らしさがより引き立ちます。やわらかいイメージで、ふんわりとした華奢な雰囲気となります。明るすぎる派手な色はビジネスシーンに向いていませんが、薄めの色なら社会人として身に付けていても自然です。

シルバーなどシンプルなベルトの腕時計をしている人が多くなっていますが、文字盤がピンクだと良いアクセントになります。意外に、どんな色とでも合わせやすいので、プライベートでも使えて色々な場面で活躍します。風水では、よい人間関係をもたらしてくれる色だといわれています。女性らしい魅力を引き出し、よい運命を引き寄せてくれるでしょう。

就活におすすめの時計ブランド

おすすめの時計ブランドを紹介していきます。CASIOは、男性用、女性用と幅広い商品を展開しています。シンプルで機能的な腕時計は使いやすく、時間が見やすいデザインとなっています。種類も豊富で、自分に合った時計が探せます。値段は3,000~10,000円ほどです。防水になっているものも多く、日常的に使えます。女性向けの商品も豊富で、ピンク色の文字盤などデザイン性も高くなっています。

SEIKOは、日本を代表する時計ブランドです。見やすい文字盤が特徴的です。デザインもシンプルで、就職活動中にもおすすめです。特に男性に使いやすい、スタイリッシュなものが多くなっています。ビジネスシーンにも合わせやすいカラーがそろっています。3,000円前後から買うことができます。

ケイトスペードは、女性におすすめの腕時計です。ファッション性が高くおしゃれな腕時計が欲しいという人におすすめです。文字盤はシンプルですっきりとした印象で、大人の女性を感じさせます。革のベルトのものは高級感があり、使うほどに肌になじんできます。ピンクベージュの革ベルトがついたものは、女性らしい優しい雰囲気です。値段は、15,000円ほどとなっています。

就活で身に付けるのは避けたい時計の特徴

手元は面接時のジェスチャーや、筆記試験時など多くの場面で企業の採用担当者の目に触れます。したがって、自動的に腕時計にも目が行くでしょう。第一印象が命の就活では、採用担当者の目に付くような身だしなみはNGです。

腕時計においてNGとなる特徴とはどのようなものでしょうか。特にNGと思われる2点をご紹介していきます。

派手な装飾やカラーリングのもの

派手な装飾やカラーリングの腕時計は、採用担当者に良い印象を与えません。まず、多くの就活生はリクルートスーツを着用します。リクルートスーツに過度な装飾は不釣り合いです。また、カラーリングも黒に合うような色ですから、過度なものは不釣り合いになってしまうでしょう。

具体的に派手な装飾とは、多くの機能が付いた、ごつごつとした時計、円形ではなくキャラクターの形を模したような文字盤などがあります。また、カラーリングはゴールドや原色に近い色などです。

就活は基本的に自分の有用性をアピールする場であり、お洒落さやステータスを誇示する場ではありません。目的に適した腕時計選びが重要です。

デジタル時計

就活の場では、デジタル時計は避けるべきであると一般的には言われています。デジタル時計それ自体は特段悪い印象はないのですが、就活という場になると以下のような点であまりおすすめできないというのが実情です。

まず、デジタル時計は性質上、光を出すものが多いため目に付きやすいです。また、場合によっては音の出るものもありますので、筆記試験や面接中に鳴ってしまう恐れを考慮すると避ける方が無難でしょう。

更に、デジタル時計はスポーツなどで多く用いられているため、スポーティーな印象が世間一般的に定着しつつあります。スーツとデジタル時計ではどうしてもアンバランスな印象を拭えません。

自分らしい腕時計で就活の運気もアップ!

就活以外でも社会に出れば、フォーマルな場における腕時計は必須アイテムです。腕時計は年齢や立場に応じたものを着用することで、相手からの第一印象も良い方向へもっていくことが可能になります。今まであまり着用してこなかったという学生も、これを機会に自分に合った腕時計を見つけてみると良いでしょう。

また、最後に紹介したように腕時計には多くの色があるため、風水としての運気向上も狙うことができます。風水などは信じる信じないの意見が分かれるところかもしませんが、ストレスの多い就活で気持ちを前向きに保つ道具として用いてもらえれば良いでしょう。

前向きな気持ちで自分に自信を持って、企業に対して自分を売り込んでいけば、自然と結果は後から付いて来るものなのです。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也
(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ