業界研究

【不動産の就職偏差値とは】求められる人材や必要なスキルを解説

不動産業界への就職

不動産業界は就活生に人気の就職先の一つであり、就職偏差値を参考にして就活を進めている人は多いです。業界や企業を知るための指標として就職偏差値を参考にする人は多いですが、業界を知るためにはそれ以外の部分でも業界研究をおこなう必要があります。就活を攻略するためには業界研究を欠かすことができませんし、徹底して業界研究をおこなうことによって、合格率を上げることができます。

業界を知るための方法はさまざまありますし、一つの指標だけで業界研究をおこなってしまうと深くまで業界を理解できない場合も多いです。業界研究はさまざまな視点からおこなうことが大切ですので、就職偏差値以外の方法も知って不動産業界への理解を深めていきましょう。

不動産業界の仕事内容とは

不動産業界への理解を深めるためには詳細な仕事内容を知っておくことが大切です。不動産業界と一口に言っても仕事内容はさまざまですし、活躍の幅は広く用意されています。不動産業界と聞いてイメージされやすいのが、仲介や販売の仕事です。仲介は家主との間に入って賃貸契約などの仲立ちをおこなう仕事であり、販売は自社が所有している土地や家を販売する仕事です。

他にはディベロッパーやコンサルティングなどの仕事があり、ディベロッパーは都市開発など大規模な事業を手がけることもあります。コンサルティングは土地の運用や都市開発における相談役として活躍する仕事です。不動産業界にはさまざまな仕事がありますので、どれを目指すかを決めておくことも大切です。

就職偏差値とは


業界や企業についてを知るために就職偏差値を参考にする人が多いですが、就職偏差値は2chで作られた言葉であり、あてにならないことを覚えておきましょう。就職偏差値は企業への就職の難易度や人気度などさまざまなものを総合して数値化したものですが、公式なデータがあるわけではありません。就職偏差値は根拠のない数値ですし、それを鵜呑みにして就活を進めてしまうと失敗する危険があります。

就職偏差値を業界研究の1つの指標として使用する分には問題ありませんが、就職偏差値だけで志望業界や決めたり、業界研究を進めていくのは危険です。就職偏差値は根拠のないものであることを理解して、あくまで参考にする程度に留めて他の方法で業界研究を進めていきましょう。

不動産業界に求められる人材

不動産業界へ就職するためには、業界で求められる人材像を知っておくことが大切です。業界によって仕事内容は違いますし、仕事内容が違えば必要となる資質も違ってきます。仕事には向き不向きがありますので、不動産業界の仕事はどんな人に向いているのかを知っておくことが大切です。求められる人材を知っておくことで、自己PRなどのアピールにも役立てることができ、選考を有利に進めることができます。どんな人材が求められているかを知って、不動産業界への理解をさらに深めていきましょう。

目標達成意識のある人

不動産業界に求められる人材としては、目標達成意識のある人が挙げられます。不動産業界の仕事内容はさまざまですが、基本的には一つひとつの仕事は完結しています。仲介や販売の場合は、不動産の紹介、交渉、契約で完結しますし、ディベロッパーなどの場合は都市開発の企画・計画から実行、完成で仕事は終了です。

一つひとつの仕事が完結しているため、目標を定め、その実現に向けて行動、努力をしていけることが大切です。目標の達成は仕事の成功ですし、目標を明確に設定し、達成することができなければ仕事で活躍することはできません。連続した仕事ではないからこそ、目標をしっかりと達成していくことが大切ですので、目標達成意識が強いことが重要視されています。

コミュニケーション能力が高い人

コミュニケーション能力が高い人も、不動産業界に求められる人材像の一つです。不動産業界は常に誰かと関わりながら仕事を進めていきます。個人に対して不動産の契約の提案や仲介をおこなうこともあれば、法人や団体と交渉して都市開発を進めていく場合もあります。コミュニケーションを取らなければ相手の本当の望みを引き出すことはできませんし、仕事を円滑に進めることもできません。

不動産の仕事は基本的には客商売でもありますので、コミュニケーション能力は欠かせない能力です。コミュニケーション能力と一口に言っても能力はさまざまであり、話すのが上手な人もいれば、聞くのが上手な人もいます。不動産業界では話すと聞くの両方の能力が必要になりますので、総合的なコミュニケーション能力が求められます。

フットワークが軽い人

不動産業界で求められる人材としては、フットワークが軽い人も挙げられます。不動産の仕事はクライアントに合わせて行動しなければならず、基本的には相手の都合で行動していきます。打ち合わせなどをおこなう場合でも、クライアントが朝と希望すれば朝に時間を取る必要がありますし、夜と言われれば夜に時間を設定しなければなりません。

また急な呼出などがあれば、それにも対応していく必要がありますので、フットワークが軽く、何事にも素早く対応できることが大切です。フットワークが軽いことで好印象を与えることができますし、信用されれば仕事も円滑に進みます。フットワークの軽さはコミュニケーション能力にもつながる部分がありますので、不動産業界では重要視されています。

不動産の業界研究は資料を活用しよう

不動産業界への就職を目指すなら、業界研究が欠かせません。どんな人材が求められているのかを知るためにも、業界研究をしておくことが大切です。

就活の未来では、不動産業界大研究Bookを無料で公開しています。各社の決算資料、業界の動向、ホット・トピックスについて効率よく知ることが可能です。三菱地所のOB・OGへのインタビューも掲載されていますので、ぜひ参考にしてみてください。

関連記事

不動産業界に就職するために必要なスキル

不動産業界の就職を目指すのであれば、業界で必要となるスキルについて知っておくことも大切です。新卒の場合は能力よりも人柄を重視して採用が決定する場合が多いですが、能力のアピールが全く無駄になるわけではありません。人柄重視であっても能力があれば評価の対象になりますし、選考を有利に進めることができます。不動産業界に就職するために必要なスキルを知り、事前にそれらを身に付けることで、不動産業界への就職を目指しましょう。

宅地建物取引士

不動産業界に就職するために必要なスキルとしては、宅地建物取引士の資格が挙げられます。宅地建物取引士は宅建と呼ばれる資格であり、不動産契約における重要事項の説明などをおこなうためにはこの資格が必要です。資格を取得するためには、不動産に関係する基礎的な知識や法律などの勉強が必要であり、それらが身に付いていることで業務を円滑に進めることができます。

誰でも受検できる資格ですので、学生のうちに取得することも可能です。不動産業界では就職後に宅建の資格の取得を求める企業も多く、事前に取得していることで、高評価を獲得することができます。資格の取得は必須ではありませんが、あれば大きなアピールになりますし、勉強中でもアピールの材料になりますので、資格の勉強は進めておきましょう。

自動車運転免許

自動車運転免許も不動産業界に就職するために必要なスキルの一つです。不動産業界に限らず、営業職では自動車運転免許が必要になる場合も多いですが、不動産業界の場合は自動車を使用する機会が多いため、必須のスキルでもあります。家の内見などがあれば、お客様を乗せて目的地まで運転しなければならない場合も多いですし、1日に何か所もの家を回る場合もあります。

効率的な移動手段を確保するためにも自動車運転免許は必須ですし、取得していない場合は就職までに取得を命じられることも多いです。不動産業界に就職するには絶対に必要なスキルであり、取得していなければマイナスの印象を与えてしまう可能性もありますので、就活の前に取得しておきましょう。

就職偏差値ではない部分で不動産業界の研究しよう

不動産業界に就職するためには、しっかりと業界研究をおこなうことが大切です。業界研究をおこなうことで仕事への理解を深めることができますし、選考を有利に進めることができます。業界を知るための方法として、就職偏差値を参考にする人も多いですが、就職偏差値は根拠のないものであり、あてにはなりません。

指標の1つとして参考する分には問題ありませんが、それだけを鵜呑みにして業界研究を進めていくのはNGです。業界研究の方法は他にもたくさんありますし、複数の方法で業界を広く知っていくことが大切です。就活の結果は業界研究をどこまで徹底できたかで決まります。就職偏差値以外の方法で業界研究を徹底し、不動産業界への就職を目指しましょう。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也
(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ