職種研究

薬剤師の志望動機|6つの例文とポイント・NG例を紹介

薬剤師について

薬剤師は、薬の効果や服用方法、副作用などの医薬に関する知識を持ち、使用する人に対して適切な治療薬を提供する仕事です。薬剤師は国家資格であり、定められた教育課程を修了したのち、試験に合格することができたら厚生労働省から与えられます。

主な就業場所は、薬局や製薬企業ですが、ドラッグストアに勤務する薬剤師も増えているなど、活躍の場が広がっています。

この記事ではそんな薬剤師として就職を希望する際に、参考になる志望動機の例文をご紹介します。

薬剤師の主な業務内容

薬剤師の業務内容は、就業場所によって異なります。

薬局や病院に併設された調剤室に勤務する場合は、主に医師の処方箋に基づいて、それぞれの患者にあわせた薬剤を調合します。そして、その薬の服用方法や服用時間、注意点などを薬の服用者に対して分かりやすく説明します。この時、取り扱いに注意が必要な薬ほど、相手が内容を理解しているかを確認しながら説明することが大切です。

製薬企業や研究機関に勤務する場合は、主に新薬の開発や研究をおこないます。異なる成分を組み合わせて効果の増減を研究したり、新しい成分の抽出方法を模索したりして医薬界の発展に貢献します。

志望動機を書く際のポイント

志望動機を書く際には、自分がこの職場で働きたいという熱意をアピールして、良い印象を与えるように工夫しましょう。伝えたい要点をまとめて、シンプルな文章にすることが大切です。ここでは、薬剤師としての志望動機を書くポイントを紹介しますので、参考にしてみてください。

薬剤師として働く際の志望動機には、コミュニケーション能力をアピールすること、なぜこの職場を選んだのかを伝えること、将来のビジョンについて述べることを意識してみましょう。薬剤師は人と関わることも多く、薬剤の知識だけでなく相手の要望を聞くことも必要となります。それぞれのポイントについて、詳しく見ていきましょう。

コミュニケーション能力をアピールする

薬剤師は、医師の処方箋に合わせて患者に薬を出すことが主な仕事となります。患者と直接関わることも多いために、コミュニケーション能力は必須です。また、医薬品メーカーで働く場合でも、ほかの部署の人と接することもあります。志望動機を書く際には、自身のコミュニケーション能力の高さも合わせてアピールすると良いでしょう。

また、職場によっても異なりますが、小さな子供からお年寄りまで、幅広い人を相手にすることがあります。相手に合わせて話ができることも、薬剤師にとっては重要なスキルといえるでしょう。また、薬を必要とする人は、病気に対して不安な気持ちを持っていることがあります。安心して薬を使ってもらえるような気遣いや、心配りなども好印象となるでしょう。そのため、薬剤師は薬の知識だけでなく人柄も重要と考えられます。

なぜこの職場を選んだのか伝える

薬剤師として働く場所は、主に病院や薬局、メーカーなどになりますが、なぜほかの職場ではなくそこを選んだのかも具体的に書くようにしましょう。一般的な薬剤師としての志望動機を書くだけでは、ここではなく他の職場でも良いのではないかと感じられてしまい、志望度が低いと評価されてしまうこともあります。

職場の特徴や、なぜほかではなくその場所で働きたいと思ったのかなど、具体的に伝えることがポイントです。そのためにも、職場の雰囲気や特徴、長所、大切にしていることなどを事前に調べておくことが重要となります。もし、OBやOGがいる場合は、実際に働いてみて感じている点なども聞いておくと参考になるはずです。実際に自分が患者として利用した時の感想など、エピソードとともに述べるのも効果的でしょう。

将来のビジョンについて書く

薬剤師として働くことになったらどのような事をしたいか、何を目指していきたいか、具体的な将来のビジョンについて書くこともポイントです。入社後の目標を述べることで、仕事に対する前向きな姿勢をアピールでき、一生懸命に取り組んでくれそうだと感じられます。「仕事を頑張っていきたいです」など漠然としたイメージでは相手に伝わりにくいため、なるべく細かく具体的に書くと良いでしょう。

薬剤師は国家資格のため、資格取得が大きな目標となってしまい、その後にどうなりたいか、資格を取ったらどうしたいのかを考える余裕が無い人が多いといわれています。ただ薬剤師として働けきたいと伝えるのではなく、どんな薬剤師になりたいか、薬剤師として何をしたいかも書くと、良い印象を与えることができるでしょう。

質問に答えるだけで志望動機を完成させよう

薬剤師の志望動機を作成する際、文章を考えるのが苦手な就活生も多いと思われます。「伝えたいことはたくさんあるけど、考えをまとめてわかりやすく伝えるのが難しい」という就活生は、「志望動機ジェネレーター」を活用しましょう。

志望動機ジェネレーターを使えば、用意された質問に答えるだけで理想的な流れの志望動機が完成します。面接での志望動機に関する質問にも対策が可能です。無料でダウンロードできるので、効率的に薬剤師に採用される志望動機を完成させましょう。

薬剤師の志望動機例6選

次に、薬剤師の志望動機を作成する際に参考にして欲しい例文を、6パターンに分けてご紹介します。

志望動機の例文①

私は、「斬新な発想で未来を切り開く」という企業理念にとても感銘を受けました。既に確立された手順通りに薬剤を調合すれば、成功しやすく堅実に薬効を得ることができます。しかし、現状に満足せず新たな境地を求める貴社の姿勢は、企業だけでなく人類全体の未来を切り開くことにつながると思うからです。
日々新しい成分や薬効が開発されている医薬業界では、そのような前向きな姿勢が何よりも大切です。私も最先端の医薬に携われるような仕事がしたいと思い、貴社を志望しました。

「なぜその企業を選んだのか」という理由を中心に書いた志望動機の例文です。企業理念から企業の将来性を評価していることが読み取れ、担当者に好印象を与えることができます。

また、企業の利益だけにとどまらず社会貢献の側面も視野に入れており、入社後は多方面で活躍する人材になることが予測できます。

志望動機の例文②

私は、薬が人体に及ぼす影響力について関心があります。本来、薬は病気を治すための有効な手段ですが、あやまった使い方をして薬害事件にまで発展した事例もあります。このように薬は有用性と危険性をあわせ持っているため、薬を使用する際は、正しい知識と正しい使用方法が不可欠だと感じました。
もし入社することができたら、薬害による悲惨な事件を繰り返さないために、適切な薬剤を提供して人々の治療をサポートしていきたいです。

「業界についての自分の意見」を軸に作成した志望動機の例文です。具体的な事例を踏まえて自分の意見を導き出していることから、業界に関心が高い人材であることが分かります。さらに、この自論を実現するために今後の薬剤師としての目標を掲げることで、やる気のある人材だとアピールすることができます。

志望動機の例文③

私は、人々が安心して薬を服用できるような環境づくりに努めたいと思い、貴社を志望しました。貴社の調剤薬局を併設したドラッグストアであれば、人々に薬をより身近に感じてもらうことができ、専門知識を携えた薬剤師であれば、適切な薬を案内することができるからです。
もし入社することができたら、症状や健康状態に合わせた薬を案内することはもちろん、顧客に「また利用したい」と思ってもらえるような接客を心がけていきます。

「薬剤師としてどのような働きがしたいか」という今後のビジョンに焦点を当てた志望動機の例文です。ドラッグストアに併設された調剤薬局ならではの強みを活かした接客を掲げることで、調剤薬局だけでなくドラッグストア全体に貢献する人材になることを予感させ、担当者に好印象を与えることができます。

志望動機の例文④

調剤薬局を営む父を見て育った私は、父の後を継ぐべきものと思い、薬学部に入学しました。しかし、在学中に医療現場の現状を知り、薬剤師の活躍できる領域が広がり続けていることが分かり、進路を病院勤務へと切り替えました。
貴院におかれましては、病棟薬剤師の設置を始めとして、最新医療の導入など、薬局改革を推進中と伺っています。新しい大きなフィールドで薬剤師としての道を着実に歩んで行きたいと思い、応募させていただきました。

薬剤師を目指したきっかけ、なぜほかの施設ではなくその病院を選んだのかを分かりやすく具体的に伝えています。希望する職場の特徴や、最新医療を導入しているなどの長所も書いてあり、職場についてしっかりと調べている印象を受けます。また、薬剤師として前向きに取り組んでいきたいという意志の強さも感じられるでしょう。

志望動機の例文⑤

大学院時代にドラッグストアで2年間アルバイトをしていた経験があり、人と距離が近い業務の方がやりがいを見出せると感じました。そこで、薬剤師として調剤業務を身につけたいと思い、御社を志望いたします。
また、将来的には調剤業務のほかにも、リーダーシップ、マネジメント、マーケティングスキルなどを学びながら、店舗拡大など本社の業務にも携わっていきたいと思います。

人と関わる仕事をしたいという思いから、調剤業務を志望しているということが分かります。自身のアルバイト経験とともに、具体的なエピソードも伝えられているでしょう。また、入社後のビジョンも分かりやすく、色々な仕事に取り組んでいきたいという前向きな姿勢をアピールできています。

志望動機の例文⑥

貴院の患者に対する姿勢に魅力を感じ、志望させていただきました。私自身も、患者を第一に考えながら働きたいと思っており、薬剤師としてそれを実現できる環境だと感じました。
貴院の考え方は、患者の安心だけでなく、スタッフや医療行為そのものへの信頼につながると思います。貴院のような意義のある環境で働きたいと考えております。

志望する職場の考え方に共感したという理由から、そこで働きたいという思いがよく分かる文章となっています。ほかの職場でなく、なぜここで働いてみたいと感じたかを具体的に書くことで、よい印象を与えることができるでしょう。また、どのような考え方に共感したのかを述べることで、自分の人柄もアピールしています。職場のことをよく理解しているという点から、熱意が伝わるでしょう。

薬剤師の志望動機NG例

はじめに、薬剤師の志望動機を作成する際にふさわしくない例文をみていきましょう。

NG例

私が薬剤師を目指したのは、時給が高く比較的求人も安定しているという噂をうかがったためです。類似職の医師は医療全般の知識が必要とされますが、薬剤師であれば薬の知識だけ備えればいいので、就職後も働きやすいと感じました。
また、貴社は社員寮の設備が整っており、家賃や光熱費を抑えられる点も魅力に感じました。もし入社することができたら、収入の柱にできるよう懸命に働きたいと思います。

「噂を聞いた」程度の志望理由であれば、時にリスクを伴う職業であることへの理解が及んでおらず、業界研究が不十分だと思われてしまいます。また、医師と比較して働きやすいという文面も、薬剤師がなぜ薬の専門家として分業されているのかという意義が理解できておらず、薬剤師としての責任感が不足しているという印象を受けてしまいます。

また、薬剤師に活かせそうな経歴や強みなど、選考の判断材料となる要素がほとんど記述されていないため、採用されにくい文章だといえるでしょう。

薬剤師の志望動機は例文を参考にして作成しよう

薬剤師の志望動機を作成する際に、参考になる例文についてご紹介しました。薬は病気の治療に有効な手段ですが、使い方を間違えると人体に害を及ぼす毒となることもあります。薬を正しく服用するためには、薬剤師や医薬関係者による適切な指導や説明が重要です。そのため、薬剤師は人々の健康や生命の一端を担う責任のある職種だといえるでしょう。

近年では、調剤薬局が併設されたドラッグストアも登場するなど、薬剤師の活躍形態はさまざまです。さらに医薬業界の人材が不足していることを考えると、今後も薬剤師の需要は増えていくでしょう。薬剤師の志望動機を作成する際は、この記事で紹介したポイントを参考にしてみてください。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也
(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ