職種研究

【理学療法士の志望動機】5つの例文とポイント・NG例を紹介

理学療法士について

国家資格である理学療法士とは、病気、怪我、高齢化などが原因で身体に障害を負った人に対し、日常生活で基礎となる動作が改善されるよう、リハビリテーションをおこなう職業のことです。高齢化が進む日本では、病気や怪我により身体に障害が残る人が増えており、理学療法士のニーズは高まっています。

理学療法士として働くには、どのような志望動機を作成すればいいのでしょうか。この記事では、志望動機作成のポイントや例文をご紹介します。

理学療法士の主な業務内容

理学療法士は、病気や怪我などで身体に障害を負った患者に、「歩く」「立ち上がる」「寝返る」「座る」などの日常生活の基本的な動作ができるよう、リハビリをおこないます。失った身体機能の回復だけでなく、機能維持や機能低下の予防をおこなうこともあります。

理学療法の治療は、主に2つあります。1つ目は、体操や動作練習など身体を動かすことで障害の改善を目指す運動療法です。2つ目は、マッサージや電気治療などにより、身体の痛みや血液の流れを改善する物理療法です。

志望動機を書く際のポイント

志望動機は、就活において誰もが聞かれる質問ですので、いかに採用担当者にアピールして良い印象を残せるかが重要です。ありきたりな答えでは、他の志望者のなかで目立つことはできません。自分の個性を出しながら、なぜ理学療法士になりたいのか、なぜこの職場で働いてみたいのかを分かりやすく相手に伝えるように工夫しましょう。

理学療法士を目指したきっかけ、なぜその職場を選んだのかという理由を書くことがポイントとなります。きっかけや、選んだ理由を書くことで、その職場に対する志望度を伝えることができます。ここでは、理学療法の志望動機を書く際のポイントをそれぞれ詳しく見ていきます。

理学療法士を目指したきっかけを書く

志望動機を書く時には、理学療法士を目指したきっかけも合わせて書くと良いでしょう。理学療法士は専門的な仕事となりますので、志望するきっかけとなった出来事があるはずです。どのようなことがきっかけで、理学療法士を目指そう思ったのか、具体的なエピソードとともに書くと分かりやすくなります。

理学療法士は、人を相手にする仕事でもありますので、「人の役に立ちたい」「困った人を助けたい」などの理由も志望動機となりますが、ありきたりな印象になってしまいがちです。個性をアピールするためにも、自分が体験してきたことや、自分の考えも合わせて伝えるようにして、オリジナルな志望動機となるようにしましょう。

同じ出来事であったとしても、それに対する考え方は人によって違います。自分がどのように感じたかを書くことで、どのような人物なのかも相手に伝えることができるでしょう。

その職場を選んだ理由を伝える

理学療法士として働く場所は、病院、リハビリ施設、介護施設、治療院など幅広くあります。なぜ他の施設ではなく、その職場を選んだかも書くようにしましょう。理学療法士として働きたいという動機だけでは、ここではない他の職場でも良いのではないかと思われてしまい、志望度が低いと評価されてしまう可能性があります。

その職場の特徴やよい点、なぜその職場で働いてみたいと思ったのかを、具体的に書いていきましょう。そのためにも、企業や職場について事前に調べておくことが重要です。社風や職場の雰囲気、企業理念などが分かっていると、アピールしやすくなります。OBやOGがいれば、どのような職場なのか聞いておくと参考になります。その職場で働きたいという熱意が伝わるような文章となるように工夫してみましょう。

理学療法士の正しい志望動機例5選

理学療法士として採用されるためには、どのような志望動機を書けばいいのでしょうか。例文を5つご紹介します。

志望動機の例文①

私が貴院を志望する理由は、患者に寄り添う医療の提供に取り組んでいるからです。地元新聞に貴院の記事が掲載され、心のケアにも力を入れていることを知りました。私は学生時代に怪我を負い、スポーツができない期間がありました。そのとき理学療法士の方に、治療だけでなく様々な相談に乗ってもらい、部活に復帰することができました。
患者が求めるのは、身体の回復だけではありません。技術だけでなく精神面でも必要とされる理学療法士を目指します。

上記の例文では、志望する医療機関に興味を持ったきっかけを説明できています。新聞記事を例に挙げましたが、他にはホームページから情報を得ることができます。全体をしっかりと読み込み、理念、経営方針、特徴などを把握しましょう。そうすることで、説得力の高い志望動機を作成することができます。

志望動機の例文②

私が貴院を志望する理由は、知識、技術、人格を兼ね備えた理学療法士として患者を助けたいからです。私は人と接することが好きで、アルバイトで接客業に携わってきました。リハビリで身体の障害を克服するという大きな転機に関わり、患者様に大きな喜びを与えることができます。
接客業で培った気配りと責任感を活かし、個々の患者様の気持ちを汲み取り、自己研鑽を怠らない理学療法士として貴院に貢献したいと考えています。

採用担当者は、志望動機から熱意、人柄、コミュニケーション力などを判断し、就活生を自らの組織に採用してメリットがあるかを図ります。上記の例文では、自分の持つ強みを述べ、将来のビジョンも説明しています。自らの経験と取得した能力を用いて貢献できることをアピールしているため、好印象を与えることができます。

志望動機の例文③

私は貴院の経営理念である「身体と心のトータルケア」に深く共感しました。患者の身体ケアだけでなく心のケアにも力を入れており、私の目標とする理学療法士と一致します。大学時代の研修で、患者様の障害だけでなく、その人の生き方や生活などを含めてトータルでケアをする必要性に気がつきました。
患者様一人一人に寄り添い、その人に合ったリハビリを提供して、患者様の笑顔を自然と引き出す理学療法士として働きたいと思います。

上記の例文では、業界・企業研究をしっかりと行ったうえで、経営理念と将来のビジョンを絡めて説明しています。採用後にもその熱意を活かし、早く仕事を覚えようと努力したり、チームに貢献しようとする意欲があると期待されます。採用担当者にあなたの人物像が伝えられる志望動機になっているか、チェックしてみてください。

志望動機の例文④

私は子供の時からスポーツをやっていました。その時に、骨折や靭帯損傷など怪我をした経験があり、将来は理学療法士として同じような苦しみを持つ患者の役に立ちたいと思うようになりました。授業や実習で学んだことを、貴院で活かせられたらと考えています。貴院のリハビリテーションに対する理念や、充実した施設に魅力を感じており、ぜひ働かせて頂きたいと志望しました。

子供の時の経験から、理学療法士を目指すようになったというきっかけを書いています。同じ苦しみを持つ人を助けたいという思いもあり、熱意が伝わる文章となっています。また、理学療法士になりたいというだけでなく、その職場を選んだ具体的な内容も合わせて書かれています。

志望動機の例文⑤

私の祖母は毎週デイサービスに通っているのですが、理学療法士さんと歩行練習をするうちに、杖が無くても歩けるようになりました。私はそれを聞いて感動し、私もこんな仕事がしたいと強く思うようになりました。高齢化社会でさまざまな介護が必要ですが、高齢者の皆様を支える仕事のひとつとして、この理学療法士を目指しました。

家族が理学療法士の助けで元気になって感動したというエピソードを書いています。具体的なエピソードがあると、志望する理由がより分かりやすくなるでしょう。色々な職場があるなかで、高齢者を支えたいという目的でその施設を選んだということが伝わります。これから高齢化社会がますます加速していくと予測されているので、良いアピールとなるでしょう。

理学療法士の志望動機NG例

理学療法士の志望動機としてNGな例文を見てみましょう。理由も解説しますので、志望動機作成の参考にしてください。

NG例

私が貴院を志望する理由は、助けた人に喜んでもらえる仕事だからです。貴院では数多くの患者を受け入れているため、それだけ理学療法士の活躍の場が多いのではないかと推測しました。
また、貴院は研修に力を入れており、私の持つ技術と知識を磨くことができると思いました。今はまだ半人前ですが、研修と現場経験を通じて、早く一人前の理学療法士として活躍できるよう、精一杯努力を続けたいと考えております。

上記例文では、志望する医療機関を選んだ理由を患者数の多さにしています。これだけでは、選んだ理由としては不十分です。患者数が多いということは、その医療機関に患者が通う理由があるはずです。その理由まで調べられるといいでしょう。

そして、研修により自分の技術を知識を磨くことができると伝えています。これでは本人のメリットのみが説明され、採用する医療機関側にあなたを採用するメリットが伝わりません。志望動機には、入社後のビジョンを盛り込みましょう。

内定者のエントリーシートを参考にする

志望動機は、その企業で働きたいという熱意をアピールするためにも大切なものです。会社案内やホームページなどをみて企業研究をすることが求められますが、それだけではなくオリジナリティのある志望動機を考える必要があります。しかし、志望動機を考えるのが苦手だという就活生も多いでしょう。そういった方は、いろんな志望動機を参考にしてみるというのも対策のひとつです。

就活の未来では、志望動機まとめを公開しています。就活生に人気の高い企業の内定者が実際に使った志望動機を見ることができます。言葉遣いや構成など、参考にできることを自身の志望動機に取り入れてみましょう。無料の資料となっていますので、ぜひ活用してみてください。

例文を参考に印象に残る理学療法士の志望動機を考えよう

理学療法士の業務内容、志望動機を書く際のポイント、例文をご紹介しました。医療や福祉の場面で活躍する機会が多い理学療法士ですが、治療には時間がかかることが多く、根気強く患者様と向き合う必要があります。自分の長所に粘り強さがあるなら、それを志望動機でアピールすることができるでしょう。

人間は身体に障害を負うと、心にも大きなダメージを負うことが多くあります。理学療法士は、患者様の身体機能の回復だけでなく、心のケアもおこなえる人間性と思いやりが必要です。自分の志望動機から、心のケアもできる姿勢が伝わってくるか確認しましょう。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也
(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ