就活イベント

【会社説明会の持ち物リスト】参加に必要なものと便利な持ち物

会社説明会に必要な持ち物とは

企業研究の一環として会社説明会への参加は欠かすことができないものですが、参加時には持ち物の確認をしておきましょう。必要な持ち物を忘れてしまうと、説明会を有効活用できない場合もありますし、せっかく参加しても意味がなくなってしまいます。

就活ではやらなければならないことも多く、少しの時間でも無駄にすることはできません。事前に必要な物を揃えることで準備を完璧にしておき、万全の状態で会社説明会に参加しましょう。

会社説明会に参加する前にしておくべき準備

会社説明会に参加する際には、忘れ物のないように持ち物をチェックしておくことも大切ですが、それ以外にもしておくべき準備があります。持ち物のチェックだけではなく、会社概要のまとめや、企業への質問まとめなどは事前に済ませておくようにしましょう。

会社説明会では会社概要の説明もおこなってくれますが、事前に知っておくことで理解度は上がりますし、その他の部分についての理解も深めやすくなります。会社説明会では最後に質問の時間が設けられているため、質問をすることで疑問を解決することができます。質問も事前に考えておきましょう。

会社説明会に必要な持ち物リスト

会社説明会当日に向けて必要な持ち物を確認していきましょう。会社説明会に必要な持ち物をしっかりと確認しておかなければ、忘れ物をしてしまうことも多いです。忘れ物をしないためには、チェックリストにしておくことが大切です。必要な持ち物を知り、それぞれ必要な理由も把握しておきましょう。

筆記用具・メモ帳

会社説明会では、筆記用具・メモ帳などは必須であり、忘れてしまうと参加のメリットが少なくなってしまいます。会社説明会では企業についてさまざまな情報を得ることができま、ホームページやパンフレットにはない情報も数多く知ることができます。しかし筆記用具やメモ帳がなければそれらの情報を記録することができません。

貴重な情報を忘れないためにも筆記用具などは必須です。説明会でメモを取っていないと、企業への関心がないとマイナスの印象を与えてしまう可能性もあります。会社説明会でも採用担当者は就活生を評価しています。

履歴書

会社説明会当日に、履歴書の提出を求めてくる企業もあります。というのも、企業側は入社意欲のある就活生を探している為、「とりあえず説明会には参加する」「少しだけ興味がある」といった曖昧な動機の就活生を見極めようとしているのです。

また、後日に履歴書提出となると、他の企業に興味を持たれたりと、かなりの数の学生が応募しなくなる可能性があります。説明会では不要でも、その直後に履歴書があればエントリーができる企業もあります。入社意欲を試されていることも踏まえ、不要と伝えられた場合でも念の為持参するのがいいでしょう。

証明写真

証明写真は履歴書やエントリーシートに貼付しますが、急に写真が必要になることがあるかもしれません。証明写真は、就活時と同じ服装や髪型に合わせる必要があります。企業は、身だしなみや表情などあらゆる観点から総合的に判断するのです。

スピード写真でもきれいに撮れますが、コストや時間に余裕があれば、写真館でプロのカメラマンに撮ってもらうのがおすすめです。加工や修正はもちろん、顔の角度や表情、姿勢など身だしなみに関する全てを指導してくれるため、思い通りの写真を撮ることができます。

学生証など身分証明になるもの

会社説明会では、身分証明が必要になる場合もあります。会社説明会の参加定員が決められている場合は、本人確認が必要な場合もあります。本人確認ができなければ会社説明会へ参加できない場合もあるため、身分証明ができるものは必ず持ち歩いておく必要があります。

また、入場以外では交通費の支給のために学生証などが必要になる場合もあり、この場合も本人確認ができなければ交通費が受け取れない可能性も高いです。会社説明会の段階で交通費を支給する企業は少ないですが、ゼロではありません。他にも就活のさまざまなシーンで必要になるため、常に忘れないようにしましょう。

スケジュール帳

会社説明会では筆記用具やメモ帳が必要ですが、それだけではなくスケジュール帳も持っていくようにしましょう。会社説明会では企業についての説明だけではなく、今後の選考スケジュールなどについて発表される場合も多いので、スケジュール帳は必須です。

筆記用具やメモ帳があれば選考スケジュールを記録することはできますが、就活では他の企業の選考もあるため、スケジュールが一気に確認できた方が便利です。メモ帳に書いたとしてもスケジュール帳に書き写すのを忘れてしまうと、スケジュールが分からなくなります。また、メモを紛失してしまう可能性も考えられるでしょう。

クリアファイル

会社説明会ではパンフレットや資料などをたくさんもらうことが多く、それらをまとめて管理するためにもクリアファイルを持っていく必要があります。企業によってはクリアファイルごと資料を渡してくれる場合もありますが、資料だけの配布の場合もあります。

クリアファイルはそれほど邪魔になるものではないため、就活中はカバンの中に常に入れておくといいでしょう。説明会に持っていくクリアファイルは、基本的には無地で透明のものがよいです。他企業でもらったクリアファイルだと、企業のロゴが入っている場合があります。マイナスの印象を与えないためにも、無地のものを使用することが大切です。

ハンカチ・ティッシュ

普段忘れがちかもしれませんが、ハンカチとティッシュは就活生の定番の持ち物です。どちらもエチケットとして、身だしなみを整える為に必要になります。ハンカチは無地などシンプルなデザインで、綿の素材がおすすめです。しわのある物は避けて下さい。

スラックスの後ろポケットなどの、出しやすい場所に入れておきましょう。ティッシュは印鑑を拭く時など、何かと使うことがあるため常備しましょう。さらに、衛生面で気になることが多い方は、ウェットティッシュもおすすめします。汗を拭く時だけでなく、衣類や持っている小物に汚れがついたときに応急処置にも活用できます。

腕時計

会社説明会では腕時計をしていなくても問題ありません。しかし、社会人の中にはスーツには腕時計が常識と考えている方もいます。腕時計をしていないだけで自分の感覚とは違う人と認識されてしまい、悪い印象につながる可能性もあるのです。また、今では携帯電話で時間を知ることができる為、必ずしも持つ必要がなくなりました。

しかし、携帯電話で時間を確認していると、他の操作をしているように見えて企業側から失礼と捉えられるかもしれません。このようなリスクを考えると、着用することが無難と言えます。腕時計のデザインはシンプルな物を選びましょう。アナログタイプで、モノトーンやシルバーの文字盤がおすすめです。

印鑑

近年の会社説明会では、面接でかかる交通費を企業負担とする場合に、精算用の書類に押印が必要な場合があります。印鑑を忘れて交通費がもらえなかったということがないようにしましょう。履歴書や職務経歴書といった個人情報の取り扱いに関して企業側が書類を用意しており、それに同意する意味で署名や捺印を求められることもあります。

この場合に忘れると、履歴書などの書類が提出できなくなることもあるのです。また、極めて稀なケースですが、会社説明会から面接となり、即決採用となる場合もあります。この際も印鑑が必要となりますので、持参するようにしましょう。

参加前に正しいマナーを身に付けておく

就活で必要な持ち物を把握できたら、就活で守るべきマナーについてもおさえておきましょう。会社説明会に参加する前にすべきことや、会場でのマナーをおさえておくことが大切です。

会社説明会に初めて参加する就活生がマナーを知らずに出向いてしまうと、企業の担当者はもちろん他の就活生にもマイナスのイメージを与えてしまうかもしれません。そのようなことを防ぐために活用したいのが無料の「就活マナーマニュアル」です。就活のマナーについて網羅しているため、会社説明会が終わった後も継続して使えます。

あると便利な持ち物

会社説明会では、必ず持っていくべき持ち物の他にあれば便利な物もあります。いざという時には役立ちますし、カバンの容量に余裕があれば持っておいた方がいいでしょう。何があれば便利なのかを知り、便利な理由も知って、会社説明会参加時の持ち物に加えておきましょう。

常備薬

会社説明会の持ち物であれば便利な物としては、常備薬が挙げられます。常備薬は急な体調不良などに効果的ですので、持っておくことで安心を得ることができます。就活中は、疲れがたまって体調不良になってしまうことも多いです。

体調不良であっても突然欠席してしまうのは印象がよくありませんし、その場を何とか乗り切るためにも常備薬は持っておくに越したことはありません。自分が必要とする最低限のものだけを持っていくだけでOKです。急な体調不良としては、頭痛や腹痛などが挙げられます。頭痛止めや胃腸薬などを持ち歩くようにし、急な体調不良にも上手に対処していきましょう。

折り畳み傘

折り畳み傘も、会社説明会の持ち物として持っておくと便利です。折り畳み傘があれば、突然雨が降ったときに濡れずに済みますし、大事な書類などを濡らしてしまう心配がありません。会社説明会では資料などをもらうことも多いです。雨に濡れてしまうと最悪の場合読めなくなってしまうこともあります。

企業によっては説明会でエントリーシートを配ることもあるため、それを守るためにも折り畳み傘はあると便利です。体が冷えれば体調不良につながることもあります。自分自身を守るためにも折り畳み傘は必要ですので、天気に関係なく持ち歩いておくのがおすすめです。

ストッキング(女性の場合)

女性が会社説明会に参加する場合に最も無難といわれている服装は、スーツと肌色のストッキングの組み合わせです。肌色は清潔感があり、若者らしさがでることで好印象を与えられます。肌の色に合ったカラーを選びましょう。

素肌に近い印象になり、新卒らしいフレッシュな雰囲気になります。就活で着用するストッキングは、色と厚さともに薄めを選ぶのが無難と言えます。ストッキングは伝線したり破れたりしやすいため、会社説明会に向かう途中でトラブルが起きても大丈夫なように、予備のストッキングを入れておくようにしましょう。

モバイルバッテリー

多数の会社説明会に参加することになると、長時間の外出が多くなります。その際携帯電話で企業からの電話対応や、ウェブでの交通機関の時間や乗り方、企業までの道順を調べるなどの情報収集ができます。しかし、使用時間が長くなると充電が切れてしまうこともあります。

トラブルがあって企業と連絡をとりたい時や、道順がわからなくなってしまった時に電池切れだと困ってしまうため、モバイルバッテリーを持参して慌てずに対応できるようにしましょう。あらかじめ企業周辺にあるコンセントを使用できるカフェなどを調べておくと、いざという時に役に立ちます。

持ち物リストをチェックして会社説明会に参加しよう

会社説明会では必要な持ち物も多く、忘れ物をしてしまう場合も多いです。忘れ物をしてしまうと最悪の場合、説明会に参加できないこともありますし、参加できたとしてもプラスに働かないこともあります。会社説明会の時間を有意義に活用するためには、必要な持ち物は忘れずに持っていくことが大切ですので、忘れ物をしないためにもチェックリストを作るのがおすすめです。

チェックリストを作っておけば持ち物が多くても忘れ物をする心配はありませんし、説明会の時間を有効に活用することができます。会社説明会への参加は企業研究の一環として重要なものです。説明会に集中するためにも持ち物リストを作成して、忘れ物なく会社説明会に参加しましょう。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也
(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ