就活その他

【平安神宮で手に入れたいお守りとは】気になるご利益と人気の理由を紹介

緊張や不安が続く就活生にはお守りが心強い味方に

就活を成功させるためには自己分析や業界研究、企業研究、筆記試験対策、面接練習などの努力が欠かせません。努力をして就活に向き合えば、縁のある企業からの内定をもらえるでしょう。

しかし、どれだけ努力をしても、志望企業の選考では緊張したり、不安になったりします。緊張や不安があれば、自分の実力が十分に発揮できないことも考えられます。常に緊張や不安に包まれている就活生の役に立つのがお守りです。

やれるだけの努力をしたら、就活にご利益のあるお守りを手に入れて心を落ち着けましょう。お守りを手に入れて神様の力を借りると、緊張や不安がやわらぎ、大切な選考での失敗も防げるかもしれません。

ここでは、就活にご利益があるといわれる平安神宮のお守りや、アクセス方法についてご紹介します。

質問に答えるだけで自己PRを完成させよう

自己PRには盛り込むべき要素がたくさんありますが、文章を考えるのが苦手という就活生は多いのではないでしょうか。的確にポイントを押さえることも大切ですが、面接官に伝わる文章力が試されるのも自己PRの特徴です。

言いたいことはまとまったけれど、実際に文章にするのが苦手という就活生は、ぜひ自己PRジェネレーターを活用しましょう。自己PRジェネレーターを使えば、用意された質問に答えるだけで自然な流れの自己PRが完成します。無料でダウンロードできるので、文章の繋ぎ方や言葉遣いに自信がないという就活生にもおすすめです。

京都屈指のパワースポット

平安神宮は平安遷都1100年を記念し、戦乱で荒廃した京都の復興を目指して1895年に創建された神社で、ご祭神は平安京に遷都した桓武天皇と平安京で最後の孝明天皇です。京都にある数多くの神社と比べると、平安神宮の歴史は浅いですが、現在、平安神宮は京都屈指のパワースポットとして注目を集めています。

平安神宮がパワースポットといわれているのは四方を四神に守られているためです。北の玄武、東の青龍、南の朱雀、西の白虎に守られた平安神宮は「龍穴」というパワースポットの上に建っているため、この場所に行くだけでパワーを感じられるといわれます。

境内には日本最大級の大鳥居や国の重要文化財である應天門、天皇の即位式が行われたことのある大極殿な

明治時代に作られた比較的新しい神社

平安神宮は明治28年(1895年)に創設され、比較的新しい神社であり、第50代の桓武天皇を祀る神社です。

明治維新の後、元々京都でしたが、東京に遷都してから京都が衰退し始めたため、危機感を持った当時の知事が、京都を活気づかせるために興したイベントが平安遷都1100年記念祭りです。この平安神宮は、平安遷都1100年を記念して創設されました。

縁結びの神様として有名

就活のお守りといえば、就職成就のお守りや他の人に勝って内定を手に入れるためのお守りを想像する人が多いかもしれませんが、平安神宮のお守りはそれらとは異なります。平安神宮では縁結びのお守りが就活のためのお守りとして人気を集めています。

戦前、平安神宮では神前結婚式がたくさん行われました。このときに多くのカップルが結ばれたことから平安神宮は縁結びにご利益があるといわれています。平安神宮の縁結びのご利益が就活に役立つのは企業と就活生の縁を結ぶご利益があるといわれるためです。

就活では自分の望む企業を見つける縁や企業で働く人との縁、志望企業から内定をもらうための縁などが必要と考えられています。これらの縁に恵まれたいと考える就活生から平安神宮の「縁結び守」は人気を集めているのです。

可愛さが人気の「縁結び守」

平安神宮の縁結び守は黄と青、ピンクと紫、赤とピンクの3色が存在します。参拝するときはお守り代とお賽銭を用意し、就活の成功を祈ってからお守りを購入しましょう。

就活の成功をお祈りする場合、本人が平安神宮まで行って参拝するのが基本です。しかし、選考や会社説明会、大学の授業などで平安神宮まで行くのが難しいときは代参も良いでしょう。

代参とは就活生以外の人が就活生の代わりに神社に行って、就活の成功をお祈りすることです。誰かに代参してもらう場合は、神社で就活生との関係や就活生の名前を伝えた後に就活の成功を祈ってもらいましょう。

なお、自分で参拝する場合も誰かに代参してもらう場合も午前中にお願いする方が良いとされています。

最も人気の高いのは「しあわせの桜守」

平安神宮のには交通安全や安産、学業や開運など15種類ほどのお守りがあります。この中で最も人気のあるのが桜をモチーフに作られた「しあわせの桜守」です。

幸運のご利益があります。ピンクで見た目もかわいらしく、ストラップ型なので、若い人にも需要があるためでしょう。平安神宮でお参りする際は、ぜひ手に取ってみてください。

お守りの値段は500~1,000円

お守りの平均的な価格は、500~1,000円です。平安神宮も値段は平均的です。先ほどご紹介したしあわせの桜守は800円です。

お守りは数を持っていればご利益があるというものではありませんので。参拝した神社で何を自分は願っているのか考えて、自分に合うお守りを選んでください。

効果のある期間は約1年

平安神宮の縁結び守をはじめ、神社で手に入れられるお守りの効果が続くのは基本的に1年ほどであると考えられています。神様の力に有効期限はないため、1年を過ぎるとすぐに効果が弱まるというわけではありませんが、少しずつ効果は減ってくるので、お守りの購入時期には注意しましょう。

お守りは就活生の身代わりとなって災いを受けてくれるものです。1年ほど経過すると、災いによってお守りが汚されてしまうので、本来もっていた効果は薄れてしまいます。就活を成功させるためにも、お守りは1年に1度買い替え、効果を持続させましょう。

インターンシップや業界研究を始める前にお守りを購入した場合、選考の時点でお守りの購入から1年以上経過している可能性もあるので、購入時期には注意してください。

1年後には返納をする

購入後1年以上経過してお守りを買い直したときや就職が決まって神様の力を借りる必要がなくなったときはお守りの処分に困ってしまう人も多いでしょう。お守りはどのように処分するのが良いのでしょうか。

古くなったお守りはいただいた神社に返納するのが基本です。神社には返納箱などお守りを返納する場所が設置されているので、感謝の気持ちを伝えて返しましょう。その際、近くにお賽銭箱があれば、お守りを購入した金額と同程度のお賽銭を入れると良いです。

基本的にはお守りはいただいた神社に返納しますが、遠方の神社でお守りをいただいた場合は自宅から近い神社に返納してもかまいません。近くの神社に返納するときも心を込めて感謝の気持ちを伝えましょう。

平安神宮へのアクセス

平安神宮は京都市北部の東側に位置する左京区にあります。近隣には京都市美術館や国立近代美術館、京都市動物園などがあるため、就活の合間に訪れて息抜きするのも良いでしょう。

また、合同説明会が開催されることも多い京都市勧業館(みやこめっせ)も平安神宮から近いので、説明会の後に訪れて「縁結び守」を購入するのもおすすめです。車を利用した場合と公共交通機関を利用した場合の平安神宮へのアクセス方法を詳しく確認しておきましょう。

自動車の場合

車で平安神宮に向かう場合、名神高速鉄道の「京都東インターチェンジ」から20分程度です。インターチェンジを出て三条通を西に向かって進み「神宮道」の交差点を右折すると平安神宮に着きます。

京都東インターまでは大阪の豊中インターチェンジから約37分、名古屋インターチェンジから東名高速を利用し、小牧インターチェンジで名神高速に乗り換えて約110分です。車を使った場合、アクセスは簡単ですが、駐車場には注意しなければなりません。

平安神宮の境内には駐車場はないので、近くの京都市岡崎公園の駐車場や京都市勧業館(みやこめっせ)の駐車場、京都市岡崎公園付近の一時預かり駐車場を利用しましょう。いずれを利用した場合も、駐車料金は有料です。

電車・バス利用がおすすめ

平安神宮までは車でのアクセスが便利ですが、時期によっては道路が混雑します。また、混雑時は駐車場を見つけにくいです。そのため、平安神宮へは公共交通機関を利用して向かうことをおすすめします。

平安神宮まで公共交通機関で向かう場合、JR線の京都駅か阪急京都線の河原町駅を利用するのが便利です。京都駅を利用する場合は駅のバス停から市バス5系統か洛バス100号系統に乗り「岡崎公園 美術館・平安神宮前」で下車し、北に約5分歩けば到着します。

河原町駅を利用する場合は駅から市バス5系統、32系統、46系統に乗り「岡崎公園 美術館・平安神宮前」か「岡崎公園 ロームシアター京都・みやこめっせ前」で下車します。「岡崎公園 ロームシアター京都・みやこめっせ前」で下車した場合は北へ徒歩5分で平安神宮です。

平安神宮はご利益としては縁結びであり大人気

就活では、どれだけ努力をしても、緊張や不安を取り除けないときや選考が上手く進まないときもあるでしょう。そのようなときに就職にご利益があるといわれるお守りを持っておくと、心が落ち着いて本来の力を十分に発揮できるようになります。

そのため、就活中の学生は平安神宮のお守りを手に入れて選考に挑みましょう。平安神宮のお守りは就職成就など就活専用のお守りではありませんが、企業と自分を結んでくれる縁結びのご利益があるといわれます。

面接練習などの努力をした後に平安神宮の縁結びの守を手に入れると、努力が実を結び、自分に合った企業から内定をもらえるでしょう。就活が成功したら、神様にお礼を伝えるのも忘れないようにしてください。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也
(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ